サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« Edge AnimateでJavaScriptを操る | トップページ | Macの入力デバイスの環境を変えてみる »

2015/01/27

Excel ワイルドカードを使って検索、結果で表示を変える

セルの中に文字列が含まれているかどうかをしらべるには
=COUNTIF(A2,"*Mac*")
文字列が含まれていれば 1、含まれていなければ 0が 返ります。

これを応用して含まれていれば○、だめなら×を結果としてかえすなら
=IF(COUNTIF(A2,"*Mac*")=1."○","×")

てことで、意味がある値に変更することができます。

« Edge AnimateでJavaScriptを操る | トップページ | Macの入力デバイスの環境を変えてみる »

自宅では使っていないOfficeのこと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Excel ワイルドカードを使って検索、結果で表示を変える:

« Edge AnimateでJavaScriptを操る | トップページ | Macの入力デバイスの環境を変えてみる »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ