2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月29日 (土)

DVD−PGテスト

もんじゃ焼き肉との話でテスト用に作成を開始したDVD−PG。
アニソンでとった素材を使って、じゃんけんゲーム仕立てにしました。
とりあえず完成したので、DVDに焼き自宅に持ち帰りDVDプレイヤーで試してみました。
いくつか問題があり、ボタンのオーバーレイの設定をしていなかったので、リモコンでコントロールするとどれが選択されているのかわかりませんでした。
それと、GPRMの初期化をDVDを挿入した時にしかしていなかったので、何度も連続で遊ぶとじゃんけんゲームが終了しないといった点も問題でした。
その他、気になる点はムービーの最後をストップモーションにしていたのですが、テレビだと、ぶれていました。
パソコンだとその点は問題ありませんでした。

映像はパソコンだと暗いなーと思っていたのですが、テレビだと普通な感じでした。
こんなに明るさが違うんですね。ちょっとびっくりです。

以上の点を修正して、もんじゃ焼き肉に見せてみる事にします。
素材の編集までは請け負いたくないですね。

2005年10月27日 (木)

Flashビデオで苦戦

フラッシュによる配信のためのコンテンツを作成に入っております。
スクリプトによるビデオの制御に多くの時間をさいております。画面のデザインなどは合間に、落書きしながらフィックスしていくつもりです。

Flashビデオがうまく制御できません。基本的な事なのでしょうかターゲットを間違えているようです。
また、調べなくては。

2005年10月26日 (水)

効果音難しー

効果音の作成をぼちぼち進めておりますが、ソフトウェアシンセサイザーのVirSyn Cubeを使っています。
かなり難しいソフトなのですが、何となく感触がつかめてきました。

全くのゼロから作成し、イメージしている音を作る事はまだできませんが、プリセットの音をいじって、イメージに近づける事はできるようになってきました。
考えたらつまみの数が少ないにも関わらず、パラメータの設定数はすごいらしい。

これで、絵を描くように音を作れたら最高ですね。

2005年10月25日 (火)

一件落着

開発でトラブっていた問題が解決しました。

一時はどうなる事かと思いましたが、取引先の方々が友好的だったので、大きな事にならずにすみました。
今日の仕事はなんだか、終わったような気分です。

効果音再度ピックアップ

効果音の作成の資料としてDVDを一通り見ましたが、現在、DVDからMDに必要な音を録音しておりますl。
リストにはDVD内の音の時間などは記録していたのですが、どうもDVDでその音の位置を探して、聞きながら音を作成すると、レスポンスが悪いのです。

オリジナルの音を聞きながら作成するのは、どっちみち無理があるかもしれません。
全く同じ音は作れないように思います。

オリジナルよりもいい感じの音にしたいと思います。

自分探しの冒険始動

Flashコンテンツの配信に向けてかつてplus-eで提供しておりました、「自分探しの冒険」も企画書を提出する事にしました。

企画者と打ち合わせをおこないオリジナルの移植といった形にする事になりました。
今週中に企画書をもらい、来週には配信元へ提出する予定です。

2005年10月23日 (日)

cocoaで2D表示に挑戦

mac os用の開発ツールxcodeでちまちまと、実験しております。
最終的にはゲームを作ってみたいと考えております。

とっかかりは2Dアドベンチャーです。
画面周りの作成をテストしていきたいと思っています。スクリプト用の構文解析も必要になるのでしょうが、その部分はおそらくベタコーディングになるのではないかと思います。

Plus-eで配信していただいた、「天国と地獄」は博士のしゃべりや、残り時間が少なくなると、イライラするシーンのコントロールはベタのcase文で作成したのでした。

博士主導型でその他のオブジェクトに博士が指示を出すような作りにした気がしますが、本来ならタイマーから指示をもらった方がよかったのかなー。

自分なりには考えやすかったので、博士主導型にしたきがしますが。

2005年10月21日 (金)

Flashコンテンツ企画採用

Flashコンテンツの配信企画が採用されました。開発期間は約一月です。
配信するべきムービーのピックアップができていませんが、頑張ってピックアップしてもらわなくてはなりません。
その部分はムービーの権利を持っている人によるところが大きいもので。

2005年10月19日 (水)

HDD新たなる人生

反応しなくなった外付けHDDですが、本日PCデポに持っていきました。
しかし、PCデポでもデータの吸い出しにはいたりませんでした。ショップの人のアドバイスで、中身をとりだし、内蔵として使ってみてはとの事。
HDDの中身は無事であるとの確信めいたものがあったので、早速会社に戻って作業開始。
システムは入っていないのでジャンパーをスレーブにして、取り付け。BIOSの部分ではドライブ名が表示されていましたが、今までのシステムがはいったHDDが認識されていません。ケーブルにマスタースレーブのじゅんばんがあることと、HDDをケーブルでマスターかスレーブかを判断してもらうジャンパーにした方がいいのではないかとの助言をいただき、そのような設定に変更。BIOSで認識。やったーと思ったのもつかの間、マウントされたドライブは「フォーマットしますか」とwinが尋ねてきます。えー、ファイルシステム自体は死んでるー。

フォーマットは仕方ないかもとはおもっていたので、フォーマットする事に。しかし、120GあるはずのHDD容量が32Gぐらい。おかしい。BIOSのアップデートをおこない容量を確認してもやはり32G。
よくよくHDDの設定をみると、32G用の設定になっておりました。

で、再起動。みごと120Gを認識しております。
データはなくなりましたが、なんだか終わった仕事をリセットした感じで気分は爽快です。

甚大な被害を被るようなデータがなかった事を祈るばかりです。

2005年10月18日 (火)

HDD復活。祈る

反応しなくなったwindows用のHDD。自宅に持ち帰り、ノートパソコンにつないでもアクセスランプは着きません。
早速修理におもむきましたが、量販店だとメーカーに修理依頼にだして修理するそうです。
なおってくる事はなおってくるのですが、それは部品を交換したから。

なんたってHDDでありますから、データが重要です。
そこで修理受付の人とお話ししていると、こちらの希望の修理はパソコンショップがいいのではないかとの事。それで思いつくのはPCデポ。
早速、心当たりのあるPCデポに向かいました。

14時までには会社に戻らなくてはならないので、かなり急いでショップをさがしたのですが、みつかりません。
確かこの辺りにあったはずなのに。ドライブがてら通った道でうる覚え状態。
近場をぐるぐる回っても発見できませんでした。PHSでしらべたら、全然別のところの模様。
そこまで、残りの時間でたどり着く自信はありません。

しかたなく、今日は退散。
明日、甲州街道沿いのPCデポにいってみる事にします。
ここだとたどり着く自信はあります。

知り合いから舞い込んだ仕事

知り合いからJavaScriptでゲームを作る話が舞い込んできました。
最近はwebから遠ざかっているのであまり、自信がなかったのですが、話を聞くと簡単なゲームなので、開発する事にしました。

そういえばPlue-eの雀雀雀でもちょっとスクリプトを書いたのでした。
以前いじっていた時よりも挙動不審がなく、かなり使いやすかったのを覚えています。

かつては、MacとWinのブラウザーの違いとかその辺りで大変な思いをした気がします。
Plus-eのときはブラウザーは決まってましたから。

今週は、JavaScript最入門です。

DVD-PG素材作り

DVD-PGのテストのために素材を作ります。

シナリオは、アニソンホリデーにでていた、素材をつかってその子とじゃんけんをして、3回かったら秘蔵のムービーを見れるといった流れです。そのシナリオにのっとってムービーや、テキストや、グラフィックの素材を作成しております。

プレゼン用に作成するつもりですが、結果はいかに。
今月中に完成させる予定です。

2005年10月17日 (月)

Windowsトラブル発生

どうした事かwindowsの外付けハードディスクが認識されなくなってしまいました。
コネクタを変更したり、ケーブルをかえたり、はてはIEEE1394からUSB1.0に変更してもだめです。

時間をおいても、さすっても、何をしてもだめです。
このHDDにはアニソンのWMVデータがはいっていたり、WMVへの変換のテンプレートが入っていたり、最近の仕事上とても重要です。

なんとか、目を覚ましてもらわなくてはなりません。
とりあえず、明日、修理に出そうと思っています。

不幸中の幸いは携帯JAVAのプロジェクトが終了したので、winの中の携帯Java関係はバックアップをとっていたことぐらいでしょうか。

2005年10月15日 (土)

VIERファンの方々ありがとうございます

先月で、終了したPlus-e。
そろそろ撤去が始まっている様子です。
ジェイシーエムの方からうれしい知らせが。
現在、ジェイシーエムにPlus-e用のコールセンターがあるそうなのですが、そこにVIERをよくプレイしていたとの連絡があったそうです。

いやーうれしいです。売り上げ的には、ほぼ横ばい状態でしたので、気に入ってくださったかたは、ずーと遊んでいただけていたのではないかと思います。

楽しんでくれた方がた本当にありがとうございます。

もし、ご自宅でもプレイしたい方がいらっしゃいましたら、VECTORから販売しておりますので、ご購入いただけたらと思います。宣伝でした。

2005年10月14日 (金)

Flashコンテンツ企画書

Flash用ムービー配信コンテンツの企画書ドラフトを作成しました。
ムービー提供者と本日打ち合わせです。

2005年10月12日 (水)

効果音作成開始

やっと、資料のDVDを見終わりました。全部で10本ほど。
いいところでおわっていたので、残り2本ほど借りてきました。
リストにまとめて、いくつか作成を始めたいと思います。

かなり、架空の音が多いのでソフトウェアシンセサイザーでちょっと挑戦してみます。
このソフトウェア苦手なんですよね。
この機会にもうすこし使えるようになるといいんですが…

2005年10月 9日 (日)

配信用Flashコンテンツの企画書作成

あるプロデューサーとFlashムービーの配信を予定しているので、ミントで企画書を作成しなくてはなりませんが、配信ムービーのピックアップは正直どれを選んでいいのかわかりません。画面周りと大まかな流れを作成し、後にプロデューサーにムービーをチョイスしてもらい企画書とする形になります。ま、テンプレート作成みたいな感じになります。現在プロデューサーが旅にでているので、その間に企画書(テンプレート)を完成させておかなくてはなりません。
現在、トップメニューの部分のイメージ画面が出来上がったところです。
基本的な流れや画面構成はPlus-eで配信していた「学校のこわいうわさ 花子さんがきた」を継承することになります。

2005年10月 8日 (土)

DVDドライブなんとかしなくては

バックアップでてんてこ舞い

あきば系BBチャンネルでつかったmovをバックアップしておりますが、時間がかかりすぎます。
その間DVDドライブは当然使用できません。

今日も、かつてマックで焼いたCD−Rの中身からデータを転送してほしいと頼まれたのですが、バックアップの最中で、どうみても就業時間内には内容を転送することはできそうにありませんでした。
ですがどういう訳かバックアップソフトのRetorspectがバックアップ中に意識が飛んだようです。
後、2枚焼けばバックアップ完了というところでアウト。そうなれば仕方がありません。
とりあえず、頼まれていたCD−Rの中身を確認。必要なファイルを転送。

うーん。途中からのバックアップの取り方がわからなかったので、もう一度最初からやり直し。
焼くためのスピードは2倍速ですが、転送スピードは40MB/分。

今のところは地味にこつこつと焼くしかありませんが、近いうちにDVDドライブを交換するかも。
かなり、フラストレーションがたまりますから。
もう我慢できません。

DVD-PGについて考える

もんじゃ焼き肉男ともんじゃ焼きのお店へ

そこでの現在DVD−PGに興味がある件を覚えていたらしく、開発してみないかとの事。
DVDの機能について調べようとおもっていて、全く手がついていないところに、ふってわいた話。

元ネタはもんじゃ焼き肉のコンテンツ。
途中試験問題があり、その点数でエンディングがかわる仕組みなので、GPRMの使い方が鍵になるのではないかと思います。
ムービーの作成もおこなうので、かなりのボリュームになると思います。

今月テストして、開発可能かどうか返事をする事にしました。

DVD Studio Pro 2でおこなう予定ですが、バージョンアップした方がいいのかどうかもあわせて検討してみます。

2005年10月 5日 (水)

着フラ開発

携帯フラッシュコンテンツを実験してみようと思います。

100kByteと容量は小さいですが、携帯の情報を読みとってそれに応じたアニメーションができるのでおもしろいことができそうですね。時間、電波状況、電池状況などが基本でしょうか?

ネタ作りがたいへんです。

2005年10月 4日 (火)

効果音リスト作成

効果音作成のためのリスト作成をおこないました。
オリジナルのDVDをみて、必要な音をピックアップする作業です。
DVD2本見ただけでかなり疲れます。

残り、8枚ぐらいはあるでしょうか?
続きはまた明日です。

携帯Java内部開発計画

知人が近々携帯会社に移るようです。
かなり、実力のある方なので、重要なパートをまかされるみたいです。
現状まだJavaに重きを置いているようで、携帯Javaの仕事がいろいろあるそうです。
現在のミントの開発体制はJavaに関して、外部スタッフに頼んでいる状態なのですが、移植、ローカライズが主なコンテンツになるようですので、開発費はぐっと低く抑えられるでしょう。

その、コンテンツを外部に開発していただくと、ほとんど、労多くして益なし状態に陥ってしまいます。

状況を見ながら、内部開発にするか、外部スタッフにするか、はたまた、信頼できる外部スタッフをさがすかの選択に迫られそうです。

2005年10月 1日 (土)

携帯フラッシュ選択

携帯フラッシュコンテンツの提案に向けてプログラマーと相談しました。
プログラムに関しての作業は問題ないとのことですが、グラフィックをどうするかが問題とのことでした。
配信元にグラフィックの方向性を尋ね、ミント外部スタッフに相談するつもりです。
本当のところは、現状のグラフィックのブラッシュアップでいい感じなのですが。

提案したものが脳を鍛える系と、落ちゲーとトランプゲームですから。
来週配信元から返事があると思いますが、その後対処したいと思います。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »