2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

plus-e 開発機材

Plus-e開発機材を配信会社株式会社ジェイシーエムに返す事になりました。5年ほどお世話になりました。5年間の事を思い出すと、懐かしいですね。
噂では、納品実績は2位だそうです。かなりのタイトル数を納品させていただきましたから。

ファミレスでプレイしてくださった皆さんにも感謝いたします。
ありがとうございました。といってもコンテンツは後ひと月ほどありますので、
楽しんでください。

2005年8月30日 (火)

携帯Javaデバッグその2

本日の業務は携帯JAVAのデバッグです。
本来なら終了してるべきタイトルなのでが、グラフィックの変更などがあり、いまだ手を離れていません。
あと2週間ほどでデバッグを終了させ、マスターにしなくてはなりません。

プログラム的にはダウンロードの高速化が残っていますが、それ以外はほとんどゲームバランスについやすので、間に合うとは思いますが。

クライアントからの恐怖の修正依頼がなければいいのですけど。

2005年8月26日 (金)

強気でだした見積もり

強気で出したサウンドの開発見積もりが一発OKになりました。

決まるや否や来月中頃までに曲2曲と効果音30個だそうです。
でその後、残りを10月いっぱいで仕上げるようなペースです。

随時、このブログで支障のない程度にご報告します。

2005年8月25日 (木)

株式会社ミント作品履歴

アキバ系BBチャンネル/アニソンホリデーZ編集/ミルフィーユタイム編集

--携帯コンテンツ--
最新au用フラッシュコンテンツ

パズルDEヤンキーヘッド

A-1_AnzanChamp

What If

ファイナルショット
ミラクルアウト
ココロの探検隊

--Plus-eコンテンツ--
 pluse

 天国と地獄/自分探しの冒険/負け犬ランキング




フィーア

雀雀雀

学校のこわいうわさ花子さんがきた

MS動画図鑑

--Plus-e コンテンツ移植--
 ハローキティのいろとかたち
 キキとララおとのしんけいすいじゃく 
 ポムポムプリンのまちがえてるてる
 バッドバツ丸の×○セブン

--X-BOX--
 マズルフラッシュ

plus-e コンテンツ 天国と地獄

ファミレスにおいてあるアミューズメント端末Plus-e.
いよいよ来月配信停止予定です。

かなりの数をミントは提供いたしました。知り合いと企画したコンテンツや、依頼されたコンテンツ、移植したコンテンツなど。10数本は関わったと思います。

その中で個性的な占いである「天国と地獄」。
40数問の質問に答えていくと自分の良い状態と、悪い状態の周りへの影響や、自分がどうすべきかを教えてくれる診断。
アニメーションにはこって作りました。その他、いろいろなオブジェクトのコントロールが大変でした。

ぜひ、お近くにPlus-e端末がある方は遊んでみてください。

2005年8月24日 (水)

携帯フラッシュ大人気らしい

以前、携帯フラッシュコンテンツを探している会社にお邪魔し、その後携帯フラッシュのサンプルを5、6個お渡ししました。

かなり、面白いようで、社員みんなで楽しんでくれているようです。
開発の話はどこにいったの?って感じですが、先方の会社ではこの携帯フラッシュをつかってもう一つ違った展開を考えているそうで、そちらにシフトする事にしたいとのこと。

その提案をふくめて検討するので2週間ほど待っていただきたいとのご返事。
そういえばその会社さんでは今後の携帯フラッシュにかなり力を入れたい感じでしたから、新たなる、企画が生まれたんでしょうね。

仕方ありません。とりあえず、お返事を待つ事にします。
その間にまた違った携帯フラッシュを提案するため試作する事にしましょう。

2005年8月23日 (火)

サウンド開発一式見積もり

サウンド開発の仕事がきています。曲と効果音です。

曲は30曲ぐらい、効果音は100個ほどです。

コンシューマーでのゲームなので、そこそこ強気の見積もりで提出しました。さてどうなりますことやら

大勢の皆様Vierサイト訪問ありがとうございます

脳を鍛えると銘打って登場しております、フィーア(Vier)HPアクセスの数が18000を超えました。
遊びにきていただいている方、誠にありがとうございます。

ガストなどのPlus-e端末で遊んでいただける時間も残りひと月ほどとなってしまいました。
ファミレスでも、楽しんでいただいているかたが大勢いらっしゃり、まったくうれしい限りです。

ゲームねたとしては大変面白いと思っておりますので、ぜひ、別の展開もしていきたいと思っています。

まだ、遊んでないかたはぜひフィーアのサイトにて楽しんでください。お待ちしております。
フィーアサイトはこちらです。

2005年8月19日 (金)

やっぱミントCD

ミントはいままでコンシューマーゲームを何本も手がけてきました。
その中で、楽曲もかなり提供しました。数百曲にはなると思います。ジングルなどを含めてですが。

しかし、楽曲に対する権利はあまり持っていません。今、その点が大変悔やまれます。
メーカーの方にとっては、もう耳にする事の無い曲だとおもいますが、いま、改めて聞くとすばらしい曲がたくさんあります。
ファミコン、スーファミなどのときは結局、ゲーム機自体に積んでいる音源がたいしたことがなく、ミントの作曲家は変態(知り合いのプログラマーにこう呼ばれた作曲家も)だったこともあり、曲としてはすばらしくとも、今の時代にもう一度日の目をみるようにすることは、現実的ではないのですが、PS時代になり、CDから直接音楽をならす事などができるようになったことで、クオリティーの高い音源の状態で、手元に残っているのです。

ミントの作曲家、アレンジャーは音楽的教養の高さと、技術、センスすべてにおいてトップレベルでした。その人たちの曲に本当の光を与えられない事はあまりにも残念です。

いま、思うのはすばらしい音楽を今一度、よみがえらせたい。
ミントのサウンドを聞いてくれる人たちに、「はい」とCDを渡せるようになりたいということです。
これはぜひ実現しなくてはならない、ミントの命題だとおもいます。

ミント作曲家変態説について
ミントの作曲家が変態と言われたのは、その当時、作曲をするためのツールはミントオリジナルで、MMLのような言語をつかっていたので、作曲家は頭で鳴っている音をそのまま、テキストエディタをつかって入力していたからです。
まるで、文章を書くように。
変態作曲家にとっては、譜面の代わりにテキストエディタをつかっていただけなんですけど。そのプログラマーにはかなりのカルチャーショックだったようです。

効果音開発

本来、私がもっとも得意とするのは効果音作成です。何を隠そう変な資格を持っています。ほとんどの人が聞いた事が無い資格だとおもいます。資格の話はおいといて、効果音の仕事が入りそうです。

もんじゃ焼き肉男のところは音楽スタジオを経営しており、そこにVoiceと効果音、曲の発注がきたそうです。そのうちの効果音をミントに発注しようと言う事です。

コンシューマーゲームの効果音は音楽とパックになっていたので、結果的に単価は高かったのですが、PCゲーム系だと、安めです。その上苦労して作った音も、PCで使うためには元のデータ(相手の要望で44.1kHzのAiffもしくはwav)で渡すので、一度相手に渡すと何度でも使われてしまいます。

PC用効果音の宿命ですね。これが映画や、アニメの音付け用に作成したSEだと、映像にあわせて音をつけていくところまでの仕事になるので、相手に使い回される事はないのですけど。

効果音って本当におもしろいんですよ。いろいろ工夫してもとになる音をとってきて、あとはパソコンでちょこちょこ加工して、試行錯誤を繰り返してつくります。一発で思った音ができるときもあれば、3日ほど悩むこともあります。

そういえばかつてX-BOXのマズルフラッシュのムービーに効果音をつけた事がありました。なれないプレミアを使いましたが、オーディオトラックを必要な分だけ持てるようになっていた(プレミア6.0だったと思いますが)ので、そのときは便利さを痛感し、わくわくしながら仕事を楽しみました。

きょうはもんじゃ

本日の仕事(木曜日の事です)は気が乗らずそうそうに退散しようと思っていたら、知人から夕食の誘い。彼と食事するときは焼き肉かもんじゃ。相手は食べる人、こちらは飲む人と方向性は別。

今日はもんじゃな気分らしい。西荻窪にある、もんじゃやで厳しい状況にある会社の事を話し合いました。
具体的な突破口は見つけられませんでしたが、いわゆる愚痴を言い合うことでストレス解消。仕事の憂さを晴らせた感じ。

でも、帰宅してフラッシュの開発をしようとおもっていたのに…。この調子で先送りすることが問題です。

2005年8月18日 (木)

携帯JAVAデバッグ

今朝は、出社前から気合い十分であったにもかかわらず、会社に着いて携帯コンテンツのデバッグをしているうちに気合いが失せてしまいました。夕方までにはデバッグを終了させて、その後は携帯フラッシュの開発をおこなう予定だったのに…

デバッガーとしてのデバッグであれば気は楽だったかもしれませんが、企画、進行管理としてデバッグすると、ここをああしたい、これが足りない。などだんだん憂鬱になってしまいました。実際には3週間ほどでマスターにこぎ着けないといけないんです。

ま、気が乗らない時もありますよね。

2005年8月17日 (水)

とりあえずDVD-PG

ミントが現在自社で取り組むプロジェクトはDVD-PGの作成です。
知り合いに尋ねたところ、動作チェックが大変だそうで、知り合いは断念したそうです。

ミントとしてはDVDのローカライズ用として購入したソフトウェアの開発費を回収しなくてはならないのです。
そのために思いついたのがDVD-PGの作成です。DVDでもいいんですが、ちょっと高いソフウェア(DVD Studio pro 2)を買ったのでもう少しDVDの可能性に挑戦したいってこともあり、目標をDVD-PGにしました。

友人に頼まれたプロモーション用のDVDは実のところ制作日数の問題もありiDVDで作成しました。そのときはもうDVD Studio Pro 2を購入していたのですが、いきなりそのソフトでの制作は荷が重かったので、パスしました。

ま、要はDVD Studio Proをマスターしたいだけなんですけど。

2005年8月12日 (金)

株式会社ミント所在地

営業所
東京都国分寺市

2005年8月11日 (木)

株式会社ミント業務内容

株式会社ミント開発内容
 ムービー編集
 ムービー撮影

 効果音作成
 作曲
 DVDオーサリング

2005年8月10日 (水)

舌の根も乾かぬうちに

つい先日、ソフトウェアを買いすぎたことを反省したばかりだったのに、また新たに欲しいソフトウェアが出現しました。アップルサイトでMoiton2のクイックツアーを見ているときにSoundtrack Proにノイズリダクションってキーワードを発見。ポチッと押してみるとなんだか海上をはしるボートからボートのエンジン音を削除する方法をデモ。

ウワー、ノイズプリントに削除したいノイズを設定する事でかなりノイズを減らせるらしい事を実演。

毎週行っている、ムービーの編集で屋外での収録があり、離れた位置でDVカムのマイクを使ってとっているだけなので、ノイズが多く、いつもEQをつかっていじってみるもののそれほど効果はなくあきらめていたので、使えるかもとかなりビビット来てしまったのです。

で、正規に購入すると3万円くらいなので、あっさりあきらめていたのですが、なんとFinal Cut Express HDにはSoundtrack が同梱されているので、そのバージョンからのアップグレードだと1万円ですむのです。

ウワー、それなら、ちょこっと無理すれば買えるのではないかい。って思ってしまいました。
うーん、ためしてみたいソフトだなー。ちなみにSoundtrackは立ち上げた事しかありません。

2005年8月 9日 (火)

携帯Javaコンテンツ動作せず

ミントの担当さんのところへJarファイルなどを一式おくったのですが、エミュレータで動作しない模様です。今までも何度かそのような状況があったのですが、先週ふとしたこと(偶然)起動したらしいのです。めでたしめでたし。とおもっていた矢先、最新版のプログラムを送ったところ動作しない状態に陥りました。プログラマーに解決方法をきき試してもらいましたが、結果だめでした。

ふー。なぜ担当さんのところはだめなんだろう

2005年8月 8日 (月)

ソフトウェア買い過ぎ

開発用に必要なソフトウェアや研究用と称して、何かとソフトウェアを購入してしまいました。お金になるものはいいのですが、趣味になってしまいそうなソフトウェアもあります。まだ、以前のバージョンで十分間に合うものもありました。このままではだめですね。とりあえず、そのソフトウェアがないとだめな場合は購入せざるを得ませんが、研究用のソフトウェアの購入はお預けです。

Vierサイトリメイク

Vier(フィーア)というPCゲームのサイトをリニューアルしました。
企画の人が考えたページで、以前のページは少しおとなしめだったのですが、今回のページは大胆かつ、大雑把。

おおざっぱさが気持ちいいかも?
ぜひ一度遊びにきてください。

かなり、脳をきたえるゲームなので、熱中症?にならないようにお気をつけ下さい。
vier サイト

2005年8月 5日 (金)

携帯Javaコンテンツ

携帯Javaコンテンツを作成しております。といってもプログラムはまたまた知り合いのところに頼んで、ミントは企画と進行です。
開発はかなり進んでいるのですが、若干仕様に抜けているところがあったりして、今日はプログラマーからの質問メールの処理に追われておりました。

かなり、以前に仕様書を書いて渡していて、わからないところがあったら質問してくださいね。ってお願いしていたのに、その頃はあまり質問がこず、最近になって、びしばしと質問が飛んでくるようになりました。

基本的なプログラムはかなり進んでいるので、そのあたりを壊さない程度に仕様を埋めていく感じです。若い人と一緒に仕事をする機会がなかったし、今までは結構なーなーで仕事を進めていた事もあったので、プログラマーの解釈やセンスに任せるところもかなりあったのですが、今回のプログラマーさんはあまり、私の知るゲームプログラマーって感じではなく自分でこうやるとおもしろいだろーなんて発想はあまりないようです。

そのおかげで今更ながら、いかに自分がいままでしてきた仕事が周りの人たちに助けられていたのかを実感しています。

2005年8月 2日 (火)

携帯フラッシュ

携帯フラッシュのゲームについて打ち合わせに原宿へ行ってきました。
今日お話させていただいた方々は、私とほぼ同じ年齢のよう。物腰も静かで、こちらの持っている携帯フラッシュ用ゲームにいたく関心を示した様子。容量の厳しさからすごいものは全くつくれませんが、アイデアでの勝負みたいなところで、乗り気になっていただいたようでした。こちらはファミコンの時代からゲームやをやっているので、少ないROMやメモリーでいかにすごい事をやるかなんて考えてた事もあったので、そのノウハウを使うだけでもかなりゴージャスに見せる事は可能ではないかと思っています。サンプルを直接お見せすることは本日はできませんでしたが、機密保持等を結んで実際にプレイしていただこうと思っています。

2005年8月 1日 (月)

資料作成

本日の業務は急遽きまった、携帯コンテンツの提案のための書類づくり。
しりあいからいただいた携帯フラッシュ用のゲームの提案をするための資料づくりです。
まだまだ、携帯フラッシュは開発規模としては小さいですが、その辺りは容量と、アクションスクリプトのVersionの問題であり、かならずや、携帯で大きな市場になるとおもっております。なんとか、ここで仕事につなげたいところであります。知り合いのスタッフに声をかけて、いろいろな作品を集めました。100kしかない容量をうまくつかって作成しているものもあれば、実験?なんて思うものもあります。しかし、なんとなく、コンシューマ用の作品と違って、作った人たちがのびのび、楽しみながら作成しているように感じます。
うまく、話がまとまればいいんですけど。がんばります。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »