サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021/09/26

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)が大好きです。買ったのは2014年製、LX100 ★

Img_0997

私はコンパクトデジタルカメラが大好きです。

カバンに忍ばせてどこでも気軽に持ち運べる点が最高です。

今まで使っていたデジタルカメラはPanasonic DMC-TZ40、2013年製です。

TZ40は明るい場所での撮影には不満はなかったのですが、暗い場所、夜景には弱くてかなりぶれないように写真を撮るためにはかなり難儀してました。それにマニュアルフォーカスがないので、ピントを合わせたい場所に合わせることができない、オートフォーカスもちょっと遅い感じでした。

新しいコンデジを探していましたが、コンデジの人気はスマホに押されて下がる一方。縮小に向かっている市場です。スマホを使ったスナップショットはいいのですが、少し自分の好みを加えるとなるとデジタルカメラの方が抜きんでています。スマホで撮影してアプリを使えばいろいろな加工ができるのだと思うのですが、素材に拘りたいと思っているので、やはりデジカメになります。これは自分の見解なので、異論は大いにあると思いますけど。

新しいコンデジが欲しい!と色々探してみましたが、気に入ったカメラはLX100mk2とRX100M5A。どちらも10万円前後と高額です。そしてどちらも2018年製です。SONYにはRX100M7と言う2019年製の超高額(15万程度)カメラもありますが、そこまでの金額は出したくありませんでした。

コンデジの市場がなくなるのが早いか、新製品が出るのが早いかといった感じですが、新製品は、今後は出てこないのではないかと思います。

そんな中、値段と、性能、機能で私はLX100を選びました。おそらく今回購入したカメラが、人生最後のコンパクトデジタルカメラになると思います。

かなりカメラ自体のサイズは大きくなりましたが、まだ、カバンに入れていつも持ち歩くことはできます。

YouTubeでLX100の作例や使い方を見て、使いこなしたい思います。

使いこなしてなんぼですもんね。

2021/09/18

デジタル・力(りょく)

Evernotepython

最近、自分のデジタル力が落ちているなぁと感じます。それも、かなり。

なぜそう思ったかと言うと、Macを触っていてもあまり楽しい気がしない?からです。

そもそも、Macで何か作ったりワクワクすることをあまりしていません。

最近、Macでやっていることは、Blenderのマニュアルを読むことぐらい。

なんだかんだ、Macを使っていないからだと思います。

そもそもデジタル力は自分の中ではMacを使って、何かを作り出す事だと思っています。

Evernoteもめっきり使っていないし、気がついた事を「メモ」にメモしようというマイルールも守っていないし、写真も撮影していない、Instagramに毎日投稿(土、日は休み)もできていない。

こんなことでは、デジタル力は下がる一方ですよね。そもそも、そんな使い方ではダメですよね。

絵を書いたり、プログラムをしたり、生み出す、作り出すことをしないと。

Macでできることをどんどんやっていかないと楽しみがなくなってしまいます。受け身ばかりではダメですよね。

なので、これからは適当にAffinity Designerを使って手書きの画像をアップしたり、Pythonの学習も進めていこうと思います。

(仕事での満足度も下がってきてるのかなぁ〜、こんなことができました〜すごいでしょうって思っていることが、周りにはふーん、そうなのって感じで流されてしまいます。承認欲求が満たされていない?ボソボソ)

2021/09/10

★Adobe Audition、ノイズ除去。今回はもっと歪んだクリッピングした音

Audition

クリッピングした音を修正する方法を以前お話ししました。

その時はDeclipperを使って耳障りな歪んだ音は改善されました。

しかし、今回はそんな手では太刀打ちできません。

入力レベルが大きすぎたがために喋っている人の声が、バリバリと歪んでしまっていました。

これは、手に負えないと一旦サジを投げましたが、なんとなくスペクトル表示を見ていると「豆苗」のように他の塊とは違うもう一つの塊がある事に気が付きました。

試しにこの上の部分を切ってみると、さっきのバリバリが消えました。

コンプレッサーを強力にかけている感じの音声ではありましたが耳障りのバリバリはほとんど気になりません。

え、この手が使える?と早速音声を編集し他の人にも加工後の音声を聞いてもらうと概ね好評。

早速、この加工を施した音声を用意し、XMedia recordでオリジナルの映像と加工した音声を合体させ動画を修正しました。

音の世界も深いけど、単純なところもあるのだなぁ〜なんて感じた瞬間でした。

実際にそんな音の処理をしていいのかどうかわかりませんが、今回は人の声で、そこそこの音質。こんな加工をしても許されるのではないかと思います。聞いた音が良くなっていれば、それで良しだと私は思います。

Adobe Audition。本当に頼りになります。

2021/09/05

写真管理アプリは「写真で」★

20210905_080347

写真投稿のために使っていた写真管理ツールはデータベースソフトのFileMaker Pro 12。

投稿した日付や、タグ、写真、採用、不採用などをデータベースに記録していました。

そのFileMaker Pro 12が使えるのはmacOS Sierraが動作するiMac Late 2009。そのiMacもセーフモードでしか起動できず、「写真」やFileMakerはかろうじて動作しますが、YouTube、ミュージックなどは画像が乱れて問題ありの状態なので普段は使っていません。

普段使っているMacBook Pro mid 2012はCatalinaで動いていますが、こちらではFileMaker Pro 12は動作しません。

なので、写真管理はiMacを使っていました。

最近はFileMakerを立ち上げるためだけに、MacBook ProとiMacを切り替えるのも面倒になってきて、MacBook Proで何とかFileMakerの代わりができないものかと考えました。値段の安いデータベースソフトも探しましたが、今ひとつだったので、macOS標準の「写真」を使う事にしました。

まず、写真を読み込むときに、投稿に使えそうな写真に「お気に入りマーク」をつけて選別。

実際に写真投稿の準備をするときには、Command + I で情報を開いて説明にタイトルを記入。キーワードにタグを打つというやり方で管理してみる事にしました。タグはカンマ区切りで、おこなった方が入力の手間が省けていいですよ。例えば、お洒落、ニトリ、めだかとタグを入力する場合はお洒落,ニトリ,めだかと半角のカンマ区切りで作った文字列をテキストエディタで作って、コピーすれば一気に入力できます。

採用不採用はマークをつける事にします。PIXTA:○ とか★とか。

で、投稿した写真はアルバムを作ってそこにまとめることにします。

続くかどうかわかりませんが、こんな管理の方法で試してみようと思います。

そもそも管理が必要?って思う方もいらっしゃるでしょうが、私には投稿時のタグを考えるのが大変で時間がかかるので、その部分を簡略化するために管理する必要がありました。似たような写真はタグをコピーペーストすればいいわけですからね。

それにしても、いいかげんアプリケーションの名前「写真」はやめて欲しいところです。「ミュージック」っていう名前もね

【2021.10.12】

2021/09/02

今日でYouTube Premium無料体験は終了です

20210902_063823

本日9月2日、3ヶ月のYouTube Premiumの無料体験が終了します。

体験してみるとCMがないのは本当に素晴らしいです。

YouTubeのCMは30秒、15秒我慢すればいいというわけではなく、10分以上延々と続くCMが入ったりすることがあるので、その時は洗面中でもいったんCMをスキップしするために部屋へ戻ったりしていました。洗面所にiPadを持ち込めばいいのですが、置き場所が洗濯機の上しかなくて、洗濯機を使用していない時はその上に置けますが、大体カミさんが洗濯機を回す時は私が出勤の準備をしている時です。洗濯機が振動でブルブルしている上にiPadを置くのは、さすがに嫌です。

カミさんの名誉のために言っておきますが、カミさんからの嫌がらせではありません。

なので、CMがないのは本当にストレスフリーです。

それからPremiumで売りになっているバックグラウンド再生ですが、最初の頃は使っていましたが、ギガの消費が気になり、バックグラウンド再生は使わなくなりました。携帯電話の契約を見直せばいいのでしょうが、今のところギガを増やすつもりはないです。

オフライン用に保存もできますが、保存してまで見ようとは思わないので、私には魅力的な機能ではないです。

youTube Music Premiumもついていますが、そちらは3ヶ月の体験中一度も試しませんでした。

と考えるとYouTube Premiumの魅力はCMがない〜ということに尽きます。これだけのことですが、この体験をすると戻れないですねぇ〜。

前にもブログで書いたかもしれませんが、100GのGoogle Driveもつけてくれれば嬉しいのになぁ〜。いつかその容量がついて1000円ぽっきりなんて事になって欲しいと思っています。

そんなPremiumに惚れ込んでこのブログを書き始めるまでは加入する気満々だったのですが、ちょっとPremiumじゃないYouTubeを体験してもう一度考えることにします。

今の自分の中では6:4で加入に傾いています。明日から何日か試して、それから考える事にします。

 

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ