サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/31

今年の最後にAutomatorを使ってみた

act2.com

音声の調整にAutomatorを使ってみました。

200個(当初の倍)の音声の音量が若干小さいのです。
切り出す前に調整すればよかったのですが、最初に確認した時はそれほどでもなく思ったのでそのまま切り出したんですけど。ちゃんとレベルメータみてればよかったんです。反省。

しかし、そうはいってもそのままではだめなので、200個の音声にコンプレッサーとリミッターをかけ音量を調整することにしました。

これだけの数だとかなり時間もかかりそうなので、なんとかAutomatorに手伝ってもらえないものかと探してみたところ、SoundtrackPro用のアクションで使えそうなものがありました。

「レベルオプティマイザー」

試しにつかってみたところいい感じにレベル調整してくれました。0dBを超えない程度で、ロックとはちがって優しい感じにコンプレサーがかかっていました。

さて、アクションとしてはいいのですが、これをどうやって自動化できるのかが問題です。
本来ならそのまま完全自動を実行したかったのですが、どうしてもファイルをセーブした時点でアクションが終わってしまいました。

仕方がないので、ファイル一つ一つをサービスで変更することにしました。これでも、ファイルを開いて、メニューから選択してみたいなことをするより楽だし、間違いがないと思います。

Automatorでの作成は、新規メニューからサービスを選んで、レベルオプティマイザーを配置、オーディオファイルを保存を組み合わせて最後にサービス名をつけて保存。

これで、Finderの右クリックのサービスの中から使えます。

Automatorにサービスの呼び出しみたいな機能があれば、完全自動でファイルの処理ができたかもしれないのですが。

それから、アクションを録画する方法も実践しました。
これはAutomatorに望みのアクションがなかったのでマウス操作などを記録させて、同じ動作を繰り返させました。左右のレベルがちょっと気になるので、いったんモノラルにして、ステレオに戻す手順を施すのです。

このときのミソはAutomatorの実行を押すとAutomatorがアクティブになったままで、SoundtrackProに移動しなかったことで、SoundtrackProに切り替えるのは人力でやらなくてはならず、そのときのタイムアウトが0秒だとアプリケーションの切り替えが間に合わないということになり、全然実行されませんでした。

なので、タイムアウトまでの時間を2秒に設定し、その間に切り替えるという技を使ってなんとか切り抜けました。なかなか自動化の道は遠いです。

Automatorにももっともっと進化してほしいところです。フィルシラーがデモンストレーションをした鳴り物入りの機能だったんですから。

来年はAutomatorがもっと使いやすく便利になることを期待して、来年もMac、よろしく。
楽しい世界を見せてください。

2012/12/29

正月休みの過ごし方

今年のお正月休みは9日あります。

せっかくなので、iOSで、PDFビューアー、もう1つはAndroidでも使えるカメラ機能を使ったツールを作ろうと思っています。

カメラ機能を使ったツールはFlashで、いまはカメラ撮影だけはできている状態ですが、その後は手つかずの状態。

でもここにきて、やはりPhoneGapでの開発もできた方がよさそうなので、そちらにも触手が伸びそうな気配です。
いずれにしろ、何か作りたいと思います。

あ、その前に仕事をちゃんと終わらせておかなくては。音声の切り出し。
おっと、FLVでアニメーションもFLV再生部分を作っただけで、途中でした。
それも、完成させなくっちゃですわ。

2012/12/26

FileMaker エクスポートどうしてたっけ?

FileMakerで管理しているデータを書き出して、渡さなくてはなりません。

Excelがインストールされていたころは、書き出しでxlsを選んで書き出し、若干の修正を加えて完了だったのですが、iMacがクリーンになった状態ではExcelが使えません。なんたってOffice2004とかそんな古いアプリケーションだったので。

で、CSVで書き出して、Numbersにもっていき、整形して、xlsに吐き出すという手順になりました。

うーん、こんな手順でやるしかないのかな。

まいっかって思ったんですけど、元気な時のiMacもMountain Lionに変えたからRosettaが動かず、Excelは動作していなかったはず。

あれ、どうやってたんだろ。Mountain Lionにしなかったんだっけ?いや〜、そんなはずないんだけど。

*この疑問は解決しました。
Numbersが入っていればxlsのファイルとして書き出されました。


2012/12/25

iMacリハビリ中その2

iMacリハビリ中です。
プリンターはUSBに接続した時にあっさりとドライバーを見つけてインストールしてくれました。

試しにプリントアウトしてみましたが、全く問題ありませんでした。
MacBook Proからもプリントアウトできました。
Windowsは試していません。手間取りそうだったので。

で、FileMakerのアクティベーションも、問題なくとおりました。というか12は、特に問題なく、普通にインストールしたら、アップグレード版だったので、元のシリアルをいれるように言われただけですみました。

そのあとは、Final cut studio をインストールして、終了としました。

iMacの広い画面はコンテンツを作る時にはやっぱり、いいですよね。
MacBook Proで、Soundtrack Proや、Final Cut Proを使うと狭くて、手数が増えちゃいます。

コンテンツ制作は、iMacにしましょ。

2012/12/24

iMac、リハビリ中

修理から戻ってきたiMac。

とりあえず、必要なFileMakerをインストールします。
あ、もしかして、アクティベーションの正しい解除をしていないから、アクティベーションオーバーって言われるかもしれません。
その場合FileMakerって面倒だったんです。前回は電話でお願いしたら、なんとか1つ分だけ削除してくれて使えるようになったんですけどね。

結構、そういった仕組みはコンピュータがクラッシュしちゃうとアウトですよね、

ネットで、使用時に認証されて、使える仕組みの方がいいように思うんですけどね。
どのマシンにもインストールしていて、ライセンス分だけ同時に使用できる仕組み。
当然考えてますよね。

その前にプリンターを使える様にしないとです。
何たって我が家のパソコンからの出力はすべて、iMacで行っていますから。

2012/12/23

iMac、おかえりなさい

iMac、修理が完了し戻ってきました。

12月20日に引き取られ、12月23日に戻ってくる。このスピードは異例です。そして、アップルマークのついたクリアファイルに報告書が入っていて、お願いしていた以上の修理もしてくれていました。

本当にアップルはすごいです。修理でも感動を与えてくれるんですから。

Mac ソフトのことなら act2.com

iMac退院予定

2012年12月20日、iMacを修理に出しました。起動しない状態になってしまったからです。
修理完了の連絡が12月22日に届きました。

こんな短期間で修理が完了するなんて驚きです。

でも、お願いした点(DVDの書き込みができない)もちゃんとなおっているのかどうか心配です。
今日の午前中に届く予定です。

2012/12/19

iMac入院予定

iMac、先週水曜日から起動できない状態です。
休みの日になんとか修復を試みたのですが、画面が真っ白なまま、何もおこりません。

有線のキーボードを使っても反応しません。(CAPSを押してもグリーンランプはつきません)
Appleに電話してもキーボードが反応しない時点で対策はないようでした。

これではしかたがありません。おそらく、ロジックボードがだめなのではないでしょうか?
なので、アップルに修理をお願いすることにしました。
ロジックボードの交換になっても49350円の修理費ですむはずですので、ロジックボードの価格より安いと思います。

ついでにDVD-Rへの書き込みが不良なので、ついでになおしていただくことにしました。

アップルにお願いしたのは火曜日、引き取りは木曜日となりました。
今年中には戻ってくると思います。

ひとつ残念なのはハードディスク交換プログラムにひっかかっているiMacなので、もしかしたら、ハードディスクが交換されてもどってくるかもしれません。

映像データなどは、外付けのハードディスクをつかっているので、問題ないのですが、iTunesや、ソフトウェアのシリアルなどをテキストにしていたデータが消えてしまいそうなところが困りものです。

バックアップをとっていない自分の責任なんですけどね。

きれいになって、今年中には戻ってきてくれるでしょう。

2012/12/18

FM トランスミッターを買いました

Wi-Fiルータを買ったついでにFMトランスミッターも買っちゃいました。
自宅で眠っているラジカセを使う方法として、iPad、iPhoneの音楽再生を実行したかったからです。

ネットとかで探してみても、カーステレオ用のばかり。
Bluetooth送信でFMに変換してくれるものも探したのですが、見つかりませんでした。

でたまたま見つけたのがiPorter

見た目もシンプルでかっこよかったので、買っちゃいました。
iPhoneに取り付けてみると、センタが合わないのがたまに傷です。

車の中で使ってもすごく快適。実際に通常車のなかで使っているSONY製よりも電波の安定度はいいです。
音質的には高音があまり出ていない感じですが、気にしません。

自宅のラジカセで使ってみてもおおむね良好でした。ラジカセのアンテナの問題はあるみたいですが。
でもそのラジカセ、時間が経つと電源が落ちる現象に見舞われました。ほとんど使ってなかったので、スイッチの接触が悪いみたいです。

なんだかなぁって感じですが、そのラジカセ、使えるだけつかっちゃおうって思っています。

それより、iPhone5にかえちゃったら、トランスミッター使えなくなっちゃうんですよ。だってドックタイプだから。ちょっとフライング購入でしたかね。

イオンモールオンライン

2012/12/17

音声収録中

コンテンツで使う音声を、収録中です。
ファイルとしては、100程なので、美少女ゲームのボイス付きと比べると可愛いものですね。
音声の切り出しは、かなり昔にやったので、ツールも違ってどうやろうか考えているところです。

サウンドトラックProが候補な感じでしょうか。

収録が、もう少し進んだらサウンドトラックproで、試してみようと思います。

2012/12/11

Flashのサウンドプログラムの書き方

Flash のサウンドの再生方法が2つあります。
内部ファイルと外部ファイル。

内部ファイルの場合はリンケージしてクラス名を設定して
var snd:Sound = new and_class();
and.play();

これだと、必要な曲分クラスを作ることになるような勢い。そんなことをしなくてもうまくいく方法があるんでしょうけどね。

外部ファイルの場合は
var snd:Sound = new Sound();
var req:URLRequest = new URLRequest("XXX.mp3");
snd.load(req);
snd.play();

で再生ができます。

汎用性があるのは外部ファイル方式なんだけど、外部にドカンってさらすことに心配はしなくてもいいのかなぁ?なんて事が気になります。

皆さん、どちらがおおいんでしょ。

2012/12/10

pages + Sketch

チラシを作ることになったので、Sketchを使って作ってました。
自分が思っている以上のことができるソフトなのですが、印刷に向いていない感じです。
位置とかをちゃんとあわせればできるのでしょうが、うまくきません。

で、結局どうしても使いたいパーツだけ画像として書き出し、Pagesに持っていき、組み立てました。
なんとかチラシは完成したのですが、Sketchで最後までいきたかったです。

SketchでできたデータをPDFにして吐き出したり、Tiffにしたりして、Pagesにそのまま貼付けてみたのですが、若干ぼけてたので、今回は極力Pagesで作る形にしました。

Sketchでのプリントアウトを研究しなくてはです。

2012/12/09

AMSTEL

こんなビールを飲みました。

旅行好きの知人からもらったビール。全く詳しい事はわからないので、こちらを参考にしていただくとして、お味の方はといいますと、味がきついです。
私がビールに期待している清涼感はなく、「アルコール度数高〜」という印象です。

空になったカンでも重量感があり、あれ、まだ残ってる?ってな錯覚を起こしたビールでした。


Amstelbeer


2012/12/07

FLV用のデータを作成

FlashでFLVを連続再生するプログラムを作ってみようと思っています。
そのための30sほどのムービーを作ろうと思っています。

motionで作ってFLVにしたかったのですが、Motion4ではFLVへの書き出しができません。
Final Cut Pro 7、Compressorも書き出しはできません。

仕方がないので、フリーの「動画変換」を使ってmovから変換する事にしました。

その手間は残念です。

2012/12/06

FLVで連鎖アニメーション(1)

【プロジェクト名】FLVをつないでアニメーション
【プロジェクトNo】002
【内容】FLVをつないで電子コミックみたいなもののベースを作る
【開発開始日】2012/12/06
【開発終了予定日】2012/12/15
【開発終了日】
【使用ソフトウェア】Flash CS 6

最初は単純な電子コミック的なアニメーションをするコンテンツを作ろうかとおもったのですが、意外に中で細かいアニメーション(エフェクト)を使いたくなりました。たとえばmotionとかで。
そうなると、Flashで直接そういったエフェクトを使ったり作るのは大変そうなので、motionで作ったアニメーションをFlashでつなげる事にしました。

まずはFLVの短いデータから用意です。

2012/12/05

Flash検索窓は便利かも

Flashを起動したwindowの右側に検索窓がありますよね。
ここに、気になるキーワードを入力すると、AdobeのサイトのCommunity Helpを検索にとびます。

気になる単語を調べる時には結構、便利かもしれませんよ。

2012/12/03

Flash で○×系のプロトタイプをつくってみる CSV読み込みに改造編(完成版)

【プロジェクト名】○×系プロトタイプFor CSV
【プロジェクトNo】001

【内容】2肢択一、4肢択一の問題を作ってみる
【開発開始日】2012/11/18
【開発終了予定日】2012/11/25
【開発終了日】2012/12/3
【使用ソフトウェア】Flash CS 6

CSVの読み込みからテキストフィールドに流し込む部分も難なくできました。
これで、あとは、実際に稼働した時に改造していけば、できるはずです。

2012/12/02

この差は何?

FlashをつかってiOSの開発に挑戦してます。

挑戦したのはイベントクリック。
やっぱり、main.asを使って書く方がAS3ぽいよねって感じでソースをまねして書いてみました。

まずは、イベントのエラー
これはimport flash.ui.*でクリア。

エラーがなくなったので、うまくいくはずっとプレビューで書き出してもだめ。
ちゃんとiPadに転送すれば大丈夫なんじゃないの〜って転送したけどだめ。

サンプルを再度確認。
そっちは、タイムラインにアクションスクリプトを書いています。

そのせい?

サンプルのとおりにタイムラインにアクションスクリプトを書いたら問題なく動作しました。

main.asを使うってのはだめなの?
なぜ?

なぜそうなるのか全くわかりませんが、私には解決できないので、このまま、いく事にします。
なんだか残念な感じです。

2012/12/01

早速、iPadを連れて街へ

今日は、会社はおやすみ。
で、床屋にきてます。
当然iPadを連れて。何とこの床屋、wi-fiが入っております。

さて、床屋が終わったらどこで何をやりましょうか。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ