2017/09/23

iPhone+Evenoteよりも高速サーチ

先日実家に家族3人で三回忌のため帰省する際、旅行会社にホテル代金込みで新幹線を予約した方が安いことがわかって早速申し込みに行きました。
旅行会社で、日程表を作っていただき、乗車券、特急券を受け取って帰宅。
その日程表には、乗り遅れてはいけない新幹線の時間が記載されていました。

早速Evernoteで撮影し、iPhoneに記録。

当日、切符はすぐ取り出せるように財布の中にしまって3人で東京駅へ。
東京駅で、カミさんから「何時の新幹線?」って尋ねられたので、さっそうとiPhoneを取り出しEvernoteから撮影したデータを見つけ、えーとちょっと待ってねなどと言いながら時間を調べていると、「切符見れば?」とカミさんの声。

「あ」

そうでした。そっちの方が簡単、すぐに見つかる方法でした。
iPhoneになんでもしまって、そこから探そうとしか考えない自分の頭の硬さに凹んだ瞬間でした。

その凹みを乗り越えて無事新幹線には乗ることができました。

2017/09/22

iPad iOS11でのコントロールセンターの表示方法

iPhoneは一旦iOS10に戻し、iPad Air 2はiOS 11にアップデートしました。
Dockが表示されるようになったのは嬉しいかも。最大15個登録できると書いていましたが、9.7iinchの Air2 だと13個のでした。
フルに使うとおすすめApp/最近使用したAppを表示の意味がなくなります。ここは適当にってところでしょうか。

それから、コントロールセンターを表示させようとしてもDockが表示されるだけで、コントロールセンターはホームボタンのダブルクリックで表示されました。これはちょっと不便だっなぁって思ったのですが、吹き上げを2回実行するとコントロールセンターが表示されました。
おお、便利っぽい。

でも先にコントロールセンターで、2回目にDockでいいような気がしますけど。

Dockの整理は長押しでアイコンブルブルにしなくてもちょっと長押しで移動させられるのはいいですね。

2017/09/21

試しにiOS 11をダウングレード

iPhoneのダウングレードなんてバックアップがあれば簡単!なんて思っていましたが、iTunesでのバックアップではOSはバックアップされていないようです。

なぜそう思ったのかと言いますと、iTunesのバックアップもなんだかんだで、iOS11にアップデートしてからのバージョンしか残っていなかったので、TimeMachineで古いバックアップを探して、そのバージョンを復元しました。

そこからiPhoneを復元してもiOSは11のままだったからです。

となるととりあえずiOSを10に戻して、そこから復元ということになります。
ネットを探すと以下のサイトがあったので、その手順でiOSを復元してみました。

iOS 11からiOS 10.3.3にダウングレードする方法

一度実行した時は戻らなかったのですが、再度挑戦した時に10.3.3にダウングレードできました。
その後、TImeMachineから復元したちょっと古めのバックアップをiPhoneに復元して、とりあえず使える状況になりました。

今分かっている復元後の問題は、auのアカウント設定のメールが受信できていないことです。
これは通勤中に対処することにします。

2017/09/20

iPhone iOS11にアップデート

omnifocus が動かないのはわかっているのに、アップデートしました。
omnifocusをアップデートしてでもiOS11を使う意味があるかどうかを検証するためです。
なんて大げさな理屈を述べていますが omnifocus をアップデート購入するのは目に見えています。
あれ、iPadを11にして、iPhoneは10でもいいのかもしれませんね。
周りの使い勝手を見て、話を聞いて、自分でもiPadで使ってみて iPhoneはアップデートしてもいい気がします。

そうしましょっと

2017/09/19

シャッター押したら「うぉっ」

倉敷の観光地でシャッター押しを頼まれました。

機種はiPhone。

場所がわかるよう全体が入るまでちょっと下がって、画面をタッチして明るくして、ハイチーズ。

確認してくださいねって、iPhoneを渡して画面を確認してもらったら、「うぉっ」って言って嬉しそうにお礼を言われました。いい感じの写真になってたみたい。こんなリアクションがあると嬉しいですよね。

2017/09/18

iPhone乗り換えは今は見送り

iPhone 8並びにXが発表されましたね。
充電スタイルには憧れますが。

でもその他の機能はXの顔認証機能を使ったアプリがワクワクさせてくれただけでした。

20170918_101154

自分のiPhone 6Sはバッテリーも弱ってきてるし、内部ストレージもあと3G程度しかないしってiPhoneを交換する理由を探していましたが、バッテリー寿命を教えてくれるアプリではバッテリーは元気だったし、モバイルバッテリーがあれば済むことだし、内部ストレージを圧迫している写真はこれからはEvernote経由で撮影することにしたし、そもそも写真はLumixのコンパクトデジカメで撮影すればいいことだし。

あと容量を圧迫しているのはオーディオ。ムービーを同期、すべてのにチェックをして同期させたところ、それだけで、10Gほど減りました。なぜその設定で容量が空いたのかわかりませんが、空いたのですからいいことにします。
しかし、iTunesの容量は減ったのですが、iPhoneと同期させたところ、また元の容量に戻っていました。
なので、ムービーの同期はさせず容量を確保しました。

20170918_101219_copy


20170918_101219_copy_1


そんな感じで不満は解消されたので、今のところ機種を変える理由は、特に見当たりません。
iPhone 6Sに問題が発生するかiPhone 8、Xに強力な魅力を感じたらまた乗り換えを考えます。

それよりもiPad Air 2をパワーアップしたいな。
MacBookProの代わりに会社で使う自分のノートパソコンとして。


2017/09/17

インク、全て互換品に交換

実家で撮影した写真を母親に渡すことになって、30枚近くを2L判で印刷しました。

マゼンタのインクがなくなりかけていたので、互換インク7本セットを購入したのですが、30枚を印刷する頃には黒以外全てのインクを交換する羽目になりました。カラー印刷、消費量が半端ではない気がします。

プリンタを購入して初めてのインク交換なので、これからはインクも馴染み長持ちしてくれることを願っています。
P1110187nfjpg


2017/09/16

iPhone電池が寿命かな?って思ってたんだけど。

自分が使っているiPhoneは6S。そろそろ2年を迎えようとしています。

そんなiPhoneなので、最近電池の消耗も早くなり電池の寿命を疑っていたのですが、知り合いに教えてもらったアプリをインストールして調べてみるとバッテリー寿命は100%。

特に問題はないみたいです。
2年使ってその数値は怪しいですが、電池の寿命は問題なしということで、バックグランドで通信するアプリを全てオフにしておきました。

でもあまり電池のヘリに変化はないような気がします。 

2017/09/14

HIgh Sierraのダウンロード日は。

File Systemが変わることによって、ファイルのコピーがべらぼうに早くなるHigh Sierra。
Safariも新しくなるし。

一応私のiMac(Late 2009)はギリギリ、High Sierraをインストールできるようです。
High SierraはSierraが動作しているMacなら大丈夫らしいです。

そのHigh Sierraは2017年9月26日にダウンロードできるようです。
日本のAppleのホームページに書いてあるってことはそのまま9月26日ってことなのかな。

楽しみー

2017/09/13

一人作業はMac派

Appleってアプリケーションを出してるのに、アップデート忘れてない?
って感じたんですけど、それは明らかに自分の勘違いでした。

Pages、Numbers、Keynote、iMovie、Garagebandという無料のアプリケーションでさえも今年(2017年)の5月、6月にアップデートされていました。

そういえばアップデートの通知が来ていたような気がします。
そんな印象しかないほど、Appleのアプリケーションを使っていないってことです。
最近、会社で使ったMacのアプリケーションといえばMotionぐらいですし。

会社からMacBookProを引き上げたこともあって、Motionでさえも使う機会がなくなっています。

かといってMacを使わないわけではありません。メールだったり写真だったりSafariだったりEvernoteだったりFileMakerだったりOmni GraffileだったりAffinity Designerだったり。

Appleの標準搭載以外のアプリケーションを立ち上げることはほとんどないってことなのです。
日常のスタイルがそちらにシフトしているってことです。

仕方がないことなんですよね。自宅での動画の編集も1年に1回だし。
などと思わずに、もっとMacと一緒にいろいろなことをやってみたいと思います。

最近は会社のWindowsもトラブルが減って愛着が湧いていますが、やはり一緒にいたいのはMacですからね。あくまでも仕事はWindowsを使っていますが、一人作業はMac派ですから。

«Wirecast 0.0.2の差が大きかった