サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013/08/31

ヘッドホン、物色中

またまたインナーイヤーヘッドホンが壊れました。
一年ちょっとはもったような気がしますが、また片耳が鳴らなくなりました。

通勤中にBluetoothレシーバー+ヘッドホンというスタイルで音楽、英語などを聴いています。
前回ヘッドホンがこわれたのも片耳が鳴らなくなりました。

今度は一体式の丈夫なやつを探しています。
探せばBluetoothと一体式もあるんですね。種類は非常に少ないですけど。

Bluetoothは音質的には少々落ちますが、ケーブルの煩わしさからの開放感は抜群ですので、私はいまさら、ワイヤードタイプにはもどれません。

今日は土曜日で会社がお休みですので、どこかちょっと探してみようかと思います。

2013/08/25

After Effects マーカーを使ったエクスプレッション

エクスプレッションを使う時、timeを使って時間きっかけもありですがマーカーの方が俄然使いやすいと思います。

たとえばレイヤーマーカーを使って透明度をコントロールする時は、以下のスクリプトでコントロールできます。

if( marker.key(1).time  < time ) {
transform.opacity = 70;
}

この方法で書いておけば、レイヤーマーカーを移動するだけで調整が利くのでコントロールしやすいですよね

この程度だと実感がわきませんかねぇ

ver. 12.0.0.4

2013/08/17

illustratorで名刺印刷

名刺印刷って、専用の紙と専用のソフトが必要だなんて思っていませんか?

紙は確かにいろいろなメーカーから発売されている用紙を使った方がいいですが、ソフトはillustratorさえあれば大丈夫です。(その時点で敷居が高いってこともあるかもしれませんが)

Creative Cloudを使う事になった人から見ればイラストレータは当たり前に使えるわけで、そういったことでillustratorで名刺ということを想定してみました。

illustatorを立ち上げてテンプレートから新規、名刺.aiを選択。
あとは自分のセンスで名刺を作ってください。

そこからは、A4の用紙に名刺をレイアウトですが、市販の名刺印刷用のシートは余白の部分や名刺のサイズなど細かく表示してくれてるので、長方形ツールをつかって指定しているサイズの長方形を作ります。余白の部分、名刺を配置する部分。その配置ができれば終わりです。

言われてみれば簡単でしょ。

でもその後の印刷でばっちりうまくいくかはプリンタの精度、ブレなどもあるので、約束されませんよ。
ちなみに背景にグラデーションをつけるのはおすすめしません。
ブレのために、白がのこったり、レイアウト上となりに配置したグラデーションが割り込んできたりするからです。

全面一色なら問題ないですけど。

Resize_20130817_153945


AfterEffects エクスプレッションで振り子運動

振り子運動と書いていますが、徐々に動きがとまっていくことを意味しています。
そのエクスプレッションを見つけたので、試してみました。

サイトはこちら

それで、振り子のサンプルコードは以下

vel=30;
amp=80;
decay=2;
amp*Math.sin(vel*time)/Math.exp(decay*time);

そのサンプルをコピペで実行してみました。

CS5.5でためしてみるとエラーが出ます。
で、自宅に戻ってCCで試してみました。

それでもエラーがでます。

上記のサイトにAfterEffectsへの正しい組み込み方みたいな記述があるのかもしれませんが、ちゃんとみていない私はエラーと戦いました。

で、上記のサンプルを以下のように変更しました。

amp=80;
decay=2;
x = position[0];
baseY = position[1];
y = amp*Math.sin(vel*time)/Math.exp(decay*time) + baseY;
[x,y];

*トランスフォームの位置にエクスプレッションを配置しています。

どうやら、結果をちゃんと返さないとAfterEffectsは許してくれないみたいです。
なので、x、yに位置を返してあげると、めでたしめでたし。

上下に動きそのうち止まりました。

2013/08/15

illustrator ぼけ足の事

Usteramで配信されているAdobe Design Magazine Channelでillustratorを使ったクリッピングマスクのぼけ足の話がありました。

クリッピングマスクに使いたいパスに効果、ぼかしをかけるという方法。

後で、調整もできるし、簡単。
一度お試しあれ。

2013/08/14

QuickTimeで動画キャプチャー、Bluetoothは使えるのかな

OSX Mountain Lionに標準でついているQuickTimeで画面をキャプチャーできます。

それも動画で。

その時の音声収録がBluetoothでできないものかと思い調べてみると、簡単に設定部分で選ぶ事ができました。

ヘッドセットタイプのBluetoothはマイクとの距離がちょっと遠いみたいで、音声が小さめでしたが、首掛けタイプのBluetoothはマイクの部分の襟裳とあたりで止めるといい感じで、音声が収録できました。

しかし、残念なのはMac上で再生されている音声と、Bluetoothからの音声入力をミックスすることができないこと。

機材を追加しないとそもそも無理なのかな?

Logic Pro 映像に合わせた曲作り

映像編集はPremiere と AfterEffects。

それにLogic Pro 9で音楽を作成しました。
わたしのレベルでは思いどおりに曲を作る事はできませんが、ピースを組み合わせるだけでそれなりの曲を作る事ができるので、大変重宝しております。

一応今回のムービーが完成し、Logicで曲をつけて企画者に確認したところ、「このシーンの切り替えで、ここでつかっているおかずをいれられない?」とか、「ここでパターン2の曲調にかえられない?」とか言ってきました。

こうなると、映像に合わせてLogicで構成を変更するしかありません。

さて、映像を見ながら曲を再生する方法ってあるのかな?ってLogic Pro 9のメニューを調べてみるとファイルの中にムービーを開くという項目がありました。

実行してみると、曲を再生すると映像も動きだし、止めると止まる。
なんとちゃんと同期しているではありませんか。

「感動です!!!」これはすばらしい。

すごくいいのですが、ちょっと疑問が。
というのは映像の中に一部つけたかったり、映像の頭から曲を流したくない場合などは、その部分をムービーで書き出さないと行けないってことなのかな?ってこと。

例えば1分の映像を作成し、頭10秒から30秒まではこの曲。50秒から終わりまではこの曲。といった時に二つのムービーを書き出すのではなく、Logicで同期させた映像にイン点、アウト点を設定してその部分と同期させられれば一本書き出しただけですむってこと。便利だと思うんですけど。

一旦書き出しておいて、QuickTimeで必要なシーンに分けるってのも手かもしれませんね。

2013/08/13

さよならモルツ

今日、我が家で飼っていた猫が他界しました。
8月18日で18歳になるはずでしたが、17歳での他界になりました。
いままで、一緒にいてくれてありがとう、モルツ。

2013/08/12

なぜ、彼はよくウィルスに感染するのか

突然の連絡が入った。
どうやらまた彼のパソコンが感染したらしい。

ウィルスバスターもインストールしているしそう簡単に感染しないと思ったが、感染したというのである。

彼のパソコンを見てみるとウィルスとは少々違い、パソコンをスキャンしてウィルスを見つけたと自作自演のプログラムが動いているようだ。

ネットで調べてみるとあまり日本語の解説ページでは見つからなかった。
が、海外のいくつかのサイトで対処法が書いてあった。

彼のパソコンはWindows Vistaであり、レジストリという考え方がある。
そのレジストリに何か書き込まれたようだ、

対処法としてはプログラムとレジストリからそのキーを削除することで解決するらしい。
間違えてはいけないので、もっと手軽な方法がないかと調べてみるとMalwarebytesというサイトに行きついた。

このソフトウェアで削除できるみたいだ。

そもそも、なぜ彼はこれほどまでマルウェアに見舞われるのか。
私は会社でWindowsパソコンを使っているが、いままで、一度もマルウェアの被害に会った事が無い。

迷惑メールもそれほど多くない。

これが、彼に被害をもたらしている原因ではないかと思う。

届いた迷惑メールの類いをつい開いてしまう。URLが書いてあるとクリックしてしまうというのが感染してしまう原因だと思う。

本人曰く、「前よりは注意してるんだが…」とはいえ、まだ不注意極まりない。というのが私の結論である。

これからはもっと注意するんだ!!。Tさん。

2013/08/11

iOSの学習、一巡

iOSの学習。

講義のプログラム全部に目を通す感じでさらっと一巡しました。
こうすればこうなるんだってことぐらいしかわからない状況です。

最初はソースコードを打ち込んで丁寧に学習していたのですが、時間がかかりすぎたり、エラーで挫折するということがあったりしたため、学習スタイルを変更し、ソースはコピー&ペーストで作成し、StoryBoardの使い方、紐付けの仕方を試し、まずはちゃんと動作するものを作る事にしました。

そんな感じで作ってから一巡するまでに1ヶ月と20日かかってしまいました。

さてこれから、ソースコードを読んで改造に挑戦です。みなさん、よく開発できてるなぁっと思います。なかなか、知れば知るほど大変そうな気がしてきます。

2013/08/10

二人展

知り合いの二人展に行ってきました。
水彩画や油絵、版画をつかったものなどバリエーション豊富で楽しめました。
会社ではillustatorなどを使ってデータをいただいておりますが、手書きの方が素敵な絵が描けるようです。

過去から現在までの作品を展示していらっしゃてのですが、技術の向上と作品の荒さの反比例が切なく感じることもありましたが、作品ってそういうものかも知れませんね。

だんだん、角がとれてくる。そうなってしまうのかもしれません。

2013/08/09

AfterEffects 抜けデータの作り方

AfterEffectsで作ったアニメーションがありました。
その中で、2枚のアニメーションを使って作ったデータがあったので、それを使い回しする事になりました。
でムービーのフォーマットして書き出すには何がいいのかわからなかったので、TIFFシーケンスで書き出しました。

その時に気をつけておくべき事はチャンネルをアルファ+RGBにする事です。

2013/08/08

Lumix TZ40でWi-Fi送信

TZ40はWi-Fi送信もできるので便利〜って思っていたのですが、動画は送る事ができませんでした。
2分ほどの動画でもだめだったので、おそらく、動画になった時点でWi-Fi送信はできないのだと思います。
しかしそれはフォーマットの問題。

AVCHDだとだめでしたがmp4であれば、iPadに転送する事ができました。

iPad版iMovieで編集してYouTubeへのアップロードとなると、mp4で行けばいいってことですね。


2013/08/07

楽しい帰省も今日でおしまい

5泊4日の楽しかった帰省の旅も今日で終わりです。
27回忌という大事がありましたが、それ以外の時間はお祭りに行ったり、のんびりとMacを触りながら過ごしました。

ゆっくり羽をのばさせてくださった義母にはまったくもって感謝です。

コンデジの電源を忘れる、着替えを二日分しか持ってこなかった。など失敗はありましたが、たっぷりIllustratorやAfterEffects、xcodeの学習ができました。進み具合は微々たるものでしたが。

昼前にはこちらを出る予定です。
今回はかみさんを実家に残し、息子と二人東京に戻ります。

息子と二人の生活は何かと大変な気がしますが、なんとかなるよねぇ〜って気楽に考えています。

さて、がんばりましょ!

2013/08/06

AfterEffects:2枚のぱたぱたアニメーション

AfterEffectsを使って2枚のぱたぱたアニメーションの作り方。
あまり素敵な感じではないですけど、今はこの程度しかできませんでした。

レイヤーにパターン1、パターン2を配置。
表示したい時間分パターン1の透明度を100%で表示。その時はパターン2は透明度を0%。
それから、パターン2の透明度を100%にして表示したい時間分を設定。パターン1は透明度0%。

でそれぞれのレイヤーの透明度にエクスプレッションを設定。
loopOut(type = "cycle", numKeyframes = 0);

これで、出来上がり。
これができれば、2パターン以上でも同じ方法でアニメーションを作成できます。

2013/08/05

AfterEffects:ワークエリア設定のショートカット

AfterEffectsを使うにあたって忘れてはいけないショートカットです。
まだ、AfterEffectsとはお友達になりかけなので、知らない事も山ほどありますが、まずはここからという抑えておきたいショートカットです。

ワークエリアの開始点の移動:B
ワークエリアの終了点の移動:N

これは英語入力にして、B または N を押して、ワークエリアを設定する方法です。
レンダリングの時に一部を指定して内容を確認する為にもよく設定を変更します。

2013/08/04

電源供給、ピンチ

Panasonic TZ40の電源を忘れたために、USBケーブルを買ってきて給電する事にしました。

帰省先の近所の量販店で、miniUSBを買ってきて、これで安心!!と思ったのですが、なんとTZ40は特殊な差し込み口だそうで、miniUSBでない事が判明。

その量販店ではTZ40用のUSBの取り置きはなく、取り寄せだそうです。
しかたなく、予備バッテリーと充電器を購入しようと思いましたが、そもそも充電器はないそうです。
ということは予備バッテリだけ買っても充電できず、ムダな訳です。

で、お店の人に、なんとか充電する方法はありませんか?と泣きついたところ、「じゃ、裏で充電しておきますから、2時間半ぐらいしたら取りにきてください」とおっしゃってくださいました。

おー、なんということでしょう。すてきな店員さんです。

早速、ずうずしくお願いしてしまった手前、なにか購入しないと悪いかもと思い変な三脚を買ってかえりました。
その後、2時間半頃たって、お店に行くと充電完了してくださってました。

本当に助かりました。ありがとうございます。量販店 N の M さん。
これから、お祭りをしっかりと撮影してきます。


2013/08/03

電源忘れてきちゃいました〜

デジカメの電源忘れてきちゃいました。

帰省した先で頑張ってPanasonic TZ-40で写真を撮りまくろうと思っていたのに、出発間際まで充電していてそのまま本体だけ持ってきてしまったわけです。

でも、今はUSBから充電できるので、さほど問題ではなく、MacBookProとUSBをつないで、そこから充電するようにしようと思っています。

しかし、残念ながら手元にミニUSBがないので、明日、近所の量販店にいって買ってくるつもりです。ムダですが、仕方ありません。

電源がはいらなければ全く撮影ができませんからね。


AfterEffectsのテキストプリセットを触ってみました

AfterEffects のテキストプリセットの記録

エスプレッソアイチャート :文字がばたばた変わる
ストレートイン   :右から文字がフレームイン
ストレッチイン   :右方向から大きくなりながら表示される。テンポがよくて素敵
スピンイン    :回転しながら表示
スムーズムーブイン     :拡大された文字が徐々に現れ、予定の位置に収まる
スローフェードオン     :フェードインしながら現れる
デコーダフェードイン     :一文字ずつ変わりながら現れる
ドロップイン        :上から落ちてくる
フェードアップ       :フェードイン
フライイン        :画面に飛び込んでくる感じ
ランダムフェードアップ   :適当な順番で文字が浮かび上がってくる
うずまきオン   :そのままのネーミング
中央へワイプイン :左右から徐々に見えてくる
文字の雨   :上から文字が変わりながら落ちてくる
ストレッチ&ブラー :ブラー+びよーんとのびた文字が現れ、ばちっと止まる

自分の印象で表現したので、わかりにくいですが、こんな感じでした。

2013/08/02

Shade 3D と 3Dプリント

Shade と3Dプリントのセミナーがあったので行ってきました。

3Dプリントの世界が動き始めてる感じが伝わってきました。
合間に書店をのぞいてみると2冊ほど3Dプリントの書籍がありました。

自分で作った画面の中の作品が現実の世界に飛び出してくるっていうのは感動するでしょうね

あ、そういえば体験版もShade 3D Ver.14になってました。


2013/08/01

コンデジ、TZ40を買っちゃいました

コンパクトデジタルカメラ、Panasonic TZ40を買っちゃいました。

何十年ぶりかのデジカメです。
以前買った時はOLYMPUS製で、200万画素しかなかったと思います。
iPhoneを使うようになってから、カメラが欲しいと思ったことはなかったのですが、動画撮影に挑戦したくて(もちろんiPhoneでも動画はとれますけど)、購入に踏み切りました。

ちゃんと動画を撮るなら、ハンディカムとかそのクラスは購入すべきでしょうが、ついでに動画も撮りたい!といった感じなので、コンパクトデジカメで、動画もそこそこ撮れるカメラでTZ40を選びました。

使ってみると、マニュアルがなくても、設定などで何を意味するのか(基本的な用語は別ですけど)わかりやすく一言解説みたいな感じで、表示されます。

動画も30分連続撮影制限がありますが、一旦ファイルを分割しちゃえばいいわけですから、問題ありません。

特にお気に入りがiPhoneからリモートコントロールができる点です。
タイマー撮影の失敗がなくなるようなアピールがされていますが、三脚にのせてかなり高いところから撮影する時も、iPhoneと接続していれば、カメラがどこを狙っているか、もっとよった方がいい、引いた方がいいってことも調整できますよね。

ひとりでやるのは大変だと思いますけど。

すごい便利で感動しました。

これから、カメラを持ち歩いてどんなことに出会うのかと思うとわくわくします。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ