サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« iPadにApple Wireless keyboardを接続して、Functionキーでできること | トップページ | Blenderを会社で使えて幸せ。でも無謀な3Dテキスト作成 »

2021/06/13

スタッフが探してきた3Dテキストツールは、まさかのBlender

動画の演出として、3Dの文字を使ってみようと思いました。

スタッフの手が空いていたので、スタッフに何か3Dのテキストを作るツールを見つけてくれない?ってお願いしたところ、ネットを検索し始めました。

そのスタッフは音楽を本業にしている人物ですが、バイトとして私と一緒に仕事をしています。動画編集の仕事を手伝ってくれる時は指示したことを淡々とこなしていくタイプで、テロップ入れの時も文字の装飾は自分ですることはなく、私と打ち合わせをしてテンプレートを決めて、テロップ作業を進めるスタイルで、絵的なことには足を踏み入れません。

私も試行錯誤をしながら、画面のレイアウトを作ったり、テキストの装飾を考えるので、この色はこれにしてとか、もう少し右に配置してとか小言を言います。そう言った私からのダメ出しが嫌で、グラフィックに足を踏み入れたくないこともあるのだと思います。

その気持ちはよくわかります。私も自分が設定したテロップや、画面配置に対して上司からダメ出しを受けることもあり、その時のダメージはかなりあります。

なので、スタッフにその点を克服して欲しいとは思っていません。なんてったってミュージシャンですから。

で、そのミュージシャンが見つけたツール。最初はWEBで入力する感じのツールだったのですが、それはエンボスなどを使って、立体的に見せるだけだったので、却下。その後見つけてきたのがなんと「Blender」。

まさかBlenderに行き着くとは思いませんでしたが、YouTube でテキストの使い方を調べて、作成して見せてくれました。自分がサンプルで作った3Dの文字よりもお洒落な感じでできていて、負けた〜って感じです。

短時間でそこまで作ってくるとは正直思っていませんでした。自分にとって、Blenderは難しいツールだと思っているのでちょっとショックでした。

テキストの完成後もYouTubeでBlenderの他の動画を見て、レゴの人形を作っていました。その時のYouTubeでの学習方法が効果的で、ちょっと見て、理解して、それを試す。という感じで作っていました。一度理解、記憶して実践するスタイルで、確実に手法を身につけていくみたいです。

なかなか、大したものだと思いました。私の学習スタイルは見ながら進めていくので、記憶に残りません。こんなことができるんだ〜って終わってしまうところがあります。

今後は彼のやり方を真似て、Blenderの使い方を覚えていこうと思います。時間はかかりそうですが、確実に身に付く方法だと思います。

さて、気が短い私にその学習方法ができるでしょうか。

« iPadにApple Wireless keyboardを接続して、Functionキーでできること | トップページ | Blenderを会社で使えて幸せ。でも無謀な3Dテキスト作成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ