2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« きょうはもんじゃ | トップページ | やっぱミントCD »

2005年8月19日 (金)

効果音開発

本来、私がもっとも得意とするのは効果音作成です。何を隠そう変な資格を持っています。ほとんどの人が聞いた事が無い資格だとおもいます。資格の話はおいといて、効果音の仕事が入りそうです。

もんじゃ焼き肉男のところは音楽スタジオを経営しており、そこにVoiceと効果音、曲の発注がきたそうです。そのうちの効果音をミントに発注しようと言う事です。

コンシューマーゲームの効果音は音楽とパックになっていたので、結果的に単価は高かったのですが、PCゲーム系だと、安めです。その上苦労して作った音も、PCで使うためには元のデータ(相手の要望で44.1kHzのAiffもしくはwav)で渡すので、一度相手に渡すと何度でも使われてしまいます。

PC用効果音の宿命ですね。これが映画や、アニメの音付け用に作成したSEだと、映像にあわせて音をつけていくところまでの仕事になるので、相手に使い回される事はないのですけど。

効果音って本当におもしろいんですよ。いろいろ工夫してもとになる音をとってきて、あとはパソコンでちょこちょこ加工して、試行錯誤を繰り返してつくります。一発で思った音ができるときもあれば、3日ほど悩むこともあります。

そういえばかつてX-BOXのマズルフラッシュのムービーに効果音をつけた事がありました。なれないプレミアを使いましたが、オーディオトラックを必要な分だけ持てるようになっていた(プレミア6.0だったと思いますが)ので、そのときは便利さを痛感し、わくわくしながら仕事を楽しみました。

« きょうはもんじゃ | トップページ | やっぱミントCD »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56017/5546583

この記事へのトラックバック一覧です: 効果音開発:

« きょうはもんじゃ | トップページ | やっぱミントCD »