音楽買うならiTunes Store

大掃除にはダイソン

2018/12/09

Animate CC のHTML書き出しでは検索不能なので、Dreamweaverで実験開始

Animate CC から書き出したHTMLが文字として検索できないことの回避策をAdobeに尋ねたところ、テキスト部分はJavaScriptで書き出している(画像にしているのかと思ったのですが、違っていました)ので、検索はできないとの結論をいただきました。

Adobeにそう言われては仕方ありません。

こうなると、DreamweaverでHTMLのサンプルを作るしかありません。
先週、2日ほどDreamweaverを触ってみましたが、全くチンプンカンプンでした。
でも、なんとなく、本当になんとなくなんとかなりそうな気配を感じたので、もう少し、粘ってみようかと思います。

そこで、自宅でもDreamweaverを研究して見ることにしました。
Creative CloudのいいところはIDを持っていると自宅でもDreamweaverを起動することができること。
Macにも対応しているので、自宅でも色々試して見ることができます。

今考えているサンプルに必要な機能はメニューとコンテンツを2つのペインに分けて表示することとアコーディオン。
まず、2つのペインに分ける方法を実験してみます。
役に立ちそうな記事を発見したので、そのページから一生懸命学習を進めてみます。

右側にメニューを配置して、左側にコンテンツを表示する計画です。
しかし、左右に分かれたペインの高さが揃いません。

これができないと、メニュー用のページを作って、そのページからいろいろなコンテンツに飛ばすようにしなくてはなりません。
できれば、その方法はとりたくないので、もっと調べてなんとか作成したいと思います。

用語もわからないから、なかなか大変ですが、もう少し頑張ってみます。

2018/12/01

Animate CC 、検索できないのは最大の欠点じゃないですか

Animate CC でHTMLサンプルページを作り始めました。
他社にプレゼンするサンプルで、PDFバージョンと、HTMLバージョンを作らなくてはいけません。

基本的には社内の規定を確認できるインフラを作りたいみたいです。
社内規定だけなら、相手の社内でもできると思いますが、法律の改正などを反映させなくてはいけないのと、一部計算式があったりするので、
私が所属している会社に依頼がくるのです。

計算パートはHTMLで作ることは決めていますが、そのほかの法律関連の社内規定部分はPDFでもHTMLでもどちらでも良いと先方にはいわれています。
しかし、キーワードを検索する機能は欲しいとのリクエストはいただいています。ですが、これもテキストで書き出していればAcrobat でもブラウザでも検索はできるので、それほど気にしていませんでした。

こちらとしてもPDF、HTMLどちらでもいいのですが、2種類のコンテンツを提出して決めていただこうと思っています。

まずはPDFバージョンを作成しました。PowerPointで原盤を作成しPDFとして書き出しました。
PowerPointは見栄えがいいボタンを作ったり、リスト構造のテキストを作りやすいなどの利点があるので、非常に作りやすいです。

そして、それを元に今Animate CCでHTMLバージョンを作っています。
ComboBoxを使ってメニューから必要な内容のコンテンツへ飛ばす方法を採用したところがPDF版との大きな違いです。
PDF版ではコンテンツ名を貼ったボタンを複数個用意して、ボタンをクリックして必要な箇所に飛ぶ仕組みにしています。

Animate CC でのHTML版はメニューを選択するComboBox部分から作り始めました。
そして、残りはテキストを貼って、見栄えを整え、ほぼ完成。というところまで行ったのですが、HTMLで書き出し、ブラウザで表示し、キーワードを検索しても検索にヒットしません。

???

みてみると、どうやらテキスト自体が画像に変換されているようです。
実際は、JavaScriptで書き出されているようです。
パブリッシュの設定にテキストをテクスチャとして書き出す設定があったので、外してみたのですが、検索できません。

がガーン!!

まさかの検索不能事態です。
今の所Animate CC での対策方法は見つかっていません。

今回のHTMLはAnimate CC を使うって決めたのに、Hippani Animatorで作らないとダメかもしれません。
Hippaniならテキストはちゃんとテキストで書き出されていて、検索することはできました。しかし、こちらはComboBoxがないのでメニュー部分をどうするか考えなくてはいけません。

あー、もしかしてDreamweaverで作ることになるのかもしれません。今からDreamweaverを学習して、サンプルを作れるかどうか不安ですが、いい勉強になるかもしれませんね。

週明けに会社でDreamweaverを1日、2日使ってみて考えることにします。

それにしてもAnimate CC で書き出したテキストが検索できないなんて。
SEOの点で問題だと思うのですけど。

2018/11/25

Evernoteのダークモードがかっこいい

Evernoteがダークモードになって、かっこいいです。
MojaveとiOS 10.3以上で、EvernoteのバージョンはMacが7.6、iPad、iPhoneだと8.17です。

もともとEvernoteは色がごちゃごちゃしていないので、ダークモードにしてもスッキリしていて、かっこいいです。

Mojaveでないとダークモードにならないので、iMac late 2009では Evernoteを7.6に変更しても今までどおり、ライトモード(白)の画面のままです。
同じバージョンなのに、OSが違うと見た目が違うというのは不思議な気がしますが、iMacではダークモードが使えないのは仕方がないですね。

iPadのEvernoteをダークモードで使うと見やすくなりました。

_001nf


2018/11/17

Mojaveのいいところを一つ見つけました

Mojaveの機能でiPhoneやiPadをそのままカメラとして使用し、画像をそのままKeynoteやPagesに取り込むことができます。
いちいち「写真」に保存されないので、iPhoneの容量を減らす心配はありません。

これは非常にいい機能だと思います。

この機能を使う時に条件が3つあります。

その一つはMac、iOSどちらもBluetoothとWi-Fiがオンになっていること。
次にmacOS Mojave、iOSは12であること。
最後にMac、iPhoneがApple IDにサインインしていること
だそうです。

keynoteで実験したところ、MacBookProとiPhone 6Sの組み合わせで、全ての条件を満たしていたので、素早くKeynoteに撮影画像が現れました。

連携の速さと、簡単さは、感動ものです。

基本的に写真を資料にする時はEvernoteを使っていましたが、もしかしたら、keynoteなどに直接取り込むこともあるかもしれませんね。

ちゃんとこの機能は覚えておかないといけませんね。

2018/11/11

Unreal Engine 4、4.20.3をMacBook Pro Mid 2012で動かしてみました

Unreal Engine 4は自宅ではMacBookPro Mid 2012で動作します。

4.20.3にUnreal Engine 4がバージョンアップされたので、正しく動作するかチェックしてみます。
起動は問題なし。

ビルドを開始します。

すると、ライティングのビルドで止まってしまいます。
これは以前も体験したことがあって、ウィルス対策ソフトのESETのファイアーウォールがUnreal Engine 4の外部との通信をシャットアウトしているからでした。
なので、パーソナルファイアーウォールの設定をいじります。

フィルタリングモードを自動モードから対話モードに変更して、許可する設定に変更します。ライティングビルドが成功したようであれば、フィルタリングモードを自動に戻します。
これで、私の場合はビルドが完了しました。

4.20.3が無事動作することがわかったので、BlenderのスザンヌをUnreal Engine 4で表示したいと思います。

Unreal Engine 4はFBXという3Dフォーマットを読み込めるので、、Blender側はそのフォーマットで書き出します。今回はマテリアルの色を変えてスザンヌを作り、UR4に読み込んでみます。
Blenderからの書き出しはFBXを選んでエクスポートするだけです。

Unreal Engine 側はファイルメニューからインポートを選んで、読み込むFBXを選択して、コンテンツブラウザのどこに読み込むかを選んで、OKを押すとちゃんと読み込めています。
色々インポートの時に設定ができるようですが、今回は何も設定せず(わからないので)無視しました。
とりあえず、オブジェクトの向きに問題もなく読み込めるようで一安心です。

20181111_213840
(こちらは読み込んだだけの時)

でもレンダリングするとスザンヌさんが暗くなって、深緑になっちゃうんですけどね。
この件については色々調整してみたいと思います。

2018/10/27

Omni Focus 2 for iOS、データベースの初期化

以前、「Omni Focus、間違った使い方」をいう記事を書きました。
その時はやるべきことをチェックするだけという使い方をお話をしました。
実行するしないに関係なく、意識するだけでも意味があるってことで、みなさんにお話ししたのですが、その使い方は間違っている!!と気がつきました。

ちゃんとやるべきことをやらなくては進歩はありません。“当たり前だのクラッカー〜”

そこで、正しいOmni Focusの使い方に舵を切ります。
自分のバージョンを2.0に上げられるようにOmni Focusを使いたいと思います。

そのOmni Focusで、私が混乱してしまうのがプロジェクトとコンテキストの違い。
ネットではたて糸とよこ糸で区別するというサイトを見たこともありますが、自分の中ではその切り分けは今ひとつピンときませんでした。
Omni Focusのヘルプではコンテキストは場所だったり、ものを例に挙げていましたが、自分の場合はそれも違う気がします。

プロジェクトとすべき項目の方向はおおよそ決まっています。目標にすればいいと思います。
そして、そのプロジェクトはあまり大きなくくりにしないことにします。
1000万円稼ぐとかを目標にするとそれなりに長い道のりになってしまいます。宝くじや馬券を買って1発で1000万円を手にすることがあるかもしれませんが、それは夢実現ノートとかに書いて、Omni Focusでは現実を見ながら一歩一歩進むようにします。

つまりはそれは「像を食べる方法」を考えればいいので。

「像を食べる方法」というのは好き嫌い、美味しい、まずいはおいといて、どうやって像を食べるかという方法を考えることです。
リアルに考えないでください。嫌なものを想像してしまいますからね
像を食べるには小さく、一口ずつ食べられるようにしなくてはなりません。その手順を一つずつOmni Focus のプロジェクトにします。

像を食べるをプロジェクトにして、手順をアクションにする方法もありだと思いますが、それならコンテキストを像を食べるにした方が、プロジェクトを潰していくことで、マイルストーンを確認できてやりがいがあるように思います。人それぞれ、アクションを潰しても達成感を感じるかもしれないですしね。

さっきの1000万円を稼ぐも1000万円が欲しいだけではないですよね。車を買いたいとか、両親にリフォームのプレゼントをするとか、その先の目的があるはずですよね。それをコンテキストにするやり方もありだと思うのです。

私の場合はプロジェクトを目標にして、コンテキストは目的という風にしてOmni Focus 2と使ってみようと思います。
もっと自分の目的、目標を整理することにします。

そこで、今回の本題。Omni Focus データベースのリセット方法。

iPhoneとiPad、両方でOmni Focusを使うのでOmni Focusのデータベースを初期化する必要があります。
そのやり方は設定のリセットからデータベースをリセットだと端末上のデータがリセットされるだけで、サーバと同期すると以前のデータが端末に落ちてきます。

そこで以下の手順で初期化します。

設定からリセット、データベースのリセットを選びます。するとOmni Focusへようこその画面になります。ここだけにデータを保持を選択。

再度設定画面に移動して、同期方法を選択、どちらかのデータベースとの同期方法を選択します。
私はOmni Sync Serverを選択しました。

同期をクリック、ログイン用のパスワードを入力してしばらくすると、エラーを報告、同期データベースを保持、キャンセルと聞いてくるので、キャンセルを選択。
その状態になると設定の中に、同期データベースを置換という項目が出るので、その項目をクリックして、またデータベースを置換をクリックします。
そこで、ログイン用のパスワードを尋ねてくるのでパスワードを入力。

これで、空っぽのデータベースがサーバにアップロードされて、データベースは空っぽになります。

さて、心機一転、自分Version2.0を目指して色々頑張りたいと思います。

2018/10/20

使い勝手を極めねば

P1160047nf

再びメインマシンをiMacにするので、机周りのレイアウトを変更することにしました。

袖机のようにしていたテーブルを通常使っている机の延長線上、一直線にして使うことにしました。
MacBookProはクラムシェルスタイルで使用します。

一旦レイアウトが決まり、使っているとMacBookProのMagicMouseの反応が悪い。MacBookProから遠のくとカーソルがカクカク。
近づけると大丈夫。ということはBluetoothの電波状況が悪いみたいので、レイアウトをもう一工夫。
ラックの中にしまっていたMacBookProをテーブルの上に引っ張り出しました。
そうするとMagicMouseの反応はバッチリ。

今の所いい感じです。最終的にはMacBookProをiMacのディスプレイで使うときのiMacの温度上昇の問題がありますが、こればっかりは今の所どうしようもありません。
iMacの上に十円玉でも載せて冷やす方法を試してみましょうかねぇ

ちなみに色々と整理されスッキリされたおかげで、iPadと洗面台とのBluetoothの電波の通りもよくなりました。



2018/10/13

Mojaveの良さがわからない

自分が普段使っているメインマシンのiMacはlate 2009のため、最新のmacOS、Mojaveはインストールできません。

MacBookPro mid 2012にはインストールできます。そこで上書きインストールを実行し、Mojaveを約1週間ほど使いました。
その間、iMacからMacBookProにメインマシンは変わりました。

ダークモード、ダイナミックデスクトップ、スタック、Finder、進化したクイックルック、スクリーンショットなど改良、新機能が追加されたMojaveですが、自分にはその良さはわかりません。アプリケーションでできていたことがOSに組み込まれた印象です。
AppleによるMojave紹介ページはこちら

私がMojaveでびっくりしたニュースはiOSアプリケーションが動作することでしたが、iPhone、iPadに最適化(インターフェイスなども含めて)されているアプリがMac上で動いたからって何が嬉しいのかわかりません。
iPadでmac用のアプリケーションが動作すれば飛び上がるほど驚くニュースですが、その未来が何年後にやってくるのかはわかりません。

そんなMojaveのウリを実感する以前に、Mojaveにしたことで、起こったトラブルに疲れました。

一つめのトラブルは、「写真」のバックアップ用に使っているAmazon Photosの設定ができないので、写真のフォルダを指定できません。
二つ目はMac Booster 3のアプリケーションウィンドウが開きません。起動はしているので、メニューバーに登録してあるRAMクリーンや、ワンクリック高速化は使えます。それ以外のことはできません。

そして、三つ目は通知からTwitterの投稿ができなくなったこと。つぶやきを呟くにはこの機能は非常に重宝していたのに、それができないなんて。

極め付けは4つ目のWacomタブレット上でクリックした時に正しく反応しないこと。クリックするとカーソルがぴょんとずれてしまうのです。

そんなこともあり、またiMacをターゲットディスプレイとして使った場合の尋常ならざる温度上昇もあり、結局、iMacをメインマシンとして使うことにしました。

MacBookProでなければできないことだけはMacBookProにお願いします。





2018/10/06

EvernoteからGmailへコピー&ペーストで起こったこと

Evernoteで下書きして、Gmailへコピーし、メールを作成する場合はご注意ください。

その出来事は、社長に報告するメールで起こりました。

いつものように下書きをEvernoteで作成し(考えがまとまらない場合によく自分が使っている方法です)し、それをGmailへコピー。Gmail上で加筆修正し、読み直して社長に送信。

数時間後社長から声がかかり、報告した内容についての話だとピンときました。
そして、別室で社長と二人で話が始まりました。

社長の開口一番、このメールは何?と社長がプリントアウトしたメールを私に見せました。
みるとフォントのサイズがバラバラ。その上、金額の部分が3桁区切りになっていません。3桁区切りは私の手抜きでした。

えっ、一瞬なぜフォントサイズがバラバラなのかわからなかったのですが、おそらく、EvernoteとGmailでフォントの種類やフォントのサイズが違ったからだと思いました。
Gmail上ではわからなかったのですが、社長が使っているメーラーでは、プリントアウトするまでもなくすぐにわかりました。

なんと、ブサイクなメールを社長に送ってしまったのでしょう。

社長の口ぶりからは、いい歳して、何をしているの?って感じがひしひしと伝わってきます。

今までも同じ手順でメールを作成したので、フォントバラバラのメールを仕事上でも送っていた可能性は十分にあります。
こんなメールを送ると、相手の評価も落ちてしまいますね。

ほんと、まさかそんな見栄えの悪いメールを送っていたとは。

こんなブサイクなメールを作ってしまうことを回避する方法はいろいろあります。
一旦、文章を全選択して、フォントサイズと、フォントをGmail上で変更するとか。プレーンテキストのエディタに貼り付けるとか。

皆さんも、絶対にご注意ください。ま、そもそもGmailだけで完結させていれば問題ないのでしょうけど。

今回は社内メールということで、社長は許してくださいましたが、気がつかなかった事とは言え、非常に恥ずかしい思いをしました。

2018/09/28

Magnetは絶対便利!!

20180928_003938

macOSで使えるMagnetというソフトウェア。
ウィンドウを右半分に貼り付けたり、左半分に貼り付けたり、ショートカットでウィンドウの位置とサイズを制御することができるソフトウェアです。

Windowsの標準機能であるWindows キー + 矢印的な使い方をMacでできる、とMagnetを使っていましたが、Windowsで使うより断然便利です。

私が使っているのは27インチのiMacですが、一つの画面を2つに分割して使うときなどはWindowsのショートカットよりキーボードアクションが少ないので、便利です。
Windowsだと2分割にして表示する時、Windows キー +矢印ですが、その残り半分にどのウィンドウを表示するかを選ぶアクションが入ります。
2つの画面を並べる時には非常に便利ですが、片方だけでいい時はESCなどのキー操作で選択画面をキャンセルしなくてはならず、一手間かかります。

その点、MagnetはControl + Option + 矢印で半分だけを覆うので、残りの半分の画面にどのウィンドを貼り付けるかということを選択する必要はありません。そこが非常に快適です。
キーボードショートカットでMacを操作する時、俄然便利です。

今はメールや、Evernoteを使うときはとりあえず右半分か左半分に貼り付けて使っています。
以前は2/3のサイズのウィンドウにして使っていましたが、いまはハーフ&ハーフで使うかことが多いです。そちらの方が2画面同時に見られて都合がいいのです。

一つのことに集中したい時は『2/3サイズでセンター』が私のお好みですが、これは2アクションかかります。
2/3にして(Control + Option + E( or T))、センターに配置(Control + Option + C)です。
環境設定で自分好みのサイズと位置の組み合わせを作ることが最高なんですけどね。
それから、復元(元のウィンドウの位置、サイズに戻すこと)はずーと覚えているわけではないので、どのタイミングで戻したいかで、戻すことができたりできなかったりします。

などなど、そんなちょっとした不満はありますが、超オススメのユーティリティです。
ほんと、使えば良さがわかると思います。

«Amazon Photos、エラーなんて気にしない