2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2011年8月 1日 (月)

小さなことからコツコツと

iPhoneの開発をコツコツと進めています。
テンプレートを選ぶところから悩んでしまいます。Window base 開発で行くのかView baseの開発で行くのか?

View baseでMovieの再生が終わったところです。
なんだか、よくわかりません。

でもxcodeは楽しいです。

2007年3月 5日 (月)

考え中

最近、携帯Flashネタを考えております。アイデアはでるのですが、どうやって実現していいものやら。
なかなか、開発にも着手できない状態です。

2005年10月25日 (火)

自分探しの冒険始動

Flashコンテンツの配信に向けてかつてplus-eで提供しておりました、「自分探しの冒険」も企画書を提出する事にしました。

企画者と打ち合わせをおこないオリジナルの移植といった形にする事になりました。
今週中に企画書をもらい、来週には配信元へ提出する予定です。

2005年10月23日 (日)

cocoaで2D表示に挑戦

mac os用の開発ツールxcodeでちまちまと、実験しております。
最終的にはゲームを作ってみたいと考えております。

とっかかりは2Dアドベンチャーです。
画面周りの作成をテストしていきたいと思っています。スクリプト用の構文解析も必要になるのでしょうが、その部分はおそらくベタコーディングになるのではないかと思います。

Plus-eで配信していただいた、「天国と地獄」は博士のしゃべりや、残り時間が少なくなると、イライラするシーンのコントロールはベタのcase文で作成したのでした。

博士主導型でその他のオブジェクトに博士が指示を出すような作りにした気がしますが、本来ならタイマーから指示をもらった方がよかったのかなー。

自分なりには考えやすかったので、博士主導型にしたきがしますが。

2005年10月 9日 (日)

配信用Flashコンテンツの企画書作成

あるプロデューサーとFlashムービーの配信を予定しているので、ミントで企画書を作成しなくてはなりませんが、配信ムービーのピックアップは正直どれを選んでいいのかわかりません。画面周りと大まかな流れを作成し、後にプロデューサーにムービーをチョイスしてもらい企画書とする形になります。ま、テンプレート作成みたいな感じになります。現在プロデューサーが旅にでているので、その間に企画書(テンプレート)を完成させておかなくてはなりません。
現在、トップメニューの部分のイメージ画面が出来上がったところです。
基本的な流れや画面構成はPlus-eで配信していた「学校のこわいうわさ 花子さんがきた」を継承することになります。

2005年10月 5日 (水)

着フラ開発

携帯フラッシュコンテンツを実験してみようと思います。

100kByteと容量は小さいですが、携帯の情報を読みとってそれに応じたアニメーションができるのでおもしろいことができそうですね。時間、電波状況、電池状況などが基本でしょうか?

ネタ作りがたいへんです。

2005年9月25日 (日)

携帯Flash選抜

携帯Flash用のコンテンツもこちらで、インセンティブにあうものを選択しなくてはなりません。
実際にどれくらいのDL数があるかが不明ですので、どのくらいの売り上げが見込めるか不明です。
あまり手間をかけずにグラフィックを修正し、内容をブラッシュアップし、先方と相談する事になると思います。
コンテンツ数は、かなりあるので、一番こちらの条件にあったものを変更して、出したいと思っています。

Flashコンテンツ企画

Plus-eで配信しておりました、ナガノ三部作(企画者の名前にちなんでそう呼んでおりました)を配信用にFlashにかえようかという話があります。企画者にも電話では連絡していますが、まだ、打ち合わせはしておりません。

現在は、”あれ”をFlash用に変更しようとしております。
オリジナルはmpeg2のムービーも組み込んでいましたが、配信容量の都合があるので、Flashに作り替えるか、カットするかは要相談ですが、予定では約2ヶ月で変更するつもりです。

2005年9月21日 (水)

Flashムービー配信準備

Flashによるムービー配信に着手します。
5分ほどのムービーの配信を予定しています。アキバ系BBチャンネルとは関係ありません。

テスト用に素材の準備に取りかかるとします。
ここで、レイトのチェックや素材の画像サイズをチェックしなくてはなりません。

後、このコンテンツ用の企画書を作成しなくてはなりません。

2005年9月13日 (火)

DVD-PGの研究

DVD−PGの研究を徐々に進めようと考えております。

肝は、レジストリの使い方と、シナリオにより分岐するための仕組み(単純なジャンプではなく)だと思います。
アダルト系のタイトルはいくつか見たのですが、面白いのではないかと思います。

アプローチの仕方を考えてみます。

より以前の記事一覧