サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/28

iPadで未来のコンピュータライフが見える

世の中の予想どおりに、1月27日(日本では28日の午前3時)アップルから発表されました。
たしかにiPhoneを巨大化したようなデザイン、操作性です。

名前はiPad、iPodにもにてて紛らわしい気がしますが、またまた、生活を変えるようなすばらしい発明だと思います。

今後はクラウドコンピューティングがベースになり、自宅パソコンは単なる端末になるのではないかと思っています。クラウドと呼ぶコンピュータが自宅のサーバなのか、はたまたどこかの国のサーバなのかはわかりませんが、家族の思い出、情報はすべてサーバマシンに保存という時代がくると思います。(金庫タイプのサーバが出たりして)

その時にiPadのような端末があれば、世界中どこからでもアクセスできるようになる訳です。
今はiPhoneでLogInMeを使っていますがこの環境の欠点は回線の遅さと、画面の狭さです。
緊急事態でないと自宅のマシンにアクセスしようとは思いませんけど。(緊急なんだけど、時間はかかる)

で、自宅にいる時は外付けキーボードやマウスを使って快適に、Dockを使って、外部ディスプレイ、ストレージなどに接続。なんてことができれば、申し分ないと思います。

そんな、感じの未来がすぐそこまできてるんですね。なんて妄想モードになってしまいます。

MacBookとiPadの境界線はそのうちなくなっていくのでしょうね。


2010/01/26

xcode に Flex なんとか成功

こちらのサイトを参考にさせていただきなんとかビルドできました。

このサイトに行き着くまでは、ビルドの時に“failed to create task or type mxmlc”エラーが build.xml でてしまい、その対応方法もわからず一度はあきらめかけていたのですが、無事ビルドすることができました。

面倒なのはターミナルで使うviエディタでパスを通さなくてはならないことでしたが、なんとかできました。
以下はviのちょっとした使い方です。

vi エディタには入力モードとコマンドモードがあってこれを使い分けて編集していきます。

起動はvim FileName
がしがしと打ち込んで、セーブはコマンドモードにしてw。ターミナルウィンドウの一番下に :が出てる状態。(怪しい場合はescを何度か押してみて :を入力) :のあとにwでファイル保存。それから : qでQUIT。
詳しく知りたい人はターミナルを起動してvimtutorでチュートリアルをつかったお勉強ができます。

ふ〜、なんとかビルドはできるようになったので、今度はActionScriptを入力して試してみようと思います。エラー表示などの使い勝手がすばらしいといいんですけど、どうでしょうかねぇ

2010/01/22

Acronis True Image Home 2009 でバックアップできない ファイナル

最後の方法をAcronis カスタマーセンターから教えていだきました。
しかし、現状は回復せず。
この方法がダメだとOSのリカバリーだそうです。
サポートはここまでですね。

仕方がありません。VMware + Vista をWindows環境として使えるようにセットアップすることにしましょう。


2010/01/21

Acronis True Image Home 2009 でバックアップできない

Mac上で動かしているwindowsのためにバックアップを取ることにしました。
バーチャルマシンをそのままバックアップすることもありなんですけど、ちょっと知人のバックアップの事もあったので、Acronis Ture Image Home 2009 を購入しました。

いまMacBookProに入れているのは
Parallels 4.0 + XP Professional こちらが、仕事用として使用。
VMWare 2.0 + Vista Home Premium こちらがVistaの勉強とお試しソフト実験用。

VMwareでは問題なく動作。iTunesの使い方がわかっていなくて、曲が復活できない!!って騒いでましたが自己解決にいたりました。(サポートセンターに連絡しても相手にされませんでした。対象環境外だそうで…、でもメールでの対応はちゃんとしてくれてるんですよ。正直に環境のお話などもして。)

今度はXP。こちらが本命でバックアップはこちらでとりたいんですが、エラーがでてバックアップできません。
起動したり、その他の項目は問題ないのですが、バックアップを選ぶとVisual Studio Just - in - Timeデバッガのダイアログが表示されて、落ちてしまいます。

サポートにまた電話してみました。この前の人ではありませんように。と願いながら。
しかーし、木端微塵。またあの人だ。

一応事情を話すとVisual Studioをアンインストールしてくださいとのこと。
どう考えてもVisual Sutdioがはいっているからエラーメッセージを吐き出しただけで、直接は関係なんじゃないの?って思ったけど、使っているわけでもないので、削除。

しかし、エラーは消えず。

今度はメールでのサポートに切り替えて現状を連絡。
ということで、今、サポートセンターと解決にむかって頑張っています。

でも、なんとなくXPも怪しいのかもって気がしてます。Vistaも世間がいうほど嫌ではなくなってきました。なんだかかわいそうにもなってきたところもありますが。
なので、このままVistaにXPの環境を移動させようと思っています。

吉里吉里の仕事ができれば特に困ったことにはならないので、その環境を移行させようと思ってます。
XPでのバックアップが解決するのが早いか、環境移行が早いか。

おっと、OfficeやRubyが動くようにしてないとまずいんだ。仕様書と、チャートがWord & Excel でくるんだった。Rubyのインストールは簡単だったかなぁ?

吉里吉里のスクリプトコンバートにRuby使わないとだめなんだけど、NetBeansで動かせないかどうかも試してみよ。

今は吉里吉里の仕事も一段落してるからいまのうちだね。
よし、じわじわとがんばろ。

2010/01/20

Google日本語入力 ベータ版で初エラー

いまつかっているGoogleの日本語入力ツール。

なんか動作が怪しいなっておもってたら見事にエラーがでました。
凄くシンプルなエラーウィンドウ。

ほわんとしてかわいい。
Googleime_error


2010/01/19

xcode に Flex そんなに簡単じゃないじゃない

なんとなくXcodeでもActionScript の開発ができればと思ってしらべてみました。
するとxcode + flexという選択があるみたい。
簡単にインストールできそうだったのに、そのサイトはxcode 2.0みたい。

こっちは3.1 or 3.2。

調べてるとパスを通さないとだめみたい。

ターミナルなんてほとんど使えないのに。

頑張って動作確認まではいきたいと思います。


2010/01/18

TimeCapsuleの代わりの方法

いつか手に入れたいハードウェアにTimeCapsuleがあります。TimeMachineが使いたいからではなく、iMacG5、MacBookProの共通バックアップとデータ共有のためのストレージとして。

1Tでも3万円近いしろもの。

で、私の記事にトラックバックしてくださったかたの記事を見てその方法もありかもってことに気がつきました。

それはAirMac Extreameベースステーションの導入。
これなら、今iMacにつけている外付けハードディスクを整理してつけてつかえばいいんじゃない。それに別に眠っているハードディスクの内部ドライブをかえて1Tとかにつけかえてそれも使えば一気に2Tまでいけるかも。で予算はAirMacExtreamが16800円。入れ替え用の内蔵で13000円ぐらい。あれ、あまり変わらない。ま、内蔵ハードディスクはあきらめて、いまある外付けをつかえば16800円なり。これかなぁ。

って思ったんですけど、Extreamってそれ自体がアクセスポイントなんだよね。てことはADSLモデムのそばに置かないとだめってこと。

あれ、それってかなり不便かも。今は電話回線のそばにADSLモデムとアクセスポイントをおいてるからなぁ。

あれ、考えたら場所がない感じ。あらー、やっぱりTimeCapsuleが一番有効なわけかなぁ。

NAS環境構築はかなり先が長いなぁ。


2010/01/16

いまさらBryce 5.5

ふと見つけたBryce 5.5 フリー版
20年近く前に使っていた景観ソフト。
かなり面白くお気にいりでした。

偶然ネットでBryce 5.5のフリー版を発見。

とりあえず落としてインストールしてみました。起動はしました。
近いうちにちょっと触ってみようと思っています。

2010/01/15

夢のツール

Flashの次期バージョンCS5ではiPhone用のアプリを作ることができるらしいです。
いままでのFlashで作ったデータをiPhoneのタメに吐き出すことができる。

すごい。

で、ふと思いました。逆もありじゃないのって

xcodeでFlashにかきだせればいいのに。つまりiPhone用アプリを開発して(当然3D SWFの吐き出しも可能)SWFにも書き出せる。っていうのはすごく素晴らしいと思うんですけどどうですか?

今はXcodeでActionScript(Flex)のコードを書ける環境もあるみたいですが、どうせならxcodeでつくった実行ファイルをSWFに変換してくれるツールがあればいいですよね。

夢のようなツールだね。


2010/01/14

Twitterなんとなくわかった

Twitterどんなもん?

と遅らばせながらTwitter始めましたが、全くもってやりかたがわかりませんでした。

つぶやけばいい、まずはFollowから。なんて書いてあるんですが、つぶやくのはかんたんだったんですが、Followするってどうやるの?って感じ。

ブログにTwitterわかりません!って書いたら親切なブログのお友達からまずは“自分(=友達)にFollowしてみてください”。と教えてもらったんですが、実際やってみても何を書けばいいのやら。もともと人の話に入り込むのは苦手なほうなので、話にいきなり割って入る感覚がわからず、傍観するのみ。相手の話は専門的な話しだし、こちらはかやの外な感じです。

おはようございます。のつぶやきに返事を返すことぐらいしかできませんが、その返事もお昼ごろに出す始末。楽しさもわからずもんもんとしておりました。

Twitter小説を書いた人の本がおすすめだったので、買って読みましたが自分が思っていることは書いておらずまずは何をするのか?がわかりませんでした。

ま、本ではわからないなりにまずはFollowしてみましょうということがこれは検索した後の事を意味しているんだとはたと気がつきました。

自分の気になるキーワードで「検索」しそのつぶやきにFollowするという流れなわけですね。

それに気づいてから俄然面白くなりました。Followはほとんどしてませんが。

いまはiPhone アプリのEchofanを使ってiPhoneや アップルなどのキーワードで検索してみなさんのつぶやきを聞いてます。

完全に英語の単語の場合(iPhone、Ruby On Railsなど)だと世界中からつぶやきを拾ってくるのでこの点をどうすれば使いやすくなるのかを今後調べていこうと思っています。

それから、つぶやきっていうだけであまり言葉のキャッチボールは指定ないと考えるべきなのでしょうか。
検索で引っかかったキーワードだど数名の人たちの会話の一部にひっかかり、その会話に参加してもいままでの経緯がわからず、屯ちんかんなことになりそうなんです。

この点も今後の課題です。

2010/01/13

Compressor 2でメール送信ができない理由

前から不思議に思っていた、Compressor 2のメール送信。
設定しても送られてきた事がありません。

別のソフトはちゃんと送られてきました。

その違いは何か。

なんと25番ポートブロックです。使っているプロバイダでは25番のポートを使ってメールを送信することができない設定になっているのです。別のアカウントも調べてみましたが、こちらも同じ25番ブロックでした。

でCompressor側でポートの番号を変更できるのかな?って思いましたがその設定はありませんでした。

まさか、MobileMe専用ってことはしないだろうし。

ポート番号を変更できるようにCompressorが改善されるのを待つ事にします。Compressor 3.5だと指定できたりして。


2010/01/11

TwitterってRuby On Railsなんだね

ちまたで評判のTwitter。
つぶやいていますが今ひとつわかりません。

ですがこのTwitterはRuby On Railsで作られてたんですね。で、開発者はテスト(デバッグでしょうな)以外の時はMacintoshを利用しているそうです。(Twitterの開発方法で紹介されてます)

Twitterを理解したいのですが、いまだにピンときません。


2010/01/10

Shade ハートも結構大変なんだ

Shadeでハートマークを作りました。
結構大変。気に入ったハートにならない。
開いた線形上を作って、回転体。厚みを調整して、邪魔な部分をへこませて、完成。

思ったような形にするまではかなり手間取りました。

100110_image


アップルプレミアムリセーラー吉祥寺オープンの日

うー、悔しいです。

昨日1月9日はアップルプレミアムリセーラー吉祥寺のオープン日。
仕事が速く終わればちょっと覗いてみようとおもってたのに。

予想以上に仕事が延びてしまい結局タイムアウト。

営業時間は11:00から20:00みたい。

今日(日曜日)もしくは月曜日がリベンジDayですかね。

2010/01/09

Windowsのタメのバックアップソフト模索中

Mac上で動いているParalellsや、VMWare上のwindowsバックアップ
ツールを探しております。

そのままアーカイブごとコピーしちゃえばいいんだろうけどね。
今調査しているのはAcronis True Image Home。

これが良さそう。

みなさん何かWindowsようのおすすめバックアップツールってありますか?

2010/01/08

昨日大掃除したiMacG5は…

昨日一生懸命掃除したiMacG5。帰宅する電車の中で気になってLogInMeで自宅のiMacG5にアクセス。
しかし、画面は進入禁止マーク。

「だめだったのか。おちちゃった?それとも自動シャットダウンかなぁ。自動シャットダウンだったことを祈ろう。」と願いながら帰宅。

早速iMacG5の前にたちキーボードをクリック。
すると見事に反応してログインパスワードを尋ねてきました。

「お、生きてた」うれしさ反面、なぜLogInMeでログインできなかったんだろう?
これは新たなる謎かもしれませんが、そんなこともあるさ、で解決

今のところ無事にiMacは動作しております。今日の内部温度は47度。

このままがんばってくださーい

2010/01/07

今年最初の大掃除

iMacG5がよく落ちてるんです。自分が使っている時に落ちた事はないんですが会社に行っている時や、コンビニに行っている時などiMacを監視してないと落ちるんです。

以前も突然落ちる現象に見舞われた事があったので、おそらく同じ原因だろうと思い対応してみました。
それは通気窓のホコリ。
CPUの温度を調べてみると68度ぐらい。
この数値が高いのか低いのかよくわかりませんが、症状的に同じなのでとりあえず通気窓の掃除をする事にしました。

通気窓を触ってみるとそれはひどいホコリ。

早速、手でささっと取り除いてみるとかなりのホコリが付着してました。

ま、こんなもんだろうとなおった気になってしばらく使っていましたが1、2時間でとまってしまいました。あれ?ほこりはとったはずなんだけどなぁー

うん?通気窓のところほったらかしのレシートが塞いでる感じ。これが原因だとそのレシートを取り除き再度、始動。

今度は1、2時間使ってても問題なく動作してました。通勤途中からもLogInMeをつかって動作しているかどうかを調べても、まだ大丈夫。

なおったかな?と安心しているとさにあらず。

今朝、コンビニにちょっと買い物に出てかえってくるとまた、落ちてました。

これは大掃除だ!!

ということでiMacG5をテーブルから引き出してドテラの上において早速裏蓋をあけました。
ネジ3つで簡単に開くところはすごーくすてき。

で、掃除機でもって通気窓を掃除。つまようじや、綿棒で隙間のほこりを書き出しながら掃除機で吸い込み。ファンの回りのゴミをとったりして約30分で終了。

もっと、分解してホコリをとればいいんでしょうが、このネジではずれるのかな?と試したりしたのですがそうは問屋がおろしてくれません。
このままでは、かならずひどい目に合うとおもい、簡単なホコリとりだけにしました。

今の温度
CPUの温度は60度
これは内部温度になるのかな?Macintosh HDは48度

さて、これで問題解決できればいいんですけど。もしだめだったら、おそろしやー


2010/01/06

実験:Adobe Reader 倍率(人類は倍率間違いによって死滅する)

会場:ピー、ガー、ガガー

「ごほん、本日はお忙しい中、Mac限定の話題ではないにもかかわらず、お集まりいただき誠にありがとうございます。

本日このような緊急発表会を開きましたのは、人類が知っておかなくては悲しい目に遭う。上司と部下の戦いがおこったり、世をはかなんで自らの命を絶ってしまう方々があふれるのではないかと思い急遽みなさんにお集りいただいたわけです。

さて、一人でも多くの被害者を出さないために早速本題にうつりましょう。
今回の現象はAdobe Readerのバージョンは9.0ですが9限定という訳ではありません。Win XP OSX 10.5どちらでも同じ症状がでました。

そもそもPDFによる人類を死滅させる「倍率」の問題とは。
どんな時に発生し、その結果どうなるかを具体的な例をあげてお話ししたいと思います。

時は2010年1月5日、会社に向かったMさんが言いつけられた業務とは『PDFの資料をPowerPointに貼付けろ』というもの。Adobe Readerのスナップショットツールを使って矩形に切り取る作業を行い、PowerPointに貼付ける。という単純な作業。テンプレートになるPowerPoint書類を参考に、貼付けてみる。しかし明らかに自分が貼った書類は美しくない。この場合の美しくないはレイアウトの問題ではなく、画像としてのクオリティ。オリジナルを作った人に方法を尋ねたが特別に何かやっている訳でもない。

そこからMさんの悲劇がはじまる。
『普通にコピー&ペーストをしてもうまくいかない。いったいどうすればいいんだ。時間は刻一刻となくなっていく。いったい何が原因だー。このままだと資料が完成しない。とりあえず作っちゃうか。でもこんなの持っていくと、何やっとんジャーボケー。ぎざぎざできちゃないやんけ〜とどなられそうだ。えーわかんないよ〜。いままでのうっぷんからつい上司をポカリってやっちゃいそうだ』

そこで、MさんはReaderの倍率に注目した。通常だと適当になっている倍率(その場合は94.6%)を200%にかえてコピーしてみた。すると、さっきより美しい。
『なら、もっと倍率を上げてみよう。300%、400%、600%』

Mさんが試した結果、400%ぐらいで問題なく美しい事を発見した。

ということで400%に拡大して切り取り、コピー先で縮小する事がPDFから美しい書類をつくる方法であることを発見したのだ。当然、倍率は自分で試してみないとなんともいえませんがね」

会場:さわさわ(ざわざわほど人がいない)、え、なに、そんなこと、人類の死滅?

会場からさまざまなつぶやきが聞こえてくる

「しょ、諸君。まずはこの画像をみてくれたまえ」

Pdf01

「あれ、画像でスナップショットをとると倍率100%の方がきれいに見えてる」
「ま、それはスナップショットの問題かもしれないので、今回はおいといて、100%と400%の倍率のデータを拡大してみましょう」

Pdf02

「微妙に400%の方が、ペースト先で文字が大きいからきれいなんじゃないの?って思ってるかたいらっしゃいますよね。そこのかえろうとしている方。そうあなた。そんなあなたの為に次の資料。ドン!」

Pdf03

400%でコピーしたものは小さくしても美しい。

ということで結論は
高い倍率でコピーすれば、ペースト先でも美しいということ。美しいペーストは無駄な争い、自己嫌悪をなくし幸せな世界を作る!!

わははは、どうですかな諸君。」

………………

会場からはどんどん人がはなれていく。

「諸君、最後の警告じゃー、マック限定じゃーそれはWordに貼る時は倍率変更コピーでも見た目わからんのジャー。おーい諸君、それからプレビューではこの技はできないぞー。PDFの切り取りはAdobe Readerじゃぞー
えーとそれから、プレビューの方が矩形ツールがユーザーフレンドリーだぞー。諸君、わしの話に耳を傾けてくれー」

かたづけのおばちゃん:「はやくどいてくれる。孫迎えにいかにゃならんのよ。」

さて、今回の緊急発表で人類を救う事ができるのであろうか。

2010/01/05

iPhone用ミラータイプ保護シート、かっこいいんだけど

iPhoneように買ったミラータイプ保護シート。かっこいいんだけど、外で使うと画面が見えにくいです。
車の中でもやはり太陽の光を浴びるととっても見えにくいです。

以前使っていたアンチグレアフィイルムシートの方がいいかもしれません。

っていうか、2枚つきだったので、どこかに1枚残っているかも。

2010/01/04

プレビューでマニュアル管理。ありかも

OSXに標準でついているアプリケーション、プレビュー。
マニュアルを見る時などによく使ってます。っていうか自動的に起動してくれます。

特に思ったのがShadeを使っているとき、マニュアルをプレビュー表示していると画面が狭くて邪魔。
で実際のShadeはiMacG5で開いて、マニュアルはMacBookProで表示させちゃえば画面はひろびろでいいんじゃないカナって思ったのです。
でも実際にはShadeを使っているとヘルプからマニュアルを開くのは簡単なんですが、Shadeを立ち上げてないと若干面倒。

でプレビューのブックマークに登録しておくとプレビューを起動して、ブックマークをクリックすると簡単に表示できます。

ブックマークの名前も変更できるので、わかりやすくしていれば簡単管理出来そう。
便利かも。

2010/01/03

あのeBoostrをParallelsで使ってみました

自宅で家族がつかっているWindowsパソコン。かなり起動も遅く、動作も重い。

そんな中で発見したeBoostr。

ソフトウェアの力で遅いパソコンが早くなるらしい。USBメモリーみたいな外部メモリーが必要ですけど。

ためしたところ明らかに早い。体感的には1.5倍ぐらい(かなりいい加減ですが)な感じ。

これは買いでふ~!!ということでWindows用に即、購入。

Windowsで試してかなり快適。キャッシュにヒットすればするほど早くなってくる感じ。

これはVMWareとParallelsで試してみよう。ということで試してみました。

4Gの古いタイプのUSBをつかって2Gずつそれぞれに割り当てればいいや。って考えたんですけど試してみるとUSBデバイス自体をキャッシュメディアとして認識するので別々のUSBメモリーを用意しないとだめみたいです。

うーん、残念。

Parallelsで試してみるとやはり若干早くなります。

いい感じなんですけど、MacBookProでUSBを抜いたりさしたりは面倒だ。と根本的な問題にあたり、結局、せっかくのスピードアップはあきらめていままでのまま使うことにします。

ま、実験結果としては効果ありということですね。

2010/01/02

いつまでたっても、使いこなせないRetrospect

Back Upに使っているRetrospect。TimeMachineではなくてRetrospect。

TimeMachineと違ってバックアップ容量が少くて済む点が気に入っています。
でも、保険といえば保険みたいな使い方しかしてなくて、Retrospectの本当の力を発揮させてない気がします。
スナップショットをとっていれば、その時点のファイルにいつでも戻ることができるらしいです。

そんな、使い方も知らずただ闇雲にバックアップしているだけです。

これではだめですよね。

ということで、スナップショットの使い方を学習。

簡単なファイルを作って早速テスト。
とやってみるとスナップショットによる復元は意外と簡単でした。

でも、スナップショットにタイトルとかコメントが付けられないので内容がわからないことが問題かもしれません。(本当はどこかにあるのかもしれませんが、今のところ不明です)

しかし、スナップショットで様々な時点のバックアップにもどれるのは、助かります。

2010/01/01

おや、お年賀?

みなさん、明けましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いいたします。

さっそく変なプレゼントをいただきました。
Photo

いやー、見なきゃいいだけなのでどうってことないんですけど。
ちょっと新年早々にこんなことって、ことしは当たり年ってことで、いいことあるかもしれません。

今年も楽しいマックライフをおくりましょうね。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ