2017/08/15

Affinity Designer パスが使いやすい

ペンツールで適当に何か書きます。
コントロールパネルにある変換や、アクションで、パスをいじりまくります。ハンドルを引っ張り出す代わりに変換のスムーズを選びます。切れたパスを結んだり、結ばれているパスを切ったりはアクション内のアイコンをクリックして切り替えます。

20170814_225910

あとは適当にいじってるとお化けができました。

Obake20170814

自分が思っていた以上の絵になるところが面白いです。

2017/07/15

Affinity Desingnerのレイヤマスキング最高

レイヤマスキングが面白くて、その機能を使っててんとう虫を書いてみました。

親レイヤーと子レイヤーの関係を作ると子レイヤーは親レイヤーからはみ出さないというのがレイヤマスキングです。

てんとう虫の斑の部分がレイヤマスキングです。

Tentomushi20170715

レイヤーで、レイヤーの下にドロップすると子レイヤーとなりレイヤマスキングができます。

20170715_071741_1

2017/07/13

Affinity Designer:1分で吹き出しを作る!!

Affinity Designerを使って吹き出しを作ってみました。
シェイプの丸を適当に重ねて作ります。

Fukidashi01nf

パーツを配置して、シェイプを追加ボタンを押します。
すると一つのパーツになります。

Fukidashi02nf

Fukidashi03nf

ピヨの部分は三角のシェイプで作ります。

Fukidashi04nf

Fukidashi05nf

同じように追加します。そして一体化できれば

そのあとは中の色を変えたり、枠線の色を変えたりすれば完成です。

Fukidashi06nf

Fukidashi07nf

これで吹き出しの完成です。




2017/07/08

Pixelmatorによる「写真」の機能拡張

20170708_141029

Pixelmatorの機能をMac標準の「写真」の機能拡張として使う方法があります。
Pixelmatorのサイトを見ているとこんな動画がありました。

最初はPixelmatorとは違うソフトウェアのCMかと思ったのですが、よくよく見てみるとアプリケーションは「写真」でした。
どうも「写真」に機能拡張としてPixelmatorの機能を追加できるようなのです。
その方法は「写真」を開いて編集モードにします。

20170708_142856

機能拡張をクリック、その他を選択すると、以下のような環境設定の機能拡張が開きます。

20170708_142903

写真の機能拡張を選んでPixelmatorの2つのチェックボックスにチェックを入れます。
すると機能拡張にPixelmatorのレタッチなどの機能が追加されます。

20170708_141253

簡単に使えるメニューが表示されるので、通常のアプリケーションのように使うことできます。
下のメニューはRetouchを選択した時のツールです。

20170708_141038






“"

2017/07/06

Pixelmatorのシェイプで可愛いキャラ発見

Pixelmatorで可愛いキャラクタを発見しました。

シェイプの中にありました。

20170706_231445

色をつけてこんな感じ。ちょっとパックマンの死に姿に似てる気もしますが。

Obake20170706nf


2017/07/01

pixekmatorの切り抜き方法

Pixelmator_20170701_234450_1

Pixelmator_20170701_234449_3

Pixelmator_20170701_234449_2

Pixelmator_20170701_234449_1

Pixelmator_20170701_234449

2017/06/10

Affinity Designer 真っ黒

何をしたのかわからなかったのですが、Affinity Designerを立ち上げたところ、ツール以外のエフェクトなどのウィンドウが表示されません。

Affinity_designer_nf

シェイプなど、書くことはできるのですがそのオブジェクトを加工することができないのです。
30分ぐらいアプリケーション内を探し回り、やっと原因がわかりました。

Affinity_designer_nf_2

表示の中のスタジオ>スタジオを隠すにチェックが入っていたからでした。
ネット上で調べるキーワードもわからず、かなり困りましたが、なんとかなりました。

2017/06/03

Affinity Designer フォントとシェイプで最中を描いて見ました

Affinity Designerとっても楽しいグラフィックツールです。つい時間を忘れてしまいます。

今回はフォントとシェイプでもなかを描いて見ました。
お皿に乗っているもなかを真上から見た絵です。

焼きを入れた竹もシェイプで涙型ツールがあるので、そのツールを使って描いています。
ちょっと立体感がなく、クッキーに近い質感になってますねぇ。

もっともっとDesignerを使って立体的に見えるよう頑張って挑戦していきたいと思います。

Sweet20170603003

2017/05/29

Affinity DesignerとPixelmator

個人的に使用していたAdobe Creative Cloudを解約したので、Photoshopの代わりにPixelmator、illustratorの代わりにAffinity Designerを購入しました。

それぞれなんとなく使い方はわかりますが、Photoshop、Illustratorより自分的には使いやすい感じです。

これから色々使っていきます。