DMM.COM

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon Ranking

  • Amazon Ranking

« Unreal Engine 4、4.20.3をMacBook Pro Mid 2012で動かしてみました | トップページ | Evernoteのダークモードがかっこいい »

2018/11/17

Mojaveのいいところを一つ見つけました

Mojaveの機能でiPhoneやiPadをそのままカメラとして使用し、画像をそのままKeynoteやPagesに取り込むことができます。
いちいち「写真」に保存されないので、iPhoneの容量を減らす心配はありません。

これは非常にいい機能だと思います。

この機能を使う時に条件が3つあります。

その一つはMac、iOSどちらもBluetoothとWi-Fiがオンになっていること。
次にmacOS Mojave、iOSは12であること。
最後にMac、iPhoneがApple IDにサインインしていること
だそうです。

keynoteで実験したところ、MacBookProとiPhone 6Sの組み合わせで、全ての条件を満たしていたので、素早くKeynoteに撮影画像が現れました。

連携の速さと、簡単さは、感動ものです。

基本的に写真を資料にする時はEvernoteを使っていましたが、もしかしたら、keynoteなどに直接取り込むこともあるかもしれませんね。

ちゃんとこの機能は覚えておかないといけませんね。

« Unreal Engine 4、4.20.3をMacBook Pro Mid 2012で動かしてみました | トップページ | Evernoteのダークモードがかっこいい »

Macの使い方」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mojaveのいいところを一つ見つけました:

« Unreal Engine 4、4.20.3をMacBook Pro Mid 2012で動かしてみました | トップページ | Evernoteのダークモードがかっこいい »