サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« MacBook Pro、ずっしり | トップページ | iPadにまで酒を勧める嫁 »

2018/08/15

Character Animator用のキャラクターを作る時は、「オリジナルで編集」を使いながら

Adobe Character Animator用の新キャラを作っていました。
会社のある、キャラクターをもとに変更していきます。

一番面倒なのは口です。

最初はIllustratorでレイヤーマスクを作って歯と口の部分を作っていましたが、実際にCharacter Animatorに乗せるとレイヤーマスクが外れて、歯の部分が口からはみ出してしまいました。
レイヤーマスクを使ったお口のセットをそのまま一つにしてくれれば、使えるのですが、その方法を見つけることができませんでした。

仕方なく作り直しです。
口をコピーして、色を白に変えて歯にします。そして、歯に見えるようにサイズを変更します。
それを、10パターンぐらい作ります。これもなれると簡単ですが、始めるまでは面倒でした。

10分ほどで、その変更を終え、Character Animatorに持っていくとちゃんと綺麗にパクパクしています。

Character Animator用のキャラクターを初めて作った時は面倒で、手間だなぁなんて思っていたのですが、なれると楽しくなってきます。
それに、Character Animatorで動かしながら、キャラクターを作っていくとテンションを維持したまま、キャラクターを作っていけますよ。

だって、動いているキャラクターを見てると楽しくなってきますからね。
しかし、この環境を楽しめるのは会社のAdobe Creative Cloudだけなのがちょっと残念です。

« MacBook Pro、ずっしり | トップページ | iPadにまで酒を勧める嫁 »

Final Cut Studio と Creative Cloud」カテゴリの記事

トラックバック

« MacBook Pro、ずっしり | トップページ | iPadにまで酒を勧める嫁 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ