音楽買うならiTunes Store

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon Ranking

  • Amazon Ranking

« Omni Focus 2 for iOS、データベースの初期化 | トップページ | Mojaveのいいところを一つ見つけました »

2018/11/11

Unreal Engine 4、4.20.3をMacBook Pro Mid 2012で動かしてみました

Unreal Engine 4は自宅ではMacBookPro Mid 2012で動作します。

4.20.3にUnreal Engine 4がバージョンアップされたので、正しく動作するかチェックしてみます。
起動は問題なし。

ビルドを開始します。

すると、ライティングのビルドで止まってしまいます。
これは以前も体験したことがあって、ウィルス対策ソフトのESETのファイアーウォールがUnreal Engine 4の外部との通信をシャットアウトしているからでした。
なので、パーソナルファイアーウォールの設定をいじります。

フィルタリングモードを自動モードから対話モードに変更して、許可する設定に変更します。ライティングビルドが成功したようであれば、フィルタリングモードを自動に戻します。
これで、私の場合はビルドが完了しました。

4.20.3が無事動作することがわかったので、BlenderのスザンヌをUnreal Engine 4で表示したいと思います。

Unreal Engine 4はFBXという3Dフォーマットを読み込めるので、、Blender側はそのフォーマットで書き出します。今回はマテリアルの色を変えてスザンヌを作り、UR4に読み込んでみます。
Blenderからの書き出しはFBXを選んでエクスポートするだけです。

Unreal Engine 側はファイルメニューからインポートを選んで、読み込むFBXを選択して、コンテンツブラウザのどこに読み込むかを選んで、OKを押すとちゃんと読み込めています。
色々インポートの時に設定ができるようですが、今回は何も設定せず(わからないので)無視しました。
とりあえず、オブジェクトの向きに問題もなく読み込めるようで一安心です。

20181111_213840
(こちらは読み込んだだけの時)

でもレンダリングするとスザンヌさんが暗くなって、深緑になっちゃうんですけどね。
この件については色々調整してみたいと思います。

« Omni Focus 2 for iOS、データベースの初期化 | トップページ | Mojaveのいいところを一つ見つけました »

こつこつ制作日誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56017/67371093

この記事へのトラックバック一覧です: Unreal Engine 4、4.20.3をMacBook Pro Mid 2012で動かしてみました:

« Omni Focus 2 for iOS、データベースの初期化 | トップページ | Mojaveのいいところを一つ見つけました »