サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

  • DMM

SECOND HAND(セカハン)

カテゴリー「Mac での出来事」の記事

2023/11/06

停電でiMacの再起動にてんてこまいした話

2023/11/05

朝、6時半ごろMac miniでブログを書いていると、突然マックが落ちました。

あれ?

それから家の電話がぷーぷーっと電源が切れた時の音

ん、電源が落ちた?停電?

自宅の室内灯をつけようとしましたが、つきません。

停電です。

「X」で住んでる地域の停電情報を調べてみましたが、停電で騒いでいる人はいません。

ブレーカーをみましたが、落ちてる様子は見えません。(ここでブレーカーの見方を間違えていました。自分の知っているブレーカーのスイッチ以上にもっと大元のスイッチがあり、そのスイッチがオフになっていました)

あまりにも時間が早かったので、どこにも電話ができずに8時半まで、iPhoneで「X」からの情報を得るべく検索をしていました。

市役所に電話をしたり、大家さんに電話をしたり、東京電力に電話をしました。

自宅の停電ということで、東京電力が対応してくれました。60分から120分ほど自宅に来てくれることになりました。

その時間電気が使えない自宅にいる事もないので、カミさんと朝食を食べに行くことにしました。すると早々に東京電力の人から電話が入りました。自宅のブレーカーで次の操作をして欲しいとのこと。

急いで自宅に戻り、指示どおりブレーカーの操作をしました。そこで、大元の大元のスイッチがあることがわかりました。そのスイッチをオンにすると自宅の電気が復帰しました。しかし、2分ほどするとまた電気が落ちました。

東京電力の人と話をしながら、ブレーカーメインスイッチのそばの4つのスイッチを一旦全部オフにして、一つずつオンにしてどの部屋で問題が起こっているかを確認しました。すると一番右端でブレーカーが落ちました。

ですが、その後数分の時間を置いて一つずつスイッチをオンにしてみると、今度はブレーカーが落ちませんでした。

東京電力の人が言うには誤動作もあるので、その現象が起こったかも言うことで、このまま使ってみることにしました。

で、電源の落ちたiMacをMac miniのモニターとして使えるようにしなくてはなりません。

私のiMacはセーフモードでしか起動できないので、Shiftキーを押しながらiMacの電源を入れなければなりません。しかし、キーボードは普段iMacに繋げていません。

セーフモードで起動するためにはまずその準備をします。意外にこれが面倒なんですよね。ついでにマウスも接続しておいた方がいいと思います。マウスが繋がっていませんというメッセージをMacが出してくるのでその対策です。

で準備完了

シフトキーにオモリを置いてiMacの電源スイッチを押します。

画面を見ているとログイン画面が表示される前のプログレスバーの進みが非常に遅いです。5分〜10分してもプログレスバーが終わりまでいかないので、何度か再起動してみます。でも起動しないので、SMCリセットや、PRAMリセットをして再起動しても同じです。起動できません。

これはそのままにしておくしかないと言うことで、1時間ほどで、放置しておくとログイン画面が表示されました。こんなにかかった?と腑に落ちませんが、起動できたので良かったです。

あとはキーボードをMac miniに戻して、iMacのディスプレイポートに刺さっているケーブルをMac miniに繋げば、今までの環境に戻りました。

結構時間がかかりましたが、快適な環境に戻りました。

あ〜良かった。いよいよディスプレイを買わないとダメかと思いました。

今後は、停電にならないことを願います。

 

2023/05/18

OpenLegacy Patcherで、0.6.5にアップデートしたんだけどね

OpenLegacy Patcherから0.6.5が出ました〜って通知が来たので、アップデートしてみました。

AutoXXX.zipっていうファイルとOpenLegacyXXXっていうファイルがあってAutoXXXはGUIがらみのように見受けられたので、OpenLegacyXXXってファイルからインストールしたんだけど、Safariの画面が一部しか表示されない。下手したら、何も表示されないって現象になってしまいました。

で、AutoXXX.zipをダウンロードして試してみたところ、画面は表示されるようになりました。

Safariの画面が表示されないだけで、Chromeならちゃんと表示されたんですけどね。

MacBook Pro Mid 2012を使い続けたいからOpenLegacy Pacherにはこれからも頑張ってもらいたいと思います。

とりあえず、次回のアップデートがあったときもzipファイルをダウンロードすることにします。

この記事、ちゃんと画面などメモってなくて適当になってしまいました。が、私と同じように困った人はzipのファイルをダウンロードするといいかもしれません。あくまで、自己責任でお願いしますけどね。

2023/04/05

失敗して気がついた、今更なmacOS「写真」のコピーの話

20230405_065703

3月に入って、写真投稿も頑張ろう!と写真ACとPIXTAに投稿し始めました。現在300枚登録手前。2023年内に500枚登録を目標にしています。

ついでに、Adobe Stockにもアップロードしようとした時に「解像度が小さすぎるためアップロードできませんでした」というエラーが発生。調べてみると1084x725程度のサイズしかありません。

なんと〜サムネールがコピーされてる。

よく見るとアップロードされたファイルのファイル名が違います。

本来はP1120488、サムネールのファイル名はDD3BC5FA-C623-4F24-AF5B-8EF3B1707580_1_105_c。

ここで気がつくべきでした。

私の写真投稿の手順は、まず撮影したデータは「写真」に取り込んで、一通り見てお気に入りマークをつけます。

そしてお気に入りマークが付いている写真一覧のサムネールから、複数枚を選んで、ショートカットキーを使ってコピー&ペーストで写真投稿用のフォルダに一旦移動させます。

その後、メモを使って、投稿する写真のタイトルとタグを考えます。その準備ができたらPIXTA、次に写真ACという順番で投稿するというのが一連の作業です。

上記の作業の流れの中、ミスはショートカットを使ったコピー&ペーストでした。

一枚程度しかアップロードしない場合はそのまま、写真を選んでドラッグ&ドロップで問題は発生していなかったんですけど、複数枚選んで、コピー&ペーストが問題でしたね。

正しいオリジナルのデータを書き出したい場合はメニューから「書き出す」を選んで、「1枚の写真の未編集のオリジナルを書き出す」を選択すると、クオリティの高いオリジナルの画像が書き出されます。

うう〜今まで投稿した写真の何枚かは画質の低い写真を投稿していたのかもしれません。

今回は、写真AC、PIXTAへの画像はサムネールサイズになっていた写真は一旦削除して、あげなおします。

お、写真ACでは2枚ほどサムネールサイズでも審査を通過していました。間に合わなかった写真はそのまま使ってもらうことにします。

見た目だけで判断すると、今回のような失敗につながりますね。画面サイズなどに注意を払うべきでした。

2023/02/23

iMac late 2009 が静かになった日

4a28adaa1cc34d33bbca4ffc22a25b7e

ターゲットディスプレイモードで使っていたiMac、セーフモードでしか動かなくなりそのうち、ウォン、ヴォンなんてファンが引っかかるような音がし始めて、かなりうるさい音が部屋中に鳴り響くようになってきたので、ディスプレイをWacomOneでだけにして使っていました。

ですが、画面の狭さと、画面を覗き込む猫背スタイルが嫌になって、2月3日にまたまたiMacをMac miniのディスプレイとして使うことにしました。

使い始めてみると以前よりうるさい気がします。寝ちゃえば気にならないだろうと思いながら眠りにつきましたが、その日は夜中に4回ぐらい目を覚ましました。あ〜ブンブン言ってるなぁと思いながら。私にしては珍しく音が気になって目が覚めたということなんでしょうね。

と言ってもまたすぐ眠りに落ちるのですが。

その後数日間はiMacからけたたましい音が発生していました。

流石にこれはうるさい。どうしたもんだろう〜。本当にこの環境になれるかなぁ〜、ディスプレイを買わないとダメかなぁ〜、欲しいディスプレイはウルトラワイドモニター、それなりの値段はするし〜(昔のディスプレイからすると全然安いですけど、だって15、6万はしていましたからね)。でもそうしたらiMacは邪魔になるから処分しないといけないし〜などといろいろなことを考えました。

そんな時偶然見たYouTubeで「iMacの中身を全部抜いて外部ディスプレイ化するApple好き社会人男性【SDGs】」の動画を発見。

この手があったのか!

以前、マカロンさんのiMacをディスプレイ化という動画を見たことはあったのですが、マカロンさんの改造レベルが高すぎて、この改造は無理!って思ったのですが、メルルーサ丸岡さんの動画を見た時は自分にもできるかもと思ってしまいました。(メルルーサさんがハードルを下げてくれていました)

とはいえ、それは最後の手段です。メルルーサさんは改造に成功していましたが私には今ひとつ自信がありません。

iMacが起動しなくなるまでは現状のうるさいまま使うしかありません。この寒い冬でも、これだけファンの音がするってことは夏になると内部が暑くなりすぎ、おそらくiMacは壊れてしまうかもしれません。

しかし、このままiMacを朽ち果てさせるよりは最後まで使い切りたいと思いました。

なので、このうるささに耐え、iMacを使い続けることにしました。カミさんにiMacがうるさいかどうか聞いたところ、彼女にはそれほどうるさくはないようだったので、気にせずこのままiMacを使い続けることにしました。

そんな覚悟を決めた日の翌日(2月15日ごろでしょうか)、会社から帰ってくると、自分の部屋が静かでした。

iMacが落ちたのかなと、iMacをみると画面はついています。明るいままです。

「ん?何が起こってるの?」

キーボードや、パッドを使ってみるとiMacの画面の表示は正しく反応しています。

「ただ静かになっただけ?」

治ったの?やった〜と一瞬喜びましたが、ついにファンが回らなくなったのかもしれません。何かが巻き付いたか、ファンが壊れたか。

静かさと引き換えにいよいよiMacが終活に入ったのかもしれません。

画面のスリープ開始時間を短くして、なるべくiMacを冷やすようにしようと思います。

さて、いつまで一緒にいられるかわからないiMacですが、一緒にいる時間を楽しみたいと思います。

 

2022/12/18

「メモ」と「写真」と「カレンダー」でいいんじゃない?

世の中には色いろと便利なWEBサービスがあります。そのうちの一つにEvernoteがあります。

Evernoteはかなり長い間お世話になっているサービスです。使い始めたのは2010年の8月から。かれこれ12年以上ということになります。

ソフトウェアの使い方をメモしたり、パスワードなど、これ必要!っと思ったことはパパッとメモったりWebクリッパーを使ってWEBページを切り抜いたり、本当によく使っていました。

そんなEvernote、2年ほど前から有料版を使っていますが、来年は更新しなくてもいいかと思っています。

Evernoteが嫌いになったとかNotionを使いたいとかではなくて、使用頻度が下がってきていることと、もしEvernoteのサービスが終わってしまったら・・・ということについて考えた結果です。

使用頻度が下がっているのは純粋に自分がソフトウェアの勉強を怠っている結果ですけど。

今年は「メモ」を使って気になることをちゃっちゃっと控えておいて、Evernoteで整理するってスタイルを試してみたのですが、メモだけで良くない?って結論に至りました。

そこで「写真」と「メモ」と、ま、「カレンダー」があれば色々な記録や保存はできると思いました。

Googleのサービスを使いたいとも思いましたが、Googleは私の中では今ひとつ信用が置けません。というのはGoogleフォトでサービスをバッサリと切り捨てられたからです。ある意味、WEBサービスは簡単に終わってしまいますからねぇ。手元にアプリがあれば、そのまま使い続けることはできますけど。

来年、7月の更新月までに Evernote から「メモ」や「写真」にデータを移行させて、解約したいと思います。

「脳=Evernote」のリセットをすることにします。

2022/05/22

我が家に「Sidecar」はありません。からのastropad Standard。

0b378c20980543fe9ecbd198e036918d

macOSとiPadOSで画面を共有するSidecar。

普段は全く使う予定がなかったのですが、YouTubeを見ているときに「この動画、別の画面でチラ見しながらブログを書きたい」とふと思い立って、Sidecarを試してみました。

MacはM1 Mac mini(2022年5月22日現在、最新)。iPadはiPad Air2。

お気づきの方は、この時点でiPadがSidecar対応じゃない〜って思ったことでしょう。

そうです。iPad Air3からがSidecarの対象なのです。

使う機能としてはBluetoothとWi-fiそれにHandoffです。

一応、私のiPadでも「設定>一般」の中にHandoffは存在します。

OS上は表示されているのに、ハードウェアは対象外です

世の中的には「Free Sidecar」や「Splashtop」なる脱獄系もありますが、astropadという本来はiPadをタブレットがわりに使用したいという願いを叶えるためのソフトであります。astropadはiPad Air 2でも動作しました。

astropadでできるなら、ハードウェア的にも問題なくSidecarはiPad Air 2でも動作させることができるはずなんですけどね。

Appleが対応してくれない以上、sidecarは使えません。

新しくiPadを購入するまでSidecarはおあずけです。

 

 

2022/04/23

詐欺メールの撃退法

Photo_20220423111601
auのお客様:
   お客様のアカウントに異常検出しました。大変お手数ですが、24時間内にアカウントを登録内容を確認する必要があります。但しこの時間過ぎても確認取れない場合にはアカウントを一時停止させて頂くことがありますので、アカウントのご利用確認にご協力をお願い致します。御了承ください。

その後にご利用確認はこちらと書いてありました。

こんなメールが届くとドキッとしますよね。
でもここは落ち着いてURLを確認します。

URLを調べてみるとhttps://tinyurl.com/XXXXXXXXXX。tinyurlを検索してみると、短縮アドレスを作るサイトみたいです。

どこにも「au」が入っていない時点で怪しいです。ちなみにauPayは「aupay.wallet」から始まっています。
でスマホのauPayのアプリを開いてみると、詐欺メールにご注意ください。という通知が来ていました。

そもそも何かあればauPayのアプリに通知がくるはずですよね。

怪しいと思ったらメールは開かず、捨てるに限ります。
気になったら、スマホのアプリから確認する。これですね。
アプリからの通知機能なら安心ですよね。

2022/03/19

M1 Mac mini でターゲットディスプレイモード

P1090182

購入したのは M1 Mac mini。当然モニターが必要になりますが、モニターはターゲットディスプレイモードで iMac late 2009を使う予定でした。

自分が調べたところでは、M1 Mac mini + iMac late 2009(只今セーフモード中)でもいけると踏んでいました。

なので、M1 Mac mini を購入する4ヶ月ほど前にAmazonでディスプレイケーブルだけは早めに買っていました。Cable Matters の 「USB C Mini DisplayProt 変換ケーブル」 という商品でした。

しかしYouTubeの動画で「【検証】2020年版M1チップ搭載のMac miniはMac late 2012 でターゲットディスプレイモードが出来るのかどうか試してみる」という動画をみると見事にターゲットディスプレイモードに失敗していました。


その動画を見てからというもの、そういうことがあるのかも〜とディスプレイも購入することを考えていました。しかし、新たにディスプレイを買っても机の上にはiMacの27インチがいるし、二枚重ね風にディスプレイを並べるのも嫌だし、足元に置くしかないのかななんて想像していましたが、ある日、液晶タブレットにすればいいんじゃない?と思いました。XP-Penのタブレットに目をつけていたので、調べてみると3万円以下で購入できそうです。ついでにワコムも調べてみるとWacomOneという13インチのタブレットがAmazonだと3万円しないで買えそうです。

今回Macを新しくするために15万円程度を見込んでいたので、Mac miniとWacom Oneなら15万以下に収まります。

ということで、ターゲットディスプレイモードが使えない場合を考えたディスプレイはWacom Oneにしました。もしターゲットディスプレイモードが使えない場合、今まで使っていたiMacに比べると画面だ断然狭くなりますが、Wacom Oneでも1920x1080の解像度で使っていこうと思います。

と、万が一の対策も整い、M1 Mac mini と Wacom Oneがそろったところで、Mac miniを開封。4ヶ月前に買ったケーブルと接続〜って思ったら、ケーブルが見当たりません。あれ?買ったよねぇ〜(4ヶ月前のことなので、買ったかどうかも怪しくなってました)部屋の中を探すこと15分、袋に入った状態で見つかりました。

いざ、接続〜

・・・・・・

何の問題もなくつながりました。

本来なら、Command + F2でiMacのディスプレイを切り替えるのですが、ケーブルを繋いだ時にiMac側で勝手に切り替えてくれます。おそらくその時点で切り替わらなかったら、かなり大事になると思います。

特にトラブルもなかったので、Macの初期設定を行いWacom Oneを接続して、セッティングは完了しました。

めでたしめでたしです。

 

2022/01/08

Instagram、Safariから普通に投稿できるようになったのね

20220108_103830

何の気なしに、Twitterと共有した自分のInstagramの写真をMacからリンクをクリックしてSafariのInstagramで表示させたところ、画像のような表示が出ました。

以前はSafariから投稿するには一手間かかっていましたが、今はiPhoneなどのインスタグラムと同じように投稿できるようです。

とはいえ、アプリケーションの写真から連続で投稿するには、いったんファイルとして保存しておかなくてはできないようです。

1枚だけの投稿なら写真からドロップすればいけます。

この機能は嬉しいですね。

2021/05/02

私のMac。いろいろガタが来ています

私のMacたち、いろいろと限界が来ているのかもしれません。

iMacはセーフモードでしか立ち上がらなくなり、MacBook Proはバッテリーが膨張し始めています。

バッテリーの膨張のせいで、トラックパッドを押すのに非常に力がいる状態です。去年の8月にも同じ症状に見舞われました。そこで、バッテリーを交換したのですが、再度膨張しております。膨張させない方法があれば、試したいのですが、おそらくそれは使わない時は電源を切るなどの対応しかないと思います。

まさか、1年経たずにバッテリーが再度膨張するとは残念です。

通電はするけどバッテリに充電させない方法をネットで見つけて、ひと月ほど試していましたが、通電されない時があったので、その方法はやめました。

とはいえ、今の環境をおいそれと変えることができないので、このまま、使えるところまで使っていこうと思います。

でも腑に落ちないのはMacBook Proのバッテリーです。1年も持たないものでしょうか。次回の交換は秋葉館にお願いすることにします。

 

 

 

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ