サントリー

  • サントリーウエルネスオンライン

DMM.COM

It's a sony

  • ソニーストア
  • It's a Sony
    ソニーストア

カテゴリー「Macの使い方」の記事

2022/07/30

M1 Mac mini VS iPad Air 2

20220730_074131

全くもってM1 Mac miniを活用できていません。

最近の使い道は、写真の取り込みだけ。

取り込みだけで、Affinity PhotoやPixelmator、「写真」を使った加工も何もしていません。これなら、MacBook Pro mid 2012で十分です。

なんということでしょう

スクリーンタイムを見ても平均では2時間未満の使用。iPad Air2は平均時間が3時間49分となっています。

ま、iPad の使用時間が多いのは通勤前にYouTubeを見たり聞いたりしているからですけどね。

それにしてもMac mini の使わなさぶりはひどいものです。本当に宝の持ち腐れです。

写真投稿もしなければ、Blender の使い方の学習も全然していません。

やる気が出ない年頃でしょうか?そんな甘えたことを言っていないで、このブログを更新するためにも、ちょこちょことアプリケーションに触れていこうと思います。

ワクワクするものを見つけて。やる気に火をつけなきゃ。

うわぁ「やる気カレンダー」に日々の記録もしてないや。ブログを更新した日や写真が売れた日をカレンダーに登録するだけでもやる気がスイッチが入るんだった。これをやってないんだもんねぇ〜だめですねぇ。

 

2022/06/19

Safari、リーディングリストが同期しないときは・・・

2364123083464e32a6390eaf9d90e9f9 iPhone、iPadのリーディングリストは同期するのに、Mac miniのリーディングリストが他のアップルデバイスと同期していない時があります。

設定を見直してみても、特に間違えてないみたい。

そもそも、今までは問題なく同期していて変更などしていないのだから、同期ができないってのは腑に落ちない話。

で、そんなときは4の5の言わず、Macの再起動です。まずはそれをやってみて、治らなかったら対策してみるってのがいいと思います。

もしかしたら、動作が怪しい、動きが変ってときは、再起動から始めるのがいいのかもしれません。

つい、色々設定を見直して、設定を変更したりってことがありますが、今までうまくいっていたのだったらMacの再起動が手っ取り早いです。OSのアップデートなんかだと話は違う可能性もありますけどね。

今の所、これでうまくリーディングリストは同期しています。

2022/06/15

Mac のメモで罫線を引いてみた

Photo_20220614235501

メモの中で以下のような罫線を引く方法です。

Photo_20220614235301

マイナスだけでかくと点線になってしまいます。

--------------------------------------------

と言っても書くのはマイナスで書きます。なので上の点線になるわけです。

その点線を選んで、メモのフォーマット>等幅に変換すれば、一本線になります。

ただ、それだけです。iPhoneでもiPadでも等幅にすれば一本線を引くことができます。

 

 

2022/06/11

WacomOneのペン用フォルダーを作りました

F446fe29fd8b49758410b04b4fecbab5

 

今年の3月、Mac miniを買った時から、Magic Trackpad(2ではありません) とWacomOneの液晶ペンタブレットを使っています。

ここ最近、やっと左手でMagic Trackadを操作することに慣れて来て、今ではTrackpadを使った右クリック(二本指でタップ)もできるようになりました。

そんなペンのためのホルダーをLEGOで作りました。

ペン置き場がこの写真です。

私のコンピュータの環境ではLEGOは非常に重宝します。ペンの長さよりも短くしているので、取り出しやすくいい感じです。

キーボードの高さを調整したり、WacomOneの傾き調整用にも使っています。

ペン置き場、意外に気に入っています。

2022/06/05

MacBook Pro mid 2012の使いどころ

884739af8da542ff9f8b5ffb6fdb4f18_1_201_a

(画面はZOOMを起動した時のものです)

自宅でオンラインミーティングをする必要がありました。

その時に先方の会社から指定されたツールは「Google Meet」でした。ミーティングが決まったときはiPadがあるから大丈夫〜と思っていたのですが、先方の資料をカミさんと二人で見ることを考えると、ちょっと画面が小さいことが心配になり、急遽MacBookに変更しました。

Mac miniを購入してからはほとんど出番がなかったMacBookですが、今回は非常に役に立ってくれました。

そもそもMacBookにはWebカメラ(iSight)がついています。ん?今iSightっていうのかな?どこかの車メーカーがアイサイトって名前を使っていたような気が・・・

今後、自宅でのミーティングにはMacBook ProかiPadを使えば、問題なくいけそうです。

MacBook Proでも画面が小さければ、Mini-DisplayポートからHDMI出力への変換ケーブルを使ってTVに映しちゃえばもっと大きな画面で見ることができます。

ちなみにもし今ある環境を使って、Mac miniでミーティングをする場合、ビデオカメラを用意して、三脚を立てて、Intensity Shuttle(Blackmagic のキャプチャーボックス)を用意すれば問題なく会議はできると思いますが、大掛かりになります。

現実的にその設定をやるつもりはないので、Mac mini でミーティングをやるならWEBカメラを買ってきてUSBに差し込みます。(Mac miniでやる理由も思いつきませんが・・・)

当分、MacBook Proにはミーティングで活躍してもらおうと思います。

 

2022/05/14

右手にペン、左手Magicpadに強制中

P1090504

液晶タブレット「WacomOne」を導入してから、マウスとペンとトラックパッドの配置で悩んでおりましたがこの度めでたく解決しました。

前回の配置もそこそこ気に入っていましたが、トラックパッドの位置が遠かったのとたまに小指がトラックパッドに触れてしまい、マウスカーソルがあらぬ方向に行くのでトラックパッドの置き場所を変更しました。

新しいポジションはWacomOneの左側。

左手でトラックパッドを操作することに変わりはないですが、WacomOneの隣にある方が右利きの私には使い勝手がいいです。

WacomOneだとペンのボタンに割り付けられる機能が一つしかなく、今は画面切り替え(iMacの画面とWacomOneの画面)に使っているので、右クリックの機能はペンのクリックとトラックパッドの二本指タッチで実現しています。意外にこれがいいかんじ。

でも、右側に置いているMagic Mouseはまだ、外すことはできませんでした。

椅子に座って、だらりとしている感じで、ブラウジングをするときは右手側にあるマウスに手が伸びてしまいます。その感覚があるので、右側のマウスを撤去することができなかったのです。

でも、右側のマウスを片づけてしまうことにします。

そうすれば、否が応でもMagicTrackPadを使わないといけないですもんね。

それです。それ。

で、右側はコーヒーカップ置き場にします。とこのブログを書き終わったところで、右手はマウスを探してました。「・・・」

本当にこの環境に慣れることができるでしょうか

 

 

 

 

2022/05/08

NotabilityとGoodnote、Macで使うならどっちがいいの?

20220508_125208

Notability とGoodnote、M1 Mac miniで使う手書きアプリが欲しくて、インストールしてみました。

Goodnoteはipadに有償版をインストールしていますが、私のiPad はiPad Air2なので、Apple Pencilが対応していません。なので手書きの良さはiPadでは活かせません。なのに何を思ったか購入しインストールしていましたが、M1 Mac miniと一緒にWacomOneという液晶タブレットを入手したので、そちらで手書きを使ってメモをしてみたくなったのです。

YouTubeなどを見ていてメモが取りたい!と思った時に便利だと思う「手書きメモアプリケーション」を使ってみたかったのです。

実際に使ってみるとGoodnoteだろうがNotability だろうがどっちでもいいって感じです。Macでの使い心地はNotabilityの方が若干書いた時のタイムラグがある気がしましたが、でも書かれるペンの感じはNotabilityの方が好きでした。

使ってみてどちらいいのかわからなかったので、違いを調べてみるとNotabilityは音声と同期したメモの使い方ができる点がすごいです。でも私の場合、会議中の音声を録音しながらメモを取るなどということはないので、今のところいらない機能です。

もう一つは手書きメモのテキスト起こしができて、そのテキストで手書きを置き換えられるという機能。Goodnoteもその内採用する気がします。今でも変換してコピーして使うっていう使い方はできるので、その場所に置き換えるなんて芸当は実装してくれそうです。

で、Goodnoteは買い切りなのですが、Notabilityは年単位のサブスクになっています。

ちなみにNotabilityは無料版でも使えます。iCloudを使った同期ができない、とかおそらく新しいメモを追加できる枚数に制限があるようなことなのだと思いますが、iCloudを使った同期についてもiPadで使う予定はないので、Macで使えれば問題ないと思います。

なんかよくわからないところが魅力に思えるNotability。ま、魔性の女性の魅力でしょうか。

その魅力に負けてNotabilityで手書きのメモを取って使い勝手を試してみたいと思います。

2022/02/19

macOS「カレンダー」を使って学習のモチベーションを維持

P1080936

2022年2月からMacのカレンダーを使っていろいろなことを記録し始めました。

今までは紙の手帳に、日々の予定やちょっと大きな買い物やついでに思いついたことなども含めて記録をしていましたが、デジタルで保存した方が見返す時も検索する時も便利だろうと思い、macOSのアプリケーション「カレンダー」を使って記録することにしました。

最初は少々不安でした。というのも「もしMacを使うことをやめたら、今までの記録はどうする?」という心配があったのですが、もう一人の自分が「今までで、ノートの記録を見直したりしたことがある?」と質問してきて、

「確かにないよね〜」

と一発撃沈を喰らったので、簡単な予定(人と会う予定や病院、歯医者)の記録にしか使っていなかったmacOSのアプリケーション「カレンダー」で記録してみることにしました。

iOS、iPadOSでも入力し同期が取れるのでどこでも記録できて非常に便利です。

そうして、カレンダーを使い始め気に入っている使い方は自分の日々の学習記録に使うことです。

「HTMLを使えるようにする」という今年の目標を達成するために読み進めている書籍の学習の記録をしています。1ページでも読み進め、Visual Studio Codeに入力しChromeで実行し動作を確認すれば、学習したとして記録します。

そんな感じで進めていると、記録が途絶えるのが嫌で、眠い夜の時間でも少しでも学習を進める気持ちになります。

一応一月で読み終わることを目標にしているので、学習が終わるまでにどれくらいの日数がかかったかもわかります。

カレンダーに記録し始めて20日ほどですが、カレンダーに記録するのは自分の中では楽しい作業になっています。これからも続けることができそうです。

ちなみに会社ではGoogle カレンダーで仕事の進捗、TODOを管理するようにしています。今のところそちらもいい感じです。

 

2021/11/06

メモとスティッキーズ

P1070342

「メモ」と「Evernote」を自分はうまく使い分けが出来ていると思っています。通勤中や会社で思いついたこと、気になったことは「メモ」に書いて、深堀したことはEvernoteに書くという使い分けです。

その分Evernoteの使用率は下がっていますけどね。

その上で、リアルに付箋も使っています。何か耳にしたこと、頭に浮かんだこと、などをメモしておくにはメモやEvernoteより、付箋を使った方が早いです。

でも、Macには付箋があることを忘れていました。そう、スティッキーズです。

つい忘れてしまうこと、例えば今日やることや、日常的に使っているツールのこれをやる時はここをチェックとかそう言った、たまにしか使わないくて、忘れてしまうようなことをメモしておくにはスティッキーズが便利です。イラスト書くことはできませんが、画像を貼ることはできます。

色分けできて、大きな画面では一目瞭然で見渡せて使い勝手はいいです。Spotlightで呼び出せて(これはメモでも同じですけど)、微妙にメモを使うより、記録するには便利だと思います。

アプローチのしやすさでは

スティッキーズ < めも < Evernote の順だと思います。

最近は朝起きてから出勤するまでにやることをスティッキーズに貼っています。面白くなって通勤電車の中でやることをスティッキーズに貼っています。

スティッキーズ

2021/09/05

写真管理アプリは「写真で」★

20210905_080347

写真投稿のために使っていた写真管理ツールはデータベースソフトのFileMaker Pro 12。

投稿した日付や、タグ、写真、採用、不採用などをデータベースに記録していました。

そのFileMaker Pro 12が使えるのはmacOS Sierraが動作するiMac Late 2009。そのiMacもセーフモードでしか起動できず、「写真」やFileMakerはかろうじて動作しますが、YouTube、ミュージックなどは画像が乱れて問題ありの状態なので普段は使っていません。

普段使っているMacBook Pro mid 2012はCatalinaで動いていますが、こちらではFileMaker Pro 12は動作しません。

なので、写真管理はiMacを使っていました。

最近はFileMakerを立ち上げるためだけに、MacBook ProとiMacを切り替えるのも面倒になってきて、MacBook Proで何とかFileMakerの代わりができないものかと考えました。値段の安いデータベースソフトも探しましたが、今ひとつだったので、macOS標準の「写真」を使う事にしました。

まず、写真を読み込むときに、投稿に使えそうな写真に「お気に入りマーク」をつけて選別。

実際に写真投稿の準備をするときには、Command + I で情報を開いて説明にタイトルを記入。キーワードにタグを打つというやり方で管理してみる事にしました。タグはカンマ区切りで、おこなった方が入力の手間が省けていいですよ。例えば、お洒落、ニトリ、めだかとタグを入力する場合はお洒落,ニトリ,めだかと半角のカンマ区切りで作った文字列をテキストエディタで作って、コピーすれば一気に入力できます。

採用不採用はマークをつける事にします。PIXTA:○ とか★とか。

で、投稿した写真はアルバムを作ってそこにまとめることにします。

続くかどうかわかりませんが、こんな管理の方法で試してみようと思います。

そもそも管理が必要?って思う方もいらっしゃるでしょうが、私には投稿時のタグを考えるのが大変で時間がかかるので、その部分を簡略化するために管理する必要がありました。似たような写真はタグをコピーペーストすればいいわけですからね。

それにしても、いいかげんアプリケーションの名前「写真」はやめて欲しいところです。「ミュージック」っていう名前もね

【2021.10.12】

より以前の記事一覧

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ