サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015/01/31

cafファイルの変換は、Auditionにおまかせ

GarageBandで見つけた効果音。

早速動画に取り込もうと思いましたが、会社で使っている編集ソフト、Edius Express は caf ファイルが扱えません。

そこで変換。
それならTMPGEnc Autoring Worksで変換できるだろう と思って読み込ませてみたら、ダメ。
フリーのソフトを探してみましたが、ひとつは、Freeかと思いきやお試しまでが無料。

もうひとつはダウンロード中に、ウィルス対策ソフトにはじかれたため、ダウンロードをやめました。

でその他にいくつか見つけたのですが、ひとつひとつ変換しなくてはならなかったりして、使い勝手がよさそうなソフトにはあたりませんでした。しかたない、ひとつずつやるかと、Adobe Auditionを立ち上げた時、まてよ。AuditionはBatchが使えたぞ。

ということで、試してみると簡単。バッチリストに変換したいcafファイルを置いて、バッチ設定をなしにして、保存するファイル形式をWAVとかにすれば問題なく変換できした。

結局頼りになる、Auditionを使って問題なく変換は終了しました。
あとは編集ソフトにのせて調整するだけです。

2015/01/30

真剣にGarageBandで効果音を探してみた

今作っている動画のために効果音を探しました。

GarageBandの効果音のライブラリのなかから。

カードがしゅるしゅると回転しながら飛んでくるときの音が欲しかったのです。
探すためのキーワードが思いつかず、ランダムにライブラリの効果音を聞き始めました。

結果的にはCrystal???みたいな音の名前がわたしのイメージに近かったので、その音を動画にはめてみて感触を確かめてみたいと思います。

その音を探し出すのに約1時間ぐらいかかってしまいました。

で、その音を使った音源の書き出し方で、直接吐き出す方法はGarageBandに見つからず、メールに添付という形にして、画面に添付ファイルが貼られたメールが表示されたら、その音を右クリック、「デスクトップ」保存という形で取り出せました。

ちゃんと買い出す方法があるはずなんですけど、やり方が解りませんでした。
今回はメール添付でもOKということで、その添付ファイルの音を使ってみます。

2015/01/29

おそろしや、Bootcampのバッテリー消費

YouTube Liveでの配信を控えているので、準備をしておりました。
会社で提供されるノートパソコンはCore i3のメモリー2G程度。

いままでそのノートを使ってLive配信した結果からいきますと、その日の1回目の放送は問題なくこなせますが、その30分後とかに第2回目を配信しなくてはならないといった場面で時間がないこともあって何かと時間通りにスタートできない事が多々ありました。一旦リセットして、もう一度カメラを認識するかチェックして、YouTubeアカウントと接続して、プレビューが配信できているかをチェック。必要な資料を読み込む。これを出来るだけ早くしなくてはなりません。ここまでなら、今のノートでもなんとかがんばればうまくいくときもあります。

でも最近は社内の要求も増えてきて、YouTube用に作った映像コンテンツもYouTube Live内で流しましょうってなことになるわけです。

と言った感じで、どんどん要求があがってくるので、このままのWindowsでは嫌だ!!

そこで、MacBookProをBootCamp+ Windowsマシンにして使ってしまえ!!とYouTube Liveで使える環境にしました。

そこは全く問題なく、テストした結果、快適にいけそうです。
ですが、前回も野外からライブ配信をした時にバッテリーが1時間ほどしか持たなかった経験がありました。
本番に向けてちょこちょこ電源をいれて、チェックしていたこともあったので、電源の持ちが悪かったのではないかとおもっていたのですが、さにあらず。

昨日、社内でテストしている時には40分ぐらいしか持たなかったのです。
ビデオカメラ変換用ボックスの電源もUSBから供給しているので、MacBookProの電池が以上に消費されてしまうようです。


ちょっとこれはびっくりでした。

この電源の問題とWindowsキーとMacキーの問題が発生しますが、おそらく、スペック的にはいままでのノートよりも断然上であると感じました。

近々、社内からのライブ配信を行います。

MacBookProと一緒にがんばりたいと思います。

2015/01/28

Macの入力デバイスの環境を変えてみる

自宅で使っているiMac。
ふるーい、Wacomのタブレットを使っています。PowerMac G4の時代から使っているお気に入りのアイテムです。

手前にキーボードで、その向こう側にタブレット。タブレットは本来のペンタブレットではなく、タブレット付属のマウスを使っています。

手前にキードードがあるためちょっと遠いのです。
最近右肩が痛いのはそのタブレットに強引に手を伸ばしているせいではないかと疑っているのです。

なので、ここは一旦タブレットをあきらめ、といっても別に片付けるわけではなく、使える状態で積み上げておくだけの事です。その代わりにMighty Mouseを使ってみようかと思っています。

MightyMouseもホイールが動かなくなりそうで、心配ですが、いま手元にあるマウスはひとつしかないのでそちらを使う事にします。
あ、そういえばG4の黒いマウスが見つかったのでした。でもUSB接続だからなぁ。

あまり、USBのポートが余ってないのですよ。でもそっちも使ってみたい。葛藤はありますが、MightyMouseでいってみたいと思います。

2015/01/27

Excel ワイルドカードを使って検索、結果で表示を変える

セルの中に文字列が含まれているかどうかをしらべるには
=COUNTIF(A2,"*Mac*")
文字列が含まれていれば 1、含まれていなければ 0が 返ります。

これを応用して含まれていれば○、だめなら×を結果としてかえすなら
=IF(COUNTIF(A2,"*Mac*")=1."○","×")

てことで、意味がある値に変更することができます。

Edge AnimateでJavaScriptを操る

Adobe Edge Animate。

HTML5 +CSS + JavaScriptでアニメーションを作ってくれるツールです。
Flashライクに使えます。

これから使いながら覚えていきたいと思います。

さっそく適当にタイムラインにテキストを配置してみましたが、その後。タイムラインの並びをかえるためにタイムラインに表示されている名前を移動させようとしたのですが、何ともなりません。並び替えできないのです。

はてさて?

どこかに秘密がないかとウィンドウ内を探しまわってみたところ、エレメントと書いてあるウィンドウ内で並び替えができました。

うぉぉ、こんなところにいたのかぁ
前途多難です。

2015/01/26

BlueBuds X ヘッドホン、コネクションスイッチは最高

BlueBuds X を使っています。Bluetoothヘッドフォンです。

このヘッドフォンの素敵なところは「コネクションスウィッチド」

iPhone、iPadで環境設定でBluetooth が ONにしてBlueBuds Xを選べば、「Connection Switched!!」とアナウンスがあり、切り替わります。
(音声を再生中だと切り替わらないかもしれませんが)

この機能ってすごく便利です。国産のいままで使ったBluetoothヘッドフォンはそういった機能がなかったような気がします。

この機能はどのBluetooth、標準の仕様にしてほしい、便利な機能です。

2015/01/25

Excel 文字列が一部含まれているかどうか

文字列にあるキーワードが含まれているかどうかの判定は、ワイルドカードを使います。

かっちょいー、ワイルドカード。
*(アスタリスク)で表します。

東京都国分寺市とした文字列があった場合、その中に「国分寺」が含まれているかどうかを調べるには *国分寺*すれば、国分寺県国立市でもひっかかるし、東京都国分寺市でも引っかかります。

便利ですよね。ワイルドカード。


2015/01/24

Excel VLOOKUP関数

=VLOOKUP関数って便利ですよね。
会社で使っている人がいて、見てると超便利って感じ
目的は会社の人は商品マスターを作ってVLOOKUPでその商品の値段やコードを引っ張ってきて入力されるようにしています。

VLOOKUP(検索値、範囲、列番号、[検索方法]) というヘルプがでます(OneDriveのExcel上での話です、実際のExcelとは違うかもしれませんが)


Vlookup20150124

この写真を例にみてみると

=VLOOKUP(A2,F:G,2,0)

検索値が入っているセルはA2(この場合A01)
範囲はF:G としないとエラーとなります。なぜ、F列の中からさがすだけなのにF:Gとしないとだめなのか理解できていませんが、なにか理由があるのでしょう
列番号は見つかった値の入っている列のいくつ右の数値を引っ張ってくるかを指定します。

これからはがんばって使いますよー

GarageBand 楽しすぎ

会社でGarageBandを触っていました。動画につける曲を作るために。
どんな感じにしようかと触っているうちにあっという間に2時間経ってました。

楽しいです。
いろいろなパートを聞いてるだけで飽きないです。なかなか、魔物です。

曲はまだ完成していなのですけどね。

2015/01/23

Excel COUNTIF関数

今日はCOUNTIF関数です。
○がいくつとか数をかぞえるための関数です。
SUMIFと同じ使い方ですがSUMIFは合計、COUNTIFは数を数えるだけです。

=COUNTIF(B:B,A)

これができれば吉田君の売上件数などを一発でだすことができます。


たのもしいぜ、まっちゃん。iPhone 4への思い

会社の後輩のまっちゃん。
ぼろぼろのiPhone 4を使っています。

そのぼろぼろ度は半端ではなく。そうですね、例えるなら、日焼けして皮が剥けた背中ぐらいな感じです。

そのまっちゃんが、今日一緒に帰宅している時に言ったことは、「自分が使っているiPhone、あと10年ぐらいは使いたいです。それってすごくないですか?」

確かにそこまで使えていればすごい。

人間と違ってなおらない日焼け状態のiPhone。機械部品が、スケルトンではなくむき出しなiPhone。
それをあと10年も使うつもりだったとは。
電池の心配をしていましtが、それよりも電波環境がどうなるかの方が、機種変更へ進行をすすめるような気がしました。

でも、応援するよ。まっちゃん。がんばって

2015/01/22

Excel SUMIF関数

SUMIF関数です。
支店毎の集計や月ごとの売上の集計などに使える関数です。

=SUMIF(A:A,D2,B:B)

Excel_sumif

月ごとの売上を記録したExcelデータがあるとします。(OneDriveのExcelを使っています。)

上記の関数の解説をするとD2の文字列をA列から探し、対応するD列の値をすべて合計するということになります。

いい関数です。

GarageBand 効果音の数がすごい

Mac用にGarageBandを買いました。適当に曲を作ることを目的にバージョンしました。
その金額は500円。ソフトウェアとしては破格の安さです。

意識としては気軽に作曲できてうれしいってぐらいでのすごーく軽いのりで購入したのですが、ライブラリ内の効果音の数にはびっくりしました。

その数3339。全部を聞いたわけではないですが、使えそうな、イメージの膨らむ音ばかり。
聞いてるだけで想像がひろがり、仕事中、1時間ほど効果音を楽しんでしまいました。

この膨大な効果音が使えるなんてすごすぎます。

2015/01/21

Excel COUNTA関数

COUNTA関数。
セルの数をかぞえてくれる関数です。出勤日数が何日とか、売上は難件とか。

その時は=COUNT(A1:A26)みたいにします。でもこの関数を入力した時点で結果がわかるような気もしますよね。おそらく26個なのです。

で、それならその列をそのまま数えるようにした方がいいですよね。
=COUNT(A:A)としておくと空のセル以外をカウントしてくれます。
それから -1をしてあげると1行目に日付とか、金額とか書いているセルの分を無視できますよね。

この発想はちょっと目から鱗でした。いままで、COUNTAを使うときはセルを選んでカウントしていたので。

もうひとつのCOUNTとの違いは、COUNTは数値がはいっているセルの数を数えてくれることです。
この点がCOUNTAとの違いです。

Lumix 体力勝負に挑戦

私が愛用しているLumix TZ40。
今回は体力勝負に挑戦という事になってしまいました。

その日は、子供の合唱祭。撮影にでかけたのですが、あれよあれよという間に3つのバッテリーセグメントがひとつ減ってしまいました。まだ合唱祭は始まったばかりなのに、ズームを使ってこんな感じで撮影かな、なんてテストばかりしていたので、かなり電池を消費した模様です。

途中からはかなり心もとなくなり、2、3枚撮影したら次のグループの出番までは電源を切って節約しておりました。本当に節約になっていたのかどうか怪しいですけど。

撮った枚数は150枚ぐらい。撮影時間は2時間30分ほどでした。
一応公称値では300枚、150分程度稼働するらしいので、バッテリーなどはまだまだ、大丈夫なようです。

予備のバッテリーが欲しいところです。

アマゾンでしらべてみたところ、互換品だと意外に安い。ほしい。けどバッテリーだけじゃなくて充電器も欲しい。

2015/01/20

Excel SUM関数

さて、私が最も良く使う合計関数SUMです。
連続で合計するときは=SUM(A1:A20)

離れたセルを選択して合計するときは = SUM(A1,A3,A5)

ちなみにすべてかける場合は =PRODUCT(C15:C18)
文字列の結合は =CONCATENATE(D2:D10) だそうです。

動画の構想 セットを作る

新しく発売される書籍の動画を考えています。
絵コンテはできたのですが、問題はロケ。
知り合いにちょうど欲しかった不動産やがいることがわかり、早速お願いしたのですが、相手は大阪。
こちらは東京なので、そんなロケに行く事もできません。
ならば、自分たちで作っちゃおうということなのですが、私たちには秘密兵器の70インチディスプレイがあるのです。
ま、グリーンバックで撮影して抜いちゃえばいいんでしょ。という全うな答えもありますが、抜けがうまくいくかどうか、そこまでの技術がないので、間違いない合成として70インチディスプレイを背景に演技してもらう事にしました。

いまは背景に使う画像の準備におわれています。

2015/01/19

Excel IF関数

=IF(B2 >= 80,"A","B")
条件分が正しければランク"A",そうでない場合はランク"B"を入力します。
もっと細かくランクを分けたい場合は

=IF(B2 >= 80,"A",IF(B2>=60,"B","C"))で細分化が可能です。

計算式記述する事もできます。
=IF(B2 >=2014,IF(B3>=4,C15*1.08,C15*1.05),C15*1.05)

いいねぇ


2015/01/18

Lumix 雨の風景

201150118

雨の風景です。しとしとと雨がふっておりました。


Excel 絶対参照

Excel 計算式を作る時に参照するセルを固定したい時ってありますよね。
合計の何%をその商品が占めるのかなど。
その場合は通常B12とかなっているセルを$B$12というふうに入力すればOKです。

絶対参照に変更するときはそのセルを選択して、[F4]キーで絶対参照になります。
何度も F4キーを押すと $B$12 → B$12 → $B12→ B12となります。

そんなことも知らないで、使っていました。(だって、そんな状況になることなんてなかったんだもん)

Excel 比較演算子

Excelで使う比較演算子。>、<、 >=、 <>、 = なのです。
これを使って80以下ならBとかそれ以上ならAとかランクを入れるには

= IF(A1 >= 80,"A","B")

と入力すれば A とかB とか表示してくれます。


2015/01/17

EXcel 合計

セルの合計にはSUMを使います。

セル内の書式は = SUM(A1:A6)

関数を使うときは = XXXと書くので、今回は合計関数SUMを使って  = SUM(A1:A6)となるわけです。
セルの範囲はA1:A6という書きかたになります。

2015/01/16

Excel 入力するデータは4種類

「たった一日で即戦力になるExcelの教科書」を読んでいます。
Excelをマスタする気はさらさらなかったのですが、会社でExcelと格闘している営業マンがいて、はたでみているとかなり効率が悪そうな気がします。

もしかするとコピー&ペーストもショートカットをつかわないで、やってるのではと思えるぐらい。
人の振り見てわがふりなおせ。
と「たった一日で即戦力になるExcelの教科書」を購入してみました。

その中に入力するデータは4つと書いてあります。
数値、文字列、日付・時刻、数式・関数

そういえば、そうなんだと、いままで考えた事もないことに気づかされました。

2015/01/15

Microsoft Officeの学習をすすめてみる

会社ではWindowsベースで仕事をしているので、業務用のアプリケーションもExcelだったりWordだったり、PowerPointだったりします。

そのあたりのアプリケーションは適当にしか使う事ができません。
PowerPointは資料の作成にもつかうので、もっと使えるようにならないと仕事に支障がでます。

そうはいっても、自宅のコンピュータはMac。
Mac用のOfficeを買うつもりはないので、会社で使いながら覚える事になるのですが、頻繁につかうわけでもないので、すぐ忘れてしまいます。というより、その場しのぎで乗り切っています。

しかし、それでは作業効率があがらないので、そこそこ使えるようにならなくてはと思っています。

なので、自宅では本を読んで勉強し、会社で実践という形で少しずつでも技を習得していきたいと思います。

2015/01/14

Photoshopの3D機能を使ってみた

20150114_ps3d

Photoshop CC で簡単に3D風の看板を作ることができます。
写真で撮った家にお店の看板をつけたいと思い、Photoshopで作ってみました。

触っているうちに何となくわかってきます。

球体に絵を描く事も出来るみたいなので、モデリングは別のソフトで作って、Photoshopでペイントしてしあげるってのもありかもしれませんね。


2015/01/13

KindleとiBooks

iPadで書籍を読んだり、PDFを見る時にはKindleかiBooksを使っています。
Kindleの場合書籍でもただPDF化されているような書籍もあり、たまたま購入した技術書はそのたぐいだっ
たので、検索も出来なければ、目次から目的の章に飛ぶ事もできない陳腐なもの。

その点iBooksは自分でPDF化した書籍でも検索ができるので、非常に重宝します。さすがに目次から目的の章に飛ぶ事は仕掛けを作らないとダメだと思いますけど、それでもページを一覧表示にできるので、そこから選んで、ページを表示させることはできます。

これだけでも使い勝手は格段に違います。
などなど、iBooksの方がストレスがすくないので、できれば書籍はiBooksで購入したいと思うのですが、技術書はKindleで販売されている方が多い気がします。

Kindleもがんばって改良し欲しい気がします。

2015/01/12

BlenderでUVマッピング

Blenderを使ったUVマッピングです。
CTRL + E
A
U

がショートカットです。

まずは立法体ですが、これからちょこちょこ複雑な物を作ってみて、それにUVマッピングをしてみたいと思います。

R20150112_2


姿見の池で見つけた…

かもたちが気持ち良さそうに姿見の池にいます。
20150112


2015/01/11

持っててよかった

友人のお見舞いに、長旅をしました。

iPhoneで、電車の乗り継ぎなどを確認しながらだったので電池の消耗が激しかったです。

ですが、モバイルバッテリーとしてiUSBPortを持っていったおかげで、電池がきれることもなく安心な旅ができました。

車内での時間はほとんどiPadを使って読書。その間はiPhoneを充電といった感じです。

そのためiPadは、20%を切った状態までいきましたが、帰宅するまでの時間はiPadで楽しめました。

残念なのはBluetoothヘッドホンの電池が切れたこと。
ケーブルを持ってこなかったので、iUSBPortから充電ができません。

ですが、時間の読み間違え以外は乗り継ぎも予定通りいったし、元気そうな友人にも会えたし、良い旅でした

2015/01/10

今日、ちょっと電車で遠出します

今日は、知り合いのお見舞いに片道3時間ぐらいかけて千葉県、電車の旅に行きます。

自宅の引っ越しの予定もあり、その下見もかねてのお見舞いですので、途中寄り道をする形になりますが、ざっと時間を計算してみたところ3時間ほど。

交通費は会社までの適期代をのぞくと紆余曲折状態の経路で1892円となっています。
帰りはストレートに帰ってくるので、時間は1時間ほど、運賃は1206円です。

普段使わない経路なので、まったくどの路線がどことつながるのかわからず、千葉県の路線図をさがして、おおよその経路のあたりをつけて駅スパートで時間、金額をしらべてみました。

その結果が上記の用意になるのですが、その移動時間も楽しみたいので、カメラ、iPad、iPhoneは必需品です。ですがなにかと心配なのはバッテリーです。そこで、iUSBPort。本来の使い方とは違いますが、モバイルバッテリーとして活躍してもらおうと思います。

さて、無事に到着できるのか心配ですが、そろそろ、出発したいと思います。
いってきまーす

おっと、ケーブル、ケーブル。

2015/01/09

OneDriveに軽くした動画を置いてみた

以前動画をOneDriveに置いた記事を書きました。
その時は動画のビットレートが高いのが原因で再生できないのかも、と思い、今度はビットレートを1Mbpsにしてみました。いままでのが2Mbps。
で、自宅のWifi環境でためしてみましたが、結果はそれほど変わらずでした。
1分ぐらいまで順調に再生されますが、その後映像はとまり、音声のみながれる状態となりました。

OneDriveを使って動画を見る事は今のところ、無理そうです。

2015/01/07

動画のPodcast。使えますよね

最近Podcastは毎日聞いています。NHKのニュース。
音声だけでなく動画もありますよね。

その動画再生の時に音声のPodcastと同じように1.5倍速や2倍速、15秒もどし、15秒送りなど便利な機能が使えるのです。
画面をロックしても、音声はちゃんと聞こえる点も音声のみの場合と同じですし。

コンテンツは英語のコンテンツが多いですが、面白そうなGabaのコンテンツなどもあるので、気まぐれに聞いてみたいと思います。

また、通勤時間が楽しくなりそうです。

2015/01/05

Lumix用に画面の保護シートをはってみたけれど…

ELECOMが出しているカメラなどのディスプレイに貼る、保護シートを購入しました。

DGP-011FLAG

気がきいてるのはお店でカメラのディスプレイのサイズに実際に合わせて見る事ができること。
ちょうどカメラを持っていたので、横幅を会わせてチェックしてみました。

ここが問題で、間抜けな私は横幅だけしか確認せず購入してしまいました。

自宅に帰って、貼ってみたところ高さがたりません。
1cmほど寸足らずなかんじでした。

しかし、商品を取り替えにいくのも面倒だったので、このまま、液晶画面に張り付け、使っていく事にしました。

気泡が消えるをうたうだけのことはあり、はってみると、確かに気泡が消えていきます。
私の秘技、「爪楊枝」を使うまでもなく、問題なくきれいに貼る事ができました。

寸足らずですけど。
これで、上着のポケットに裸で入れていても大丈夫。かな?

これからもますます愛用していきたいと思います。私のLumix DMC-TZ40


皆さん


2015/01/04

朝の風景

朝、6時頃に家を出た時の、あまりにも雲の様子が素敵だったのでカメラに収めました。
うろこ雲っていうのかな?

2014_4


2015/01/03

Xbenchの成績がすこぶる悪いわけ

Macのベンチマークを計るソフトにXbenchというソフトがあります。

私の使っているMacBookProはHybridDrive、TOSHIBA MQ01ABD100Hに換装しています。容量と金額の関係でSSDは断念し、HybridDriveを選択しました。

そのMacBook Proのドライブのスピードを計るためにたまにXbenchを使用していますが、今年に入って測定してみるとその成績がすこぶる悪いのです。それも驚くほど。

信じられず、3回ほど計ってみましたが30に届かない感じです。

iMacは通常のハードディスクを使っていて計測結果は81.91でした。
SSDだと、こんな数値をたたきだしているブログもありました。
SSDとの比較は置いといてもiMacより遅いとは。

これはおかしい、何かトラブルがあるに違いない。ここはMac標準、簡単ディスクトラブル対応アプリケーション、ディスクユーティリティでチェック。

実行してみるとグループが一致しませんというエラー0が大量に吐き出されました。
時間も4分と言っておきながら徐々に増えていっております。マックス9分になりました。
でも、自分にできることは修復だけ。
修復してみると15分ぐらいかかりました。

それが終わった時点で再度Xbenchで計測してみると、なんとか結果は満足いくものが出てました。
結果は188.15

問題がそこにあったかどうかはわかりませんが、全体のスピードアップにディスクユーティリティでの対処法もあるのかもしませんよ

2015/01/01

Snapz Pro から Snagitに変えたわけ

年末も年末12月31日にMac用のキャプチャーソフトを購入しました。

Snapz Proという動画キャプチャーソフトをいままで使っていて、気に入っていたのですが、Yosemiteになってから、動画キャプチャーの時に音声が記録できなくなってしまい、仕事に支障が出る状況になっていました。

なので、この年末にキャプチャーソフトを探していて、出会ったのがSnagitでした。

Snagitもサウンドをキャプチャーするための別のプログラムをインストールするようですが問題なく音声も同時収録できています。

mp4でキャプチャーするのですが、そのフォーマットは変更できませんでした。Snapz Proだと一旦オリジナルのフォーマットで記録して、そのあとフォーマットを変換するので、最終データが出来るまで時間がかかっていましたが、Snagitはそのための時間は必要ありませんので、録画終了するとデータも出来ています。

これからはSnagitでいけそうです。

ちなみに購入を検討している人はAppSoreで購入するか、サイトから購入するかは金額を見比べた方がいいと思いますよ。

LBT-HPS02と入浴

レコード大賞でかかった竹内まりやの曲がすごーく気に入ってしまい、iTunesで衝動買い。
その後、お風呂に入る時も聞きたくなってしまい、自宅ではよく使っているBluetoothレシーバーLBT-HPS02を耳につけたまま入浴してみました。

水没させなければ大丈夫だろうと、しっかりと耳につけていい気分でお風呂にはいることができました。

快適ですが、あまり離れたところにBluetoothの送信機をおいていると(この場合はiPad)お風呂につかっていると切断されそうになりますので、この点は注意ですね。
しかし、その後どの端末とも繋がらなくなってしまいました。

もしかして壊れちゃったのかも

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ