2017/05/20

え〜、FileMaker は16になるの

FileMaker Proは16になるそうです。自分が使っているVersion は未だに12。
たまに作る請求書と、家計簿の入力に使っている程度なので、何も困ることはありませんが、FileMakerは確実に進化しており今ではiOSなどのアプリを開発できるらしいです。

送られてきたハガキでは「スピーディな開発」「専門知識がなくても外部との連携機能を追加」「ユーザーエクスペリエンスを向上」「セキュリティ」と書かれています。
バージョンが 13 以上ならアップグレードできるそうです。

あれれ、私の場合はアップデート対象外って事。それはなかなかショッキングな事だわ。

2013/06/30

FileMaker Training Series 例題 1.1.3

検索モードについての例題です。
フィールドに検索したい文字列を入力すると検索が実行できます。

FileMaker Training Series 例題 1.1.2

例題 1.1.2はファイを開く、閉じる、作成するです。
作成したときはデフォルトでは表形式なっていますが、環境設定で変更することも可能です。
と書いているのですが、どこにあるのでしょ?

環境設定を開いて「データベースの管理を使用してファイルを作成」を選んでファイル作成時のデフォルトの動作を変更してください。とあるのですが。

ま、細かい事は気にせず進みましょ。

2013/06/20

FileMaker Training Series 例題 1.1.1

FileMaker Training Seriesですが、例題をこなして行く事が重要なようです。
そのアプローチで学習していきたいと思います。

まずは例題 1.1.1
ファイルの開き方です。
ま、これは問題ないですね。でも、クイックスタートってあまり存在を意識した事がなかったので、表示されていない場合にどうやって表示させるのか、勉強になりました。

ヘルプの中に隠れていたんですね。

2013/06/17

FileMaker Training Series 開始〜

FileMaker Training Series のダウンロードが終わったので、つらつらと眺めています。

かなりな分量であることを感じます。

どの程度のペースで進めればいいのかがわかりませんね、
Moduleという単位でわかれているのですが、その分量が
みえないからだと思います。

一度、Moduleを一つ学習してみて、どのくらいでできそうか試してみたいと思います。
iPadでPDFファイルは読むようにしようと思います。

とりあえず、はじめてみます。

2013/06/16

FileMakerも勉強しましょ

たのしいFileMakerをもっと楽しむためにFielMaker Training Seriesを申し込みました。
まだ、ダウンロードしている最中ですが、がんばって資格まで行きつきたいと思います。

がんばります。


2013/04/03

File Maker 12.0v3 サイズ単位の変更

FileMakerで使っている部品、テキストフィールドやラジオボタンなどデフォルトではサイズの単位がcmになっています。特に困るわけではありませんが、ポイントに変えたい場合もありますよね。

そんな時はレイアウトモードに入って、インスペクタウィンドウ内の外観>段落設定の単位をptに変更すれば、ポイント表示でオブジェクトの大きさが表示されます。

見つけたけど、実際に変更する必要があるのかな?

2012/12/26

FileMaker エクスポートどうしてたっけ?

FileMakerで管理しているデータを書き出して、渡さなくてはなりません。

Excelがインストールされていたころは、書き出しでxlsを選んで書き出し、若干の修正を加えて完了だったのですが、iMacがクリーンになった状態ではExcelが使えません。なんたってOffice2004とかそんな古いアプリケーションだったので。

で、CSVで書き出して、Numbersにもっていき、整形して、xlsに吐き出すという手順になりました。

うーん、こんな手順でやるしかないのかな。

まいっかって思ったんですけど、元気な時のiMacもMountain Lionに変えたからRosettaが動かず、Excelは動作していなかったはず。

あれ、どうやってたんだろ。Mountain Lionにしなかったんだっけ?いや〜、そんなはずないんだけど。

*この疑問は解決しました。
Numbersが入っていればxlsのファイルとして書き出されました。


2012/10/10

すごい、FileMakerの世界

何かと頼りにしているソフトウェアのひとつにFileMakerがあります。
自分でできる事は、住所録だったり、コンテンツの管理、登録だったりと、検索することが中心のタイプしかできません。

リレーショナルだったり、集計、スクリプトを使った自動化などまだまだ、自分では使えていない機能がたくさんあります。

いろいろな使い方があり、自分の中ではデータに関してはどんな事でもできるのではないかと思っているFileMaker。

FileMakerのサイトをみてみると、iOSのアプリも開発できることが書いてあります。すごいです。

もっともっと、使いこなさなきゃって気持ちになってきます。

2012/09/04

FileMakerでの検索の落とし穴

FileMakerで繰り返しフィールドを使って作ったレコード。
その中に含まれるフィールドを検索してもそのキーワードだけを探してきてはくれません。
なんだか、つらつらといろいろなものを引っ張りだしてきます。

どうもそんな仕様らしいです。
繰り返しフィールドって使わない方がいいわけかな。