サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/31

「ひな形として保存」

OSXでつかっているmailの機能に「ひな形として保存」があります。
数名に似たような内容のメールを送る必要があったので、使ってみました。

普通に書いて、署名して、ひな形として保存を実行したのですが、選ぶ事ができません。
その前にそもそも、ひな形の呼び出し方がわかりませんでした。

ひな形の呼び出し方は、新規にメールを作成してひらくウィンドウの一番右上にあるアイコンが「ひな形パネルの表示」です。

なんとか、開き方はわかったものの、カスタムの中には白い板がありましたが、クリックしてもメッセージ部分には表示されず、でも、ほかの最初から入っているテンプレートは問題なく表示されました。
削除のときは(X)ボタンが表示されるようなのですが、それさえも現れません。

ネットをしらべていると、書名付きでひな形保存はできない?らしく署名をはずしたバージョンを作ってみたところ、ちゃんとテンプレート一覧の中には表示されました。

しかし、そのテンプレートを呼び出してもうまく表示されず、結局、今回のメールはコピー&ペーストで対応しました。

その後、別のMacで簡単なメールを作って、署名もなしにして「ひな形として保存」をためしたところ、うまくいきました。で、先ほどだめだったMacで、もう一度、
メールを作って、署名をなしにして、「ひな形として保存」を実行してみると、うまくいきました。

なにをしでかしたのか、不明ですが、手順どおりにやれば大丈夫そうです。

送信相手のメールアドレスまで入った状態でテンプレートにもなってしまうので、注意しないといけませんね。


2012/10/29

Blender Wrap

iTunes UでBlenderの講義を見ていますが、何か作りたくなってきました。
ちょっと、モデリングはおいといて、テクスチャー貼りをやってみます。

これは、YouTubeで見つけたSpreadBlenderさんの動画を見てみます。

立方体でうまくWRAPできるように、まずは練習です。

2012/10/27

JQuery Mobile イベント処理の書き方

書籍に載っているイベント処理の書き方は$(document).on('click',"#Button",function (e) {
XXXXX; } );

Dreamweaverで入力してためしてみたところ、この書き方だと動作しませんでした。
さて???

とよくよくみるとDreamweaverで使っているJQueryのバージョンがjquery-1.6.4.min.js。
書籍のバージョンはjquery-1.7.min.js。

JQueryのサイトから書籍のバージョンを落としたところ、ちゃんと動きました。

当然ですが、環境は合わせないとだめなようですね。
ちなみに1.6.4のバージョンでもちゃんと動作する方法はありました。
一緒に仕事をしている、ウッチーが教えてくれました。

$("#Button").click(function (e) {
XXXX;
});

上記の書き方でちゃんと動作しました。ありがと、ウッチー

2012/10/25

iPadで悲喜こもごも

iPadがこっそりNewになってます。

CPUが変わってコネクタも変わってます。
A5XからA6Xへの変更。これがかなり周囲の人には衝撃だった様です。

私は、コンピュータ関係って、どこまで使うかってことと思っています。常に進化しているわけですから。

今もっているiPadを使い倒して、やりたい事ができなくなったら次のiPadに乗り換えたいって思っています。
今の不満は、ソフトバンクがiPad用にLTE回線を開いてくれないことだけですね。

2012/10/19

Logicを使ってみる

Logicを使ってみました。
編集したアニメーションにフリーの音楽をアタッチしたのですが、法人で使う場合はお金がかかるということで、使用が却下になりました。

しかし、いったん曲をつけて使ってみると、曲がないアニメーションは考えにくいです。

ここで、Logicの出番です。
といっても、GarageBandは使った事があってもLogicは初めて。

概念は似てるんで、なんとかなるーなんとかするーってがんばりました。
自分にはプレーズの組み合わせしかできないのですが、なんとか曲をでっちあげました。

しかし、ここからが問題。
音データとしての書き出し方がわかりません。
書き出しにあるどれかのメニューでいけるはずと思い、みてみると
トラックをオーディオファイルとして…
すべてのトラックをオーディオファイルとして…
ま、この二つかなって当りをつけて書き出してみたのですが、
トラック毎にバラバラに書き出しているだけ。

これではいけません。
曲として書き出せないとね。

で、つらつらとメニューを見ていると
ファイル>書き出すの下に
見た事のない用語「バウンス」。

さて、なんだろ?って感じで使ってみると見事に書き出してくれました。

なるほど。ファイル>バウンスを使って書き出すといいんだね。

2012/10/17

Logicを買ってみる

Macの作曲ソフトにLogicがあります。
以前は5万円以上していたと思いますが、いまならAppStoreから17000円です。
一般的なソフトからみれば、高いと思いますが、その他の作曲ソフトと比べるとかなり安いと思います。

自分の場合は、映像につけるための音楽を簡単に作りたいだけなので、1から丁寧に作る気なんて毛頭ありません。なので、簡単にできることを期待してLogicを購入しました。

SoundTrack ProやGaregeBandでもいい。あ、GarageBandでよかった。今、Logicを買ったことをちょっぴり後悔。しかし、もう遅い。

ちょっとずつ、Logicを使えるようになりたいと思います。

2012/10/16

MotionとPremiere犬猿の仲?

モーションアニメーションを作るには私の中ではMotionが一番です。

会社でおこなっているYouTube用のムービー編集にはPremiereを使っています。
先任の上司の指示でWindowsベースでの編集を強いられたからです。そのおかげでPremiereの基礎的な使い方はマスターできました。

通常の編集には問題ないのですが、今回はアニメーションを作成することになり、アニメーション部分はMotionで作成し、Premiereでつなぎ合わせることにしました。

Final Cut を使わないのは、なるべくPremiereのデータで残すという点にこだわっているからです。

で、Motionでのデータ作成は終了し、Motionからシーケンスとして吐き出し、Premiereでシーケンスを読み込んで、1つのムービーとして読み込みます。

タイムラインに並べ、動きを見てみるとおおむねいい感じですが、なんだか気になります。
よくよく見てみると、フィールドが分かれている用に見える時があります。
Premiereで右クリックすると、インターレースを削除という項目があるので、使ってみると、さっきよりは断然いいのですが、まだ若干気になるときがあります。
Motionから吐き出したtgaの画像を見ても問題がないので、今回は、これでいくことにしました。

しかし、全部をみていると一部口パクのところで画像がだぶっている状態があり、口を開いているのに閉じている画像とかぶって大きな口になっています。

さすがにこれはまずいでしょう

ということで、しかたなくCompressorを使ってH264のムービーとして書き出し、Premiereに貼付ける事にしました。時間があれば、調べたいところだったのですが、締め切りが迫っているのでそうもしていられません。

で、その部分だけH264のムービーとして、はりつけ、なんとか完成させました。

結構MotionとPremiereは相性が悪いんでないの?って印象です。


2012/10/14

Andorid エミュレータでの実行方法

Dreamweaver と PhoneGapで作られたAndroidのサンプル。
実機があれば、QRコードを読み込んで実機でテストできるできるらしいんだけど、こちとら、自前のAndroid端末なんて持ってないわけで、エミュレータから実行するしかないんですよ。

実際にはAdobe の PhoneGap Buildでビルドされたapkファイルをエミュレータで実行するってことになるんですけど、その方法がわからずてんてこ舞いでした。

いろいろと調べ回ってやっとこさ動かす事ができました。

で、方法は
adb installを実行すること。

知ってる人にとってみれば簡単なことなんでしょうけど、ターミナルを使って adbとうっても

-bash: adb: command not found

と言われるだけ。
調べてみると

./adb

で実行できるらしくやっと使い方がでてきました。

そんなおり、偶然見つけたサイトにインストール方法が書いてありました。

adb installの後に apkのパスを入力すればいいらしいです。

ここまでくればしめたもので、以下のコマンドを実行し

./adb install /Users/MyWorks/PhoneGapByDW/Start/app.apk

見事、エミュレータで実行、確認することができました。
大変でした。

ちなみにapp.apkのパスの入力はファイルをターミナルにドロップすれば、追加してくれますよ。

2012/10/13

PhoneGap 新たなる旅立ち

DWでPhoneGapを使った開発環境を整えてみようと思います。
調べているとこんなサイトを見つけました。

AndroidはSDKをダウンロードして、ZIPを解凍して、適当なところにおいて(自分の場合はアプリケーションフォルダ)DWのPhoneGapの設定でAndroid SDKの場所を指定して、保存。としてみたのですが、

「Androidに指定されたSDKの場所が有効ではありません。設定を検証してください」

とのエラーが出てしまいました。
なので、今度はホームフォルダの中にSDKを移動して、その場所を指定しました。するとエラーはなくなり保存できました。

続いてiOSで出ているエラー

「Signing Key Required 」

の撲滅です。
このエラーの回避のためにはCERTIFICATION ファイルと PROVISIONINGファイルを用意しなくてはいけない様です。

CERTIFICATIONファイルはキーチェーンから書き出して、PROVISIONINGはIOS Develop Centerからダウンロード。

CERTIFICATIONは過去のファイルなどいくつかあったので、削除して、新たに作りなおし、Provisioning ファイルも作り直し、PhoneGap Build のサイトでSign Key を追加。

DWの画面でPhoneGap Buildサービスのアプリケーションを再ビルドをクリック。
iOSも問題なく、ビルドできました。

実際に実行できるかどうか、QRコードを読み取り、実行させようとしたところ、

「Build.phonegap.comにより、PhoneGap Build Applicationがインストールされます」

というダイアログがでて、インストールをクリック。

ダウンロードが始まりました。が、途中で

「Appをダウンロードできません。PhoneGap Build Applicationは現在インストールできません。」

というエラーが発生し、インストールできませんでした。
この、問題の解決方法がわからず、ただいまPhoneGapを使ったiOS開発はできない状態です。


2012/10/12

Flip4Mac新バージョン3.0

Flip4Macの新バージョンがでました。
Mountain Lionでは3.0となっています。
MacでWMVのファイルを再生するためには必要なプラグインですね。

アイコンが動物の目みたいになってます。いままでのは飴っぽかったのですけどね。

2012/10/11

Motionでアニメーション中

会社で、アニメーションを使ったコンテンツ映像を作る事になりました。
いやー、ショートカットを忘れるものですね。

基本的な、タイムライン上のショートカットさえも全く思い出せませんでした。
そんな中、なんとか2パターンの切替アニメーションのやり方は思い出せましたが、非常に作業効率が悪かったです。

一度この辺りのショートカットと、切替アニメーションのムービーを作成しとかないとってつくづく思いました。

2012/10/10

すごい、FileMakerの世界

何かと頼りにしているソフトウェアのひとつにFileMakerがあります。
自分でできる事は、住所録だったり、コンテンツの管理、登録だったりと、検索することが中心のタイプしかできません。

リレーショナルだったり、集計、スクリプトを使った自動化などまだまだ、自分では使えていない機能がたくさんあります。

いろいろな使い方があり、自分の中ではデータに関してはどんな事でもできるのではないかと思っているFileMaker。

FileMakerのサイトをみてみると、iOSのアプリも開発できることが書いてあります。すごいです。

もっともっと、使いこなさなきゃって気持ちになってきます。

2012/10/09

Omni Plan ヘルプを読んでみる(その1:インタフェースの紹介)

所有しているソフトにOmni Planがあります。

Omniはことあるごとにお世話になっていますが、一番使っていないソフトはこのOmni Planです。
海外ではVer2が出ている様ですが、自分のもっているOmni Planは1.6.3です。

ヘルプを読んでみようと思います。

まずは、インタフェースの紹介からです。
ツールバー、タスクビュー、リソースビュー、カレンダービュー、表示オプション、インスペクタの説明です。

ふむふむ、って感じの内容です。

2012/10/06

PhoneGap、カメラが起動しない。(逃亡編)

PhoneGap + xcodeでカメラアプリを作成しようと試みておりました。

PhoneGapは1.9.0。
xcodeは4.5。

ソースを何度も見直し、環境も何か秘密があるのかと思い探ってみたのですが、それらしい情報は手に入れる事ができず、全く進まない状態になってしまいました。

現状、xcodeでの開発はあきらめて、Dreamweaverで試してみようかと思います。

環境の構築からスタートです。

2012/10/05

PhoneGap、カメラが起動しない。(未解決)

PhoneGapを使った開発。実機への転送は成功したのですが、プログラムに問題があるようで、動作しません。

カメラアプリを作ってみたくて、始めたんですけど。

実際に動作していると思われるソースをコピー&ペーストしてみましたが、それでも動作しません。
2種類ぐらい試したのですが、だめでしたね。

この先、進めることができるのかな?


2012/10/04

PhoneGap実機エラー解決、しかし

PhoneGapで作ったプログラムを実機に転送したところ、以下のようなエラーが発生しました。

(null): Linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
(null): File is universal (3 slices) but does not contain a(n) armv7s slice: /Users/Shared/Cordova/Frameworks/Cordova.framework/Cordova for architecture armv7s
(null): Linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)

PhoneGapのフォーラムに同じエラーがアップされており、その疑問に解答してくださった方のおかげで自分も解決することができました。

PROJECT設定、Build Settings、Allを選ぶとValid Architecturesが現れ、Debug、Releaseの中にArmv7,Armv7sがあるので、Armv7sをどちらも削除すればいいみたいです。

その状態で、再度ビルドしてみると、実機転送成功です。

やったー、と思ったのもつかの間、カメラ機能を使うプラグインをためしたかったのですが、プログラムにミスがあったようです。うまく動作しませんでした。
あちゃー、って感じですね。

2012/10/02

CSSのスタイル

cssのスタイルの種類は以下のようなものがあるそうです。
タグ

クラス

ID

擬似クラス

複合クラス

どう使い分けるのかがよくわからないですが、おいおいわかるでしょう

2012/10/01

今日の踏ん張り:Rails を動かす

今年のはじめ頃、なんとか動かしたAptana Studio 3でのRails ですが、MacBookProを買い替えてからは全く触っていませんでした。

というよりもインストールさえもしていない状態でした。

なので、早速Aptana Studio 3をインストール。問題なくインストールは終了したのですが、どうもちゃんとrailsが動作していないみたい。
なぜ、そう思ったかというと、コマンドラインにrails -vなどと入力しても

Rails is not currently installed on this system. To get the latest version, simply type:

というエラーが発生しており、

$ sudo gem install rails

と、怒られたからです。

かといって、上記のコマンドを実行してもさっぱり解決されず、同じエラーメッセージが延々と続くだけでした。

なので、サイトをしらべていると、すごくわかりやすい丁寧な解説をしてくれているoiax様のサイトを見つけました。

手順どおりに進めていきます。
「お、いい感じ、いい感じ」

あら、これはなに?

.gemrc の作成
エディタで ~/.gemrc を次のような内容で作成します。
install: --no-ri --no-rdoc
update: --no-ri --no-rdoc

テキストエディタで、このテキストを作ってっていっているらしい。もちろん、日本語のサイトなので、らしいっていう表現もへんなのですが、未熟ものには、日本語には聞こえない場合も多々ある訳でして。

で、もviってコマンドはしっているので、vi ~/.gemrcと入力し、ファイルを開いてinstall:などをコピー&ペースト。
でファイルをセーブ。

ここで、viのコマンドを忘れていたので、ちょっと使い方を検索。
コマンドモードにして、:wqと入力すると、ちゃんとセーブできました。

で、このテキスト正しく入力していないと

file ‘lib’ not found

と、いったエラーが発生しました。

で、引き続きさっきのoiaxさんのサイトを見ながら進めていき、いよいよ rails -v と入力し、インストールされている事を確認する段になって、エラー。

Rails is not currently installed on this system. To get the latest version, simply type:

$ sudo gem install rails

いままで、出ていたエラーがまた発生です。
oiaxさんのサイトにこの場合のエラーの回避策の参考リンクがのっているので、つらつらと見ていたのですが、こちらのサイトは英語。何かヒントでも見つかればと思ってみていると、ターミナルの再起動をやってみたらというコメントを発見。

お、それか?と思い実際にやってみると見事、rails -v でバージョンが表示されました。

ここまで、たどり着くのにしっかり2時間かかりました。
何をやるにも大変なんだー。って感じです。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ