気になる〜

  • ドメインがほし〜い
    ピザ食べた〜い
    【Udemyでお勉強】
無料ブログはココログ

2018/06/14

Evernoteはログオフで

自分にとってEvernoteはなくてはならないツールです。どこでも、どのデバイスからでも自分のEvernoteにアクセスできる環境は最強です。
今は、会社のPC、ノートPC、自宅のiMac、MacBookPro、iPhone、iPad。場合によっては空いているPCからアクセスすることもあります。
以前は無料でも複数台のデバイスを使用することができたのですが、数年前に2台までというアクセス制限がかかりました。
その頃にどこでも使える利便性を手放すことはできず、プレミアム会員となり台数制限の壁を超えました。年間5200円を支払いましたが、私にとって支払うだけの価値はありました。
色々思いついたことや調べたことをメモするためにログインすることもありますが、そのほかにパスワードなどもメモとして残しています。
そのため、パスワードを忘れた時に複数の場所でログインすることが必要になることがあります。パソコンの設定もかつてやったことであればEvernoteを調べて、わからなかったりダメな場合ネットで調べます。
そんな感じで当たり前に使っているEvernoteなので、いつでもどこでもすぐ立ち上げて使い始めます。

空いてるPCを使う時以外はEvernoteのアプリケーションを使うのですが、今まではあまり気にしないで、作業終了時は「終了」にしていました。すると次にアプリケーションを起動するときはログインなしでも使うことができ、これはこれですごーく便利なのですが、ノートPCは、別のスタッフと共有なのでもし、そのスタッフが私のようにEvernoteを使う人物なら私の脳内を見られることになるわけです。

これは恥ずかしい〜

この事に気がついた時はドキドキしましたが、ノートPCを使うスタッフはEvernoteを使っていなかったので恥ずかしい思いはしていないはずです。

だからといって、今までどおりだといつか恥ずかしい思いをすることになるかもしれないので、自分なりの対策を考えました。

それはログオフすること。
そうすればアプリケーションを起動するたびにログイン名とパスワードを聞かれるので、勝手に脳内を見られることはありません。

今後はEvernoteはログオフすることを習慣化したいと思います。

いや〜脳内を見られる事を想像するとかなり恥ずかしい

2018/06/12

YouTube Live用の機材ゲットの旅

準備万端で臨んだYouTube Live。
今回は2回に分けての配信です。

会社で見つけたMac mini もどきを使う予定でしたが、配信1時間前にブルースクリーンが表示されました。
本番中に落ちることもあり得るので、MacBookProに切り替えて配信準備のし直し。

MacBookPro + Bootcamp上で立ち上げたWirecastのCPU使用率は最高でも60%。通常は40%以下のところで動作しています。
セッティングも簡単、場所も取らず、やっぱこれだねぇ〜って感じですが、MacBookProは個人所有。
会社の機材で配信できなくては他のスタッフが配信できません。

1回目の配信はMacBookProで切り抜け、2回目に向けてMac miniもどきで動作確認を開始しました。

2回目の配信まで3時間ほどありました。
配信準備を差し引いても2時間ほどはテストする時間があるので、Mac miniもどきで配信テストをしていました。配信自体は落ちることもなく問題ありませんでしたが、ファンの音が非常に大きくなる場合があり、配信中ノイズがうるさそうだったので、2回目もその機材での配信は断念し、MacBookProを使いました。

Mac miniもどきは非常にコンパクトで、ノート並みとは言いませんが、外付けディスプレイを小脇に抱えて、手提げ袋にキーボードとマウスを入れれば一度で持ち運びは完了できます。
ファン周りをクリーニングして、なんとかならないか試してみようと思います。
それでもダメならもっと社内で使えそうな大きなデスクトップを探すことにします。

それにしてもMacBookPro mid 2012は私には最強の相棒です。

2018/06/11

Adobe Stockでなかなか採用されません

最近、Adobe StockにLumixTZ40で撮影した写真をアップロードしています。
販売目的の写真です。ところがなかなか採用されません。

今までリジェクトされた理由は
アーチファクトの問題。
露出の問題。
類似の画像が提出済み。
画像の美しさまたは商業的アピール。
知的財産権の侵害。
フォーカスがあっていない画像。
など。

NGを一通り網羅してると思うと、色々やっちゃってるなぁって感じでおかしくなってきます。

PIXTA にも写真をアップロードしていますが、自分の感覚ではAdobe Stackの方が採用されやすい気がしていました。ですがここ何回かはリジェクトばかりです。そんなに舐めてはいけません。

しかし、そんなことにめげず、ますます写真を撮ってどんどんアップロードしていきます!
まだ一枚も売れてませんけどね。

2018/06/09

次回のYouTube LiveはDesktopで

近々配信しなくてはならないYouTube LiveはMacBookPro + Bootcampで実行する予定でした。

しかし配信があるたびにMacBookProを会社に持ち込むのは嫌です。だって自宅から持ち込むのは重いです。
だったら会社で使っているDesktopパソコンを使えばいいことに気がつきました。セッティングは面倒ですが、MacBookProを持ち込む方が大変です。
ということで、Wirecastを動作させて自分が普段使っているHPのパソコンで配信することにしました。
会社では3番目にパワフルなCPUで、全体のバランスではNO1のはずです。メモリーもマックスだし、SSD搭載だし。

早速Wirecast play for YouTubeをインストールしたのですが、透かしの入らないバージョンをインストールしようとしたところ、インストールできません。何か問題があるようで、インストーラーが途中でエラーメッセージを表示し、プログレスバーが戻っていきます。
透かしが入る最新版は問題なくインストールできました
透かしを外すためには9.99ドルの製品版を購入する必要があります。透かしの入っているバージョンで試したところ、CPU使用率は100%になることもありますが、80%ぐらいに落ちることもあり、いい感じです。
自分の中ではこのデスクトップを使って9.99ドルのWirecastを購入してもらうつもりで上司に現状を話したところ、XXさんのPCがあまってるからそれを使ってみたら?とのこと。私のデスクトップよりも断然小さく、サイズ、形はMac mini。

Wirecastの透かしがないバージョンもインストールでき、順調に配信テストが実行されています。
CPU使用率は98%〜100%ですが、音声のトラブルはありません。Mac mini もどきでも問題なさそうなので、こちらで配信することにします。

本番の日は近いですが、これでうまくいけば万々歳です。

2018/06/08

デバッグを面白そうにするのはやめてください。うるうる

またまたHippani Animator 5 の話です。
使いやすくて楽しいツールなのでお気に入りです。

全くもってHippani Animator 5に何の罪もありませんが、これだから嫌なんです!!ってことが起こりました。
Hippani Animator 5で作ったのは喋るキッチンタイマー。
Webアプリケーションなので、色々な環境で試します。Windows のEdge、Chrome、Firefox、MacではSafari。
そしてiPhoneとAndroid。
Windows とMacは特に問題なく動作しましたが、Androidで大きな問題が。
喋るキッチンタイマーなのに、Androidではならない〜。
4.Xと6.Xと7.Xを試しましたが、終了の音声が再生されたのは6.Xだけ。

それも全部社内の個人所有の人に頼んでテストしていただきました。4.xはかなり古いらしいですし、7.xの人はカスタマイズをしているらしくどこかを触っているかもしれないとのこと。

テストしようにも手元に端末がないのはかなり面倒な作業です。

その上、iPhoneでもならないという人が現れました。iOSは10.xらしいので、11に上げてどうかということをテストしてもらうしかないのですが、一般の方からの問い合わせ対応でそのお願いはできないので、動作環境を提供して独自の判断で使っていただくしかないということになります。あれ、時間が来たのにならない!なんてことがキッチンタイマーで起きてしまう可能性もあるわけです。

興味本位から安易にキッチンタイマーのアプリケーションを引き受けてしまいましたが、今後は環境も整えてもらえないのであれば開発しないことを提案します。さもなくばバージョン限定で端末を用意してもらうこととします。

それにデバッガーの意味を知ってデバッグしている人に動作チェックをお願いしたいものです。動作の確認ができないため、隠している音声を流すと、おもしろ〜い。こんな音流してるんだねぇ〜なんて半分馬鹿にしながらデバッグしている人もいます。なぜそのバグが出ているのか、どうすればそれを回避できるのかなど、聞けば思いつくことも発見する方は大変なのです。

そんなところには少しでも敬意を払いながらデバッグしてほしいものです。

機種ごとのデバッグはほとほと疲れます。

2018/05/22

Snapz Pro X の実力

自宅での動画キャプチャーにはSnagitを使っています。
普段のキャプチャーは長くても1時間ほどなのですが、今回は2時間近くの超ロング動画をキャプチャーしました。

2本キャプチャーして一本はそれほど問題なくキャプチャーされていたのですが、もう一本は音声はまだあるのに映像は終了しているという「世にも奇妙な物語」が起こりました。

この状態ではいつもの手順での回復もままならない。そこでSnapz Pro X を使ってキャプチャーし直しました。
Snapz Pro X は保存する際にmovに変換するので、キャプチャーデータのほぼ倍の時間がかかって生成されます。

それほど時間をかけて作ったデータですが、その甲斐がありました。

会社で使っている動画編集ソフトEDIUS Expressに持っていってもHandy Camの動画と見事に同期します。生成された動画は正しく15fpsになっています。

この正確さは非常に有効なのですが、いかんせん生成に時間がかかります。

やはりSnapz Pro X でキャプチャーするのは状況によってということになりそうです。
まとめて保存できるとか何かそんな機能があればまだ、いいのですが、そんな機能は今のところなさそうです。


2018/05/05

無礼でした

人にお願いする時はちゃんと一筆入れないとダメだと思いました。
税理士の先生に書類を郵送する時、書類だけ入れてそのほかには何も入れていません。
書類を郵送した事を伝えるメールを書いて、「よろしくお願いします」としています。

以前は請求書などを送る時も一言書いていたのですが、煩わしくなって書類だけを送るようになっています。
そんなに郵便物を送ることはないのだから、その時ぐらいは一言お礼と挨拶ぐらい書くようにしようと思います。

先生、すみません。

2018/05/01

ノートなんだね

電車の中や、ホームでノートパソコンを左腕に乗せて、キーボードを叩いている人を見ます。席を陣取り入力している人もいます。
ここ半年ほどお目にかかるのは珍しいという印象だったのですが、また、最近増えているように感じます。
4月で新しい部署や、新しいシステムのせいでしょうか。

今なら、スマホや、タブレットでいけそうな気がするのですが、ノートを使っているわけですね。
セキュリティの問題などがあって会社で貸し出しているノードじゃなきゃダメ!ってこともあるのでしょうけど。セキュリティなら電車の中で使うのは問題があるような気もするし。

結構ノートパソコンを持ち歩くって大変です。
重いし、バッテリーのことも心配だし。

昔はiPadからリモートアクセスしていた時もありました。回線的には重くて非常にイライラした覚えがありますけど、今はかなり快適に接続できるんじゃないでしょうか。

電車の中でのノートってスマートじゃないと思います。
体力増進にはいいかもしれませんけど。

ま、人それぞれノートを持ち歩く理由があるのでしょう

2018/04/28

ヘッドセットが中途半端に壊れたみたい

いつも持ち歩いているBluetooth ヘッドセット Doumall X7を落としてしまい、カバーがぱかっと外れてしまいました。
あちゃー壊れた〜、新しいの買わないとだなって思ったのですが、破損はしていないようで、外れたカバーをはめなおし使って見ると、ちゃんと音は聞こえました。

よかった〜

とは思ったのですが、このBluetooth ヘッドセットはIPX5の防水仕様。
お風呂にもちこんでモニターすることもあったのですが、カバーが外れたことがあるヘッドセットはお風呂に持ち込むことは息の根を止めてしまうような気がします。

音を聞くことは問題ないようですが、稀に電話に使用するとこちらの声が聞こえないことがあるようです。
4回通話して、2回はヘッドセットの中で、もしもし〜もしもし〜、こちらは、はい、XXXですけど。となり会話が成立しません。

一度テストしてみないとダメですね。

自宅で試したところ、問題なく聞こえているようです。
なんだったんでしょうねぇ。また、何度か使ってみることにします。

2018/04/27

今日がスタッフ最後の日です

色々とお世話になったスタッフが今日退職します。
3年ぐらい一緒に仕事をしました。

ビデオ編集や、パワーポイントでの素材作成、ビデオ撮影など、色々と手ほどきすると頑張って覚えてくれて、最近は、ちょっといえばすぐこちらの意図を汲み取ってくれて仕事に取り掛かってくれます。演出などやりすぎもありましたが、若さと発想の自由さのせいだと思いますが。

そんな、右腕的な存在で、場を和ませることができる彼がいなくなるのは非常に残念ですが、いつかはお別れする日はやってきます。

これから、ますます大きな男になってほしいものです。
見た目だけじゃなくてね。

頑張ってね、ジェット。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • P1140248
  • P1140247
  • P1140244
  • Blender_e00
  • 20180617_101016
  • 20180617_100936
  • 20180617_100925
  • 20180617_100916
  • 20180617_100906
  • 20180617_100856
  • 20180617_100843
  • 01