サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 家計簿アプリ、Zaimが面白い | トップページ | 壊れていたって使えるもの »

2021/07/31

キーボード、まとめました〜

P1120750

自宅で使っているMacはiMacとMacBook Pro。キーボードはUSBスイッチャーで切り替えて使っています。2台のMacのキーボードはAppleフルキーボードです。

最近はiPadもApple Wirelessキーボードを使って操作します。外付けのキーボードを使うと、iPadの画面が広くなって使いやすくなります。Command +Tabを使えばアプリを切り替えることができて、画面に手を伸ばす必要がなくなり便利です。その上、名前がわかっているアプリ、SafariやTver、YouTubeなどのアプリはスポットライト(Command + Space キー)を使えば、立ち上げも早いです。

そんな便利なiPad用のキーボードですが、Mac用と合わせて2つのキーボードを机に乗せると机が狭くなってしまいます。

ここ数ヶ月間は狭い机の上で2台のキーボードを使っていましたが、ブックオフで3台のデバイスにBluetooth接続ができるキーボードを見つけてからは、そのキーボードに興味が湧いて来ました。2台のキーボードを1台にまとめる妄想が頭から離れません。

新品で購入しても3千円代なので、キーボードとしては安い方です。

しかし、キー配列が通常のAppleキーボードと違うので、使いにくいかも、キ〜ってなる(精神的ストレスを感じた時の音)かもとか考えると3千円とはいえちょっと躊躇っていました。Bluetooth接続で、3台のデバイスを切り替えできるMac専用のキーボードを探してみましたが、ありませんでした。

Windowsキーの配列を一度試してみないと、キー入力のストレスがどれくらいなのかわからないもんなぁ〜なんて思っていました。

自宅の机をスッキリさせたい妄想が頭から離れないある日、会社で使っているキーボードが9台のBluetooth接続ができるタイプであることを思い出しました。もともと個人所有のキーボードで、サイズがコンパクトで、Bluetooth接続ができるということで選んだキーボードです。

そのキーボードを持ち帰って試してみればいいんじゃない?

早速、自宅に持ち帰り接続させてみました。モードはWindowsモード、Macモード、iOS/Androidと3つのモードがあります。

モードの設定も簡単で、すぐに3台のデバイスにつなぐことができました。

WindowsのキーボードとMacのキーボードで一番違うのがコントロールの位置。そして、コマンドキーとオプションキーが反対になっています。

3つのキーがネックですが、Macの環境設定・キーボードには修飾キーの変更ができる設定があります。

とりあえず写真のような設定に変えました。

20210729_225802

刻印と中身が違うので混乱するときもありますが、その時は頭で変換しながら、使っています。

iPadもキー設定を変えることができるので、早速変更しておきます。

Apple キーボードと違ってキーとキーの間隔がないので、打ちにくい気がしないわけではないですが、これも慣れですよね。会社でこのキーボードを使っている時はキーの間隔が狭いと思ったことはなかったわけですから。

そのほかにもキーの組み合わせが違ったりするのでしょうが、刻印をみて、考えながら使ってみようと思います。

まとめたおかげで机の上は、スッキリできました。

ちょっと、今は幸せです。

« 家計簿アプリ、Zaimが面白い | トップページ | 壊れていたって使えるもの »

Macの使い方」カテゴリの記事

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ