サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

  • DMM

SECOND HAND(セカハン)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/28

Compressor 書き出し中は専念させてあげましょう

最近FCP Studio 2 のネタばかりですが、今回もちょっと思った事があったので、書きたいと思います。
自分のワークフローでは出来上がったFCPデータの書き出しはCompressorに渡して、Compressor側でレンダリングしています。

でその間はFCPやMotionでデータを作っています。

そのスタイルでやってると、FCPが良く落ちるわけです。
最初はその回避方法がわからなかったのですが、どうやら、レンダリングの裏でFCPをつかうのがいけないのでは無いかとおもいはじめました。

というのはなぜかというとCompressorを動かしているだけだと(といっても、CompressorがFCPをよび出してるみたいですけど。)かなりの確率でおちないみたいなのです。

ま、Motionプロジェクトのレンダリングなども含んだ複雑なデータのせい。ということもあるみたいですが。

今の所自分のなかでの一つのルールとして、Compressorを使っている時にはFCP内のレンダリングは行わない。という事にしました。それで、かなり回避できるのでは無いかと思っています。

ちなみにMotionの編集中にCompressorが落ちる事はあまりない気がします。

あ、結構書き出し先の処理が影響しているのかもしれません。(今、思ったんですけどね)
自分の場合、Compressorでの書き出しはいろいろな外付けハードディスクに書き出す事があり、FCPのレンダリング書き出し先との、交通整理が大変なのかもしれません。

とにかく、重い事をさせてるから、落ちちゃうんですよね。

2011/02/26

DSP シナリオについて

DVD Studio Proのシナリオについて、ちょっとわかった事があります。

このシナリオを使うときのポイントはチャプターマーカー。
次のチャプターもしくはトラックのおしまいを見つけるまでその部分を再生するようです。

なので、欲しいパートのチャプターをエディタ上にならべて、エンドジャンプは未設定にすれば好きな順番で並べ替えて再生できることになります。

たとえば女優1、女優2、女優3、女優4、女優5のムービーがあったとして、シナリオでその順番を年齢順、デビュー順、未婚、既婚、などのボタンを配置すれば同じ素材を違った切り口に出来る訳です。

おー、なんか使えそうじゃありませんか?
楽しい事できそう。

なんか提案できないかなぁ


2011/02/25

Motion ライティング

MotionでPSDを使ってアニメーションを作成してました。放映用の納品はおえたのですが、DVD用に再編集しなくてはなりません。

3Dライトを使ったのがあだとなり、マッハバンド(正確には違うみたいですけど)が発生してました。iMac上では気がつかなかったのですが、編集スタジオではしっかり確認できたといったことがありました。

その点を今回のDVDでは修正したいと言う考えがあり、何か対策はないかと調べてみましたが、どうにも解消できません。ちなみにPSDでフィルターをつくってみて、それをFCPにのせて試してみても、やはりマッハバンドが発生してました。PSDファイルが問題かもしれませんが、他のファイルフォーマットに変換して、差し替えるのは時間と、自分のテンションの関係から無理です。

後はライトを外して、了承していただくしかありません。
全体のガンマ値を変えてみても対応できるのではないかとやってみましたが、iMac上ではあまり目立ちませんが、スタジオのモニターだとしっかりと出てしまうのではないかと思いその方法は躊躇しました。逆にスタジオで調整していただくのがいいのかもしれません。

という事がライティングではおこります。マッハバンドがでていないかどうは入念なチェックが重要です。

なんとかクリアしたいテーマなんですけどね。

2011/02/24

DSP シナリオかスクリプトか

DVD Studio Pro を使ってDVDを作成しております。

市販のDVDではよくある、Play Allの機能を付けなくてはいけません。
一発で簡単にできるかというとさにあらず。

技を使わないとだめなようです。

その技はスクリプト、もしくはシナリオ。
まずはスクリプトでやってみました。

その場合トラックはムービーの数分用意して、「すべて再生」の時はスクリプトで次のムービーにジャンプさせるというもの。
基本的にはいい感じなのですが、「すべて再生」中にチャプター戻りを実行してもそのムービーの頭にもどるだけで、その前のムービーに戻ってくれません。これはちょっと頂けません。

で、これをクリアするためにはトラックにすべてムービーを収めるタイプが向いてると思われました。
で、その後はムービー同士のつなぎ部分にチャプターをつけてシナリオをかいてそのチャプターにシナリオをつけるという形になります。

これでチャプター戻り、送りの問題もなくなりOKな感じです。

初めて使ったシナリオという機能。こんな機能が隠れてたんですね。

2011/02/21

Safariでスクロールバーが表示されない

ココログの管理ページにするロールバーが表示されません。

で、MyNiftyのページにもスクロールバーが現れません。
アップルのページだったりすると、問題なく表示。

スクロールバーが現れないという事はカーソルでも移動はできません。

で、原因はわからないのですが、キャッシュとかなにか今までに残っているものが悪さをしてるのではないかと思い、履歴を消去。

で、アクセスしてみると今度はちゃんとスクロールバーが現れました。
おー、よかったよかった。


2011/02/20

あきらめきれないSSDを考える

SSD搭載のMacBookAirを身近で使っている人がいます。

さっと取り出して、ぱぱっと起動します。
いやー何度見ても感動します。

自分のMacBookProもはやくSSDに換装したいです。

256Gだと48800円
これが理想ですが、128Gだと24900円

うーん、容量的に128Gだとちと心もとないしというかVistaのこと考えるとアウトだし。

アー、早く安くなってー

2011/02/19

Androidのバージョン

アンドロイドのそれぞれのバージョンに名前があったんですね。

Cupcake(1.5):カップケーキ
Donut(1.6):ドーナッツ
Eclair(2.0):エクレア
Eclair MR1(2.1):エクレア MR2.1
FroYo(2.2):ふろーよ、フローズンヨーグルト
Gingerbread(2.3):ジンジャーブレッド

どれもおいしそ

2011/02/18

Androidねぇ

Appleは大好きだけど、世界的にAndroidになりつつあります。
家電品にまでAndroidが入り込み、ホームセキュリティなどにも組み込まれ、自動車にも組み込まれるでしょう。

という感じなので、すこしAndroidもみていきたいと思います。
Java自体をちゃんと勉強したことがありませんが、あわせてこつこつ、みこつこつって感じで…「参考書は初めてのAndroid」にしました。

ま、いいやね

2011/02/16

Aptana Scaffold

AptanaでRuby on Railsを勉強してみようとおもいジェネレータまではこぎ着けました。
その後はScaffoldと言われる土台の部分の生成します。

見つけたジェネレータにScaffold を選べるのでそちらを選択して、いざパラメータに入力なのですが、はて?なんと入れていいのやら?

で、そこにはデータベースのテーブルの元になる設計を書くようです。
ticket name:string id:string みたいに。
データベースの名前だけかと思ったらさにあらず。

実際にはコマンドラインにコマンドとパラメータを入力している感覚なんですね。

なるほど。そのイメージって意外に重要かも。

AptanaでRails

JavaScript用にAptanaを使ってみる事にしたので、ついでにRailsの動作もチェックしてみよっと。
まずはプロジェクトを作ってってところまではNetbeansと一緒。

で、何かをクリックしてしまいジェネレータが消えてしまいました。

調べてみてもジェネレータは発見されず。
その辺りはビューにありそうなので、ビューをつらつらと眺めて見てもありません。

悩む事10分。ビューの表示のその他のRailsの中にありました。

Eclipseの使い方もわからないので、ほんと困ります。
このまま、もし見つからなかったらAptanaでRailsは諦めるところでした。

こういったツールってやりたい時にうまくできないと、そのままーってことになっちゃいますよね。

編集のグチです。とほほん

新規作成の最後になるMotion編集。ほぼ完成し、ディレクターに渡したら、全体的にせわしないから修正したいっていってきた。

おいおい、もともとラフなムービーを作ってこちらに渡してるのはあなたでしょ。
その流れてこちらはタイミングとる話で進めているのに、それはないでしょ。ってことは送られてきたムービーはただの流れだけってことじゃないの?

なんて、かなり頭にくる話ですが、所詮そんな仕事の進め方しかしてくれない方なので、仕方がないです。

もう一息なので、がんばります。

2011/02/13

Aptanaか。ほんと優柔不断な自分

JavaScriptの勉強用のIDEにはAptanaが、良さそう。
NetBeansでJavaScriptをためしてみたんですけど、そもそもとっかかりがわかりません。

NetBeansかAptanaか、再び悩んでおります。
あーあ。

いいです。Aptanaを使ってみます。いやになったら、かえます。

2011/02/12

やっと半分

なんとかこの連休中に作り終えたいムービー。
やっとMotionデータが4つできました。

いつもよりペースがめちゃ悪いです。

曲にあわせる演出なので、なかなか想像できない部分があったり、キャラクターが多くてその人たちにアニメーションをつけるとやはり時間がかかります。

8つのパートの予定で現在4つ。
目標は6つだったんですけど、かなりオーバーヒート気味。

今日はちょっと無理かなぁって感じです。

2011/02/09

さて、あと一本

さて来週までにあと一本編集を終わらせなくてはなりません。

その手順は参考になるムービーデータ4分ものを適当な長さに切って、あたりようのデータを作ります。
そして、その分割したムービーでつかうPSDをMotionに配置して、先ほど分割したムービーも配置して、使いやすいようにPSDデータを大まかに並び替えて、スタート位置もきめます。

そういった感じで4、5ファイルのMotionができます。

ここまでできればMotionでPSDデータにアニメーション(口ぱく)をつけていきます。
Motionデータができれば最後はFinalCutでつなげてトランジションをかけて出来上がりとなります。

そもそもなぜ、分割するかというと、4分まるまるでもできるかもしれませんが、大体1分ぐらいにして、Motionを使った方が、落ちにくい、軽い、PSDの見通しもよいなどといったところから、マイルールとして、そのスタイルにしています。

とりあえず、第一工程を本日終わらせる事が目標です。

2011/02/07

ディレクトリー一覧の表示コマンド

納品データのリストを作ろうと思います。
GUIのすてきなツールもあるかとは思うのですが、UNIXのコマンドで問題ないと思うので、そのコマンドを実行してみることにしました。

超有名な ls コマンドです。

で、私の今回の目的のためには必要なオプションを設定してみると

ls -R -l /Volumes/Output
-Rがサブディレクトリー内のファイル表示
-l が一行に一ファイルずつの表示となっております。

これをテキストファイルに書き出せばいいので

ls -R -l /Volumes/Output > ppp.txt とすれば必要なリストは作成できます。


2011/02/03

MacBookProが救世主になった

つい先日のことです。
会社のイベントで、Ustreamを使って配信しようという企画が持ち上がりました。

私の担当ではなかったので、特に絡む事なく当日を迎えました。

そして、いざ本番が始まるとかなり映像ががくがくしているらしい。実際に私はモニターしていた訳ではないので、状況はよくわからなかったのですが、まぁ、ひどい状態だったらしいです。
担当者は一応リハーサルで、配信は確認していたのですが、結果は芳しくありませんでした。

で、この状況を改善したいとの要望を受けたのですが、基本的に使えるパソコンがありませんでした。
というのもFirewireで外部カメラを接続していた環境なので、今の通常のパソコンだと端子がありません。

そんな状況の中、思いついたのはMacBookPro。

いつも持ち歩いているMacBookProを使えばなんとかなるかも。という事で必要なアプリケーションをダウンロードし、早速チェック。

問題なくいけそうだけど、実際にテストしていないので不安はかなりありますが、これはもうやるしかないでしょ!!って感じでMacBookProに託しました。

実際には見事クリアでき、なんとか配信できました。

翌日、上司がMacBookProを見つけると、「お、このパソコンかね。救世主は」。
「救世主」。おおなんとすてきな響きでしょう。

そういえば、何度もこのMacBookProに助けられたのでした。
ほんと、私にとっても救世主です。

2011/02/02

2011年2月最初のMacBookPro電源容量は…

2011年2月最初のMacBookProの電源容量は4573mAhでした。

今年最初が4232mAhでした。

2011/02/01

朝は、パコパコ音がしてたのに

愛用のMacBookProですが、今朝自宅で使っている時にはアームレストの左側がなんだか、パコパコ音がしてて、さすがに使い込んでるからなぁ〜なんて思っていたのですが、会社でつかってみると、ぱたっと音はしなくなりました。

置き方が悪かったのかなぁ。

SSDに交換して、今年一年もてば、バッテリーも交換して使おうと思っているMacBookProなので、まだまだ、がんばってほしい。一緒にがんばりましょ。MacBookPro

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2024年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ