サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/02/29

あなたならどれ?

MacBookProとMacBookがマイナーチェンジです。
それぞれ若干のスピードアップとハードディスク容量アップ。
自分としての目玉はマルチタッチトラックパッドですね。
MacBookAirの紹介ビデオでみせる「ナオト」のサファリ内でのページ送りやズーミングは狭い画面を使っている時にはかなり欲しい機能です。
ユニバーサルアクセスでズーミングの設定はできますがコントロールのしかた(ショートカット)エレガントではありません。

Intel搭載になってからはやはり新しいマックがでるペースが格段に速くなってきましたね。

2008/02/27

目が点

G4を貸し出した方からメールがありました。
G4快適に動作しております。とのことがかかれ最後に質問が…

どうやってCDトレイをあけるのですか?

う、確かにG4 Mirror Drive本体にはトレイ排出用のボタンがありません。
それと今回は事情があってキーボード、マウスはお貸ししておりませんでした。
それはなぜか?

iMac G5購入時にかっこよさにつられてWireless Keybordを購入したのですが、電池の消耗が気になり、G4のキーボードに取り替えてつかっているからです。
それで、先方が所有しているキーボードで対応していただくことにしたのですがそのキーボードに問題があるのかもしれません。キーボードにEjectボタンがついていないタイプのものだったのかもしれない。そうするとちょっと面倒で、ネット上をさがしてメニューバーにイジェクトスイッチを配置するユーティリティが必要になるかもしれません。
以前G4を使っていた時にメニューバーにそのユーティリティを配置しておきキーボードに触れることなくCDトレイを開けられるようにしていました。そのユーティリティが今でもあればいいのですが。

とりあえず先方に状況を尋ねるために電話。
まずは、キーボードの状況から。
「キーボードにEjectスイッチはありませんか?」
「え?、あ、こんな所にそんな感じのスイッチがあります。」
なに!!、見つけていなかったの?

「あ、開いた、で閉じる時はどうするの?トレイを押し込めばいいの?」
「そんなWindowsみたいなことはしないで、もう一度Ejectを押せばいいのです。」
「うわぁ、閉じた。ネットを探したんだけどトレイの開け方が見つからなくてー。」
そんな質問はなかなかなさそうだしなー

といった感じですっきり、あっさり解決しました。
そんな所でつまずく事ってあるんですね。

2008/02/26

WMVがうまく再生されない

ここ数日web上のWMVが再生されません。
QuickTime用のコンポーネントFlip4Macを使って再生できていたはずなのですが、その画像を再生しようとするとSafariが考え込んだ状態になります。他のページにアクセスを試みても移動できません。
仕方なくSafari強制終了となるわけです。

ここ何度も同じ間違いをしてしまう自分が嫌になりましたので、改善すべく挑戦しました。

とりあえずこんな状況の時は再インストールでしょうと、Flip4Macのサイトからダウンロード。インストール。現在のバージョンはFlip4Mac WMV 2.2.0.49。問題なくインストール終了。
そのままの状態で今まで再生できなかったサイトでチェック。しかし状況は変わらす。

う、こんなときは一度再起動すべきじゃないの?ってことで再起動。再度サイトチェック。

うぉー、動き出しましたが、今まではもっとスムーズだった気がします。
はて?他のサイトもみてみましたがコマ落ち状態。
これはネットワーク回線の問題かも、とAppleのサイトでLeopardのムービーを再生。しかしここでもカクカク状態。

Flip4Macだけの問題ではないのかもしれません。改善にはもう少し時間がかかりそうです。

2008/02/23

Option 入力文字

マックでしか使えない文字があります。かつてのOSから使われていた文字です。
代表的な文字に丸シー表記があります。
windowsで丸シー表記というと苦肉の策で(C)などと書いてありますが、マックだとOption + Gでマルシーが表示できます。
ですが、その文字は特殊文字なのでWindowsでもみる予定のある文章やテキストグラフィックとしては使うことができません。
ですが、グラフィックデータの作成の元データに使用してビットマップデータにすれば全く問題なく美しい丸シー表記ができます。

windowsでもビットマップでつくるのでしたら円ツールとテキストで簡単につくれますが、手間いらずなところがすばらしいじゃないですか。

Optionを使って入力できるテキストの一部画像を掲載しますので、マックユーザー同士のファイル交換の際にはぜひ使ってみてください。

Option_2

2008/02/22

iPod suffle 1Gで5800円

1GBのiPod Shuffleがお安くなって新登場。
以前の価格は忘れてしまったのですが1万円近かった気がします。
それがなんと1Gの容量で5800円。
この値段なら気軽に購入してしまいそうな価格です。

何たって現在、外出用音楽プレイヤーはMD。
SonicStageを使って転送しております。音質を落としてMDに曲を転送してもCD4枚は入らないぐらいです。

今回のiPod Shuffleは2Gモデルだと500曲ほどはいるようです。
CD50枚分ぐらい入る計算になります。

やっぱりiTunesで曲を管理しているとiPodは必需品ですよね。
うー、欲しい。

2008/02/21

そろそろ Leopardへ

自分のMacBookProどういうわけだかシャットダウンに時間がかかります。
通常はスリープで寝かせているだけなので特に問題はないのですが、何かインストールした際に再起動を要求される時があり、その場合が大変なのです。

だいたいシャットダウンに15分ほどかかります。

コーヒーを飲んだり、お風呂に入ったり、一眠りしたりと数分の暇つぶしを
楽しんでいる余裕がある場合はいいのですが、切羽詰まった状況で待つのはストレスレベル10でしょうか。

OSの再インストールを実行すれば問題は解決するのかもしれませんが、どうせならLeopardへアップグレードしたいものです。

何度かお店で触れるたびに「欲しい度」があがっているLeopard。Finderの新表示「Cover Flow」なんてすごく便利!!
使ってみたい機能満載。

ちょっとLeopardアップグレードを真剣に考えてみようっと

2008/02/20

マクドナルドにもMacBookAirの波

ここ数週間行っていなかった近所のマクドナルド。
久しぶりに立ち寄り300円マックセットを注文。
チーズバーガーと、ハンバーガー、ブレンドコーヒーのS。
結構このコンビネーションはお気に入り。

いつものようにチーズバーガーを食べようと袋からだすとパンの全体のサイズが小粒になった感じ。パンの厚みも薄くなっている。

物価があがりパンの価格も上昇中、100円マックを維持するとなるとパンを小さくすることもしかたがないのかも。
と思ったのですがそういえば日本マクドナルドのCEOは元Appleジャパンの原田氏。

もしかしてこのチーズバーガーの薄さはMacBookAirへの祝福と、憧れの現れではないのかーなんて思って食べると薄くなったチーズバーガーもいとおしく思えてきます。
食後の満腹度は70%ぐらいでしょうか?

やはり「マック」のハンバーガーは薄い、小さいではないほうがいいですよね。

2008/02/19

覚えておきたいショートカット

キーボードでマックをコントロールしたい事ってありますよね。
いちいちマウスを握ってメニューを開いて…っていうのはスマートではないって気がします。
そこでスリープ、再起動、システム終了のショートカットを調べてみました。

スリープはG4の時からよく使っていたのですが、再起動、システム終了は知りませんでした。

で今回発見した再起動とシステム終了のショートカットは

再起動:Command + Control + EJECT
システム終了:Command + Control + opt + EJECT

ちなみにスリープは
Command + opt + EJECTです。

システム終了のショートカットはまだ使い慣れず、思い出すまで時間がかかってます。

2008/02/18

VirSyn CUBE 1.5へアップデート

VirSyn CUBE1.0を使っています。

CUBEはこの世の中の音をすべて作る事ができるといっているすばらしいソフトウェアです。
現在は2.0になっておりますが自分は今のところアップグレードする気は毛頭ありません。
このソフトウェア本当にすごいとはおもうのですが、素人が簡単にイメージした音を作成できるようなものではないからです。
以前仕事で効果音を作った時に四苦八苦しながら作りました。幻想的な音、電気的な音(電気風呂で人がしびれている時に使うような音)などを作ったのですがなかなか思うようには作る事ができませんでした。
でも、いつの日か苦難を乗り越えて使いこなしたいソフトウェアではあります。
そんなCUBEは1.5にアップデートしないとかなり使い勝手が悪いです。
使い勝手というよりもこの機能があるのとないのでは雲泥の差というぐらいの機能です。

それは作った音をAIFFにして書き出す機能。
この機能があるとすぐにAIFFにして書き出し、他のソフトですぐ利用できるのですが、この機能がない時は一度MDに録音して、それから再度マックに取り込み余白を切り取ると言った作業を繰り返しておりました。

アップデートはVirSynのHPからフォームに入力しその後ダウンロードの先のURLがメールで届くというしくみです。

メールが届くまでに2日半ほどかかりました。

フォームへに入力が英語だったためもしかしてなにか不備があってメールがかえってこないのかとおもいましたが、無事メールが届きました。
ちょっとタイムラグが長いですよね。

とはいえ、これで安心の1.5にバージョンアップできました。

2008/02/16

Parallels 3.0体験版でチェック

今、作成中のアドベンチャーゲーム。
仕様書はなく以前のDirectXで作られたゲームを参考にセーブ、ロード回りを作らなくてはなりません。
しかし、現在自宅のwindowsマシンはMacBookPro上のparallels + XPだけ。
ということはParallelsでなんとか動かすしかないってこと。
確かParallels 3.0はDirectX 8.1が動くって話をどこかでみた気がします。
とするとDirectX8.1が動くはずのParallels 3.0を試してみるって言うのは一考かも。

当然BootCampという方法もあるのでしょうが、そこまでいくとなるとOSの変更を余儀なくされるわけで、まだこちらの準備が整っていないので今回は見送りです。

さて、そうと決まればさっそくチェックです。
まずはparallels体験版をダウンロード
名前、住所などをフォームに入力してライセンスキーをメールで送ってもらいます。
現在parallelsで動作している環境をコピー。約30Gあるハードディスクのコピーに約30分ほどかかりました。
その後は3.0をインストール。

いよいよDirectXを使ったアプリケーションを実行です。

な、な、なんと問題なく起動しました。DirectXのインストールを促されたり問題が発生するだろうと予想していたのに…かなりの感動です。
ついに…動作することがわかった以上を3.0を購入せざるを得ないでしょうね。

ま、後15日は体験版で遊ぶことはできますが。

2008/02/09

吉里吉里でお手上げ

吉里吉里で詰まっております。

知人から頼まれたアドベンチャーゲーム作成の仕事。
書籍に載っていたプログラムを見よう見まねで移植したのですが、うまく動作しません。
セーブ、ロード関係なのでセーブ画面にとんでデータをセーブする所まではいいのですが、セーブを終了し通常のゲーム画面に戻って来た時に、いままで表示されていたメッセージが表示されず次のメッセージに送ると表示されるという状態です。ここまでに約2週間ほどかかっております。

他にもいくつか機能を追加しなくてはならないのですが、前途多難です。

2008/02/08

FileMaker VS Excel

最近起動回数の多いソフトウェアにFileMakerがあります。
日々の記録をつけたり、支払いのチェックに使ったり、ソフトウェアのシリアルの管理、取引先の住所録。
それからブログの更新記録にも使っております。
いままでExcelでやっていたことはFileMakerに置き換えることができました。その中にあって、あまり自分では使わないExcelの機能にグラフ作成があります。FileMakerの苦手な点はここかなーって思っていたのですがNETを検索してみるとFileMakerでグラフを作成するためのプラグインが販売されていました。値段は結構するので業務で使う会社を販売対象にしているようですが、機能は良さそうです。
しかしそんなに大枚をはたくことはできません!!ってな方は手間はかかりますがグラフを作成する方法がネットで紹介されていました。

javaScriptを使った方法と、Flashを使った方法です。

グラフの種類に問題があるのだと思いますが、この紹介された手法を使えば自分でもグラフがつくれることがわかります。

あとはスケジュールの作成のときの横型棒グラフができれば何だってFileMakerでいけそうです。(自分のExcel使用度は10%ぐらいです。その作業に関してFileMakerでの対応をです。Excel エキスパートのみなさんからみればこんなことはできるのかーとおしかりを受けると思いますが…)

2008/02/07

G4旅立ち最終準備

貸し出しのために準備していたG4。データの移行も終わり後は2台内蔵しているうちのハードディスクを1台取り外せば完了です。

G4の利点でもある内部へのアクセスのしやすさ。今回も実感しました。
側面のレバーを引くと側面ごと開き内部が丸見え状態になります。

本当に美しくすっきりと纏められていると思います。

さて、いよいよ本題のハードディスク取りはずしに着手しましたがフォルダがうまくはずれません。

ハードディスクのフォルダにレバーがあり、それのツメをはずせばうまくはずれたはずだったのですがだめです。
覗き込んでもフォルダの側面にねじがあるだけ。どう考えてもそのねじを直接はずすのは至難の技。こんな時はネットだーっと探しまわったのですが、別のトレイにハードディスクを増設する方法が数件みつかり、ここじゃないやい!!といくつか別のサイトをのぞいたのですが、外し方はわからず終い。

そのなかに、ねじをはずして、トレイを外した時のようにすればOKとの事が書いてあるサイト発見。ねじ?どこかにねじがあるんだ!!と目をこらしてみてみると一つフォルダをとめているねじを発見しました。
素早く外し、ツメをうかすと簡単にハードディスク設置していたフォルダがはずれました。ここまでくればこっちのもの。ハードディスクを一基外し、元の場所にフォルダをおさめG4を起動。

問題なく立ち上がり引き渡しの準備完了です。

2008/02/06

G4なかなかうるさいぞ〜

仕事が終わって自宅にもどるとG4貸し出しのためにファイルを整理しています。
夜10時ぐらいからその作業に入るのですがG4の電源を入れるとファンが回り始めかなりの音がします。
ログインししばらくすると若干静かになりますが自宅の他のマックたちと比べるとやはりうるさいです。
iMacG5も電源オンの時はかなりうるさいですが、通常使っているときは外付けのハードディスクの方が気になるぐらいでかなりおとなしくしてなります。
MacBookProに関してはほとんど気になりません。

でもG4のうるささもなかなか存在感があっていいです。

DragThingにロゼッタマーク

ランチャーとしてDragThingを使っています。
とても便利で気に入っているユーティリティです。DragThingに表示されているアイコンにはUniversal binaryかどうかのマークが着きます。
ロゼッタで動作するソフトは「R」マークがつきます。
MacBookProでのアプリケーションは全てUniversal binaryに替えたいところです。でもこれってほとんど自己満足の世界ですね。
だって、動作的に遅いとかいった不満はありませんから。
やっぱり、ソフトウェアのバージョンアップは機能のついかとか、使いやすさが引き金ですよね

2008/02/05

Motion 勝手に2.1.2へ

Motion が2.1になったのもつかの間、自動アップデートのお陰で2.1.2にアップデートされました。
インテルマック用のアップデータかと思っていたのですが、さにあらず。
しっかりとiMacG5のMotionも2.1.2になりました。
めでたしめでたし。

2008/02/04

Motion 2.1ありました

Motion 2.1発見しました。すみません。何とFinal Cut StudioのMotion は2.1でした。iMacにインストールしていなかったみたいです。iMacにインストールしていたMotionは独立したパッケージ版で購入したバージョンでした。
まったく間抜けな勘違いで慌てふためきました。
ひと安心。って感じですが、じゃMotion 2からは2.0.1までしかバージョンアップできないってこと?
これってどうなの?って感じです。

やはりどこかに2.1にアップデートできるパッチがあるはずでしょうね。

2008/02/03

Motion 2.1はどこに?

去年の4月ムービーの編集作業をしていました。
その時画面のエフェクト作成に使ったのはMotion 2
Final Cut にプロジェクトを取り込むかたちで作っていました。
その時のデータを別のハードディスクに移動させて、ちゃんとコピーできたかどうかの確認をしている最中Motionデータにエラーが発生。どうも再生されない様子。オリジナルのデータを捜して再生してもバージョンが違うため再生できないとのこと。
今はMotionをiMacG5で起動させていてバージョンを調べてみると2.0.1。
作成したときのデータは2.1。ということでバージョン違いのために再生で来なかったようです。
と原因がわかったのでMotion 2を2.0.1から2.1にバージョンアップすることに。
ところがAppleのサイトを探しまわっても見つかりません。あるのは2.1.2。
2.1.2の説明を読むとUniversal Binaryようのアップデートみたい。自分が使っているiMacはPPC版。とりあえず2.1.2で試してみようとダウンロード。そしてアップデート。するとインストーラ起動後にアップデートすべき2.1がありませんとのメッセージが現れインストールできません。
2.1はどこにいけば手に入るのでしょうか?
どなたか知りませんか。
それともいっそのことMotion 3へアップグレードですかーっていっても以前みたいに独立でのパッケージ販売はしていないのでFinal Cut Studioごとアップグレードするしかないのでしょうか?
現状ではそのMotionファイルを開いて何かしなくてはならないわけではないので放置状態でも問題はありませんが…

2008/02/01

G4起動

9ヶ月ぶりにG4を起動させました。

まるで宇宙戦艦ヤマトオープニングのように土の中に埋もれている状態だったのですが、めでたく電源オン。で素直に起動しました。
確かヤマト最初の起動の時は嶋さんがエンジンに点火するもエンジンがなかなか始動しませんでしたが、G4マックは電源一発。ぽーんと大きな音をだしてTigerが立ち上がりました。

なぜそもそもG4を起こしたかと言いますと、知り合いが仕事で3Dをする事になったとの話に端を発します。
知り合いがつかっているマックはG4のシングルCPUそれもかなり遅いタイプ。OSXもインストールしていない有様。
ですが、今回使う3DソフトはOSXのみの対応。ということで環境をOSXにせざるを得なくなったらしいのです。そこで知人から、相談があり倉庫に眠っていたG4を貸す事になった次第です。

一度は手放そうかと思っていたG4なのですが、なかなかふんぎりが着かず、そうこしている間に9ヶ月もたってしまった訳です。
知人からかえってきた頃にG4をどうするかは未定ですが、とりあえずデータの整理をせねばと、iMacG5外付けへのデータ移動作業を展開しています。自宅のネットワーク環境がワイヤレスという事もありG4から持ち運びようの80GのハードディスクにコピーをしてiMacに持っていくという手間のかかる方法をとっています。ま、3往復ぐらいすれば必要なデータのコピーは終了しそうです。

知人に渡す予定は2月中頃です。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ