サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« Altemisを使ってみた感想 | トップページ | COLLADA なるフォーマット »

2009/03/27

illustrator 9.0 から Photoshop CS3 へ

仕事で使うための画像データをいただきました。
が、データはillustratorのファイルaiでした。

こちらで最終的に使うのはそれぞれ必要な画像が部品となったPNGもしくはjpeg。
aiから変換しなくてはなりませんが、illustratorはよくわかりません。

自己流で変換しました。以下その手順です。

まずは、illustratorデータ自体の整理。
illustratorのデータがまとまっていなくて、結果レイヤーを作成しこちらでまとめなくてはなりませんでした。
ここら辺はPhotoshopと同じ要領でillustrator上でレイヤーを作成し、それらしい名前をつけて必要な部品をそのレイヤーに移動しました。

で、まとまったところで書き出しのPSD Photoshop5.0。で出力

無事書き出されPSDで開いても特に問題なく開けました。見た目も問題ありません。

illustratorでネストしたレイヤーも書き出しのときにチェック項目があり、チェックして書き出すとネストした状態ではなく(PS 5.0だもんね、確かフォルダ管理的な方法はありませんでしたよね)が、一つのレイヤーとして書き出されました。
で、ここまでできれば後はPhotoshopで「レイヤーをファイルへ書き出す」スクリプトを実行すれば無事にパーツとして取り出すことができます。しかし、この時点ではオブジェクトごとの切り出しになっていません。巨大な空間にぽつんと部品がおいてある状態です。

その後、Fireworksへ持っていてPNGで書き出し。その際にイメージを切り抜きでレイヤーをファイルに変換としておけば、必要なパーツが切り出された状態で出来上がります。

以前は結構Fireworsで直接PSDからPNGへ書き出してたんですけど、エフェクトなどをPhotoshopで設定されていると見栄えが違ってしまったので、最近は一度Photoshopで書き出してFireworksでオブジェクトの切り出しをするようにしています。

特殊なことをされていなければ、Fireworksで問題ないとおもいますね。
だから今回はPSDをFireworksで読み込んで書き出しても大丈夫だったかもしれません。

ま、念のためPhotoshopをかましたといった感じでしょうか。

illustratorも面白そうなツールですけど、なんだか苦手なんですよ。

« Altemisを使ってみた感想 | トップページ | COLLADA なるフォーマット »

今日のソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: illustrator 9.0 から Photoshop CS3 へ:

« Altemisを使ってみた感想 | トップページ | COLLADA なるフォーマット »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ