2017/11/24

最近、iMacがカチカチ言わないのです

iMacの内蔵ハードディスクが認識しなくなってから、スリープから復帰した時にカチカチと音がすることが多かったのに、最近は全くカチカチと言わなくなりました。

起動してから数日経つと、カチカチ言わなくなるのかなと思ったので、久しぶりにiMacを再起動させてみました。が、やはりカチカチ言わないのです。

なぜ?

内蔵ハードディスクを動作させようという無駄な努力をしなくなったということなのでしょうか?
なぜそうなったのか全くわかりませんが、カチカチ言わなくなってくれたのは非常にありがたい現象です。

iMacが気を使ってくれてるのでしょうか

2017/11/19

Bootcampでキーボードが効かなくなってしまいました。でも解決

Bootcampをたまに使います。今日も必要に迫られ立ち上げてみると、なんとWindowsのアップデートが開始しました。

前回途中になっていたアップデートが再開されたようです。

終了後、Bootcampを起動させてみるとWindowsのログイン画面でログインできません。はてさて?

マウスは動作します。しかしキーボードはうんともすんとも言いません。

外付けのキーボードをつないでみるとちゃんと動き、ログインできました。

Bootcamp用にAppleKというソフトウェアをインストールしています。AppleKとは何かと言いますとキーボードをカスタマイズできるソフトウェアです。Windowsを使っているときにControlキーの代わりに Command キーを使うために使っています。

そのソフトウェアがWindows 10 Creative Updateのアップデート時に問題が起きたため、キーボードのドライバーが動かなくなっていたようです。

AppleKをアンインストールしただけでは改善されず、ちゃんと標準のドライバーを動作させて、その後に再度AppleKをインストールすると、元の状態に戻すことができました。

今日は、そのほかPCのノートでもトラブルがあり、ま、そのノートを使うのが危険そうだったので、Bootcamp のWindowsを用意するせざるを得なくなり、その時トラブルが発生したのですが。

今日は何かとパソコンのトラブルに見舞われる日曜日でした。

2017/10/27

FileMaker Pro 12 がHighe Sierraで動きました

FileMaker Pro 12を持っています。

アップデートのタイミングを逃して未だにVersionは12です。MacBookProはmacOSをHigh Sierraにクリーンインストール後、FileMaker のインストールをしていませんでした。
iMacはずっとアップデートを続けてきているので、インストールされています。(ライセンス上は問題ないはずなんですけど)
MacBookProでもFileMakerが使えたほうが便利なので、インストールすることにしました。
インストール終了後以下のようなエラーが発生して起動できません。

1d8b998d0aa04fbca37f42b1ab685f54

古いバージョンからアップデートしたらいけるかな?って思ったのですが、Version 7はインストーラーを起動することすらできません。ネットで調べてみるとAssisted Install.txt を書き換えればいいという情報がありました。

自分の持っているアップグレードのパッケージとは構成が違うようで、すぐ目につくところに見つけることはできませんでした。そこで pkg のファイルを覗いてみるとその中に Assisted Install.txt ファイルがありました。

このままCD-ROM?では txt を書き換えることができないので、一旦 pkg だけデスクトップにコピーして txt を開くと、サイトで紹介している内容と同じだったので、AI_LICENSEKEY と AI_USERNAME のところにシリアル番号と、登録した時の名前を記述し、コピーした pkg を使ってインストールを実行。FileMakerを起動させたところ、無事に立ち上がりました。

うまくいってかなりうれしいです。FileMakerのサポート外でしすけどね。

2017/10/09

設定戻して新品気分なiMac

iMacのディスプレイのプロファイルを今までは終日、Blueライトを軽減する設定にしていましたが、写真の色調整の時に設定をモドすの忘れるので、本来のiMacのプロファイルに戻しました。

すると画面の白が鮮やかで、新品のiMacのような気分になりした。

ちょっと嬉しいです。

2017/09/30

Safariはアップデート。

iMacのHigh Sierraへのバージョンアップを見送りましたが、SafariはSierraでもHigh Sierraと同じバージョンになっています。ということはスピードが速くなったってことですよね。

そのほかにもオーディオの自動再生の禁止など、機能が追加されていますが、表示速度が上がるのが一番嬉しいです。今までのSafariでもスピードに不満はなかったですけど。

たまにサイトがSafariではなくChromeに対応しています。的なところはあって認証ができなかったり、プログラム学習サイトで入力ができなかったりしていましたが、学習サイト(Progateの場合)ではいい感じで、使えるみたいです。認証はSafari自体をまだ禁止状態にしているかもしれないので、期待はできませんが。

さすがに写真はHigh SierraがVer 3でしたが、Sierraの写真はVer 2のままです。
プレビューのバージョンもHIgh Sierraは一つ上がってver 10になっていました。

Finderは10.13へ。Sierraでは10.12.5でした。

2017/09/26

High Sierraにアップデートする前に

今日は楽しみにしていたHigh Sierraのアップデートの日。

Appleのサイトをのぞいてみると、「今すぐアップグレード」のボタンがあります。

ポチッと押したいところですが、メールを見るとESET(ウィルス対策ソフト)からHigh Sierraにアップデートする前にESETをアップデートしてくださいという案内が届いていました。

なるほどなるほど。

メインマシンのiMacなので、通知に従ってアップデートしてからHigh Sierraにします。
ん、待てよ、MacBookProをアップデートして様子を見てからにしようかな。


2017/09/17

インク、全て互換品に交換

実家で撮影した写真を母親に渡すことになって、30枚近くを2L判で印刷しました。

マゼンタのインクがなくなりかけていたので、互換インク7本セットを購入したのですが、30枚を印刷する頃には黒以外全てのインクを交換する羽目になりました。カラー印刷、消費量が半端ではない気がします。

プリンタを購入して初めてのインク交換なので、これからはインクも馴染み長持ちしてくれることを願っています。
P1110187nfjpg


2017/09/14

HIgh Sierraのダウンロード日は。

File Systemが変わることによって、ファイルのコピーがべらぼうに早くなるHigh Sierra。
Safariも新しくなるし。

一応私のiMac(Late 2009)はギリギリ、High Sierraをインストールできるようです。
High SierraはSierraが動作しているMacなら大丈夫らしいです。

そのHigh Sierraは2017年9月26日にダウンロードできるようです。
日本のAppleのホームページに書いてあるってことはそのまま9月26日ってことなのかな。

楽しみー

2017/09/13

一人作業はMac派

Appleってアプリケーションを出してるのに、アップデート忘れてない?
って感じたんですけど、それは明らかに自分の勘違いでした。

Pages、Numbers、Keynote、iMovie、Garagebandという無料のアプリケーションでさえも今年(2017年)の5月、6月にアップデートされていました。

そういえばアップデートの通知が来ていたような気がします。
そんな印象しかないほど、Appleのアプリケーションを使っていないってことです。
最近、会社で使ったMacのアプリケーションといえばMotionぐらいですし。

会社からMacBookProを引き上げたこともあって、Motionでさえも使う機会がなくなっています。

かといってMacを使わないわけではありません。メールだったり写真だったりSafariだったりEvernoteだったりFileMakerだったりOmni GraffileだったりAffinity Designerだったり。

Appleの標準搭載以外のアプリケーションを立ち上げることはほとんどないってことなのです。
日常のスタイルがそちらにシフトしているってことです。

仕方がないことなんですよね。自宅での動画の編集も1年に1回だし。
などと思わずに、もっとMacと一緒にいろいろなことをやってみたいと思います。

最近は会社のWindowsもトラブルが減って愛着が湧いていますが、やはり一緒にいたいのはMacですからね。あくまでも仕事はWindowsを使っていますが、一人作業はMac派ですから。

2017/09/03

不要なファイルの削除で200Gを取り戻しました

MacBookPro 2012 Midには奮発して1TバイトのSSDを搭載しています。しかしその半分はBootcamp用に使っています。

その愛用のMacBookProのSSD容量の残量が20G程度になっています。

何がSSDを圧迫しているのか、WhatSizeを使って調べてみると、UserフォルダのLibraryがかなり容量を使っています。

さらに調べてみるとLibraryの中にはAdobeのアプリケーションがたくさん。
Creative Cloudは解約したので、いらない。潔くえいや!!と削除。

そのおかげで、容量は200Gほど空きました。

めでたし、めでたし

より以前の記事一覧