2015/12/06

BlackImage Design Intensity Shuttle

P1040200

BlackImageDesignのIntensity ShuttleでYouTubeライブ配信を行いました。
やっとMacBookProで配信することができました。

今まではWindows ノート+MonsterLiveを使って行っていました。
今まで使っていた古目のWindows PC + Monster だと常にCPU使用率90%以上という状態で、最近は配信を開始すると音声の乱れがあったりして、ストレスでしたが、MacBookProでは最高でも77%で音声も問題なく動作していました。

Intensity Shuttleを使ってうれしいのは、すぐに認識してくれるところ。抜き差しを繰り返してもその度うまく接続してくれます。
長年愛用していた、Windows PCだと一度物理的に接続を解除するとPCを立ち上げ直しなんてことになっていました。

しかし、ここまでくる道のりは平坦ではありませんでした。
会社で使っているハンディカムはSONY HDR-CX560V。
Intensityに接続したところ、画面が出ませんでした。サポートにまで電話して話していたのですが、どうもハンディカムからの送り出し信号を正しくキャッチしないと表示されなみたい。もう一台あるパナソニックのビデオカメラだと問題なく一発接続できました。ということでIntensityには問題ないことがわかったので、SONYの設定を変更することで解決させようと躍起になりました。

録画方式をいろいろ変更したり、Intensityの環境設定を見直していろいろ組み合わせたのですが、なかなかうまくいきませんでした。

でもSONYのハンディカムにはもう一つ出力用の設定を変える設定項目があり、それを変更するとMacの画面に現れました。HDMI解像度は1080i/480iでした。
BlackImageの環境設定は1080i/59.94でした。

この状態で一応画面には表示されているのですが、若干余白が入っている感じです。でハンディカムの設定を720p/480pに変更すると画面いっぱいに表示されました。
この設定を探すまで、2時間ほど、悩みました。

この設定がわかってからはハンディカムは問題なく表示されています。

これからこの組み合わせでライブ配信も頑張れそうです。

ちなみにドライバーの供給メディアがSDカードだったのも私には新鮮でした。

2015/07/18

USB ハブを買ってみた

USBハブを買ってみました。

自宅のiMac用にはハブが2つ着いていますが、ひとつは電源供給しないタイプ。
電源供給されないタイプのハブは、Bluetoothなどの充電には使えますが、iPhoneの充電、カメラからの取り込み、HDDなどには使えません。

そこで、USBハブを増設することにしました。
使っているiMacはUSB2.0ですが、今後の事を考えると3.0のハブを買っておいた方がいいだろうと思いELECOM のU3H-A4085を購入しました。

20150718_2_4

USBのケーブルも長くてACアダプタのプラグ部分も細身でいい感じでした。

ところが、iMacがスリープに入り目覚めた時はTimeMachineがいつも「ディスクの不正な取り出し」と表示されます。

「えっどんな仕様?」

それはおかしいとポートを変えてみました。
ひとつ独立しているポートではない場所に差し込むと、「不正な取り出し」のメッセージは表示されませんでした。

ためしに、他のポートもすべて抜いて、横ひとつ独立に差し込んでも結果は同じでした。
横ひとつ独立にカメラを接続した場合は問題ありませんでした。

ということなので、ハードディスクがだめなようです。ちなみに日立の数年前の3.0対応のハードディスクです。

数日後にはまた、不正な取り出しが表示され始めました。
そもそも3.0のハブが問題なのでしょうか。原因が分からないので、以前の2.0のハブにハードディスクを接続しました。

原因は未だに不明です。

2015/02/07

後先考えずに、結局買ってしまいました

結局買ってしまいました。Motion。

なんだか 気になって、気になって仕方なく、いろいろな葛藤を繰り返したのですが、ついにポチッとしてしまいました。

今回の動画のオープニングは完成したので、すぐにMotionを使って何か作る予定はなかったのですが、つい買ってしまいました。
前向きに使っていく事にします。

2015/01/26

BlueBuds X ヘッドホン、コネクションスイッチは最高

BlueBuds X を使っています。Bluetoothヘッドフォンです。

このヘッドフォンの素敵なところは「コネクションスウィッチド」

iPhone、iPadで環境設定でBluetooth が ONにしてBlueBuds Xを選べば、「Connection Switched!!」とアナウンスがあり、切り替わります。
(音声を再生中だと切り替わらないかもしれませんが)

この機能ってすごく便利です。国産のいままで使ったBluetoothヘッドフォンはそういった機能がなかったような気がします。

この機能はどのBluetooth、標準の仕様にしてほしい、便利な機能です。

2015/01/05

Lumix用に画面の保護シートをはってみたけれど…

ELECOMが出しているカメラなどのディスプレイに貼る、保護シートを購入しました。

DGP-011FLAG

気がきいてるのはお店でカメラのディスプレイのサイズに実際に合わせて見る事ができること。
ちょうどカメラを持っていたので、横幅を会わせてチェックしてみました。

ここが問題で、間抜けな私は横幅だけしか確認せず購入してしまいました。

自宅に帰って、貼ってみたところ高さがたりません。
1cmほど寸足らずなかんじでした。

しかし、商品を取り替えにいくのも面倒だったので、このまま、液晶画面に張り付け、使っていく事にしました。

気泡が消えるをうたうだけのことはあり、はってみると、確かに気泡が消えていきます。
私の秘技、「爪楊枝」を使うまでもなく、問題なくきれいに貼る事ができました。

寸足らずですけど。
これで、上着のポケットに裸で入れていても大丈夫。かな?

これからもますます愛用していきたいと思います。私のLumix DMC-TZ40


皆さん


2015/01/01

Snapz Pro から Snagitに変えたわけ

年末も年末12月31日にMac用のキャプチャーソフトを購入しました。

Snapz Proという動画キャプチャーソフトをいままで使っていて、気に入っていたのですが、Yosemiteになってから、動画キャプチャーの時に音声が記録できなくなってしまい、仕事に支障が出る状況になっていました。

なので、この年末にキャプチャーソフトを探していて、出会ったのがSnagitでした。

Snagitもサウンドをキャプチャーするための別のプログラムをインストールするようですが問題なく音声も同時収録できています。

mp4でキャプチャーするのですが、そのフォーマットは変更できませんでした。Snapz Proだと一旦オリジナルのフォーマットで記録して、そのあとフォーマットを変換するので、最終データが出来るまで時間がかかっていましたが、Snagitはそのための時間は必要ありませんので、録画終了するとデータも出来ています。

これからはSnagitでいけそうです。

ちなみに購入を検討している人はAppSoreで購入するか、サイトから購入するかは金額を見比べた方がいいと思いますよ。

2014/11/29

Parallels 10 を買いました。

会社で使っている MacBookPro で Bootcampを起動するとBluetooth キーボードがうまく接続できません。
以前は問題なく接続できていたと思うのですが、出張にMacBookProを連れて行ってからおかしくなったような気がします。
Bootcampでキーボードを再登録した場合はちゃんと動作するのですが、いったんBootcampを終了し、OSXを一度起動してふたたびBootocampを起動した場合はまた、登録しなくてはならない状態になってしまいます。
MacBookProのキーボードが使える状態ならなんら問題ないのですが、会社の私が使える空間は非常に狭いです。

なのでいつもクラムシェルモードでMacBookProを使わなくてはなりません。そうなると外部キーボード接続は非常に重要なのです。それなのに接続できない。

この問題をどう解決するか。そもそもBootcampを使い始めた理由は出張先でのYouTube配信にMacBookProを使うところから始まっています。その任務はおわり、今後数ヶ月は動画のキャプチャーで素材作りを行わなくてはなりません。その点はわざわざBootcampを使わなくてもVMWareやPrallels上で問題なく動作させることができるはずです。
自宅でiMac + VMWare + Windows 7 + Bandicamでキャプチャーに成功していることを考えるとMacBookProでうまくいかないわけがありません。

ですがここで問題が。
私がもっているVMWare Fusion は5.0。MacBookProのOSはYosemite。
なんとVMWare Fusion 5.0はYosemite非対応。アップグレードすればいいのですが、高い。アップグレード料金が7000円オーバー。

Parallels デスクトップは乗り換えで5000円以下。
だったら、Parallelsでいっちゃえってことで、Parallelsを買ってみました。

ずいぶん昔の話でParallelsを使っていた事もありましたが、Ver3ぐらいだったと思います。
VMwareもParallelsもBootcampからそのままWIndows環境を引き継げるので、問題ありません。

ちょっと使ってみます。

2014/11/21

いまさらiPad 3rd 用カバーを買いました

iPad 3rd用のカバーを購入しました。
今まで使っていたBelkinのカバーがぼろぼろになってしまったので、代わりの商品をさがしていましたが、いまひとつ気に入らなくて、裸状態のiPadを携帯していました。

裸状態で使っているとと滑りやすい、覗き見シートが鞄の中ではがれそう。

など何点か気になりなり始めたので、どんなものでもいいからカバーを買う!!と決めてヨドバシカメラに行きました。
使っているiPadが時代遅れなこともあって、カバーは少なめでしたがこちらのカバー を購入しました。
Blekinと違って縦置き、横置きできるすぐれもの。

お値段も2500円とお安めでした。
Belkinにくらべると丈夫さが足りないと思いますが、次回iPadを機種変更するまで丁寧に使いたいと思います。
Belkinがぼろぼろになったのは、ぬれたタオルや、水をかけて洗ったのが原因だとおもうので、今回はからぶきで行きたいと思います。

2014/10/21

「iUSBportこれが出来ない」 パスワード編 解決

iUSBportのパスワード設定ができなかったので、act2に問い合わせしてみたところ、お返事をいただきました。
通常の手順で大丈夫そうなのですが、Reset… というメッセージが表示されず、なんの反応もありません。
act2のサポートの方のおっしゃる手順どおりなのですがダメです。

で、おもったのはパスワード自体に問題があるのではないの?

ってこと。入力していた文字数は7文字。パスワードはよく8文字以上といわれますよね。
で8文字にして入力してみると「Reboot…」が表示され、iUSBportが再起動。
iUSBport2のディスプレイ画面にPasswordがしっかり表示されています。

これで、アドホックモードでも安心して使うことができます。
act2、サポートの方、ありがとうございました。

2014/10/17

「iUSBport2 Password設定ができない」で問い合わせ中

act2から購入したiUSBport2。
USB内のデータをiPad、iMac、iPhoneなどで見るためのツール。
便利に使っていきたいのですが、アドホックモードでパスワードをかける方法がわかりません。

act2のサイトで動画がアップロードされていたのですが、今のバージョンの設定の仕方ではありませんでした。

結果わからなかったので、act2にフォームでの問い合わせを行いました。

act2様から返事は来たのですが、メールで説明されているiUSBport2がリセットされる状態にはならなかったので、再度問い合わせしました。

親身になった対応をしてくださるact2はとても好感が持てます。

なんとか解決まで持っていきたいものです。