サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

  • DMM

SECOND HAND(セカハン)

« 今日はYouTube Liveを頑張ります! | トップページ | iPad、中古を買うならGEOかもね »

2023/12/03

ソフトウェアで乗り越えるという考え方

P1150108

たまたま見かけたYouTubeの動画。のぶぴー写真館、「マイクロフォーサーズ推しの理由【第2弾】。解像度をカメラで追い求める時代は終わろうとしています。これからの方法をお伝えします

写真の解像度を上げるためにカメラ自体を買い替えるという時代は終わりを告げ、ソフトウェアで解像度を上げる時代がやってきたって話の動画でした。

ちょっと目から鱗の考え方でした。自分はどちらかというと、いい素材を撮影するってことが必須な条件だと思っていたからです。

ですが、実際iPhoneで撮った写真も、あの小さなレンズで撮ってもソフトウェアの技術であそこまで、グレードアップしてるんだもんね。だから、出来上がりが似たような色合いになるのだと思います。

といった事を考えれば、これからの時代、ソフトウェアでハードウェアの能力を解決していく時代になるのかもしれません。

実際の自分の動画編集の仕事でも、音声や、映像をPremiere Pro上で後から修正しています。

音声が小さかったら、ノイズを抑えて音量をアップしてるし、歪んでたら、Auditionで修正するし、映像が暗かったり、色が悪かったら、色調整したり、輝度を上げたり、明るくしたり、彩りを強くしたりなど何かしら加工をしています。

むかしは素材が良くなければだめ!って時代だったと思うんだけど、今は素材作りもず〜と簡単になっています。
iPhoneやスマホで音声を録ってもノイズは少ないし、映像だって、暗くてもそれなりに撮影してくれます。

今回動画を見ていて、写真も写っていないもの、見えてないものまで、再現される時代になったんだなぁ〜って思いました。

写っているものが本物かどうかわからないけどね。(AIなどが補っているかもしれないので・・・)

ということで、単純に機材を追い求めるよりは、ソフトウェアを使ってハードウェアを乗り越えることが時代に合ってるのかもしれません。ソフトウェアを購入する方が懐にも優しいですしね。

とはいえ、それはハードとソフトの両輪があってどんどん、好転していくのだと思いますけどね。

そんな動画を見ると、いいMacが欲しくなりますよね。あれ、ハードウェアに依存してる。カメラの買い替え話しなくてもMacの買い替えは定期的にやらなくちゃいけなくなって、結局、大金が飛んでいくことになるんだよね。

わけがわからなくなる〜

 

« 今日はYouTube Liveを頑張ります! | トップページ | iPad、中古を買うならGEOかもね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2024年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ