サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021/12/31

2021年、年の瀬に大失敗

57dbec152e7b46438ab15deeeb9f2359

まさか2021年12月30日にこんな失敗をやらかすとは。

100円ショップのダイソーにカミさんと車で出かけ、車から降りる時に上着のポケットからiPhone SE2を落としてしまいました。落とすなんてことはよくあることなのですが、今回はやらかしてしまいました。

今までiPhoneを愛用してきましたが最大の悲劇でした。

なんと裏面のガラスが割れてしまいました。カバーをつけていなかった私のせいですけどね。

かなりのひび割れで、パリパリとはがれそうだったので早速ダイソーでカバーを買いました。

運が悪かったです、というよりは今まで運が良かっただけでしょうね。何度も落としてますからね。

修理のことも考えましたが、もう少し100均のカバーをつけたまま使ってみることにします。

そんな年の瀬を送ることになりましたが、来年も色々あるでしょうね。

来年もよろしくお願いします。

2021/12/30

Creative Cloud、ひょんなことで契約したまま。痛い出費になりそう

最近仕事で、Adobe Premiere Pro を使い始めています。今まではEdius Expressを使っていましたが、作る動画のマンネリ化打破とスタッフのモチベーションのアップのためにAdobe Premiere Proを使うことにしました。

私のPCには以前からAdobe Creative Cloudがインストールされていて、私一人で動画を作る場合はPremiere Proの勉強も兼ねて使っていました。しかし上記の理由からPremiere Proを使って動画を作成することにしました。

早速スタッフのために購入してもらおうと会社と交渉したのですが、タイミングが悪く会社から2週間ほど待たされることになりました。ですが手持ちの仕事をスタッフにはPremiere Proを体験しながら使ってもらいたかったので、私のメールアドレスで、Creative Cloudの体験版をインストールすることにしました。体験版の期間今まではひと月ほどだったのですが、今は1週間しか使うことができなくなっていました。

スタッフには1週間以内で、動画を完成することをお願いし制作に入りました。

それが終われば、私のメールアドレスでインストールしたCreative Cloudは正規の登録をせず解約すればいいと考えていました。

しかし、気がつけば動画の制作が終わり、会社にCreative Cloudを購入してもらったにもかかわらず、解約を忘れていました。気がついた時には3960円、口座から引き落とされていました。気がついた時にすぐ解約すればよかったのですが、3ヶ月の無料期間があると言った記述を見たような気がして、じゃ3ヶ月後に解約しようと思ってそのままにしています。

でも約ひと月Creative Cloudがインストールされていても、全く起動することがありません。そもそも私のMacBook Pro 2012には処理が重いでしょうしね。今年の大掃除も兼ねて、解約の手続きをすることにします。

Adobe から届いているメールを見ると簡単に解約できますが、解約しようとすると年間プランの途中解約で、17767円支払わないとダメなようです。ええ〜そんなことが。

ちょっと待ってよ〜、聞いてないよ〜という印象ですが確認しなかった自分の落ち度ですよね。

ちょっと悩みましたが、1年間払い続けると残りは43560円支払うことになるので、ここは17767円払って解約することにしました。

ひとつ、すっきりしました。

皆さんも安易に申し込んだりしないで、ちゃんと解約の方法などは調べた方がいいですよ。

2021/12/29

カメラ掃除、3種の神器(おおげさ〜)

P1080509

【LX100にて撮影】

今年はカメラを2台も購入するというとんでもないことをしたので、一生大切にするつもりでこれらも大事に使おうと思います。

ということで、早速きれいにお手入れしました。

まずはエアーを吹き付けてゴミを飛ばします。その後、100均で買った化粧品のハケで、ゴミを払います。これだけで、結構きれいになります。あとは指紋がついていたら、クロスで拭き拭きするという感じです。

大きな埃はらいは基本的にはMacのキーボードなどMac周りを掃除する時に使っています。

何をきれいにするにも一番効果があるのは100均のハケです。

さて、カメラもきれいになったし今年も残すところあと3日。何か撮影に行く機会があるかなぁ〜。昨日撮影に行った行船公園が今年最後の撮影になるかもしれません。

なんだかんだ手元にLX100、FZ85、VZX990(ビデオカメラ)があるので、来年は動画撮影ももっと楽しまないとと思っています。今年まるで出番がなかったFinal Cut Pro X も使わないといけませんよね。1年放置しているので、使い方を思い出さないといけませんけど。

 

2021/12/28

Bluetooth イヤホン、マルチポイント非対応の場合のデバイスを選択して接続する方法

P1080502

Bluetoothイヤフォンを購入しました。10月末頃の話ですけどね。

その理由は今まで使っていたBluetoothイヤホンの片耳をなくしたからです。

そこで、Amazonを探し回り、Anker のSoundcore Liberty Neo2 というイヤホンを5000円程度で購入しました。

片耳ずつの再生が可能で、再生時間も10時間程度、IPX7対応で、スタイルもAirPods型に代表される耳引っ掛け式ではなかったので、その製品を選びました。トレンドなノイズキャンセル機能も気になったのですが、この製品はノイズキャンセルは対応していませんでした。

音質もしっかりしていて気に入っていますが、一点私が見落としていた機能がありました。

それはマルチポイント対応ではなかった点です。

マルチポイントとはBluetoothで同時に2つと接続できる機能です。例えばイヤホンの電源を入れるとiPadとiPhoneに接続して、再生を開始した方の音が聞けるという接続方法のことです。

結構この機能は便利で、以前のイヤホンでは重宝していました。

しかし今回購入したSoundcore Liberty Neo2はその機能がないので、出勤準備中にiPadでTverを見た後、出勤中にiPhoneで音楽やPodcastを聞こうとすると、iPadに接続してしまいます。当初はその機能はどのイヤホンも持っているのだろうと思っていたのですが、そういうわけでもないみたいでした。

なので、結局通勤中にiPhoneでPodcastを聞く場合はiPadを鞄から出して、iPadの環境設定を開いてBluetoothの接続解除をする必要がありました。かなりこの手は面倒です。

何度かそんなことをやってるうちにもっと簡単にできる方法を見つけました。

それは、イヤホンの電源をいれるや否や、iPhoneまたはiPadの環境設定、Bluetooth からイヤホンをタップする方法で自分が使いたいデバイスと接続することができます。

もしうっかり別のデバイスに接続した場合はイヤホンの電源を切って(10秒程度のイヤホン面を長押し)、再度電源を入れ(2秒程度のイヤホン面の長押し)「Buttery High!」とイヤホンが言っている間に上記方法で接続することです。

最近はこの技を見つけたので、鞄からiPadを取り出して道端でBluetoothの接続解除をする必要はなくなりました。

 

2021/12/26

Mac と iPadを新しくしたかったけど

P1080485

今年中に、Mac とiPadを新しくしたかったのですができませんでした。Appleのサイトで何度も「バッグに追加」をしましたが、「ご注文手続きへ」のボタンを押すことができませんでした。

MacはM1 Mac mini メモリー16Gバイト、500G SSD (¥123800) をiPadは最終的にiPad mini 第6世代 256GのWi-Fiモデル + Apple Pencil 2 (合計 ¥77800)が狙っていましたが、購入は少し見送ります。今の自分では、新しいMac、iPadを買っても今以上の使い方をしない気がするからです。快適さは確実にアップしますけどね。

私が使っているiPadはAir 2 ですがiPadOS は15が動作しています。自分が情報をインプットするには十分です。ちょっと前までは楽天マガジンや、Amazon Prime Videoでアプリが落ちることがありましたが、今はそんなことは一度もありません。安定している気がします。メモを取るときもEvernoteだと起動までに時間がかかりますが、Apple純正のメモだとサクッと立ち上がりますし音声入力の精度も高く、とりあえずメモを取るにはアップルのメモで十分です。後で、MacのEvernoteを使えばいい訳ですからね。

私が使っているiPad Air 2の不満はApple Pencilが使えないことです。手書き認識と、イラスト描き。やってみたいです。そうは言ってもちょっと使ったら飽きるかもしれません。少し不満はありますが、工夫できることは工夫してもう少し使っていきたいと思います。iPadでFinal Cut Pro Xが動作すれば、Mac miniは諦めて、iPad Pro に手を出すかもしれません。

AppleにはiPad Pro をMacBook の末っ子あたりに位置付けて、macOSが動くようにしてほしいところです。

今年はコンパクトデジタルカメラ LX100とFZ85を追加したので、来年はFinal Cut Pro Xを使った動画の編集を頑張ります。Blenderもショートムービーを作ることができるぐらい頑張りたいと思います。

来年、iPadやMacが本当に欲しい!必要!と思ったら買うことにします。その時に資金があればの話ですけどね。

 

2021/12/19

Panasonic LUMIX FZ85に一目惚れ

Lx100fz85

ジョーシン電気で触ってしまったPanasonic LUMIX FZ85。ズームがすごいのです。なんと60倍。

9月に買ったLumix LX100の20倍のズーム力。

先日、紅葉を見がてら撮影に行った場所で、「カワセミ」がいたので撮影しましたがLX100では「え、どこ」って感じでしか撮影することができませんでした。

P1080062

【この写真の中に、カワセミを見つけることができますでしょうか:LX100】

LX100は作品を作るには最強(レンズが明るくて、ボケがいいので)だと思っていますが、野外撮影の場合、ズームが弱いのはストレスになりました。

そんなところにFZ85に出会ってしまい、値段も4万円を切る価格で、お店でも物欲心が動きました。でもLX100を9月に買ったばっかりだしなぁ〜、一眼レフなみの大きさだから持ち歩きには不向きだしなど、なんだかんだいったんは諦めました。

しかし、自宅に戻っても気になってしょうがありません。60倍のズームの魅力に取り付かれてしまいました。

ニコンには83倍のCOOLPIXという、さらに高倍率の「コンパクトカメラ」がありますが、金額がほぼ10万円ですので、いくら倍率が高いカメラが欲しいとはいえ、そこまでの金額は出せません。

LX100を購入していなければ、その選択もアリだったかもしれませんが、その当時は、カメラのコンパクトさにもこだわっていたので、COOLPIXの選択はありませんでした。そもそもカメラ購入の予算は10万円ではありませんでしたからね。結果的に8万円(LX100が4万円、FZ85が4万円)ぐらいの金額を新しいカメラに使ったことになりましたけど。

M1 Mac miniを一旦あきらめて、その数日後にはFZ85を買ってしまいました。

私の中で、LX100とFZ85のコンビは色々な撮影ができる、いいコンビになりそうな気がします。どちらを持ち歩くか、悩みそうですけどね。

通勤はLX100で、野外撮影はFZ85とかって今は単純に考えていますけどね。

来年は、もっともっとたくさんの写真を撮影して、写真投稿サイトにバンバン投稿しようと思っています。

LX100、FZ85、よろしくお願いします。たまにTZ40も使います。

2021/12/12

音声入力が楽しいです

Img_1126cut

 

音声入力が楽しいです。

iPhoneやiPadで検索する時やテキスト入力が必要な時に、キーボードから入力しないで、音声で入力するというのが今の自分のトレンドです。

これ絶対おすすめです。

数年前の音声を認識する力とはまるで違っていました。

私は今まで、音声入力は誤認が多くて、結局キーボードから入力した方が早いと思っていました。

でも今は違います。

iPhone、iPadの場合はアップルのサーバを使って音声からテキストに変換する方法がメインだそうですが、Macはローカルで変換しているため、iPhoneなどより精度が落ちます。私はMacBook ProのOSがCatalinaで古いためかと思ったのですが、処理の仕方が違うため、精度も違うようです。

IT用語など専門的な用語を含む文章の場合の変換は、誤字、聞き間違い、(自分の発音、滑舌が悪いのも問題かも)が多いですが、一般的な文章では正確に聞き取ってくれます。

ひそひそ声でもちゃんと聞き取ってくれるし、周りでテレビの音が鳴っていても私の声を聞き取ってくれます。この聞き取りをしてくれたときは「何て可愛いんだぁ〜」って思ってしまいます。

とはいえ、音声認識をする時、原稿は作った方がいいです。あれ?原稿を作るときはテキスト入力する。ということはキーボードからの入力することになるわけだから音声入力する必要はないんじゃないの?

なんて「にわとりが先か問題」ということになるかもしれませんが、何を話すかメモする程度でいいと思います。なんなら手書きでもいいと思います。が、自分の場合は、書きたい事をとりあえずしゃべります。間違えたら、言い直してなんとか入力したいテキストを作成します。それからそのテキストを編集するというスタイルでやります。

このやり方でも十分、テキストをいちから入力するよりは早いです。

 周りに人がいたりすると、音声入力はちょっとはばかられるので、万能な入力方法ではないですが、時と場所を選んで音声入力を使えば、本当に素早く検索したり、メモができるようになります。

これからも「ひそひそと」使っていきたい機能です。

 

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ