サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021/02/27

MacBook Pro にBluetoothアダプター

B1a9ce47b40f474fa833cf8f1bac3880

そういえば、MacBook Proのパワーアップをしました。

地味なパワーアップですが、快適さはアップしました。BootcampのWindowsでもパワーアップされるので、ある意味一石二鳥です。

今回のパワーアップはBluetoothです。

わざわざ外付けのアダプターを接続してみました。なぜかというと、MacBook ProでJabra Stealthというヘッドセットを使いながら、出勤の準備のために洗面台に移動した時に、ぶつぶつを音声が途切れたからです。

その解消をするためにアダプターを買ったのです。(この時は本当に効果があるかどうか、確信はありませんでしたけどね)

購入したBluetoothアダプターはPRINCETONのPTM-UBT7Xです。¥1700円ぐらいでした。

内臓のBluetoothと外付けのBluetoothの切り替え方は、正直わかっていません。マニュアルもついていましたが、え、それって、BluetoothがついていないMacの場合じゃないの?っていう参考にならないものでした。

そこで、適当に接続してみて成功した方法をお話しします。ネットで調べた時に正しい手順かもしれないと思われる方法がありましたので、こちら もリンクを貼っておきます。うまくいかなかった場合はこちらを試してみてください。

さて、macOSの場合は、外付けのBluetoothアダプタをつける前に、Bluetoothのアドレスを調べます。調べ方はOption キーを押しながら、メニューバーのBluetoothのアイコンをクリックするとアドレスがわかります。その値は記憶するかメモってください。ちゃんと切り替わったかどうかの確認のために必要です。

そうしたらいよいよ、Bluetoothをオフにします。MacBook の場合はBluetoothをオフにしても問題ないでしょうが、iMacなどの場合、自分が使っているキーボードやマウスなどインターフェイスの状況を考えて、Bluetoothをオフにしてください。

次に、USBポートにBluetoothアダプタを差し込みます。

Bluetoothをオンにします。アドレスがさっきと違う値になっていれば、外付けのアダプタが生きていると思って問題ないと思います。

さて、Jabra Stealthを接続して、状態を確認します。鬼門の洗面台へ行ってみます。

大丈夫です。切断されません。他の部屋にも移動してみますが、問題ありません。

Bluetoothアダプタを切り替えた効果はアリそうです。

ほんの少し、MacBook Proのパワーアップをはかれました。

一つ残念なのはUSBポートを一つ潰してしまうことですが、Jabaraを快適に使える方がよっぽど嬉しいですから、これでよしとします。

2021/02/21

iPadにキーボードをつけたら、快適さ200%アップ

P1100363r_photo

iPad Air2にApple Wireless keyboardをつけたら、非常に快適なiPadライフを送ることができました。

今まで、私はiPadにはハードウェアキーボードなんて絶対要らないと思っていました。

ところが、今回は自宅に余っていたApple Wireless KeyboardをiPadに接続したら、めちゃくちゃ入力しやすくなり感動しました。接続も簡単でしたしね。

MacのWireless keyboardなので、幅はiPadよりもはみ出しますが、いつも使うキーボードと同じキー幅なので、使いやすいです。

そして、ソフトウェアキーボードで画面が覆われないので、Evernoteなどを使うときは、見渡せる範囲が広くて使いやすくなります。テキストの入力が楽しくなります。

そして、Macと同じショートカットが使えるので、わくわくします。

例えば、Command + Tabでアプリの切り替え、Command + SpaceでSpotlight。

Command + H でホーム画面に戻ります。これはMacの場合はウィンドウの隠しになるのでショートカット は違いますけどね。

もう一つ違うショートカット ですが、使いそうなのは Dockを開く Command + Option + D です。

アプリ上でCommand長押しで、使えるショートカット がわかるので、どんどんショートカットを覚えて使ってみましょう。

とはいえ、欠点もあります。

Smartkeyboadとは違って、持ち運びはスマートには行きません。ノートと教科書をバインドして持ち運ぶ、昔の学生さんの持ち運び感があります。

それに外部キーボードからの入力だとiPadの電池の減りが早い気がします。

ちなみにMagic Mouseも余っているので、接続してみましたが、こちらは快適さは感じられず、すぐに接続解除しました。

キー入力の快適さが、持ち運びにくさにまさっているので、このまま使っていくつもりです。

もしキーボードが余っている人がいたら、是非試してみてください。

2021/02/13

XP-PEN、タブレットを購入するところでした

危うく板タブを購入するところでした。Wacomではなく、XP-PENというメーカーが出しているタブレットです。

自宅にはWacomの10年以上前のとても古い板タブがあります。その時は板タブという名称ではなく、ただただタブレットと呼ばれていました。今は液晶タブレットがあり区別するために、板タブという言葉があるのだと思います。でも、板タブという言葉に、自分は馴染みがないので、今回はタブレットと呼ばせていただきます。

自宅でタブレットを使うことはそれほどありません。絵を書くことは好きなので、本当はタブレットを使ってガンガン絵を書いて、イラスト投稿サイトにアップロードしたいのですが、なかなか書き始めることができません。

イラストと言っても壁紙的な絵を考えているので、PixelmatorやAffinity Photo、Affinity Designer を使って始めたいと思っています。

そうなるとやはりタブレットはあったほうがいいですよね。

実は私のMacBookProではCatalineにOSをアップデートしてから、OS立ち上げ時に正しくタブレットのドライバーの設定を読み込んでくれないのです。

昔のブログ:再起動するとWacom tabletが使えなくなった時の対処法

ドライバーを読み込んでいない状態でペンを使おうとすると非常にもっさりと動作します。

で、この症状を直す方法はワコムタブレットユーティリティーを立ち上げて、設定ファイルを削除すれば、再起動もなく使えるようになります。

今は、在宅で仕事をしているので、仕事の時にはBootcampのWindowsを使っています。そして仕事が終わるとmacOSに戻します。となると絶対にMacBook Proの再起動が必要になります。ということは、もしタブレットを使いたいとすると再起動するたびに、ワコムタブレットユーティリティを立ち上げて設定を削除、しなくてはならないわけです。

これが面倒だなぁ〜と思っていたので、別のタブレットを購入しようかと思い始めたわけです。

でも、設定を削除するなんて一瞬でできることです。タブレットは壊れているわけでもないし、その一手間だけで、使えるわけです。

Wacomのタブレットと比較すると、安価に設定されているので、XP-PENを購入しかけましたが、そんな無駄遣いをしてはいけない!と、はたと我に帰りました。

それも考え方なので、私みたいに、使えるものは使いたい人は少しの手間をかけて、使えばいいと思います。

iMacといい、タブレットといい騙しながら使っている今日この頃です。

 

2021/02/06

iMac、元気です

P1090170

私のiMac late 2009、セーフモードでしか立ち上がらなくなっておりました。

ターゲットディスプレイモードはセーフモードでも使うことはできます。しかし、その場合、ファンの回転は凄まじいです。

画面は消えているのに、ファンの音だけは大音量で鳴ります。

セーフモードで使っていたiMac。寝る前はファンの音がブンブンしていました。寝るなら電源切りなさいよ〜という意見もあると思いますけど、私は頑なにiMacの電源を切ることはしません。使いたい時に、すぐ使えないのがいやなのです。起動を待つなんてできなかったのです。

今はSSDを使っているので、電源を入れ直しても待たされるって感覚はないかもしれませんけどね。

そんなうるさいiMacなのですが、朝起きると静かなのです。あれ、落ちた?落ちてもファンは回っていたはずだし〜。とキーボードを触ってみると画面が表示されて、iMacは動いていました。

ん?

もしかして、通常起動できるのかな?と淡い期待を持って、iMacを再起動してみました。すると、ログイン画面まで進むことができました。通常起動に失敗するときはプログレスバーが表示され、5分の3程度進んだところで止まるのですが、時間は少しかかった気がしますが、ログイン画面まで来ました。

おお〜。また、元気になった〜。

ここ数日は問題なく通常起動でiMacを使っていますが、完全に治ったとはいえません。ちょっと元気かもと思ってから2週間ほど使っていますが、気がつくとフリーズしており、再起動して、セーフモードで使わざるを得なくなったことはあります。1回ほどだったと思いますけど。

iMacがフリーズしてしまうとしばらくセーフモードでしか使えなくなります。

そのまま、使っていると、通常起動できる状態かどうかわかるようになります。

そうです。ファンの音が静かになっていれば、通常起動できるようです。

そんな感じでiMacの状態を見ながら、付き合っていこうと思います。

周りの機材も色々、老朽化してきている気がします。自分もですけどね。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ