サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« MacBookProとiPhoneでテザリング | トップページ | 私のEvernote に置換の機能はありません »

2017/05/09

翻訳したい時はサービスを作っちゃいましょう

何か英語の文書、例えばXcodeのドキュメントを見ている(見るだけ)時にふと気になって翻訳したい時ってありませんか?
テキストを選択してコピー&ペーストでGoogle翻訳を使うってのはちと面倒です。
何か簡単便利な方法はないかとネットを探して見ると、ありました。

Macの「サービス」に追加してその手間を省く方法です。
そのサービスの作り方は以下のサイトで解説されていました。

Automator201705_00

Automator でテキストを Google 翻訳に送るサービスを作る” の手順どおりに作成すれば問題なく完成しました。

AutomatorはもともとMacに付属しているソフトウェアのことで簡単なプログラム(バッチファイル)を作るための仕組みです。
いつのWDCで発表されたかは忘れましたがフィリップ・シラーがデモンストレーションしました。
それを見た時は猛烈に感動しました。

そのAutomatorを使って作るのですが、「シェルスクリプトを実行」が見つかりません。
以前はユーティリティにあったようですが、ユーティリティ自体がなくなっていました。
で、どこに移動していたかというと、Automatorという項目の中にありました。

Automator201705_01

それさえ見つかれば、難なく完成しました。

文字列を整形する部分の話は全くわかりませんが、コピー&ペーストで問題ありません。
SafariでGoogleの翻訳ページを開く点もコピー&ペーストでいけます。

これで一手間省けました。
翻訳の分かりにくさはありますけど、それは別の話ですね。

結構便利そうなので、会社で使っているMacBookProでも作っちゃお









« MacBookProとiPhoneでテザリング | トップページ | 私のEvernote に置換の機能はありません »

Mac での出来事」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳したい時はサービスを作っちゃいましょう:

« MacBookProとiPhoneでテザリング | トップページ | 私のEvernote に置換の機能はありません »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ