サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

2022/05/22

我が家に「Sidecar」はありません。からのastropad Standard。

0b378c20980543fe9ecbd198e036918d

macOSとiPadOSで画面を共有するSidecar。

普段は全く使う予定がなかったのですが、YouTubeを見ているときに「この動画、別の画面でチラ見しながらブログを書きたい」とふと思い立って、Sidecarを試してみました。

MacはM1 Mac mini(2022年5月22日現在、最新)。iPadはiPad Air2。

お気づきの方は、この時点でiPadがSidecar対応じゃない〜って思ったことでしょう。

そうです。iPad Air3からがSidecarの対象なのです。

使う機能としてはBluetoothとWi-fiそれにHandoffです。

一応、私のiPadでも「設定>一般」の中にHandoffは存在します。

OS上は表示されているのに、ハードウェアは対象外です

世の中的には「Free Sidecar」や「Splashtop」なる脱獄系もありますが、astropadという本来はiPadをタブレットがわりに使用したいという願いを叶えるためのソフトもあります。astropadはiPad Air 2でも動作しました。

astropadでできるなら、ハードウェア的にも問題なくSidecarはiPad Air 2でも動作させることができるはずなんですけどね。

Appleが対応してくれない以上、sidecarは使えません。

新しくiPadを購入するまでSidecarはおあずけです。

 

 

2022/05/14

右手にペン、左手Magicpadに強制中

P1090504

液晶タブレット「WacomOne」を導入してから、マウスとペンとトラックパッドの配置で悩んでおりましたがこの度めでたく解決しました。

前回の配置もそこそこ気に入っていましたが、トラックパッドの位置が遠かったのとたまに小指がトラックパッドに触れてしまい、マウスカーソルがあらぬ方向に行くのでトラックパッドの置き場所を変更しました。

新しいポジションはWacomOneの左側。

左手でトラックパッドを操作することに変わりはないですが、WacomOneの隣にある方が右利きの私には使い勝手がいいです。

WacomOneだとペンのボタンに割り付けられる機能が一つしかなく、今は画面切り替え(iMacの画面とWacomOneの画面)に使っているので、右クリックの機能はペンのクリックとトラックパッドの二本指タッチで実現しています。意外にこれがいいかんじ。

でも、右側に置いているMagic Mouseはまだ、外すことはできませんでした。

椅子に座って、だらりとしている感じで、ブラウジングをするときは右手側にあるマウスに手が伸びてしまいます。その感覚があるので、右側のマウスを撤去することができなかったのです。

でも、右側のマウスを片づけてしまうことにします。

そうすれば、否が応でもMagicTrackPadを使わないといけないですもんね。

それです。それ。

で、右側はコーヒーカップ置き場にします。とこのブログを書き終わったところで、右手はマウスを探してました。「・・・」

本当にこの環境に慣れることができるでしょうか

 

 

 

 

2022/05/08

NotabilityとGoodnote、Macで使うならどっちがいいの?

20220508_125208

Notability とGoodnote、M1 Mac miniで使う手書きアプリが欲しくて、インストールしてみました。

Goodnoteはipadに有償版をインストールしていますが、私のiPad はiPad Air2なので、Apple Pencilが対応していません。なので手書きの良さはiPadでは活かせません。なのに何を思ったか購入しインストールしていましたが、M1 Mac miniと一緒にWacomOneという液晶タブレットを入手したので、そちらで手書きを使ってメモをしてみたくなったのです。

YouTubeなどを見ていてメモが取りたい!と思った時に便利だと思う「手書きメモアプリケーション」を使ってみたかったのです。

実際に使ってみるとGoodnoteだろうがNotability だろうがどっちでもいいって感じです。Macでの使い心地はNotabilityの方が若干書いた時のタイムラグがある気がしましたが、でも書かれるペンの感じはNotabilityの方が好きでした。

使ってみてどちらいいのかわからなかったので、違いを調べてみるとNotabilityは音声と同期したメモの使い方ができる点がすごいです。でも私の場合、会議中の音声を録音しながらメモを取るなどということはないので、今のところいらない機能です。

もう一つは手書きメモのテキスト起こしができて、そのテキストで手書きを置き換えられるという機能。Goodnoteもその内採用する気がします。今でも変換してコピーして使うっていう使い方はできるので、その場所に置き換えるなんて芸当は実装してくれそうです。

で、Goodnoteは買い切りなのですが、Notabilityは年単位のサブスクになっています。

ちなみにNotabilityは無料版でも使えます。iCloudを使った同期ができない、とかおそらく新しいメモを追加できる枚数に制限があるようなことなのだと思いますが、iCloudを使った同期についてもiPadで使う予定はないので、Macで使えれば問題ないと思います。

なんかよくわからないところが魅力に思えるNotability。ま、魔性の女性の魅力でしょうか。

その魅力に負けてNotabilityで手書きのメモを取って使い勝手を試してみたいと思います。

2022/05/01

コントロールセンターのBluetoothで、簡単にイヤホンを選択する方法

P1010422

私が使っているBluetoothイヤホンはAnker Soundcore Liberty Neo2。

iPhone、iPad、Mac miniで使いますが、Soundcore Liberty Neo2にはマルチペアリング機能がありません。

なので接続先を切り替える時には、iPhoneやiPadの場合は「設定」を開いていちいちBluetoothの接続を解除して、別のデバイスで接続をし直してということをやっていました。Mac miniの場合はメニューバーの表示から接続、解除を行います。

そんな面倒なことをやっていたのですが、iPhone、iPadのコントロールセンター長押しを知ってからもっと簡単に接続できるようになりました。そうです、コントロールセンターのBluetoothには長押しの機能があったのです。

私の使い方はこうです。例えばiPhoneに接続してるSoundcoreをiPadで使いたい場合。

20220501_113823_20220501114401

iPhoneのコントロールセンターを呼び出してBluetoothをオフ、iPadのコントロールセンターを呼び出して、Bluetoothを長押し。そうすると接続できるデバイスが表示されるので、その中からSoundcoreを選択すれば接続できます。

長押しの後はデバイスのメニューが表示されても、指を離さないのがコツです。メニューが出たらそのまま指をスライドしてデバイスを選びます。そうすると見事に接続完了できるはずです。

とはいえ、指をスライドさせることに慣れていないので、いまだにコントロールセンターからのやり直しを繰り返しています。

2022/04/23

詐欺メールの撃退法

Photo_20220423111601
auのお客様:
   お客様のアカウントに異常検出しました。大変お手数ですが、24時間内にアカウントを登録内容を確認する必要があります。但しこの時間過ぎても確認取れない場合にはアカウントを一時停止させて頂くことがありますので、アカウントのご利用確認にご協力をお願い致します。御了承ください。

その後にご利用確認はこちらと書いてありました。

こんなメールが届くとドキッとしますよね。
でもここは落ち着いてURLを確認します。

URLを調べてみるとhttps://tinyurl.com/XXXXXXXXXX。tinyurlを検索してみると、短縮アドレスを作るサイトみたいです。

どこにも「au」が入っていない時点で怪しいです。ちなみにauPayは「aupay.wallet」から始まっています。
でスマホのauPayのアプリを開いてみると、詐欺メールにご注意ください。という通知が来ていました。

そもそも何かあればauPayのアプリに通知がくるはずですよね。

怪しいと思ったらメールは開かず、捨てるに限ります。
気になったら、スマホのアプリから確認する。これですね。
アプリからの通知機能なら安心ですよね。

2022/04/17

久しぶりに立ち上げたFinal Cut Pro Xでやったこと

20220417_064735

M1 Mac miniで初めてFinalCut Pro Xを立ち上げました。

そこで何をしたかというと動画編集ではなく、音声の実験です。

21トラックの音声を重ねて体育館の中での試験の雰囲気を作り出すことに挑戦しました。

会社で使える環境はWindows PC なので Adobe のAudition 2022を使って試してみたのですが、PCのパフォーマンスが低いのでしょう。音声トラックにエフェクトを加えてもリアルタイムに反映されず音声のレンダリングが必要になったりして、とにかく手間と時間がかかります。

そこで、Premiere Proで音声を重ねた方が簡単じゃないの?と思い、やってみると音声を重ねることに関しては問題なく出来ました。会社では10トラックほど重ねてみました。少しずつ音をずらしたり、ボリュームを変えたりもしました。

でも、定位を変更するのは面倒でした。イコライザーで音声を調整するのも面倒。なんだかんだで、大変そうという結論になりました。

そこで、自宅のFinalCut Pro Xを使ってみようと思いました。

ほとんど使っていないFinal Cut Pro Xの使い方を思い出しながら音声トラックを重ねてみました。パフォーマンスも問題なく音声用のエフェクトの中にはいい感じのリバーブがあったり、音声トラックの定位を簡単に変えることもできるし、音質を変更させるのもプリセットがあって結構いい感じに音質を変えてくれます。

定位は画面を見ながら変更できるので、この辺りでなっている音みたいな感じで、配置することができます。使っていたも楽しいです。

Premiere ProとFinal Cut Pro Xの違いは「楽しさ」かもしれません。Premiere Proは色々なことができるのですが、数値主体のインターフェイスなので、設定の意味がわからないずどう扱っていいのか不明な時があります。

その点Final Cut Pro Xは例えばリバーブの名称が「小さな部屋」とか「宇宙船」とかイメージし易かったり、さっきの定位のように位置がわかるインターフェイスを使ってくれるので簡単です。

もう少し会場の雰囲気が出せたら、一旦データを書き出し会社で他のメンバーに聞いてもらって意見を聞いてみようと思います。

このスタイルでいけそうなら、M1 Mac miniを会社に持ち込む必要があるかもしれませんね。

21トラックの重ね合わせやエフェクトがMacBook Proでもいけそうなら、MacBook Proを会社に持ち込めばいいのですけどね。

ま、何を会社に持ち込むかは、今回のデータが採用になるかどうかからですね。

 

 

 

 

2022/04/10

iPad用スタンド、会社のmini用です

 

P1090387

会社のiPad用に購入したラスタバナナのスタンド。バナナ好きの私にはビビッとくる会社名です。

千葉県松戸市にあるロフトではiPad用に880円から4000円ぐらいまでの4種類ほどのスタンドがありました。

今回買ったのはその中で一番安かった880円のスタンドです。

最近会社でZOOMを使った打ち合わせやカウンセリングが増えており、特にPCを使う必要がない場合は、iPad miniを使って行います。
打合せする人が勝手に準備して始めてくれればいいのですが、ITリテラシーが低いのか面倒なのかそのセッティングは私の役目です。
iPadを用意して、Wi-Fiに繋がることを確認して、ヘッドホンとライトニングケーブの変換を用意し、準備完了です。

担当者がスタンバイしたら、担当者のカメラ写りが良くなる角度を探して、固定します。
今までは適当に箱で角度をつけたり、使えなくなった机に貼るタイプのiPadスタンドを使っていましたが、今ひとついい角度にできません。
この角度を探すために意外と時間を取られて、その割にしっくりいく角度にならなくて、イラッとします。

そこで、そんなに手間がかかるならちゃんとスタンドを探してみようと、ロフトに向かったわけです。

ロフトにあったスタンドは丈夫そうなものから本当に大丈夫?って感じのものまで色々ありました。商品が展示されているわけではないので、パッケージや対応している画面のサイズなどをみて色々考えました。

最終的に1800円ぐらいの商品と880円の商品で悩みましたが、ラスタバナナの880円のスタンドを選びました。

早速自宅で、自分のiPad Air2(ケース付き)をスタンドに立ててみましたが、ちゃんと持ち上げてくれて、いい角度をキープしていました。
お値段の割には良さそうです。
可動部分の耐久性が気になるのと角度とバランスの取り方は少々テクニックが必要かもしれないと思いました。それと充電しながらの縦おきだとライトニングケーブが苦しそうになります。iPadを上下逆に置けばいいですけどね。

早速明日会社で使ってみます。
あ、アームが伸びるんだ。これも素敵〜(パッケージに55mm〜90mmって書いてありました)
【後日】
早速、月曜日に実践投入しました。しっかりと踏ん張ってくれていてiPad miniを持ち上げてくれました。
他人にセッティングを頼んだところ、iPad miniとスタンドのバランスを取ることに苦労していました。
アームの部分を垂直に持ち上げた状態で、iPad miniを乗せたものだから後ろに倒れてちゃんと固定できないようでした。アームの首を前方に倒してバランスを取るんだよ〜って教えたところ、うまくバランスを取ることができたようです。
よかったよかった


2022/04/03

M1 MacとWacom One、なかなか決まらないキーボード配置、これでどうでしょう?

P1090355

机の上に置いてあるApple フルキーボード、Trackpad、WacomOne(13インチの液晶タブレット)の配置にまたまた悩み始めました。

全く、いつになったら悩みが消えるのでしょうか。もしかしたら、私にとっては永遠のテーマかもしれません。iPadでmacOSが動けば悩むことは無くなると思いますが。

でも、今回はかかなりいい感じの配置になったと思います。いつも配置が終わった時はいい感じって思っているのですが。

さて、最初に決めるのはキーボードとTrackpadです。

そもそもTrackpadは右手で使ったほうが使いがってがいいと思っていたので、まず右手の使いやすい位置にTrackpadを配置しその左側にフルキーボードを配置します。するとフルキーボードの位置がちょっと左寄りになってしまいます。

私はおへその前にスペースキーがないと嫌なので、なるべくその配置になるようにキーボードを持ってくるのですが、そうするとTrackpadの位置がちょっと遠くなります。なので、キーボードとTrackpadは妥協できる位置を探します。

キーボードをワイヤレスキーボードなどのテンキーがないタイプを使えばいいのにって思われる方もいらっしゃるでしょうが、お気に入りの3DCGソフト「Blender」を使う上でテンキーは絶対必要です。Blenderの設定でテンキーのエミュレート機能がありますが、設定が面倒です。

なので、フルキーボードはドカンと机の上に居座ります。

そんな時、たまたま雑誌の「MacFan」を見ていると黒いフルキーボードの左側に黒いMagicTrackpad2を配置している写真を見ました。これだ!と思いました。

早速まねて左側にTrackpad、その右側にフルキーボードを配置しました。


左側にTrackpadを置いたときは違和感があって、マウスの移動はできるけどドラッグ&ドロップはやりにくそうだなぁなんて感じたので、MagicMouseをイラッとした時の緊急用に右手側に置くことにしました。その場所があるなら右側のマウスを置いたところにTrackpadをおきなさいよ〜って声も聞こえますが、WacomOneでペンを使っているときは、トラックパッドが左側にあったほうが拡大、縮小、移動などが簡単にできてこれは便利なのです。

実際左側に置いたTrackpadでドラッグ&ドロップをやってみるとそれほどストレスなく実行できました。

左側に置いたTrackpadに慣れるまではMagicMouseも準備しておくことにします。

さて、キーボードからの入力ですが、WacomOneの上に腕を乗せる感じでキーボードからの入力を行なっています。

長時間のキーボード入力だとキーボードがちょっと遠い分疲れるのかもしれませんが、ブログを書く程度では大丈夫そうです。

キーボードとTrackpadを置いている台がキーボードが入っていた箱なので、これだけもう一工夫しようかなと思っています。

さて、この配置でいつまで続きますかねぇ

 

2022/03/26

Anker Soundcore Liberty Neo 2 の切り替えができない時にやったこと

P1090304

BluetoothイヤホンはAnker Soundcore Liberty Neo 2を使っています。

バッテリーの持ちが非常に良くて、イヤホンのケースを忘れても帰宅時までバッテリーは持ちます。そんなイヤホンは自宅でも使っています。

自宅ではiPadとMac miniで切り替えて使います。

普段、iPadで聴いていてMac miniに切り替えるときは、一旦iPadのBluetoothの接続を解除して、Mac miniで接続するという面倒なことをしなくてはいけません。この点が非常に残念な点です。ペアリングが複数できれば解決のはずですが、その点をちゃんと調べずに購入した私が悪いのです。

とそんなぼやきは置いといて、普段はそんな感じで切り替えができるはずなのですが、今朝はうまく切り替えができませんでした。
iPadの解除はできているのに、Mac miniで接続できない状態です。右耳用、左耳用どちらを試してもダメでした。

そこで、一旦Mac miniの環境設定からBluetooth、デバイス削除を実行し、Mac miniの環境設定でBluetooth Soundcoreを接続としましたがダメでした。
普段片耳で使っているのですが、両方のイヤホンを取り出して、ステレオで接続し直してみました。
すると接続はどちらの耳でもうまくMac miniに接続できました。
もしかしてリセットという方法もあったかもしれませんけどね。iPadやiPhoneの接続もし直さないといけないので、面倒ですけどね。
次回同じように切り替えができなかったら、リセットしてみようと思います。

2022/03/19

M1 Mac mini でターゲットディスプレイモード

P1090182

購入したのは M1 Mac mini。当然モニターが必要になりますが、モニターはターゲットディスプレイモードで iMac late 2009を使う予定でした。

自分が調べたところでは、M1 Mac mini + iMac late 2009(只今セーフモード中)でもいけると踏んでいました。

なので、M1 Mac mini を購入する4ヶ月ほど前にAmazonでディスプレイケーブルだけは早めに買っていました。Cable Matters の 「USB C Mini DisplayProt 変換ケーブル」 という商品でした。

しかしYouTubeの動画で「【検証】2020年版M1チップ搭載のMac miniはMac late 2012 でターゲットディスプレイモードが出来るのかどうか試してみる」という動画をみると見事にターゲットディスプレイモードに失敗していました。


その動画を見てからというもの、そういうことがあるのかも〜とディスプレイも購入することを考えていました。しかし、新たにディスプレイを買っても机の上にはiMacの27インチがいるし、二枚重ね風にディスプレイを並べるのも嫌だし、足元に置くしかないのかななんて想像していましたが、ある日、液晶タブレットにすればいいんじゃない?と思いました。XP-Penのタブレットに目をつけていたので、調べてみると3万円以下で購入できそうです。ついでにワコムも調べてみるとWacomOneという13インチのタブレットがAmazonだと3万円しないで買えそうです。

今回Macを新しくするために15万円程度を見込んでいたので、Mac miniとWacom Oneなら15万以下に収まります。

ということで、ターゲットディスプレイモードが使えない場合を考えたディスプレイはWacom Oneにしました。もしターゲットディスプレイモードが使えない場合、今まで使っていたiMacに比べると画面だ断然狭くなりますが、Wacom Oneでも1920x1080の解像度で使っていこうと思います。

と、万が一の対策も整い、M1 Mac mini と Wacom Oneがそろったところで、Mac miniを開封。4ヶ月前に買ったケーブルと接続〜って思ったら、ケーブルが見当たりません。あれ?買ったよねぇ〜(4ヶ月前のことなので、買ったかどうかも怪しくなってました)部屋の中を探すこと15分、袋に入った状態で見つかりました。

いざ、接続〜

・・・・・・

何の問題もなくつながりました。

本来なら、Command + F2でiMacのディスプレイを切り替えるのですが、ケーブルを繋いだ時にiMac側で勝手に切り替えてくれます。おそらくその時点で切り替わらなかったら、かなり大事になると思います。

特にトラブルもなかったので、Macの初期設定を行いWacom Oneを接続して、セッティングは完了しました。

めでたしめでたしです。

 

«2022.3月アップルイベントが終わって私が買ったもの

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ