サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021/03/28

タブレット買い換えました。中古ですがいい買い物でした

P1100489_20210328001901

今まで、PTZ-431というWacomの板タブを使っていました。15年以上使っていました。壊れず、今までよく頑張ってくれたと思います。

iMac late 2009では問題なく使えていたのですが、macOS Catalina を動かしている MacBook Pro Mid 2012上では問題が発生していました。
最初はその症状に気がつかず、Wacomドライバーの削除をすれば正常に動作していると思ったのですが、Affinity Desingerで絵を描いているときに、ペンを浮かしている状態にも関わらずキャンバスにビリビリを線が引かれておりました。

これは、いよいよ買い換えるしかないと、軽くタブレットを物色しました。

Wacomタブレットは高いので、XP-PENで行こうかなぁなんて方針を決めただけで止まっておりました。板タブがないと仕事ができないということは全くないので、緊急性はありません。

そんなとき、たまたまよく行くハードオフでWacomのタブレットを見つけました。今までも機会があれば、中古品のタブレットがないかと探していたのですが、今回行ったハードオフではCTL-400が2セットも中古品が出ておりました。それも4000円で。新品の約半分の値段です。

「おお〜これは買いだ!」と迷わず購入しました。

早速自宅のiMac、MacBook Proに取り付けてみました。MacBook Proは言うに及ばず、SierraのiMacでもちゃんと使うことができました。

描き心地は以前のペンは滑らかだったのですが、今回のペンはちょっと引っかかりを感じます。ペン自体も以前の方が重く使いやすかったとは思います。

ペンの反応する面積は以前のより広くなったのですが、余白がなく、手の甲が板タブからこぼれ落ちる感じになります。今まで使っていたものの方が手の甲を安定させることができました。

ファーストインプレッションでは今まで使っていた古いタブレットの方が良さそうですが、慣れれば、不満は解消されると思います。

使えなくなるまで、このタブレットを使いたいと思います。

ちなみにAmazonでWacomタブレット、ワコムストア限定で¥5940で売っていました。タブレットにボタンがついていませんが、とりあえずタブレットが欲しいという人はこちらもいいかもしれませんね。

 

 

 

2021/03/21

簡単iPadの立てかけかた

Img_0586r

iPadを自宅の机で使う時は、iPadを立てかけて使うことにしました。iPadにはスタンドに変形するタイプのカバーをつけているので、この方法を使うまでは、スタンドに変形させて机の上に置いていました。Apple製のお風呂の蓋スタイルではなく、カバー部分が台になるので、かなりの面積を占有します。それでも今までは便利に使っていました。

しかし、ワイヤレスキーボードを使うようになってからは、カバーをスタンドに変えて、iPadを置くための広さを確保したうえでキーボードを設置して使うということが非常に面倒になり、ただ立てかける方法に変更しました。

でも、普通に立てかけると、ずるずる〜って滑ってしまいますよね。

そこで見つけたのが、この方法。

Img_0557

写真を見ればわかると思いますが、100均などで売ってる防振粘着マットを滑り止めに使うだけです。

最初は iMac に立てかけて、iPadが自分に正対した配置にしていましたが、iPadが真正面にあると仕事への集中度が下がってしまったので、今は左側に立てかけています。

この立てかけ方式だとiPadを持ち出すときも非常に手軽です。

そしてなんと、縦置きでも横置きでも使えます。天地逆なら、充電しながら立てかけもOKです。

2021年3月21日、緊急事態宣言が解除され、明日から出勤となりますが、会社でも立てかけ式でiPadを使えるようにしようと思います。

粘着マットを持っていくのを忘れないようにしなきゃ。

2021/03/14

Notion来てるとは思うけど、Evernoteが好き

20210314_105255

Evernote 10.8.5 はお気に入りになりました。

以前はこんなことになったので、大嫌いになり、Evernoteに変わるアプリケーションを探したこともありました。Notionというアプリケーションが素晴らしいというYouTubeでの動画を見て、浮気心が芽生、少し触ってみました。

Notionはかなりいい感じのデザインしたノートを作ることができる、データベースも持っている、自分の情報を一元管理ができる強力なツールです。

思いついたこと、書き始めるのに手間取ったことと、書き始めたノートの見た目にこだわってしまい、Evernoteみたいにささっと書き始めて、書き終わることができませんでした。その時は自分には合わないなぁ〜という印象でした。

Notionは、Evernoteに取って変わるというものではなく、Evernoteより大きなツールなのだと思います。

そんな次なるルーツに悩んでいた時、Evernoteからアップデートの通知があり、ダメもとでアップデートしたところ、リストの移動に時間がかかる問題は解決していました。その修正が加えられただけでも、私には万々歳です。

新しいバージョンは、ショートカットがなくなって(チェックボックをインサートするショートカット)、挿入という項目にまとめられたり、ホーム画面が追加されたり、いろいろ使いやすくなるように改良されているようです。

エクスポートを使った保存形式がenexしかなくなっていますが、共有からメール送信すると、見た目のとおり(自分の簡単なノートでのテスト)のノートを送ることができます。

以前の感覚にEvernoteが戻ったので、また使い続けていこうと思います。

2021/03/07

iPad、Slide Over は使わないとね

Ipad-slide-over_20210307110801

iPadで便利な機能、Slide Over。

YouTubeを見ながら、Safariで調べ物をしたり、Evernoteにメモをしたりできるので、使い勝手は劇的によくなります。

YouTubeのプレミアム会員とかにならなくてもYouTubeを見ながら + 仕事を実現できます。

iPad Air 2 で使っているので、画面は狭いですけどね。

さて、そんな便利なSlide Overの使い方です。

今回はiPadOS 14.4を使っている場合です。Slide Overには感動して、何度かココログに記事を書いたことがありますが、内容的に間違えていたり、今やってみるとうまく操作できなかったりしているので、再度、自分でもわかるようにまとめてみました。

以前のココログ記事:iPadで苦手な操作、Slide OverとSplit VIewを克服します

★Slide Overの始め方

ドックからアプリのアイコンをiPadに表示されているアプリにドロップします。上の図でいきますと、ドックのアイコンをiPadと書いているエンジ色の長方形の画面(これは実際には、起動しているアプリの画面です)にドロップします。ホーム画面でSlide Overはできないみたいです。

すると上の図のような画面になると思います。

勝手な呼び方ですが、Slide Over 状態のアプリには上ラケット、下ラケットがあります。その呼び名を踏まえて以下の操作を行えばSlide Over画面をコントロールすることができます。

★Slide Over アプリを追加する

ドックの中のアイコンをSlide Overしているアプリにドロップします。

★ Slide Over アプリを切り替える

2つのアプリを切り替えるなら、下ラケットを左右どちらでもいいので、スライドさせてその画面だ!と思ったら指を画面から離せばそのアプリをアクティブにすることができます。

3つ以上のアプリで、画面を見ながら、切り替えるなら、上記の方法でもいけますが、下ラケットをそのまま少し上にスライドさせます。トランプのカードのチラ見のようになれば、指を離します。するとカードが並ぶようにアプリが並びます。一覧表示状態なので、切り替えたいアプリをタップすればOKです。

★ Slide Over アプリを全画面にする

上ラケットをつかんで、一旦、画面の真ん中に持っていきます。「V」を書く感じで指を動かすと、Slide Overを始めた時の感じの画面になります。その状態のウィンドウになったら、そのまま指を離さず、ウィンドウをiPadの画面上部に当てると、ウィンドウが大きくなります。その状態で指を離せばそのアプリが最大化されます。

★ Slide Over画面を隠す

上ラケットを画面右側に移動させます。上ラケットを押して一息置いてはいけません。ぱっと触って、す〜という感じで移動させます。右側にしか隠せないようです。

★ 隠したSlide Overを再表示する

画面右側の外から指をスライドさせる感じで、画面にSlide Over を再表示させることができます。

★ Slide Overを終了させる

複数Slide Overで表示している場合、一気に終わらせる方法はわかりませんが、下ラケットを上に少しスライドさせて、アプリがカード状態になれば、一旦指を離して、カードを画面上部に投げる感じで、再び指をスライドさせれば、アプリを終了させることができます。

Slide Overでできる機能はこれぐらいだと思いますが、何かまた気がついたら、加筆したいと思います。

 

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ