サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/22

この組み合わせをためしてみよう

Parallels でいくかVMWareでいくか、考えていますが、Parallels + VISTAをためしてみようと思います。
気分的にXPにもどるのも、なんだかなーって感じだし、今後Windows 7をインストールすることを考えると、Vistaをインストールしておいた方が簡単そうだし。

VMWare + Vistaでインストーラプログラムの動作確認が面倒でその点が問題だったことぐらいでしたので、Prallels + Vistaの動作を確認してみようと思います。
おっとその前にAcronis のTure Imageが動作するかをチェックしないとだめですけどね。

仕事から帰ってきての作業なのでなかなかはかどりません。

2010/02/19

ああ、ParallelsかVMWareか。それが問題だ

MacBookProをクリーンインストールしようかと考えています。たまにヘルプ表示中にエラーが表示されたり、ハードディスクも整理したいなどの理由で。

その時、どうせならVMWareか、ParallelsもSnowLeopard対応にアップグレードしちゃおうかなぁなんて考えています。

優等生なParallelsか野性的なVMWareか(あくまで個人的な感触ですよ)

ParallelsならいままでのXP環境をそのまま引き継げるし(この点のアドバンテージはかなり高い)、いっそのことVMWare でWindows 7に移行するか。

でもMacBookProの2006年モデルだし。

なんて、悩ましい日々を送ってます。とりあえずはクリーンインストールを終了させてから考えようかな。

2010/02/18

Motion 4 ユーザーズマニュアル(2)

Motion 4 のインターフェイスは2と見た目はかわってなかったんですね。
でも、中身は2Dと3Dの機能が入っている。

楽しみだけど、使いこなせるのかなぁ

2010/02/16

おもしろ法人カヤックのサイトにFlashの開発ツールの話が

おもしろ法人カヤックのサイトにおすすめFlash開発ツールが紹介されています。

こんどはFDTっていうEclipseを使った環境のようです。
Flash CS4でもあまりActionScriptのエディタは快適ではないですからね。

AdobeとしてはFlashBuilderとの差別化のためにあまりエディタを進化させてないのかもしれません。

しかし、こんな感じでオープンソースの快適なエディタが増えてくると、本家Adobeとしても早々にエディタは改善せざるを得ないのではないかと思うんですけどね。

CS5にはその点もかなり期待したいところです。

今回カヤックが紹介しているFDTなんですが、自分としてはどうしてもEclipseは苦手意識があって、躊躇しております。

Eclipse強力なんですけどね。
今のところはCS4でこつこつと進めていきます。よし。


2010/02/15

OSIの覚え方

OSIとはネットワークアーキテクチャーです
第7層:アプリケーション層
第6層:プレゼンテーション層
第5層:セッション層
第4層:トランスポート層
第3層:ネットワーク層
第2層:データリンク層
第1層:物理層

自分のなかで、この順番の覚え方は“アプセとね、デブ”って覚えてます。最後はデブですよ。


Twitter おもしろいね

Twitterがおもしろい。通勤時間のほとんどはiPhoneでTwitterやってます。

最新の情報を手に入れる事もあれば、たあいもない日常の会話を聞くような事もあったりして人が動いてるんだなぁっていう感じでおもしろいです.

ちなみにiPhoneでつかっているTwitter アプリはEchofon。


2010/02/12

FileMakerの記号

FileMakerには特殊な記号があります。
レイアウトを調べている時に知りました。

@@はレコード番号
// は現在の日付
::  は現在の時刻
||  はユーザー名
## はページ番号

です。テキストフィールドに入力するとプレビューモードなどで確認できます。

なるほど。


2010/02/10

Motion 4 ユーザーズマニュアル(1)

Moiton 4のマニュアルを読み進めていこうと思っています。
まずは、「ようこそMotionへ」
この章は、特に気になる事はかいてないですね。

FileMakerではまってます

FileMakerでしっかりとはまっております。脱出不可能なほど。

なにをしたかったかというと、日付ごとの集計。
なんの問題もなさそうな事なのに、できません。

簡単なサンプルを作って試してみました。日付と数値のフィールドを作成。
数値は単なる数字を入力するためのフィールド。
そして合計するフィールドを集計で作成。現在の合計。ソートされたグループごとに集計を再開する。個別をチェック(この意味もよくわかっていません)

で、実際にデータを入力
同じ日付で3つずつぐらいのセット。

せっせっせ。

それからレイアウトモードに変更して、日付をソート対象とする小計パートを追加
そのパートに合計のフィールドを配置。

で大丈夫なはずなんだけど、ブラウズモードに変更しても表示されない。

かえこれ3時間ほど調べたり、悩んだり、作り直したりしてますがうまくいかないよーん。

だめだー。お手上げです。だれかヘルプミーって感じ

2010/02/09

しぇ〜、Shadeテクスチャすごーく進歩してたのねん

Shade 10.5でテクスチャ張りをやってみました。

いやー、以前は位置合わせや、サイズ調整にすごく苦労したんですけど、マッピング座標編集モードを選択するとモデリングにあわせてテクスチャーも表示されます。

で、移動はマニュピレータの矢印を引っ張って、サイズは表面材質のイメージのそばにある、サイズで調整すればいいわけです。サイズもスライドバーを触りながら、大きさを確認できるのですごーく使い易いです。

Shade Wonderfulです


20100209_image

2010/02/08

え〜い、買っちゃえ

いつかバージョンアップしたいと考えていたFinal Cut Studio。

ついに2009を購入しました。
Motion 4のスキルを身につけたくて、買っちゃいました。
手元にあるのはMotion 2。

Motion 3からは3Dの概念がつかわれているので、演出なんかがすごーく広がりそうなんです。

さて今は、インストールの最中です。

今回のアップグレードで楽しみなのはMotion 4ですが、Sound Track Pro 3もどのように変わったのか興味があります。

どこまで使いこなせるかが問題ですけどね

2010/02/05

Mighty Mouse と Windows 2000

会社で使うパソコンはいまだにWindows2000。普段使っているマウスがあまりにも軽くて、小さくて使いにくいんです。ということで、最近自宅では使わなくなってきたMighty MouseそれもWirelessをBluetoothアダプタ共々会社に持ち込みました。

WirelessのMighty MouseのWindows用のドライバーはないようで本来の持ち味はいかせないようでしたが、お気に入りなので会社でもつかう事にしました。

実際、今日つかってみたところ、快適です。やはり手になじむ感じと適度な重さがいいです。

横スクロールはむりでしたが、つまみは動作しました。

IE上の戻るボタンの機能が動作しました。

Windowsを起動して、ログインし終わるまではMighty Mouseが反応しない点に不安が残りますが、それ以外はすごーく快適です。

2010/02/03

VMWare 2.0 + XP か Parallels 5.0 + XPか

VMWare + VistaのインストーラトラブルのためVMWare + XPでいく事にしました。

またXP用の環境をつくるのは面倒なので、Parallels で使っていた環境がつかえないかと試したところほとんど問題なく動作しました。
ですが、XPのライセンス認証がひつようであるとのメッセージが出てきました。
たしかにwindowsからみれば、「違うマシンだよ」って思ってますもんね。

とりあえず、認証する前にAcronisのバックアップが動作するかどうかも試してみる事にしました。

すると、問題なくバックアップが起動しました。ならこの組み合わせだーと思ったんですが、仮想ディスクに問題がないとなるとParallelsが4.0がだめなんじゃないの?

って疑問がわき、体験版のParallels 5.0をインストールして試してみる事にしました。

ですが、ここでも一つ試練があって、5.0をインストールする際、4.0は削除されます。というメッセージ。うーん。どうだろ。4.0を再インストールするのはめんどうかなぁ?でも試したい。

試したい気持ちに勝てず、5.0をインストールしました。

さて、インストールも終了し、いよいよテスト開始ー。
しかーし、Acronisは起動せず。「とほほ」な気分。でもせっかくインストールしたんだからちょっと触ってみようかなぁなんておもってCrystalモードをオンにしてみると、Parallels Toolsがインストールされてないと試せない旨メッセージが表示されました。

ま、入れてみましょ。って感じでインストール。

ついでにAcronisを試してみると(ほんとあきらめが悪い)、なななんと、バックアップ項目が選択できました。

え、動いちゃった。ってことはParallels 5.0だと大丈夫なのかぁ

って思ったんですけど信用できません。で、再度Parallellsを立ち上げ直してAcronisを試すとデバッグ画面が表示され、やはり起動ができませんでした。

と、ここでやっとふんぎりがつき、VMWare + XPを使うことにしました。

Parallels はこのままにして封印してしまって、VMWare 用のXPで認証することにします。
認証的には正しいのかなぁ? ParallelsのXPはもう使えない事になるので…

あれ、仮想ディスク動作してるけどもともとPrallelsでつくったものだからParallels Toolsなんかもはいってるんだよね。なんだかちょっと気持ち悪いけど。

ま、いっか。このままやってみましょ。
何かトラブっても自分が困るだけだし。

2010/02/02

Vista もういい

VMware上でVistaを動かしてます。
Windowsでアドベンチャーゲーム作成のための環境構築なのですが、あと一歩のところで“キー”ってなってます。

“キー"ってなってるのはインストーラー。
XPの時に使っていたInno Setup。すごーくわかりにくいんですけど、InnoEditXっていう日本語でのGUI
ツールのおかげで設定もわかりやすくなり、愛用してました。

Vistaに移行する事もあって、別のインストーラを探したのですがなじめず、結局Inno Setup + InnoEditXを使う事にしたのですが、いままでは普通に実行できたのに、許可を求めるダイアログが表示され、また、そのダイアログがでてくるまで数分待たされる始末。

全然、効率が悪くつかえません。

これってVistaの仕様なんですよね。もう、本当にいらいらしちゃいます。

インストーラがうまく動作すればVistaへの環境移行完了だと思っていたのに、ここに来てひっかかるとは。

どうしましょうかね。

今はもうVistaはいい!!って感じなので、VMwareでXP(Parallels 用のWindows XP)を動かしてみる事にします。

これでAcronis Ture Image Home 2009が動作すれば問題なくこっちの環境でいくんですけどね。

さて、どうなりますことやら

2010/02/01

2010年1月のMacBookバッテリー状況は

購入後約3ヶ月のMacBookPro.バッテリーの現状を調べました。

完全充電時の容量は5053mAh。
充放電回数は73回

容量は確実に減ってます。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ