サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017/05/31

キャプチャーデータの音声がずれてるー

会社で使っている動画編集ソフトはEdius Express。
HandyCamの動画編集についてはトラブルはないのですが、パソコン画面のキャプチャー画像を素材として使う時音声と映像が微妙にずれます。

一定でずれていることもあれば、途中で何回かずれていることもあります。
実際に画面をキャプチャーした時に映像と音声がずれていることもあります。

一定でずれているときは簡単なのですが、途中でずれているときは非常に面倒です。
今回はその現象に遭遇し、Edius上で合わせるのはかなり困難。
元のキャプチャーデータはそれほど目立って音がずれているって感じがしないのですが、Ediusで再生すると不安定なのです。

なので、動画ファイルの不要部分を切り取る、変換を極力加えないSmart Renderというツールを一旦とおすと、ズレがかなりおさまった感じです。今回たまたまうまくいっただけなのかもしれませんが、全体の音の揺れがなくなった感じです。

今回はこの揺れのおさまったキャプチャーデータを使って編集することにします。
このトラブルの原因はなんなのでしょうかねぇ

2017/05/30

PowerPointでお絵かき

動画で使うための地図が必要になりました。今回動画制作を担当するのはスタッフのみやたん。
素材の地図を作ってとお願いしたところ、自分が使えるのは動画編集ソフトと、PowerPointです。なので、PowerPointで地図を書きます。
と言って書き始めました。
何度か書き直しているうちに地図らしくなり、書き上げました。

このなんとかする精神が素敵です。自分の場合ならまずPhotoshopや、Illustratorなどを使うことを考えてしまいます。
そういえば、青柳さんというスタッフがMacのプレビューで絵を描いていたのを思い出します。










2017/05/29

Affinity DesignerとPixelmator

個人的に使用していたAdobe Creative Cloudを解約したので、Photoshopの代わりにPixelmator、illustratorの代わりにAffinity Designerを購入しました。

 

それぞれなんとなく使い方はわかりますが、Photoshop、Illustratorより自分的には使いやすい感じです。

 

これから色々使っていきます。

 

2017/05/27

Dock はやっぱり拡大だね

会社で使っているMacBookProと自宅のiMac。何かが違う。
楽しさが違う。いや可愛さが違うという感じかな。
でその原因はDockにありました。
MacBookProはDockが拡大するように設定したありますが、iMacは拡大なしの、下から出てくるだけの設定。
自分でその設定を変えたのは、Dockで拡大するとアイコンを選びにくかったからだと思うのですが、今はそんなこと全然気になりません。
可愛くないほうが問題だとさえ思えます。
なので、Dockは可愛く拡大で使うことにします。

2017/05/26

スマートフォルダ

マック標準のメーラーはメール。

このメールにスマートフォルダという機能があります。

これは自分のメールの中から、条件に合ったものをまとめる機能。
受信ボックスからメール自体を移動させません。なので、複雑な条件でもその条件に合ったフォルダをクリックすると表示してくれます。

とりあえず見てから、自分が整理しているメールボックスに移動するって方法で使えます。

メールがひっちゃかめちゃかになる前に、便利な機能を使って整理した方がいいですね。










2017/05/25

SSDいまのところ快調です

やっと回復することができた Windows 10。回復2日めですが、今日も快調です。
CPUが100%になるほどこき使っています。
この快適さがいつまでもつづけばいいなぁって思いながらぶん回してます。

2017/05/24

ついにSSDに回復

2週間ほど戦ってまいりましたSSDへのクローンですが、やっとうまくいきました。
いろいろ調べてみると、SSDの初期化をちゃんとしていないとダメだったようです。
MBR対応のフォーマットにすることが非常に重要でした。
そのあとはクローンを選択し、「SSDに最適化」にチェックを入れて3時間ほど待てば出来上がりです。
これで、以前のような快適な環境になったはずなのですが。
でも、これでかなり簡単にクローンは作れる気がします。










2017/05/23

Evernoteにテキストスタイルが反映されない問題

Mac版のEvernoteでテキストスタイルが反映しない問題に遭遇しました。
Windows版では問題ありません。Web版でも問題なしです。
Mac版と言っても私の環境だけなのかもしれません。iMacで症状が起こっています。
Xcodeなどのソースをコピーして貼り付けても、黒字になるだけで、カラフルなテキストスタイルにはなりません。
テキストエディットやスティッキーズにコピーするとちゃんとカラフルです。
Evernoteに問い合わせしたところ、開発チームにフィードバックしてくださったとの連絡をいただきました。
修正されるまではWebでEvernoteを使うことにします。あれれ、今使ってみるとWEBでもコピーできない。ということは今までとおりアプリケーション版のEvernoteでいいってことですね。

2017/05/22

SSD、復活失敗

会社で使っているPCをなんとかSSDで起動すべく、先週の木曜日から頑張ってきましたが、出来上がった起動ディスクはBIOS表示の後に画面左にアンダーバーが点滅するだけの症状でした。

その状況をみた時、SSDからの起動を諦めかけましたが、成功するまで、何度も帰宅時に試みることにしました。
次の日に出来上がってることを期待して。
EaseUS Todoの使い方を研究するのと同時に何か別のツールも探してみるとこにします。









2017/05/21

目指せ、iOSサンデープログラマー

書籍のサンプルを見ながらカメラアプリを作ってみます。

参考にした書籍は「Swiftで作るiPhoneアプリ やさしい制作入門」

書籍で使っているXcodeは6、今手元にあるのXcodeは8。Xcodeのバージョンよりは開発言語Swiftのバージョン違いの方が問題になると思います。書籍はSwift 1.0、現在の使用している Swift は3.1となっています。

バージョンを知るにはターミナルでSwift -version と入力すればわかります。

Swiftversionnf

サンデープログラマー目指して頑張ります。

2017/05/20

え〜、FileMaker は16になるの

FileMaker Proは16になるそうです。自分が使っているVersion は未だに12。
たまに作る請求書と、家計簿の入力に使っている程度なので、何も困ることはありませんが、FileMakerは確実に進化しており今ではiOSなどのアプリを開発できるらしいです。

送られてきたハガキでは「スピーディな開発」「専門知識がなくても外部との連携機能を追加」「ユーザーエクスペリエンスを向上」「セキュリティ」と書かれています。
バージョンが 13 以上ならアップグレードできるそうです。

あれれ、私の場合はアップデート対象外って事。それはなかなかショッキングな事だわ。

2017/05/19

Evernote テキストスタイルが反映されないのです

Evernote に色付けされているテキストをコピー&ペーストしたところ、色がつかないプレーンな状態のテキストになってしまいます。いままではそんなことはなかったのに。

数週間前までは問題なく色のついた状態でコピーされていたのですが、現在はすっきりプレーンです。
メニューのフォーマットのスタイルを削除、標準テキストにするなどを試したのち、症状が発生したのではないかと思います。

一度アンインストールを行いましたが症状は変わらず。
ネットを調べてみましたが、私の症状の逆の情報にはよく出くわすのですが、私の場合の答えは見つけることができませんでした。

こうなればEvernote に問い合わせるしかないですね。










2017/05/18

Dockの中、1文字ショートカット起動ができます

この機能は今日気がつきました。

例えば Evernote を開く場合は Dock を開いて E キーで起動します。
そしてFinderならFといった具合。

同じ頭文字でかぶってしまうアプリケーション名、例えばSafariとSnagit、Siri。そんな場合は左が優先されます。それ以上 S を押しても最初に引っかかったアプリケーションのアイコンで止まったままです。

その中で絶対自分の位置を譲らないのはFinderです。移動させることはできません。

便利そうな機能なのですが、日本語名のアプリケーションは起動できません。メールだったりカレンダーだったり。この辺りが起動できないのは前年です。
日本語名のアプリでもオリジナルは英語のアプリケーションの場合は、その頭文字に反応してくれればいいのにね。カレンダーならCalenderとか。

でも、簡単起動できるアプリは、ドックに登録して快速起動しましょう。

2017/05/17

SSD復活ならず。仕事に戻ります

復活を願ってEaseUS TodoからSSDへ直接クローンを作りながら昨日は帰りました。
SSDから起動できることを願っていましたが、クローン作成に問題があったようで、結局SSDからの起動はできませんでした。

パソコンが使えないことには仕事になりません。
オリジナルのハードディスクから起動させました。SSDなら2分ほどでログイン画面が表示されていたのですが、8分ほどかかり、デスクトップに全てのアプリケーションが配置されるまでに5分ほどかかりました。

アプリケーションの起動や切り替えも時間を要します。
何日も起動ディスクの作成にかかりっきりなわけにもいかず、この環境で、今の仕事をやっつけることにします。また時間を見ながら、SSDからの起動に挑戦したいと思います。

SSDの故障的な方面も疑いましたが、ディスクの健康度をチェックしたところ、大丈夫だったので、その線はなしとしています。

2017/05/16

もうだめ、またWindowsが壊れた

Windowsを再起動したら、またまたBlueな画面になり、起動できません。
昨日Backupを使って回復したばかりなのに。
プリンタが全て現れず、なんの手立てもなく、再起動したら、起動できなくなったのです。

今まで、何度となく、SSDにBackUpから回復させてきたのですが、昨日の今日でまた、起動できないっていうのは精神的にかなりしんどいです。
いっそのことオリジナルのハードディスクに乗せ替えようかとも思ったのですが、そいつが死んでしまうと、それも大変なので、最後のかけで SSDにBackupからシステムを作ることにしました。

これで壊れたら、ハードディスクを使います。それが壊れたら、もう一つ前、Bluetoothが接続できない状態のハードディスクのシステムを使います。

今は、無事Backupからの回復ができることを願います。

2017/05/15

Chrome Castでバッチリ

私の携帯キャリアは au です。その au のサービスの一つにビデオパスというものがあります。
動画配信サービスです。レンタル機能もあり、料金を支払うか、ポイント交換で利用することができます。

レンタル動画の中にはカミさんと見たい動画もあります。

その動画はiMacやiPadで見ることはできるのですが、やはりくつろいで食事をしながら見たいもの。
そのためには居間のテレビで見るのが一番です。

早速よく使っているAmazon FireStick TVに、AirPlayが使えるアプリをインストールし試してみましたが音声のみで、動画が再生されません。直接iPadをTVにつなぐケーブルも持っているので、そちらも試しましたが、結果は同じでした。

何か方法はないのかと検索してみると、Chrome Castならできることを発見
出番がなかったChrome Castが手元にあったので、試して見るとちゃんと映像が流れました。
これで、ビデオパス内の見たい動画をカミさんとTVで見ることができます。

FireTV、HDMI ケーブル、Chromecast、AppleTVなどいろいろありますが、それぞれアプリケーションによってうまくいったりいかなかったり、なかなか大変です。

2017/05/14

またまた、Windows10が起動しなくなりました

ESETというセキュリティソフトからエラーメッセージが表示されました。
その回避方法にWindowsのスタートアップ設定を変更する記事があったので、試してみました。

すると、Windowsが起動しなくなりました。

もうほとほと疲れ果ててしまいますが、なんとかしなくてはなりません。
以前、EaseUS Todoを使って起動用DVDを作っていたので、難なく起動でき、EaseUS Todoのバックアップデータから1時間30分ほどで、SSDを書き換え、無事、Windowsを起動することができました。

私の可愛がっているWindowsマシンですが、そろそろ7年目を迎えようとしているところです。
クリーンインストールすれば、こんな不具合ももっと減るのでしょうけど。

2017/05/13

デスクトップをスッキリさせる方法

デスクトップにアイコンを何も表示しない方法です。
Finder環境設定で消す方法を思いつく人もいると思いますが、それだと自分で配置したフォルダは消すことができません。

Finder

そこで、ターミナルからの入力で何も表示させないコマンドがあります。

デスクトップ上のアイコン表示を禁止して
defaults write com.apple.finder CreateDesktop -boolean false

Finderの再起動
killall Finder
これで、デスクトップのアイコンは全て表示されません。
Finder環境設定の設定はチェックが入っていても入っていなくても関係ありません。










2017/05/12

UQ Wi-Fi ルーターをレンタルしてみたのですが・・・

仕事で使うために会社にWi-Fiルータを準備してもらいました。
UQモバイルのルータです。

現場に持ち込んで試したところ、アンテナは一本も立っていません。
ですが、ノートPCとつないだところ、その時はインターネットに繋がったので事前の動作確認は終了しました。

そして本番当日。本番前の準備中、繋がっていたはずのノートPCのWEBアプリケーション内で「電波状態が悪いため接続できません」とのエラーメッセージ。アンテナは一本も立っていません。Wi-Fiルータを持って会場内の電波のいい場所を探しますがアンテナは一本たりとも立ちません。

そうこうしているうちに時間切れで、本番スタート。
ノートPCは本番配信中のモニターに使うものなので、本番を始めるには問題ありません。

その間、会社に連絡して、代替品を用意できないかレンタル店に連絡してもらいました。
本番配信中のモニターの役目を果たさなくてはならないので、Macで試していたテザリングをWindowsでやってみました。

Macでテザリング実験をした時は簡単に繋がったので、WindowsもいけるはずでしたがiPhoneとのWi-Fi接続に、私のiPhoneが現れません。
もしかしたらセキュリティソフトのせいなのかもしれませんが、原因はわかりません。(iPadも手元にあったので、検索はしてみたのですがビンゴ!!な答えにはあたりませんでした。)

USB接続を試しても、Windowsに変化がありません。「なぜ???」
iPhoneを使ってUSB接続でインターネットにつなぐ場合は iTunesがインストールされていないとダメらしいのです。iTunesをインストールして、準備できた頃に会社から連絡が入り、UQモバイルの設定を変更するといけるという情報が入りました。

「ハイスピードモード」を使っていましたが、「ハイスピードプラスエリアモード」に変更すればいいとのこと。
料金がかかりますと言った警告が出るのですが、そのままOKで大丈夫とのことでした。
モードを変更すると、アンテナはバッチリ4本立ち、インターネットに見事繋がりました。
問題なく、モニターできています。

「おお!!やりました!!」
そんな設定の変更が必要だったのね。

特にWi-Fiルータの設定なんて変えようなんて思わないし、付属しているマニュアルも読まないし(自分が悪い!)、料金がかかりますなんてメッセージが出たら、変更しないし。などなどおそらくレンタル店の指示がなければ自分では諦めていたと思います。

「繋がらない時は」みたいなわかりやすいトラブルシューティングの紙でも入れててくれたらな〜なんて、それでも読まないかもしれないですけどね。

ちなみに3日間モニターするのですが、2日経過したところでだいたい1G / 1日程度の使用量なので、容量制限がかかる7Gまでは余裕があります。
もし、来年も同じ仕事があったら、UQのWi-Fiルータをお借りしたいですね。
Windowsでのテザリングもちゃんとできるようにしておかないとです。

2017/05/11

JCOMから届いた警告書類

我が家のインターネット回線はJCOMを使っています。
そのJCOMから書類が届きました。
内容は「5月5日、5月6日に大量のデータ(30G以上)が送信されてる〜。一度にそんなにたくさんのデータは送らないでね。今度送ると速度制限かけちゃうよ!!プンプン」って内容。

お!!心当たりがあります。

その日は私がクラウドサービスのストレージを整理していました。
Google ドライブは15Gで、何度も引っかかりながら、同期を試みていました。ですが原因はそちらではないと思います。

問題はAmazon Cloud サービス。
こちらはPrime会員なら容量無制限で写真をアップロードできるサービスがあります。
ネタに使えるかなって思って全てアップロードしたのが原因です。
Amazon Driveにアップロードされているデータの容量を見ると54G。

やっちまったのはこれだったのね。って感じです。

そもそも、一日のアップロード容量に制限があることを知りませんでした。

次回からはアップロード容量には気をつけます。
動画編集で素材とかを大量に渡さない限りは、大丈夫だと思いますけどね。

JCOMを使っている皆さんは一度に30G以上のデータを送らないようにしましょうね。










2017/05/10

私のEvernote に置換の機能はありません

なんとMacのEvernote(Ver 6.11)では置換ができません。

Windowsでは Ctrl + H で置換ができるのですが、Macではその機能はないのです。
試しにMac で Ctrl + H を押して見てください。何も起こりません。
MacなんだからCommand + H だろうと思った人。試して見てください。(知ってる人はそれはOSのショートカットにあるからないわって思うかもしれませんが)
Evernote自体が隠れます。

置換ができないってどうなの?ってその時は思ったのですが、数年使っていて今頃気がつくってことは、それほど必要ないってことなのかな。

でも、追加して欲しい機能があるので、Evernoteに対する今の評価はこんな感じ。

Evernote00









2017/05/09

翻訳したい時はサービスを作っちゃいましょう

何か英語の文書、例えばXcodeのドキュメントを見ている(見るだけ)時にふと気になって翻訳したい時ってありませんか?
テキストを選択してコピー&ペーストでGoogle翻訳を使うってのはちと面倒です。
何か簡単便利な方法はないかとネットを探して見ると、ありました。

Macの「サービス」に追加してその手間を省く方法です。
そのサービスの作り方は以下のサイトで解説されていました。

Automator201705_00

Automator でテキストを Google 翻訳に送るサービスを作る” の手順どおりに作成すれば問題なく完成しました。

AutomatorはもともとMacに付属しているソフトウェアのことで簡単なプログラム(バッチファイル)を作るための仕組みです。
いつのWDCで発表されたかは忘れましたがフィリップ・シラーがデモンストレーションしました。
それを見た時は猛烈に感動しました。

そのAutomatorを使って作るのですが、「シェルスクリプトを実行」が見つかりません。
以前はユーティリティにあったようですが、ユーティリティ自体がなくなっていました。
で、どこに移動していたかというと、Automatorという項目の中にありました。

Automator201705_01

それさえ見つかれば、難なく完成しました。

文字列を整形する部分の話は全くわかりませんが、コピー&ペーストで問題ありません。
SafariでGoogleの翻訳ページを開く点もコピー&ペーストでいけます。

これで一手間省けました。
翻訳の分かりにくさはありますけど、それは別の話ですね。

結構便利そうなので、会社で使っているMacBookProでも作っちゃお









2017/05/08

MacBookProとiPhoneでテザリング

今使っているiPhoneでテザリングが必要になるかもしれないので、テストすることにします。
私が使っているキャリア au ならプランによって料金が発生するので、自分のプランを確認。
問題ないので申し込むだけ。
au 内のページを見ているとテザリングの種類には3種類あると書いてあります。

それはWi-Fi、Bluetooth、USBと3つの方法がある。

auのページによるとそれぞれのメリットは

Wi-Fiだと複数の機器に接続可能。
Bluetoothだと電池持ちが良い
USBだとノートPCから給電しながらデータ通信が可能

なるほど〜と思う知識をいただいたところで、テザリングのオプションを申し込もうと思ったら、すでに申し込んでおりました。

なので、あとはちゃんとテザリングができるかどうかのテストです。
USBテザリングはiTunesがインストールされている必要があるとau のページに書いてありますが、当然インストールされています。

iPhoneとMacBookProをUSBで接続して、iPhoneの「設定」から「モバイルデータ通信」を選択して「インターネット共有」を選択するとそれだけでつながっていました。

Iphoneusb2nf

せっかくなので、Bluetoothもためしてみることにします。
ちゃんと接続されています。

ですが、何度か試していると接続されなくなりました。原因は不明です。
Wi-Fiも試して見ましたが、Wi-Fiのアイコンが止まることはありませんでした。

今のところ私のMacBookProとiPhone 6SでのテザリングはUSB接続が一番安定しているようです。










2017/05/07

プレビューは最強の画像変換ツール

Macに最初からついているアプリケーションのプレビュー。
プレビューという名前ですが見るだけではありません。

サイズの変更もできます。それも複数のファイルのサイズを一気に変更することができます。
サイズの変更の方法はピクセルでもパーセントでもできます。

例えばピクセル指定で横幅480とした場合、横幅が200しかない場合は480に拡大されてしまいます。

変換したいファイルを全てプレビューに読み込みます。アイコンにドロップしたり、ファイル/開くから必要なファイルを選択するなど、読み込み方は複数あります。

読み込んだらプレビューのサムネイルを表示させます。

Nf

サムネールウィンドウで Command + A で全て選択した状態にします。

そこで、サイズを変更します。

Nf_2

Nf_3

そうするとサイズ変更の設定が読み込んだ全てのファイルに適応されます。
そのまま保存して上書いてもいいですし、画像フォーマットを変換したければ、オプションからフォーマットを選んで選択で変換した画像が保存されます。

Nf_4


Nf_6

その他、丸をつけたり、一部を拡大したりなどなど、ちゃっちゃとできる使いやすいアプリケーションです。

2017/05/06

Google ドライブ 整理完了です

iMacで Google ドライブをバックアップした後、必要なファイルだけを残すことにします。
バックアップが終了したので、Google ドライブ内のファイルをドンドン、ドンドン削除、フォルダーにまとめてかなりコンパクトになったはず。

メニューバーにあるGoogle ドライブをみると全然減っていません。

Google_drive_01


そのうち同期して減るでしょって思って放置したら、そのままメニューバーに表示されているGoogle ドライブが反応しなくなっていました。

強制終了のショートカット一覧には現れなかったので、アクティビティモニタを起動して、強制的に終了。その後Google ドライブを再起動してもダメで、結局マックを再起動させたら同期を開始し始めました。

Nf

同期が落ち着いたら容量は3G程度になりました。

Googleドライブの整理は無事終わりました。










2017/05/05

GWはクラウドストレージの片付けだ

連休に入ったので、クラウドストレージの整理をしようと思います。
無料で使っているストレージは、Dropbox、OneDrive、Googleドライブ、iCloud、Amazon Cloud。
一つにまとめたい気もありますが使い分けすれば、全部で30G以上のクラウドストレージを持っていることになります。

Dropboxは外部の人との受け渡し用。OneDriveはOffice系ファイルを使わなくてはいけない場合。Googleドライブは学習しているアプリケーションのファイルだったり、プログラムで使うリソースファイルなどをストックする場所。iCloudは勝手に同期してるMacやiPhone用のファイル。
Amazon Cloudは写真置き場って感じですかね。

こんな感じで、使っていけば新たに加入しなくてもいけそうです。
でも、過去のファイルは整理して行かないとあっという間にいっぱいになりますね。
一番整理できていないのはGoogle ドライブです。連休中はGoogle ドライブの容量確保を頑張ることにします。

2017/05/04

Finder 表示切り替えショートカット

Finderの表示方法は4つあります。
アイコン表示。リスト表示、カラム表示、Cover View表示。

それぞれにショートカットがあります。

Findercmd1

Findercmd2

Findercmd3

Findercmd4

私の場合、Command + 4のCover Viewは使いませんが、ぱっと見の画像確認はCommand + 1だったり、ファイルのサイズを確認するときはCommand + 2 など使い分ければ、ますます便利に使うことができます。

2017/05/03

MacBook離れ

大学生が購入するノートPCはWindowsが増えているというニュースが出ていました。
値段の手頃さと、サーフェスなどの魅力的なタブレットPC製品が出ていることも人気の理由らしい。

MacBook など Appleには魅力的なノートパソコンがないからだと思います。
Appleは頑なに何十年も前のスタイルのノートパソコンを売り続けています。最新のMacBookProでもTouchバーがついただけで別段驚くに値しないし。

iPadがMacBookに変わるほど、性能が進化すればいいのかもしれません。でも端末としてネットワークに繋がりマザーコンピュータに接続して、すべての仕事をこなすことができるようになれば、いいのかもしれません。
となると、iPadの進化は必要なくネットワークとサーバが進化すればいいだけってことになりますよね。

ノートパソコンも不要な時代はすぐ目の前だと思います。

2017/05/02

iMovieは面白いけど・・・

iMovieぽちぽちいじっています。楽しいのはテーマですね。
スポーツ、ニュース、報道番組、旅行などからシンプル、愉快、明るいなど14種類のテーマが用意されています。スポーツなどは選手の紹介シーンを織り込むように設定されていて、いい感じにムービーを作ることができそうです。

Imovie

背景画像などを変更することができればバリエーションはググッと増えるのですがどうやるのかはわかりません。


2017/05/01

iMovieでいきましょ

5月5日、動画の撮影に行く予定でしたが、キャンセルになりました。
撮影よりも編集が楽しみだったのですが、非常に残念です。

先月、Adobe Creative Cloudを解約したので、Premiereの代わりになる動画編集ソフトが必要です。

そもそもMacではiMovieという無償の動画編集ソフトがあるのでこちらを使い込んでみるつもりでした。そのテスト次第ではFinal Cut Pro Xか同じぐらいの価格のBlackMagicDesignのソフトウェアを考えていました。

今後の動画編集環境を選定するためのいいテストケースになると思っていたのにがっかりです。

と一度は落胆しましたが、今までの素材でやってみればいいだけのことだしちょっと触ったところででた問題はこだわらなければなんとかなりそうでした。

なので、iMovieを使い込むことにします。人に編集を頼まれたり、対応できないときにソフトをどうするか考えることにします。

よーし、iMovieと遊んでみよっと


« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ