サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« Snagitで初めてのエラー | トップページ | iPhoneからの印刷 »

2017/03/24

Command + M でウィンドウをしまったそのあとは

Macでは Command + M でウィンドウをしまいます。Safariを使っていればSafari関係のウィンドウがしまわれ、FinderではFinder関係のウィンドウがしまわれます。

しまうのは手早くていいのですが、再度表示したい場合は、マウスに手を伸ばさないといけません。
通常ならね。

で、それをキーボードで対処したい場合は、システム環境設定のキーボードでメニューやDockをショートカットの対象にしておけば可能です。

Photo

メニューならControl + F2、Dockなら Control + F3です。
メニューを対象にしたあとは、Safariなら矢印キーでウィンドウまで移動して、下キーを押すと使っているウィンドウがリスト表示され、その中から選択し、returnキーを押します。


Photo_2

Dockもアプリケーションのドックアイコンまで移動して、上キーを押すとリストが表示されるので、その中からウィンドウを選択するとデスクトップに表示されます。

Photo_3

対象にしたいアプリケーションを使っている場合なら、メニューからの方が簡単かもしれませんが、使っていないアプリケーションのウィンドウの場合はDockからアプローチした方が素早いかもしれませんね。

あまりくせにしない方が良いショートカットかもしれません。Command + Mは。

« Snagitで初めてのエラー | トップページ | iPhoneからの印刷 »

Macの使い方」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Command + M でウィンドウをしまったそのあとは:

« Snagitで初めてのエラー | トップページ | iPhoneからの印刷 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ