サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/30

帰ってきたiMacG5(物語風)

12月25日にアップルからクリスマスプレゼントが届いた。
中身は、修理に出していたiMacG5だ。メールにて案内されていたとおりに戻ってきた。

帰宅したときにプレゼントはまだ玄関にあった。
一瞬自転車の箱かと思うほど巨大な箱であった。

箱の中に箱があり、その中にiMacG5は収まっていた。

「こんな巨大な箱に入れる理由があるのか?」と思ったが様々なサイズのMacを梱包するために考えられたのだろう。

それはさておき、今回の気になる修理内容の書類に目を通してみる。
ロジックボードとハードディスクの交換と書いてあった。

結局ロジックボードの交換になったのか。

なぜ、ロジックボードが逝ってしまったのかは不明だが、ロジックボードが新しくなったことはかなりうれしい。

その反面悲しいのはハードディスクだ。

今回の症状から考えるにハードディスクに原因があることは考えにくかったので、もしかするとデータは無事かもと甘い期待を寄せていたのだが、微塵もなく崩れ去った。

そうなれば、すべてをあきらめて一からやり直すしかあるまい。
MacBookProをターゲットモードに切り替え、アプリケーションを移行、データもコピー。

時間はかなりかかるが、気長に待つしかあるまい。

その日はコピーのみを行った。

その後数日してアプリケーションを起動させてみると、何点か起動できない。
まずはFlashとPhotoshop。

アクティベーションの制限に引っかかってしまった。
正しい手順を踏まずに何度か再インストールしていたので、当然の結果だろう。

仕方なくアドビに電話することにした。アプリケーションが起動できないことに気がついたのは12月29日だ。
この年の瀬にアドビはいるのか?と思ったが、ちゃんと電話口には生身の女性の声があった。

事情を話し、電話によるアクティベーションに対応していただき起動することができた。

不遇なのはFileMakerだ。以前アクティベーションの解除を行わずにOSを入れ替え、アクティベーションの制限数に引っかかったことがあった。今回、その点だけは肝に銘じておりiMacG5のアクティベーションは解除したつもりだった。

しかし、いざFileMakerを起動させようとすると「一般的なアクティベーションエラーが発生しました」とダイアログにメッセージが表示された。

「ちっ、しくじったか」

仕方なくFileMakerにも電話することにした。
こちらは、残念なことに12月27日から正月休みとなっていた。

かなりデータを管理する上でつかっているアプリケーションFileMakerがまともに使えないのはなかなか不便ではあるが、MacBookProで修正するしかあるまい。

など、なんだかんだで問題を含んでいるアプリケーションが存在するような気配だ。
必要になったアプリケーションに対してその都度対応するしかあるまい。

来年もまた楽しくマックライフを送りたいものである。


2008/12/26

iMac事のいきさつ(物語風)

まだ、iMacG5は手元に戻ってきていませんが、iMacを修理に出している間のことをちょこっと脚色して物語風に書いてみます。
お暇な方はお付き合いくださいまし。

ある男の悲劇。

愛用のiMacG5がまともに起動できなくなった。自宅に戻るといつも暖かく向かえてくれる私のよき相棒。
そんなiMacを襲った突然の悲劇。

再起動不能。

私の知りうる限りの対策を講じてみたが全て起動画面にはいたらず、復活する兆しはない。
fsck -f
PRAMクリア
SMUリセット
起動ディスクからの起動
分解掃除

「仕方がない。」アップルに電話してみるか。

アップルに電話したが、上記の方法を教えてくれるだけで、それ以上手の施しようはないらしい。

危篤状態のiMacG5。

これはもう私の手には負えない。

アップルに修理をお願いした。12月23日に引き取りにきてくれという。
回復するのは最短で3日といわれたが、この年の瀬。あまり期待できる日数ではあるまい。

しかし、一日でも早く戻ってきてほしい。

そんな願いを込めてアップルからのピックアップを待っていた。
予定の日に無事引き取りに来た。

ちょうどその場に居合わすことができなかったが、手配された宅配業者が梱包し、ピックアップしていったようだ。

その後の展開は見事であった。
メールにてリカバリーセンターに到着の連絡が入り、診断中であるステータスが表示された。
その数時間後にはステータスは修理中になり、夜20時ごろには完了になっていた。

あまりにもすばやい修理。部品の交換なら場所の特定にかなり時間がかかるのではないだろうか?
ロジックボードの交換?
おいそれとロジックボードは交換してくれまい。いくら5万円ほどの修理代を請求するとはいえ、ロジックボードはその程度の金額ではすまないはずだ。
となると、ケーブルの緩みなど、ほんのヒトテマで治るようなことだったのだろうか?

うーむ、この謎は、iMacG5が戻ってくればわかるのだろう。

2008/12/25

FlashでURLクエリーを受け取る方法

URLクエリーをフラッシュで受け取る方法を探っていました。

たとえば
以下のような感じでリクエストがくるとします。

<a href="pppp.html?send=test.jpg">SWFにURLクエリーとしておくる</a>

フラッシュで受け取りたいのはtest.jpg

まずはswfを呼び出すhtmlの書き方。
重要なのはjavaScriptを使うこと。基本的な部分はFlashからのパブリッシュを使います。
必要な部分を書き換えてください。

<script language="javascript">
// 変数データにURL以降の値を取得
var data=location.search.slice(1);
// 強引に置き換えで、余計な文字列を削除
var dataR = data.replace("send=","");
document.write("データの中身は",dataR);
document.write('<object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-44455354XXXX" codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=9,0,0,0" width="800" height="600" id="pppp" align="middle">');
document.write('<param name="allowScriptAccess" value="sameDomain" />');
document.write('<param name="allowFullScreen" value="false" />');
document.write('<param name="movie" value="pppp.swf" />');
document.write('<param name="FlashVars" value="imgName='+dataR+'" />');
document.write('<param name="quality" value="high" />');
document.write('<param name="bgcolor" value="#ffff99" />');
document.write('<embed src="pppp.swf" FlashVars="imgName=',dataR,'" quality="high" bgcolor="#ffff99" width="800" height="600" name="pppp" align="middle" allowScriptAccess="sameDomain" allowFullScreen="false" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" />');
document.write('</object>');
</script>

こんな感じでうけとることができました。

iMacさてさて


iMacG5の修理が完了したらしいです。
メールが届いていました。

内容については不明ですが、とにかく修理は終了です。
戻ってくるまでに2営業日まつそうです。

2営業日ってことは遅くとも土曜日中にはもどってくるってことなのかな?
いったいどこが悪かったのでしょうか。

2008/12/24

iMac今のステータスは

iMacG5の状況をwebにて確認したところ、修理中になってます。

状況ってお知らせはこないのかなー

iMac診断中

iMacG5がリペアセンターに到着したようです。
ただいま、診断中だそうです。

2008/12/23

iMacG5入院です

iMacG5が起動もままならなくなり、アップルに修理をお願いすることになりました。
一律4万9千円なにがしの修理代金がかかります。
仕方なく本日12月23日修理のために引き取りにきていただきました。
無事にもどってきてくれることを祈ります。

2008/12/22

いよいよ明日です

iMacG5を明日修理にだします。
一日でも早く元気になって戻ってきてね。

名刺印刷解決

名刺の印刷の際に位置がずれる問題ですが、結局は用紙を変更するとうまく印刷できました。
あまり欲張らず、薄手の紙を使うことがいいみたいです。


2008/12/12

新たなる試練 Parallels Desktop 解決編

ラネクシーへの問い合わせのために、ホームページをしらべ、サポートセンターの電話番号を調べた。
その時サイトには恐るべき注意書きがしてあった。

“回答はすべてメールでご案内いたします。”

「な、なに。メールでの回答。この緊急事態に、こちらは一刻でも早く回答がほしいというのに。メールとは」
しかし、この問題の解決策はラネクシーにしかわからないだろう。
いくらGoogleで探してもまだ出たばかりのバージョンアップ。ネットでは期待できない。

しかたなく、メール覚悟でラネクシーに電話だ。今はそれが一番の早道だろう。
しかし、予想外の展開が起こった。
電話の窓口にでたのは、男性。今仕事に充実感を感じているようなトーンの人物であった。

こちらの症状を話すと、相手の男性は状況を把握するべく、丁寧に、ゆっくり会話を進めていく。
「Parallels Desktop 4.0 for Macのアクティベーションは問題ないのですね」「はい、その後に以前のバージョンのアクティベーションキーを要求されている。」「4.0のアクティベーションだけで大丈夫なはずなのですがー」「しかし、要求されている」「ダイアログに表示されているエラーメッセージを教えていただけますか」

ダイアログが表示しているテキストを読み上げた。相手の男はどうにも腑に落ちないようだ。

「画面のスナップショットをお送りいただけますか?」
「な、なに」

いつもならSnapZProXがインストールしてあり、他愛のない要求なのだが、今はOSからインストールしたばかりの状態である。
当然、SnapZProXなどはインストールしていない。

しかたない。OS標準のショートカットキーを試してみるしかない。画面キャプチャー・ショートカットは記憶のチップの中にしまわれている。

電話先の相手は、気の着く男で画面のスナップショットをとるショートカットを教えてくれた。

考えてみると今の電話での対応はまさに、回答をみつけ提示しようとしていたのではないか。
ホームページに書いてある注意書きはなんだったんだ。
とは思ったがいい結果に怒りを感じるなどというのは不条理であろう。

問題の画面キャプチャーをラネクシーに送ったところ2時間ほどでラネクシーから電話がかかってきた。

「現状、その症状がおこることは確認しました」

つまり、以前のバージョン3.0からのアップデート時は4.0のアクティベーションをするだけで問題はなかったのだが、直接4.0をインストールすると、それよりも以前のバージョン、3.0以前のバージョンが必要になるということだ。

そうなのか。

「対応策といたしましては、3.0以前のシリアル番号を入力していただきたいのですが」

「な、なに」「それは一度ためしたが、だめだったのだ」

「こちらで、検証したところ3.0以前のバージョンで試したところアクティベーションできましたので、お試しいただきたいのですが」

う、もしかしてうち間違いかもしれない。先ほど試したときには一度入力しただけで、シリアル番号を確認することもしなかった。

「わかった。では一度ためしてみる」

「もし、入力していただいてもアクティベーションできない場合はメールにてご連絡ください」

そこで電話をきり、一番最初のパッケージからシリアル番号を拾い出し、アクティベーション・テキストエリアへ入力した。

「とおった」

ついに、Parallelsの起動画面があらわれた。VMware Fusionと見間違うような起動画面になっていた。
仕様変更でその他の点もVMwareのすばらしい点を取り入れているようだ。

初期のアクティベーションの入力を試した時に受け付けられなかったのは、単なる入力間違いだったということか。

起動を確認し、退避していたPrallels のWindowsHDDをMacBookにコピーした。
マックへのコピーが終了し

いよいよ、Parallelsの世界へ突入だ
本当にいままでのwindows環境が使えるのかと不安を感じながらアクセスすると4.0用にWindowsHDDを変換することを要求された。

この流れはいい感触だ。

要求に「OK」と答えると、変換が始まり数分後には終了した。

見覚えのある画面が立ち上がり、ウィルススキャンが始まった。

ここまでくれば、問題ないだろう。
確認のため吉里吉里を立ち上げ動作することを確認した。

Prallelsについては、今後使いながらいろいろと感じることがあるだろうとは思う。
今ほんの少し触った感触では確かに早くなっている。アプリケーションの起動時間も短い。

これからParallelsを使い込んでいくとParallelsの世界が見えてくるだろう。
本当にすばらしいソフトウェアだ。

ポジションは「地味なアプリケーション」の位置になるが、Intel Macユーザーには手放せないアプリケーションだ。

2008/12/09

新たなる試練 parallels Desktop

Motion 2の起動に成功し、次に早急にインストールしておかなくてはならないのがParallels Desktopだ。
今月中にアップ予定のWindowsでの吉里吉里の仕事が入っているので、重要度は非常に高いのである。

タイミングの良い事にParallels は4.0へのアップグレードも重なっており、このバージョンをインストールする予定である。あたらしいソフトウェアを手にするのはうれしい事ではあるが、トラブルを引き起こす可能性も無い訳ではない。
しかし、ソフトウェアのバージョンアップを聞くとどうにもインストールしたくなる性分はなおらない。

5日からアップグレード版のダウンロードが可能になっていたので、サイトからダウンロードしインストールを開始した。
しかし、少々不安な点がある。というのも今までParallelsでつかっていたハードディスクのデータはそのまま別のドライブにコピーしただけである。
「インストールが完了してもハードディスクが読めなければ、かなりの時間と労力が必要になってしまう…、もう一度Windows環境を構築するなんて考えただけでも気が重くなる。
その上、最終的なバックアップもしていなかったのではないだろうか」

いろいろ不安なことが頭をよぎった。

確かな事は言えないが、バックアップ用のコマンドを使って退避しておかなくてはいけなかったのではないだろうか。

しかし、もう取り返しはつかない。
クリーンインストールしたMacBookProのハードディスクからはすべてのデータは消去されているのである。

その時はその時だ。と腹をくくった。

だが、その前に大きな壁にぶつかってしまった。インストール終了後、アクティベーションを促すダイアログが開き、アクティベーションキーの入力を要求された。

購入したシリアルキーを入力すると、次に以前のバージョンのアクティベーションキーを入力するよう促された。おそらくシリアルキーでいいのだろうと思い、入力すると、「無効なキー」だ!と突っ返された。

「う、打ち間違えたか」気を取り直して再度入力してみる。

しかし、結果は同じ。「シリアルキーとアクティベーションキーが違うのか」そんなことも考えた。
以前のマニュアルを調べてみたが記載されているのはシリアルキーとプロダクトIDしかみあたらない。

この二つからどちらかを選ぶとしたら、シリアルキーしかないだろうと、三たび入力してみるが結果は同じであった。

「もっと過去にさかのぼってみるかー」と、Parallels Desktop初期版からシリアルキーを入力してみる。願いを込めてreturnキーを押すが、Parallels Desktopには届かなかったようである。
ここまでやったが、お手上げだ。ほかに入力すべきコードなんてない。

こうなれば、ラネクシーに問い合わせするしかないとサポートセンターの電話番号をサイトで調べ電話してみる事にした。
するとサイトには注意書きがしてあった。

つづくーーーー

2008/12/08

Motion2 解決

Motion2 解決しました。最終手段のOS再インストールで

仕事に出かける前に、Leopardをインストールしながら出かけ、帰宅後インストール完了を確認し動作チェック

大丈夫そうなのでいよいよFinal Cut Stidioをインストール
この作業に入ったのが一時を回っていたので、眠い目をこすりながらインストールを開始しました。

何とか最後のディスクを差し込むまではと、床にごろ寝をしながらがんばりました。

最後のディスクを差し込んだのは三時半頃だったような気がします。

そのまま寝床へ向かい朝、Motion2を起動し確認できました。
一安心ですが、これからアプリケーションをいろいろインストールし直さなくてはなりません。

必要になったアプリケーションから、ゆっくりインストールしていくことにします。


2008/12/07

Motion2最後の手段

Motion2起動できません。AppZapperを使ってアプリケーションを削除しても、どこかに何かいたずらしているファイルが或るみたいです。final cut studioに含まれているアプリケーションを全部アンインストールしても結果は同じでしだ。かくなる上はOSからインストールしなおししかないようです。

Motion3だともしかしていいことがあるかもと思いアッブルに電話したのですが、望み薄だそうです。

大仕事になりそうです。

2008/12/06

Motion 2 格闘中

Motion 2 が起動できないので、Appleに電話をし、対策を教えていただきました。
プロアプリケーションの正式なサポートは高額になるので、サイトのURLを教えていただく形で対応していただきました。

Motionの不必要なファイルを削除し、再インストールです。
しかし、結果は同じ。だめでした。

こうなれば、FinalCutStudioのアプリケーションを一度すべて削除し、再インストールしてみる事にします。
なんとか、動いてくださいー。

2008/12/05

Motion 2 またまた問題発生

今、Flashでモーションを作成しています。素材として使うため、ムービーでの書き出しになります。
素材を横にスライドさせるシーンが多くラスターがずれて見える現象に見舞われました。
元素材の画像に問題があるかもしれなかったので、Motionを使ってためして見ようと思いました。

ところが、Motionが起動できません。スプラッシュ画面もあらわれず、いきなり落ちました。
問題がありそうなファイルを削除したのですが、ダメです。
再インストールも試みましたがだめでした。

アップルに電話してみようと思います。解決できるでしょうか?
うーん、たよりにしているソフトなので、復活させなくてはー

2008/12/04

Flash配置の小技

Flashで便利な小技。
ムービークリップを作るときに140x100ほどの画像を横一列に並べる必要がありました。枚数はたったの6枚ほどですが、この時につかったちょっと便利な技。

高さは問題なく「整列」を使えばいいのですが、横にひとつずつ並べるのって結構手間ではないですか?
ドラッグして表示されたりされなかったりするガイドに期待して並べていくのは結構神経を使います。

で、こんなことできないかなーと思ってやってみたらうまくいきましたので、お薦めのチップスとしてご紹介したいと思います。

では、まずは基本になる一枚目の画像データを配置します。この時、プロパティウィンドウを開いてX,Y座標を0,0、と入れておきましょう。プロパティウィンドウを使うのが肝です。

その横にならべる座標の左上の座標は、一枚目の画像の右上ですので、今回ですと140、0となります
この値をプロパティウィンドウに入力します。ここまでは当たり前に思いつきますよね。

で、その次3枚目の配置場所はいままで計算(140+140)出だしていたのですが、なんとその2枚を選択状態にするとプロパティウィンドウに幅が合計されて出ています。この場合だとW=280になっています。
そうです、計算することなく配置した画像分を選択していくと次ぎに配置するべき座標位置がわかるという事なんですね。結構便利だとおもうのですがいかがでしょうか?
(説明がわかりにくいかな?)

いちいち計算しなくてもいいので、かなり便利ですよ。

2008/12/03

名刺印刷失敗のわけは?

名刺印刷に再度挑戦するために、もっと薄手の用紙を買ってきてためしてみました。
しかし、結果はずれずれ。

もしかしてプリンタの紙送り、もしくはヘッドずれなど別に問題があるのかもーとすこしプリンタを疑っています。でも、考えると、普通の用紙だと大丈夫だという事はプリンタに問題が無いようなきがするんですけどー。

とりあえず、プリンタの位置調整などを試してみる事にします。

2008/12/02

Macで名刺

名刺を印刷する必要があり、早速準備。
Photoshopで作った名刺を用意しているので、プリントするだけの予定でしたが、用紙が厚手だったため、プリンタがうまく巻き取ってくれず、印刷できません。

別の用紙をさがしてみると、ラベル印刷用の用紙があったので、こちらで印刷してみることにしました。しかしPhotoshopのオリジナルデータは行列の数が違うので、そのままでは無理。

で、たまたまWORDで作成した名刺があったので、そちらを出力してみることにしました。

ところが名刺用の用紙に印刷すると大きくづれます。設定はWORDにテンプレートが無かったので、自分で用紙サイズなど設定しなおしたものです。その辺りが問題かと思いラベル用紙のメーカーのホームページにテンプレートを探しにいきましたが、ふと目にとまったラベル印刷用のソフトがありました。

これで試すしかない!!とダウンロード。しかし、Leopard未対応の文字が…。そんなのかまってられません。とダウンロード後実行しましたが、アプリケーションエラーで起動できません。「だからいったでしょー」って声も聞こえそうなほどでしたが、この手もあきらめ。

かくなる上はwordからのプリントアウトを強制的に調整する方法で対応。

本来なら余白11mmのところを22mmでトライ。33mmで挑戦。ぴったりフィットを探し、とりあえず一枚成功。せっかくだから、もう一枚プリントしておく事にしましたが、微妙にずれてます。ミシン目に文字がのっておりました。おそらく、プリンタが紙を巻き込んでいく位置などがずれると結果ずれてしまうみたいです。

なんとか、名刺は準備できましたが、今後の事を考えるとなんとか対策しなくてはなりません。

まずは、Photoshopデータを印刷できる、薄手の光沢紙を用意して挑戦してみます。

2008/12/01

やっと申し込み

Parallels Desktop 4.0 for Macを申し込みました。

ついつい明日明日と先延ばしになってしまいましたが、期限がせまっているので、やらねばーと申し込みました。
ラネクシーで注文しようとおもったのに、クレジットカード処理はメンテナンス中だったようで、アクセスできなかったのでVectorから申し込みました。

12月5日からダウンロードになっているみたいです。

楽しみです。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ