サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« Prime Readingがあるじゃないか〜 | トップページ | iMacとMacBookPro、共存の仕方、させ方 »

2019/08/22

藤田嗣治「秋田の行事」に圧倒されました

P1010698 P1010692

昨日は秋田県立美術館へ行ってきました。

カミさんのお目当ては「藤城清治」氏の作品。私はお共としてついて行きました。

特別展として「藤城清治」氏の作品は展示されており、常設展としては「藤田嗣治」の作品が展示されていました。

常設展の「藤田嗣治」は初めて見た芸術家(フランスでもっとも有名な日本人画家らしいのですが)でしたが、作品「秋田の行事」には大いに驚きました。幅20.5 m、高さ3.65 mほどの「壁画」作品が展示されていました。

この大きさには圧倒されます。そしてこの絵を15日で仕上げたことにも驚かされました。

その他の作品でも、人物の顔は3DCGではないかと思うほど、立体的で、絵の中から飛び出しそうなほどの描写でした。

デッサン中の絵も展示されています。こちらは描き上がった時の絵よりも勢いを感じます。

その後「藤城清治」氏の作品を鑑賞して、カミさんは実家へ、私は写真撮影に向かいました。

P1010731

そんな芸術家二人を見た後、赤レンガ郷土館を訪れました。ここにも工芸における芸術家の作品が展示してありました。

「関谷四郎」という金銀細工の重要無形文化財保持者だそうです。金細工の細かい仕事に感動することひとしきりでした。

その隣の建物には「勝平得之」という版画家の作品も展示してありました。版画だけではなく、人形も制作していたようで、非常に可愛い、素朴さと優しさを感じる作品でした。レプリカでもあれば、購入したいぐらい、愛おしくなる人形でした。

最終日はちょっと芸術鑑賞三昧でした。

秋田の行事が気になる方は 秋田の行事 吉永小百合 で検索してみてください。

 

 

 

« Prime Readingがあるじゃないか〜 | トップページ | iMacとMacBookPro、共存の仕方、させ方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ