サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« FCPX:編集後のデータ保存について | トップページ | Bootcamp Windows でMagicTrackPadが検出されない時にやったこと »

2020/05/10

Final Cut Pro Xで長めのAVCHDを読み込むには

最近編集した動画データについて気になることがあったので、ちょっと調べてみました。

その疑問とはAVCHD方式で撮影した、30分以上のデータをどうやってFCPXに読み込むかということ。

Finder上のSDカードからのコピーだと以下のようにします。

SDカードを差し込んだらPRIVATEをクリック。AVCHDを右クリック。パッケージの内容を表示。

20200510_102113 20200510_102128

するとBDMVがあらわれるのでまたまた、パッケージの内容を表示。

20200510_10214720200510_102203

STREAMの中をみるとMTSのファイルが入っています。

20200510_102225 20200510_102240

こんな流れで目的の動画を探し、必要な場所にコピーします。

このやり方だと、30分以上のファイルだと分割されてしまう時があります。実際にこのファイルは00001~00003までは一本のファイルです。

3つのファイルはそれぞれのファイルの最後に数フレームの無音が入っています。

20200510_110315

そして、Final Cut Pro Xが一本にまとめたデータと比べてみると1秒の差がありました。繋いだ方は1秒長いのです。

20200510_111312

ではこのFCPXがまとめてくれた方法とは、カメラに入っているSDカードから動画をコピーする方法です。

最初、カメラを接続してデータをコピーしてみたのですが、カメラの接続を解除すると「カメラが見つかりません」というエラーが発生し、解決できませんでした。これは最初にクリップを読み込んだときに、ちゃんと読み終えていないからだと思います。

20200510_132933

カメラを接続して、Final Cut Pro Xで読み込めば、AVCHDのデータでも困ることはないかもしれません。

Final Cut Pro X、やりますねぇ〜

 

« FCPX:編集後のデータ保存について | トップページ | Bootcamp Windows でMagicTrackPadが検出されない時にやったこと »

Final Cut Pro X」カテゴリの記事

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ