2018/02/24

Magic Mouseが冷たくするならいいもん

P1120965nf
Magic Mouseの側面が冷たい話を以前しました。
MacBook ProとiMacどちらを使う時間が長いかというとトータル時間では同じくらいだと思うのですが、触れる回数からいくとiMacの方が多いと思います。

出勤前の時間や、帰宅後就寝までの時間とかにiMacに触ることが多いです。
MacBookProは動画の編集や、Unreal Engine 4の学習に使うので、触り始めると長い時間使っています。

そこで、マウスが冷たい問題を解決する方法を思いつきました。
私は今でも古いWacomのタブレットを持っていて、絵を描く時や、写真をレタッチするときには取り出して使っています。
そのWacomのタブレットですが、昔はマウスが付いていました。それも電池不要のタブレット上で使用するマウスです。こちらはプラスチックで、なんと3ボタンマウス。

そうです。なので、iMacでこちらのタブレットと、マウスを使えばiMacを使うときの指先の寒さは解消できるのです。

早速、WacomのセットをiMacで使用することにし、MacBookProでMagic Mouseを使うことにしました。
すると快適〜のはずがスクロールの方向に違和感が。

Magic Mouseの設定だとナチュラルにしているとホイール的な使い方は上にスライドさせると、ページが下がって来るのですが、Wacomのマウスホイールだと反対になります。

これはかなり脳が混乱します。Wacom タブレットのマウスの設定を見ても変更するすべはないようです。
慣れるしかないかぁ〜と諦めていたところ、環境設定のマウスのところにナチュラルのチェックボックスがありました。これって、タブレット側のマウスには効かなかったんだよねぇって思いながら、チェックボックスをはずとなんと、Wacomのマウスのホイールが逆になりました。

おお〜これだったのねぇ

大感激です。これで脳が混乱せず、マウスを使うことができます。


2018/02/23

Magic Mouse、冷たいじゃないの〜

iMac用にはMagic Mouseを使っています。

充電ができるMagic Mouse 2ではありません。以前のマウスですが、マルチタッチでジェスチャーも使えるので機能的には問題ないと思っています。スリーボタンが推奨のBlender使用時は、できないことがあったり操作が複雑になったりしますが、そのほかのソフトウェアでは特に不便を感じたことはありません。

iMacと一緒に購入したのでこのマウスも2009年から使っているわけですねぇ、しかしまだまだ現役ですよ。

そんなカッコいいMagic Mouseで唯一許せないのは冷たいことです。そう、マウスのくせに冷たいのです。

マウスって触りっぱなしではないので、触るたびに指先が冷たくて痛い!って感じます。夏は気にならないのですが冬場は結構気になります。
この点を改善できればなぁって思います。何か下部に貼ればいいのかもしれませんねぇ。

そういえばApple製品ってずいぶん買ってない気がします。iPhoneを機種変更して以来、何も買っていないような。
どうしても欲しいって製品がないってことでしょうか?
それとも、丈夫で完成度の高い製品ばかり開発してるってことでしょうか。一番の理由は私の懐が寒いことでしょうね。

2018/02/20

Logic Pro X を買わなくてよかった〜

以前話しに上がったLogic Proを使った音編集の件ですが流れてしまいました。
話し自体がなくなったそうです。
私に仕事を振ろうとしていた人(ボス(都合上))も突然のことで訳がわからないとのことでした。

ま、そんなこともありますよね。

そういえば先日のブログで私のMacBook Proには、Logic Pro がインストールされておらず、High Sierraでは使えない事実があり、その事をボスに伝えるとOSを変更する提案をしてくると予想したのですが、iMacで動いているLogic Proを使うことで話はまとまっりました。

仕事に使うという大義名分があればついソフトウェアを購入する癖がある私ですが、購入ボタンを押さなくてよかったです。

Logic Pro を覚えるチャンスがなくなったのは残念です。

2018/02/15

Logic Pro でしょうか

Logic Proを使った仕事が発生しそうです。Logic Pro X ではありません。音声収録後のミックスに使うとのことでした。私が購入して一度も使ったことのないソフトウェアです。

近々、Logic Pro をインストールしたMacBookPro を持参してレクチャーを受ける予定になっています。

MacBook ProにLogicがインストールされているかどうか調べたところインストールされていませんでした。High SierraにOSをアップデートした時にクリーンインストールしたからだと思います。

ですがApp Storeから購入したので履歴からインストールできます。

App Storeにつないでインストールボタンをクリック。しかし、反応がありません。
複数回試してもダメ。オプション+クリックで〜、もダメ。あれ?
ネットで調べて見ると、High Sierraには対応していないみたいです。Sierraは大丈夫らしく、iMac上でLogic Pro は動作しました。Logic Pro 自体が2012年のソフトウェアなので仕方ないと思いますけどね。

さてとなるとOSを戻すか、Logic Pro Xに変えるかということなのですが、そもそもデータさえもらえればいいはずなので持ち帰って、iMacで作業をするのが何も変えず、出費もないのでいちばんいい方法だと思います。

今回仕事を振ってくれる人に相談して考えることにします。
彼の性格からするとOSを戻すことを提案して来る気がしますけど。

2018/01/30

私が結婚記念日に買ったもの

1月22日は結婚記念日。とはいえ、自宅にいるのは私だけ。奥さんは28日にイベントがありその準備のために、結婚記念日当日は不在。

そんな記念日に私が購入したのはFinal Cut Pro X。

去年の年末から体験版をダウンロードし、使い始めた頃はワクワクしたアプリケーションでした。編集している最中、編集のモチベーションがだだ下がりになる出来事があり、10日ほどFinal Cut Pro X体験版は放置状態でした。
編集をこのままフェードアウトしようと思った(それほどゆるい編集の依頼)ほどですが、編集どうなったの?って言われてから再開するのは嫌だったので、とりあえず形にだけはしておこうとFinal Cut Proの前に座りました。

使っているうちにマルチカムのクリップの簡単さに感動し、このソフトウェアを使いこなしたい。っと思い、購入に踏み切りました。

使い込んでいくとマーカーがマウスで移動することができなかったり、プロジェクトの設定をクリップを置いてからだと変更できなかったり、おやおやと思うこともありがますが、使っていきたいと思います。

いつまで、アップルがサポートしてくれるかが非常に心配なところですけど。

20180129_232609nf_2


2018/01/28

快適マックライフに物申す!って誰になの?

以前、MacBookProとターゲットディスプレイモードの2画面が素敵という記事を書きましたが、15インチと27インチの画面サイズの違いでカーソルが画面をまたぐ時、カーソルをうまく移動させることができなくてキーってなっちゃいます。

それに正面がiMac、左手側にMacBookProを置いているので、自分の座る位置も定まりません。首だけで画面を見ている時は次第に首が痛くなるし、それぞれの画面に対して何かやるときは、椅子を回す、坐り直すなどなど、非常に使いにくく感じます。
会社では2画面を使用しており広くて素敵って思っていたのですが、設置方法と画面のサイズが合っていないとこんなにストレスを感じる環境になるとは思ってもみませんでした。

なので、MacBookProはクラムシェルモードにしてターゲットディスプレイモードのiMac画面だけを使うことにします。

数日、この環境で使っていますがそれぞれのキーボードやマウスの切り替えなどが大変なので、その辺りは今試行錯誤中ですが、1画面の方向で使っていきたいと思います。

P1120426nf


2018/01/27

macOS Sierra 起動を繰り返すトラブルに対するESETの対応

ESETから今回 macOS Sierraのセキュリティアップデートで問題が発生する環境での対応方法が公開されていました。

セーフモードでマックを立ち上げターミナルからファイルを削除するようです。

対応策はこちら

セーフモードはマックに電源を入れた時にすぐさまShiftキーを押すとセーフモードで起動することができます。Appleロゴとプログレスバーが出たらShiftキーを離しても大丈夫です。

ESETのトラブルはHigh Sierraでは起こらないみたいです。

ESETは対応が確実で信頼できる会社だという印象です。

2018/01/26

またまた、iMacが自然治癒力を発揮

20180126_082402

朝起きると、iMacがログイン画面になっていました。あれ停電でもあったのかな?って寝ぼけた頭はそう思ったのですが、ログインして画面を見ると「macOSをアップデートしました」と表示されています。

しまった!!、夜中の自動アップデートにしていたのか〜と後悔しましたが、もう遅い。ちゃんとアップデートされています。週末は、復元しないとか〜と思っていたのですが、ログイン後、数分待っても、1時間ほど経っても再起動はかかりません。つい2日ほど前、アップデートした時は再起動を繰り返す症状に見舞われたのに。

あれ?OS本当にアップデートした?とアップデートを疑い、「このMacについて」を開いて見ると10.12.6になっています。Sierraの最新です。

前回のケースなら再起動を繰り返すはずなのに。

2時間ほど経過しても問題なくiMacは動作しています。
何もしていないのに問題が解決している。不思議な状態です。私がマックの自然治癒力と呼んでいる現象です。

この状態のまま使うのはちょっと心配ですが、かといって調子がいいiMacに復元を試みるのも気持ちよくないのでこのまま使っていきます。
ちなみにESETのサイト見ると「一部の環境で再起動が繰り返される」とあるので、今回一度アップデートで病気になり、復元のおかげで免疫力ができたという訳のわからない解釈で、「よし!」としましょう。

さて、何か問題がおこるかな?

2018/01/25

iMac、無事復元完了

昨日寝る前にiMacを復元し始め、朝目覚めると復元は完了し、ログイン画面になっていました。
iMacが予想していた10時間はかからず、6時間程度で完了したようです。

ログインしてみるとドロップボックスとApp Store のパスワード要求とメールのボックスの読み直し、「写真」ライブラリの復元を要求してきました。
そのほかは特に何かを尋ねられるわけでもなく、普通に動作しています。

このように今までの状況に戻れることがTime Machineの凄さですよね。

他のMac用のバックアップソフトを使ったことがないですけど。あ、Time Machine以前はRetrospectっていうバックアップソフトを使っていました。用語の理解が追いつかず結構手こずらされた覚えはありますが、役に立つツールでした。
ウィルス対策ソフトのEsetが対応するまでは、アップデートをクリックしないように気をつけないといけませんね。いくら簡単に戻せるからってそんなを繰り返していたら、おマヌケですもんね。

2018/01/24

復元モード中のiMacでターゲットディスプレイモードはできるかな?

普段は全くトラブルに見舞われないmacOSのアップデート。(今回のアップデートのバージョンは10.12.6だったようです。)

しかし、何のいたずらか、今朝に限って再起動後数分でiMacが勝手にシャットダウンされます。その後数回リベンジを試みましたけど、症状は同じ。起動は無理。
そうこうしているうちに出社時間になってしまい、iMacの電源を切り出勤しました。

帰宅後、アップデートしようとしたmacOSのバージョンが気になったので、ネットで調べているとアップデートで起動しなくなったというブログに巡り会いました。

読んでみるとESETに問題ありと書いてあります。ああ、そうなのか〜と思ったのは後の祭り。
帰宅するやいなや、iMacはTime Machineから復元を開始していました。問題が起こればTimeMachineにお願いすればいいやって安直に考えているので、今回も速攻で復元を開始していたのでした。

復元が完了するまでは10時間ほどかかるみたいです。

ですが、iMacが使えなくてもMacBookProを使ってターゲットディスプレイモードでiMacに接続すればいいんでしょ、な〜んて思いましたが、キーボードを何度操作しても、ターゲットディスプレイモードには切り替わりませんでした。なんとなく復元中はターゲットディスプレイモード なんて使えないだろうって心の片隅では思っていましたけどその予想はビンゴでした。

後はおとなしく、復元が終わるのを待って、ESETの対応が完了したら、Sierraのアップデートをすることにします。まさか、こんなことになるなんて。

でも本当にTImeMachineさまさまです。TimeMachineには何度も助けられています。

MacBookProもTimeMachineを考えないといけませんね。これから、メインマシンとなる予定なので。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • P1120965nf
  • Avchd422
  • Avchdh264
  • 422h264
  • P1120530nf
  • P1120531nf
  • 20180212_104650
  • P1120446nf
  • 20180210_104707
  • 20180208_093136
  • Photo_2
  • 20180131_072929