« BluetoothスピーカーSRS-X1、復活 | トップページ | 会社のブラウザ、状況によって使い分け。めんどうそう? »

2017/11/21

会社のノートPCがちょっと速くなった気がします

会社で買っていただいたノートPCがアプリケーションの起動に時間がかかり過ぎてます。
Windows 10 Creative Updateの前はそこまで酷くなかった気がするのですが。

いろいろ調べて試しても、ズバッと解決できる方法は見つけられませんでしたが、そのうちの対策の一つがちょっと効果があったようです。

それは、仮想メモリーの変更でした。

デフォルトのチェックを外し、カスタムサイズに数値を入力しました。

ノートPCのメモリーが4Gなので、初期サイズは4G。最大サイズはその3倍が最大サイズらしいので、12Gとしました。
超快適というところまではいきませんでしたが、そこそこ、速くなってくれました。

Google Chromeの起動に3分ほど待たされていたのですが改善されて、30秒ほどで起動してくれるようになった気がします。ちゃんと計測はしていませんので、あくまでも体感速度ですが。

この程度の速さなら使い続けられそうです。
でもMacBookProのbootcampの方が何かと快適です。でも私物なので、緊急時しか使わないようにしています。

もっと快適なノートPCが欲しい〜

« BluetoothスピーカーSRS-X1、復活 | トップページ | 会社のブラウザ、状況によって使い分け。めんどうそう? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56017/66070371

この記事へのトラックバック一覧です: 会社のノートPCがちょっと速くなった気がします:

« BluetoothスピーカーSRS-X1、復活 | トップページ | 会社のブラウザ、状況によって使い分け。めんどうそう? »